自民党 三原じゅん子に関するニュース

嶋大輔が参院選候補者に浮上で加速する自民党の「ヤンキー化」

NEWSポストセブン / 2013年03月28日07時00分

夏の参院選に向けた候補者選びが各党で進んでいるなか、自民党内で意外なタレント候補の出馬が取り沙汰されている。 「俳優の嶋大輔(48)が自民党本部に出入りしている。自民党大会の前日には、三原じゅん子・参院議員が彼を連れて会館内を案内していた。参院選出馬の布石か、と党内で噂されている」(自民党職員) 出馬の噂が盛り上がるのは、嶋の“出自”に理由がある。嶋といえ [全文を読む]

総裁なのに総理になれなかった谷垣氏 衆院議長職も厳しいか

NEWSポストセブン / 2012年09月24日16時00分

「素直に石原を支援する気持ちにはなれない」 そう無念の胸の内を漏らしているのが自民党の谷垣禎一・総裁だ。 なにしろ総理の座を目前にしながら、“平成の明智光秀”こと石原伸晃・幹事長の裏切りで総裁選出馬断念に追い込まれたのだから心中穏やかではないのは当然だろう。自民党の60年近い歴史の中で2人目の「総理になれなかった総裁」の不名誉な称号を受けることになった。 [全文を読む]

自民総裁選 決戦での安倍勝利は永田町のムラ心理働いたから

NEWSポストセブン / 2012年10月02日16時00分

しかし、自民党の安倍晋三新総裁を取り巻く内憂外患は、そうした浮かれ気分などすぐに吹き飛ばすことだろう。安倍氏の至近距離で取材を重ねる長谷川幸洋氏(ジャーナリスト)と鈴木哲夫氏(BS11報道局長)が、安倍自民について語り合った。 鈴木:総裁選を見て思ったのは、自民党はやっぱり何も変わっていないな、と。党員票は一番民意に近い票です。石破は1年以上前から地方回り [全文を読む]

細川護煕氏 日本新党結成前に「自民党ぶっ潰す」と発言した

NEWSポストセブン / 2012年01月06日07時00分

テーマが大きすぎて方向が見えないまま有識者を訪ね歩くうち、椎名素夫氏(自民党前衆議院議員)の事務所で紹介されたのである。その場には、日本国際交流センター理事長の山本正氏もおられた。 椎名氏はかねてからワシントンにも個人事務所を持ち、アーミテージ元国防次官補らアメリカ側からの信望も厚い、政界有数のインテリだった。自民党の椎名悦三郎元副総裁のご子息だが、いわゆ [全文を読む]

加計学園問題の新展開「前川前次官発言」はここに注目!

文春オンライン / 2017年05月27日07時00分

5月26日にも民進党の山井和則国対委員長から前川氏の証人喚問が要求されたが、自民党の竹下亘国対委員長は前川氏が民間人であることから「現職の時になぜ言わなかったのか」「受け入れられない」とあらためて拒否した。山井氏は「民間人の(森友学園の)籠池泰典氏を喚問したのは自民党だ。ご都合主義としか言えない」と批判している(時事通信 5月26日)。たしかに「(前川氏が [全文を読む]

タクシー運転手 元議員に「マスゴミ」「駄民党」の言葉教える

NEWSポストセブン / 2012年11月28日07時00分

だが、政治を知り尽くした村上正邦氏(元自民党参院議員)、平野貞夫氏(元民主党参院議員)、筆坂秀世氏(元共産党参院議員)は呆れ果てており、これから政治はどうなるのかを3人が鼎談した。 * * * 筆坂:とにかく石原(慎太郎)さんでも、小沢(一郎)さんでも、自民党幹部でも、維新にすり寄っていくのは本当にみっともない。橋下さんは府知事選も市長選も圧勝したが、政治 [全文を読む]

参院選神奈川 麻生vs菅の代理戦争勃発で三原じゅん子は…

NEWSポストセブン / 2016年06月15日16時00分

自民党の公認候補は三原じゅん子氏。ところが、麻生太郎・副総理が三原氏そっちのけで自民推薦の中西健治氏(無所属)を全面支援すれば、自民党神奈川県連の実力者、菅義偉・官房長官は自分の後援会組織をフル稼働させて公明党新人の三浦信祐氏(自民推薦)の応援に走っており、「消費増税延期問題で対立した安倍政権の大黒柱2人による代理戦争」(県連幹部)が繰り広げられている。 [全文を読む]

中韓に慎重対応など安倍首相が安全運転 参院選の勝利のため

NEWSポストセブン / 2013年01月04日07時00分

なにより異例なのは、毎年1月の通常国会召集前に開催してきた自民党大会を3月に延期したことだろう。 党大会には日本経団連会長をはじめ支持団体のトップがズラリと来賓に顔を揃える。3年ぶりに政権復帰した安倍自民党にとってこれ以上ない晴れ舞台であり、7月の参院選に向けた大決起集会になるはずだった。 ところが、安倍首相は昨年12月の役員会で、「衆院選でも絶対得票数 [全文を読む]

相手のとどめ刺す政治家が増えた理由は弁護士出身者いるため

NEWSポストセブン / 2012年11月30日07時00分

各政党は立派な公約を掲げているが、政治を知り尽くした村上正邦氏(元自民党参院議員)、平野貞夫氏(元民主党参院議員)、筆坂秀世氏(元共産党参院議員)は呆れ果てていた。3人がいまの日本の政治と選挙を切りまくる。 * * * 村上:いまのままでは、民自公の3党合意で何でも決めてしまうでしょう。これはおかしいんだよ。3党以外の党はすべて排除されている。 平野:おっ [全文を読む]

元共産党幹部 大自民党の元総理がポッと出政党になぜ媚びる

NEWSポストセブン / 2012年11月27日07時00分

国民の関心は高まっているが、政治を知り尽くした村上正邦氏(元自民党参院議員)、平野貞夫氏(元民主党参院議員)、筆坂秀世氏(元共産党参院議員)は呆れ果てていた。3人が「こんなの政治といえるか、選挙といえるか!」とばかりに緊急鼎談する。 * * * 村上:石破(茂・自民党幹事長)、あの顔見てごらんなさいよ。あの目線、ものの言い方。不快に思わない、あれ? 筆坂: [全文を読む]

フォーカス