自民党 若狭勝に関するニュース

小池百合子応援団・若狭勝センセと自民詰め腹区議の茶番劇|やまもといちろうコラム

デイリーニュースオンライン / 2016年09月30日14時05分

ところで、10月26日に行われる衆院補選東京10区の候補者について、9月21日に自民党は「小池百合子応援団」として著名な若狭勝さん(59)を擁立することを決めた、と報じられました。そうですか。 ところが、その若狭勝さん、自民党からの擁立が決まってから小池百合子女史(64)を応援した区議さんたちが、自民都連に処分をされたことを抗議する記事を書いて、物議を醸 [全文を読む]

小池百合子に迫る「5つの壁」(5)「政治塾」立ち上げで「小池総理」の強気野望

アサ芸プラス / 2016年10月10日09時55分

自民党幹部が回想する。「議員になりたての90年代、よく赤坂の料亭で酔うと『私は女性初の総理になる』と漏らしていた」 それが今、現実味を帯びた野望となりつつある。 小池氏は9月28日、みずから塾長となって政治塾「希望の塾」のウェブサイトを立ち上げ、10月30日に開塾式を開くと発表した。受講料は5万円。来年3月まで全6回の講義に加え、交流会なども予定されている [全文を読む]

小池塾 反対するなら刺客立てるとの都議会への牽制

NEWSポストセブン / 2016年11月04日07時00分

それを誰よりも分かっているからこそ、小池氏は都知事選挙という〈第1ラウンド〉で「自民党」を敵と位置づけて増田寛也元総務相との戦いを勝ち抜き、〈第2ラウンド〉ではオリンピック会場問題や豊洲新市場問題で「都の役人」らを槍玉にあげてきた。小池側近が語る。「知事は、オリンピック会場問題でも豊洲新市場でも落とし所を探っている。五輪ボート会場では埼玉の彩湖を候補から [全文を読む]

衆院2補選が告示、東京10区は3人、福岡6区は4人の争い

政治山 / 2016年10月11日11時09分

東京10区の補選は自民党の衆議院議員だった小池百合子東京都知事が、7月の都知事選に立候補して失職したことによるものです。立候補届け出たのは民進党の新人で元NHK記者の鈴木庸介氏(40)、自民党の前職で比例東京から鞍替えした若狭勝氏(59)=公明推薦=、幸福実現党の新人で党青年局部長の吉井利光(34)の3氏です。10日現在の有権者数は36万8,515人(東 [全文を読む]

都知事になっても問題山積! “小池劇場”次の一手で都民は痛い目に遭う!?

週プレNEWS / 2016年08月13日06時00分

だが、都議会とのバトル、東京五輪の不透明な予算、自民党との軋轢(あつれき)など、問題は山積みだ。“小池劇場第2ラウンド”ではどんな一手を講じてくるのか。百合子ウオッチャーと占った。 ■“都議会のドン”との対立はさらに激化! 小池百合子新都知事の次の一手が注目されている。都政担当記者が言う。 「自民の推薦のないまま出馬し、保守分裂選挙を招いてしまっただけに [全文を読む]

衆院補選勝利で浮上した解散説の裏事情

経済界 / 2016年11月16日13時59分

東京10区は、自民党前衆院議員の若狭勝氏が民進党新人の鈴木庸介氏らを破り、2度目の当選。福岡6区は、無所属新人の鳩山二郎氏が民進党新人の新井富美子氏らを破り、初当選を果たした。 若狭氏は、今夏の都知事選で無所属で出馬した小池百合子氏の応援をした自民党議員として知られている。党内で孤立無援。選挙戦さなか、除名覚悟を公然と口にしていた。ところが、小池氏が圧倒的 [全文を読む]

小池百合子 欲望と裏切りの永田町「にんげん相関図」!(1)安倍総理が発した「小池ブームはすごいね~」の意味

アサ芸プラス / 2016年11月07日12時55分

自民党幹部が警戒するのは、自爆寸前の民進党ではなく、衆院補選「2連勝」を飾った小池百合子都知事の動向。「新党」を巡って安倍政権との暗闘が激化する中、小池知事を取り巻く欲望と裏切りの「にんげん相関図」を公開しよう。「総理のネクタイも緑色でございます!」 シンボルカラーの「緑」のジャケットを着た小池百合子都知事(64)がおどけた口調で話を振ると、「緑のネクタイ [全文を読む]

直ちに小池新党はない 若狭勝衆議院議員インタビュー

Japan In-depth / 2016年09月30日08時00分

あくまで10月30日までに離党届を出さなくて、都連における除名処分が執行されるのであれば、という条件付のものですし、恐らく自民党本部と都連の方できちんとした対応をしてくれるものと私は強く期待していますので。安倍)若狭さんが党の公認になるのに問題はなかったわけですよね。その中で区議7人の話が出て、ちぐはぐだなと思いました。党本部の都連に対するグリップが効いて [全文を読む]

【巨額利権】築地移転「延期」は、どこまで既定路線だったのか?

