三国志 司馬遼太郎に関するニュース

東出昌大が語る司馬遼太郎の魅力――人生を変えた司馬文学

文春オンライン / 2017年06月11日17時00分

三国志』や『水滸伝』は日本でも人気がありますが、それに匹敵する壮大なストーリーが魅力です。私はよく電車の中で本を読むのですが、『項羽と劉邦』を読んでいた時は、車内とまったく別の世界に連れて行ってもらう爽快感を楽しみました。 壮大なストーリーといえば、『坂の上の雲』を忘れてはいけません。日露戦争を勝利に導いた軍人・秋山好古、真之兄弟と幼馴染である正岡子規の [全文を読む]

平均年収974万円の30代以上が推薦する「20代で読むべき本」ベスト5は『7つの習慣』『マネジメント』『人を動かす』『ザ・ゴール』『論語』

@Press / 2015年03月25日11時45分

(タイトル、著者)1 『7つの習慣』 スティーブン・R・コヴィー2 『マネジメント』 ピーター・F・ドラッカー3 『人を動かす』 デール・カーネギー4 『ザ・ゴール』 エリヤフ・ゴールドラット5 『論語』 孔子6 『道は開ける』 デール・カーネギー7 『ビジョナリーカンパニー』 ジム・コリンズ、ジェリー・I・ポラス8 『孫子の兵法』 守屋洋9 『思考は現実 [全文を読む]

ゲーム『三國志』で窮地を脱する

プレジデントオンライン / 2017年05月10日09時15分

襟川社長は「三国志では諸葛亮孔明の生き方が好き」だというが、劉備の三顧の礼に迎えられ草庵を出て、蜀建国にいたる歴史には、多くの経営的要素がある。現代流にいえば、天下泰平をめざす建国の理念、天下三分の計という戦略の確立、魏および呉に対する戦術の立案、人材登用、そして外交。こうした意思決定のすべてが含まれる。 「なかでも、最後の最後まで劉備、その子どもの劉禅 [全文を読む]

【新連載】語っていいとも! 第1回ゲスト・北方謙三「絶食系の顔して一途にもバカにもならない…つまんねーな」

週プレNEWS / 2015年05月03日12時00分

その後、歴史小説を手がけ『三国志』『水滸伝』など壮大な大長編を執 筆。柴田錬三郎賞、司馬遼太郎賞など受賞多数。86年から02年まで『ホットドッグ・プレス』にて人生相談「試みの地平線」を長期に渡って連載。97年か ら01年には日本推理作家協会理事長を務める。現在、アンソロジー『冒険の森へ 傑作小説大全』(集英社)の編集委員でもある (撮影/佐賀章広) [全文を読む]

【新連載】語っていいとも! 第1回ゲスト・北方謙三「今の若いヤツらは“キミが好きだ”とかだけ言ってちゃダメなんだ」

週プレNEWS / 2015年04月26日12時00分

その後、歴史小説を手がけ『三国志』『水滸伝』など壮大な大長編を執筆。柴田錬三郎賞、司馬遼太郎賞など受賞多数。86年から02年まで『ホットドッグ・プレス』にて人生相談「試みの地平線」を長期に渡って連載。97年から01年には日本推理作家協会理事長を務める。現在、アンソロジー『冒険の森へ 傑作小説大全』(集英社)の編集委員でもある (撮影/佐賀章広) [全文を読む]

Amazon.co.jp、新機能「X-Ray」を日本語Kindle書籍で提供開始

PR TIMES / 2014年12月12日10時31分

開始当初、既存の英語書籍15,000冊に加え、古典の名作 『三国志』シリーズ(吉川英治著)からロングセラーの『竜馬がゆく』(司馬遼太郎著)まで、厳選した日本語の人気書籍1,500冊以上を取り揃え、今後も順次人気作品を中心に品揃えを拡大していく予定です。なお、すでにご購入いただいたKindle書籍についても、「X-Ray」の対象になると自動的にアップデート [全文を読む]

フォーカス