森昌子 桜田淳子に関するニュース

「数字をもっている」と評判の森昌子 ブーム再燃か?

NEWSポストセブン / 2017年05月28日07時00分

今回は、森昌子ブーム再燃の予感について。 * * * 昨年7月、デビュー45周年を迎え、今年1月、『みぞれ酒』(記念曲第2弾)をひっさげ、各地のコンサート会場をまわっている森昌子。 2月に上梓した”子育て本“、『母親力 息子を「メシが食える男」に育てる』が翌月に「4万部突破した」こともニュースになった。コンサート会場でCDなどと共に並んでいた同書には、年配 [全文を読む]

数字をもってることでは別格の「花の中3トリオ」

NEWSポストセブン / 2017年02月11日07時00分

* * *「ワイドショーや女性週刊誌の“顧客”に馴染みがあるから」というのが最大の理由ではあるのだが、ここにきてまた「花の中3トリオ」こと、山口百恵、桜田淳子、森昌子が“話題”を振りまいている。 日本テレビ系『スター誕生!』に合格し、芸能プロダクションからスカウトを受けてデビューをした3人。森昌子は抜群の歌唱力を誇り、桜田淳子はエンゼルハットと脚線美で男 [全文を読む]

第8回「桜田淳子 復活に立ちふさがる『20年で変わった芸能界の空気』」

WEB女性自身 / 2017年02月28日00時00分

森昌子さん(58)と山口百恵さん(58)の3人で「花の中三トリオ」と呼ばれ、夢中になった人も多いことでしょう。 と、いっちょまえに説明している筆者ですが、実は全くもって彼女たちが活躍していた世代の人間ではございません。気づいた時点で山口百恵さんは引退していたし、森昌子さんもアイドルではなく演歌歌手でした。 記憶の中にある桜田淳子さんも 渦中の人 という印象 [全文を読む]

1970年代初頭からのアイドル黎明期をアイドル研究家が解説

NEWSポストセブン / 2015年02月16日11時00分

そこからまず森昌子が1972年に、さらに桜田淳子と山口百恵が1973年にレコードデビューを果たす。3人は同学年だったことから、“花の中三トリオ”と呼ばれた。森昌子はとにかく歌唱力が抜群で、デビュー曲『せんせい』は演歌調だった。一方、桜田淳子は笑顔が眩しく明るい性格の“ザ・アイドル”として一躍脚光を浴びていく。 それに続いた山口百恵も当初は桜田淳子の明るく元 [全文を読む]

百恵と淳子、モモさんと「ひとつ屋根の下」

アサ芸プラス / 2013年03月05日10時00分

前年にデビューした森昌子と合わさって「花の中3トリオ」が生まれ、芸能界の可憐な活性剤となった──。百恵と淳子に交差する森昌子が、かけがえのない友への思いを語りかける。 71年10月3日に始まった「スター誕生!」(日本テレビ)は、企画した阿久悠や池田文雄プロデューサーの思いをよそに、最初のスターにたどり着けずにいた。番組のコンセプトも定まらず、どんな素材を推 [全文を読む]

“淳子超え”で、路線変更した百恵の「青い果実」

アサ芸プラス / 2013年01月11日10時00分

森昌子、石川さゆり、そして山口百恵(53)の「ホリプロ三人娘」と名づけられた合同イベントに、ふらりと寄ってみたのだ。 川瀬は陽水のほかにモップス、後に浜田省吾を担当するなど「フォーク&ロック畑」にいたが、まだデビュー間もない山口百恵の曲に心を奪われた。 〈あなたが望むなら、私、何をされてもいいわ〉 大胆な内容ではあるが、メロディと詞がピタリと一致した気持ち [全文を読む]

百恵と淳子、萩本欽一が「誕生!」の瞬間を初激白

アサ芸プラス / 2013年01月07日10時00分

前年に始まった日本テレビの「スター誕生!」は、ようやく森昌子がデビューを飾ったが、さらなる新人の発掘が急務だった。番組の司会を務めた萩本欽一は、秋田予選の会場でADからそう耳打ちされた。 「白いベレー帽の子?」 萩本が聞き返すまでもなかった。圧倒的なアイドルオーラを放ち番組の審査員が「吉永小百合がいる!」と小躍りした14歳の少女─それが桜田淳子(54)であ [全文を読む]

桜田淳子、脱会しないまま芸能界復帰に霊感商法対策会が反対表明

Business Journal / 2017年04月28日06時00分

1972年に『スター誕生!』(日本テレビ系)出演をきっかけにデビューし、山口百恵、森昌子とともに「花の中3トリオ」として大人気を博した桜田淳子が、4月7日に東京・博品館劇場で開催された「スクリーン・ミュージックの宴」にゲスト出演、久しぶりに公の場に姿を現した。 桜田といえば、92年に海外で行われた、ある宗教団体の式典に参加したことで知られている。同団体は高 [全文を読む]

天才たちの14歳 美空ひばり、桜田淳子の「青春と蹉跌」

文春オンライン / 2017年04月15日17時00分

山口百恵、森昌子と共に三人娘と呼ばれ、その活躍は歌にとどまることなく、たとえば「8時だョ!全員集合」で披露する「私ってダメな女ね」が決めゼリフの志村けんとのコントで、井上ひさしなどからコメディエンヌとして賞賛を得る。しかし34歳のとき、統一教会(当時)の信者であると表明、さらには合同結婚式に参加したことで、以降、実質引退状態にある。 「二重アゴが消えた! [全文を読む]

桜田淳子から届いた手紙、貴重水着写真とともに独占掲載

NEWSポストセブン / 2017年03月28日07時00分

山口百恵、森昌子と共に「花の中三トリオ」と呼ばれブレイクする。1992年に引退。4月7日、銀座博品館劇場(東京)で行なわれる『スクリーン・ミュージックの宴』に出演予定。 ※週刊ポスト2017年4月7日号 [全文を読む]

フォーカス