竜馬 司馬遼太郎に関するニュース

<坂本龍馬と坂本竜馬?>「物語の邪魔になるときは史実を切る」ことは司馬遼太郎の時代小説の作法

メディアゴン / 2015年07月22日06時50分

柴川淳一[郷土史家]* * *司馬遼太郎が「竜馬が行く」を産経新聞に連載する前には、 「神田の古本屋街から龍馬関連本が消えた。」とか、 「司馬さんは資料集めに当時二千万円の金を使った。」などと言われた事がある。これはあくまで噂、というよりデマに近い。もっとお上品に言うなら「司馬遼太郎の都市伝説」である。誰も司馬さんの家計を調べたわけではないし、神田の古書店 [全文を読む]

意外すぎ! 『竜馬がゆく』は恋愛に効く、その理由は?

anan NEWS / 2016年06月12日08時00分

≪瀬尾さんおすすめ!≫ ■『竜馬がゆく』司馬遼太郎 坂本竜馬の波乱に満ちた生涯を中心に、同時代に生きた若者たちを描く長編小説。「これに描かれた竜馬は本当にかわいい。でもかわいいだけじゃなく、破天荒で計算高いところもあって、かなりの女たらしといえるかも。こんな男を女が放っておくはずもなく、竜馬は行く先々で魅力的な女たちに惚れられます。それぞれの女と竜馬の微 [全文を読む]

野村周平「『テラフォーマーズ』を実写化するなら、僕はぜひアレックス役で(笑)」

ダ・ヴィンチニュース / 2014年04月12日09時20分

特に司馬遼太郎さんの『竜馬がゆく』は一番のお気に入りです」 幕末好きになったきっかけは、マンガ『お~い!竜馬』だったそうだ。 「とにかく竜馬がカッコイイ! 生き方も行動もすべてがほかの人と違っていて、スケールも大きいし。そのうち、どんどん幕末の時代そのものにも興味を持ち始めたんです。あの時代があったからこそ、今の日本が生まれたんだろうなって思ったりして。だ [全文を読む]

主要電子書店1位独占!司馬遼太郎初の本格電子化『竜馬がゆく』遂に完結!司馬遼太郎生誕90年の8月7日に、第3弾 7~8巻の配信開始!

@Press / 2013年08月06日12時00分

株式会社文藝春秋(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:平尾隆弘)は8月7日に、『竜馬がゆく』電子書籍版、第3弾となる7~8巻を配信いたします。6月21日から、司馬遼太郎の名作『竜馬がゆく』を電子書籍化し発売してきました。そして、司馬遼太郎生誕90年となる8月7日に、7~8巻を配信し、遂に完結となります。「時代は維新にたどりつくが、竜馬はそれを見とどける [全文を読む]

Amazon Kindleストア、電子版 司馬遼太郎 『竜馬がゆく』全8巻の予約受付を開始

PR TIMES / 2013年06月03日16時08分

~各コンテンツ配信開始日に自動的にダウンロード~ Amazon.co.jp(以下Amazon)は、6月3日(月)13:30より、Amazon Kindleストアにて司馬遼太郎の『竜馬がゆく』全8巻の予約受付を開始しました。 『竜馬がゆく』は、坂本龍馬(竜馬)を主人公とした司馬遼太郎の代表作の一つで、竜馬像を確立した作品と言われています。1962年に産経新聞 [全文を読む]

司馬遼太郎賞で“司馬史観”を語るお墨付きをいただいた

文春オンライン / 2017年03月04日17時00分

さらに、「賞を頂いたことで、司馬作品について語るお墨付きを頂いたつもりで」と、司馬遼太郎が代表作『竜馬がゆく』に込めた思いを語った。 「司馬さんは、敗戦を経験し戦前を否定されてきた人々へ、戦前の全てが間違っていたわけではないという光を見せました。これは“司馬史観”と呼ばれ、多くの人達の支持を受けました。ところが最近、この考え方を否定する声があると聞きます [全文を読む]

司馬遼太郎の未発表原稿“「竜馬がゆく」がうまれるまで”月刊「文藝春秋」2月号に掲載!

@Press / 2016年01月08日13時30分

株式会社文藝春秋が発行する月刊誌「文藝春秋」2月号(1月8日、紙版および電子版 全国一斉発売)におきまして、故司馬遼太郎氏の未発表原稿『「竜馬がゆく」がうまれるまで』が掲載されます。 これは代表作である『竜馬がゆく』(小社より文庫および電子版が発売中)を執筆することになった経緯について、53年前に司馬氏が書いたものです。 「一人の剣客をかくのではない。ひと [全文を読む]

『竜馬がゆく』登場の竜馬剣豪逸話は偽書に騙された架空話説

NEWSポストセブン / 2013年07月15日16時00分

坂本龍馬といえば司馬遼太郎の『竜馬がゆく』で、龍馬を日本史上もっとも有名な人物の一人に押し上げたのは司馬に他ならない。 その龍馬がまだ江戸の桶町千葉道場で剣術を学んでいる時分、各道場を代表する剣客が一堂に会して腕を競う剣術大会が開かれた。後に維新の元勲となった長州の木戸孝允がすさまじい腕前を披露し連戦連勝。土佐の武市半平太は、木戸に敗れれば師匠や道場の名誉 [全文を読む]

司馬遼太郎作品初の本格電子化『竜馬がゆく(一)』主要電子書店の1位独占!7月12日より、第2弾 4~6巻の配信開始!

@Press / 2013年07月12日12時30分

株式会社文藝春秋(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:平尾隆弘)が発売した、司馬遼太郎『竜馬がゆく(一)』の電子書籍版が、発売以来、主要電子書店の1位を記録しています。文藝春秋は、6月21日、司馬遼太郎の名作『竜馬がゆく』(一)~(三)を電子書籍化して発売しました。司馬作品の長編の本格電子化は初めてになります。土佐の郷士の次男坊に生まれながら、ついには [全文を読む]

総発行部数2,500万部超!司馬遼太郎作品 初の本格電子化『竜馬がゆく』全8巻 半世紀を経た連載開始日、6月21日から発売開始!

@Press / 2013年06月21日09時30分

株式会社文藝春秋(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:平尾隆弘)では、6月21日より、司馬遼太郎『竜馬がゆく』を電子書籍化して発売します。司馬作品の本格電子化は今回が初めてになります。 『竜馬がゆく』は、1962年6月21日に、産経新聞夕刊で連載が開始されました。土佐の郷士の次男坊に生まれながら、ついには維新回天の立役者となった坂本竜馬の奇蹟の生涯を、 [全文を読む]

フォーカス