明治 司馬遼太郎に関するニュース

安倍首相が“明治復活“旗印にする『坂の上の雲』、作者の司馬遼太郎が「軍国主義を煽る」と封印の遺言を遺していた

リテラ / 2015年11月12日08時00分

11月3日の「文化の日」を「明治の日」にしようという気持ち悪い動きがある。 きのう11日にも「「明治の日」を実現する集い」なるイベントが開催され、日本会議会長の田久保忠衛が基調講演を行った。「取り戻せ!明治の精神」というキャッチフレーズのもと、協賛には極右カルト「日本会議」はもちろんのこと、ヘイト団体である「頑張れ日本!全国行動委員会」、「新しい歴史教科書 [全文を読む]

司馬文学の金字塔『坂の上の雲』遂に電子化決定 没後20年となる2016年元旦から配信開始

@Press / 2015年11月30日10時00分

伊予松山出身の三人を中心に、明治という時代の明暗と、近代国家誕生にかけた人々の姿を描きます。 司馬遼太郎作品は、2013年に『竜馬がゆく』が、弊社から初めて電子書籍化されました。文藝春秋の配信作品合計で15万DLを超えており、司馬作品は時代を超えて読み継がれています。『坂の上の雲』は、読者からの電子化リクエストが非常に多かった作品で、待望の電子化となります [全文を読む]

司馬文学の金字塔『坂の上の雲』電子版 もうすぐ配信開始 ポイントバックなど期間限定施策で、より手に入れやすく!

@Press / 2015年12月24日16時00分

伊予松山出身の三人を中心に、明治という時代の明暗と、近代国家誕生にかけた人々の姿を描きます。 <司馬遼太郎記念館 上村洋行館長のコメント> 「司馬遼太郎が亡くなりまして20年になります。この1年、改めてデビュー作『ペルシャの幻術師』から『この国のかたち』までの作品を振り返る企画展「司馬遼太郎の軌跡」を記念館(東大阪市)で開いています。司馬遼太郎は『竜馬がゆ [全文を読む]

「武士の家計簿」の磯田道史が、司馬遼太郎作品を語る

Smartザテレビジョン / 2016年02月23日06時00分

司馬遼太郎スペシャルでは、司馬作品「国盗り物語」「花神」「『明治』という国家」「この国のかたち」を各回1冊ずつ深掘りしていく。 自身も作家として「武士の家計簿―」(新潮新書)などを出版している磯田氏は、司馬遼太郎について「司馬さんは僕が最も会いたいけれど会えない人の一人」と明かし、「司馬さんは回想録を非常にうまく使った描き方をする。史実の抜き出し方が上手 [全文を読む]

<漫画「日露戦争物語」の真相(2)>明治元年・松山生まれの秋山真之が主人公では「日露戦争」は描けない

メディアゴン / 2015年06月03日07時20分

生きていて、司馬さんの「坂の上の雲」(そもそも明治人は坂の上の雲を目指してなどいなかったと筆者は思う)を読んだら、小説の中の自分のあまりの軽薄ぶりにあきれかえるのではないだろうか。いや、忸怩たるものを感じるだろう。小説になどになったら、参謀の恥と明言しているわけだから。少年ジャンプでは、主人公の敗北や、主人公が間違っていてまわりから諭されて納得するような展 [全文を読む]

【書評】西郷隆盛は品性・美学に欠けてた? 明治維新の裏を読む

まぐまぐニュース! / 2017年04月24日18時35分

日本に近代化をもたらしたと言われる明治維新ですが、この「革命」を考え直す書籍なども数多く見られます。今回の無料メルマガ『クリエイターへ【日刊デジタルクリエイターズ】』の編集長・柴田忠男さんが紹介しているのもそんな一冊。果たして私達が教科書で学んだ明治維新は「正しいもの」だったのでしょうか。 『明治維新という幻想』 森田健司・著 洋泉社 原田伊織の『明治維新 [全文を読む]

<漫画「日露戦争物語」の真相>なぜ日本では自分の意見を作品にすると批難されるのか?

メディアゴン / 2015年06月02日07時00分

明治海軍は薩摩藩「現鹿児島県」の武士が幹部だった)そして、主人公は「山本権兵衛」と決めていた。「日露戦争、海軍」となれば「山本権兵衛」以外にはない、とまで思っていた。明治の日本海軍を育て上げ日露戦争の異例な人事配置はこの「山本権兵衛」が一手に引き受けたのである。そう、主人公「山本権兵衛」の目線で海軍軍人を描けば、俯瞰で海軍の群像が描けると思っていた。その [全文を読む]

「人間は貧乏がええ」(秋山好古)【漱石と明治人のことば85】

サライ.jp / 2017年03月26日06時00分

今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる明治という時代を呼吸した人びとのことばを、一日一語、紹介していきます。 【今日のことば】 「人間は貧乏がええよ。艱難(かんなん)汝を玉にすと言うてね、人間は苦労せんと出来上がらんのじゃ。苦を楽しみとする心がけが大切じゃ」 --秋山好古 秋山好古は、司馬遼太郎の小説『 [全文を読む]

高田屋嘉兵衛の生涯を描いた司馬遼太郎さんの大長編『菜の花の沖』電子書籍版、7/3発売!

@Press / 2015年07月03日10時00分

物語の舞台は鎌倉時代から明治初年まで、またボリュームも超大作から初期の小品まで、バラエティに富んだラインナップになりました。 『菜の花の沖』を他の司馬作品から際立たせているのは、その主人公。戦国武将でも大名でもありません。江戸後期の豪商、高田屋嘉兵衛です。淡路島に生まれ、貧しい境遇から海の男として身を起こし、ついには北辺の蝦夷、千島の海で活躍する大商人に成 [全文を読む]

「忍術」ではなく「忍法」を使い始めたのは吉川英治が最初か

NEWSポストセブン / 2013年10月16日16時00分

風太郎作品に、「明治もの」と呼ばれる一群がある。明治初期を舞台に、歴史上のお馴染みの面々(三遊亭円朝、川上音二郎、大山巌……)が、事実としてはありえなかったであろう交流を持つという物語の構えで、彼らが史実として確認される行動の範囲外でさまざまな活躍を見せるというところに、史実と虚構との間を自由に往還する妙味がある。 もちろん徹底して史料に当たり、リアリテ [全文を読む]

フォーカス