まぐまぐニュース! / 2016年09月02日05時00分

そこから延期表明にいたる間、小池の「影武者」が、都議会のドン、内田茂と自民党都連に接触し、根回しをしたと筆者は見る。 最終のモニタリングで予定通り異常なしの結果が出れば、それを理由として豊洲市場を開場する、という見通しに、一定の合意をとりつけたうえで、「延期」の表明にいたったのではないだろうか。だとすればもちろん、茶番である。小池知事が繰り返す「2つのキ [全文を読む]

結末やいかに…「“乱闘”都知事選」ドブ板特報!(2)自民と対立した小池百合子の今後

アサ芸プラス / 2016年07月30日17時55分

自民党の組織票に立ち向かってます」 と、推薦を得られなかった自民党に対し、全面対決で戦っていることを強く訴えるのだった。 目下、“百合子の乱”は奏功し、各社の世論調査では、小池氏が一歩リード中だ。「党内根回しを行わず出し抜きで立候補を表明した小池氏に自民都連が激怒。党所属議員に『小池氏を本人や親族が応援したら除名処分する』とも取れる内容の文書を配布して締め [全文を読む]

「Nスタ」ホラン千秋のドS責めに若狭勝議員がタジタジ

アサジョ / 2017年06月02日10時14分

若狭氏といえば、昨年の東京都知事選で自民党に所属しながら党公認候補ではない小池百合子現都知事を個人的に応援。来る7月2日の都議選でも小池氏率いる「都民ファーストの会」を応援するとして、党幹事長に進退伺を提出している。 その若狭氏が同番組に出演し、「私の信念は都民のための政治」と強調すると、すかさずホランは「国会議員でありながら都政?」と軽いジャブ。若狭氏 [全文を読む]

質問中に「あいつのマイクを取り上げて」 大飯原発再稼動認めた原子力規制委員会委員長が会見でジャーナリストの追及封じの暴挙

リテラ / 2017年05月25日08時16分

若狭勝衆院議員(自民党)が原発テロ対策の不十分さを指摘していたことについて聞いている途中のことで、辞任した今村雅弘・前復興大臣と同じような対応である。横田 今回の北朝鮮の緊迫化を受けて何か動かれたのですか。安倍総理と(原発停止などの)お話はなさったのですか。政府関係者と。田中委員長 していません。横田 やっていないのですか。日本国民の命と安全を守る責務を放 [全文を読む]

新聞は国家の暴走を監視できているのか? 各紙「共謀罪」報道を比較

まぐまぐニュース! / 2017年03月23日05時00分

1つは、この法案が成立しても何らテロ対策にならないことを、検事出身で自民党の議員である若狭勝氏が明言していること。若狭氏は「予防拘禁」を主張する程の人だが、少なくとも今回の法案の対テロ効果はほとんどないと言っている。 またこの間、しばしば国会で立ち往生するに至った金田法相のサポート役をと考えたのか、法務省刑事局長を政府参考人として法務委員会に出席させること [全文を読む]

小池百合子「新党旗揚げ」5つの勝算

日刊大衆 / 2017年01月25日12時30分

7月の都議選(定数127)を見据え、新年早々から対立構図が明確になった小池百合子東京都知事VS自民党都連。1月9日、自民党の二階俊博幹事長が、日経新聞の取材に対し、「党を挙げて徹底的にやる」と対決姿勢を鮮明にすれば、宣戦布告された小池知事は翌日、不敵な笑みを浮かべて「(新党を作って)過半数を制する」と切り返したのだ。 「小池知事は就任直後から、自民党都議団 [全文を読む]

小池百合子 意外に早い「賞味期限切れ」で壮絶手のひら返しが始まった!(2)小池塾の中身は「ぼったくり」

アサ芸プラス / 2016年12月12日12時55分

「手のひら返し」は自民党内でも見られた。これまで党内最大の理解者だった、二階俊博幹事長(77)を怒らせてしまったのだ。 火種は、都知事選で党の方針に“造反”して、小池氏を応援した7人の区議の処分についてである。都連側には除名を求める声が多い中、対立を避けるため、二階氏が間に入って処分を見直すように動いていた。そのやさき、造反区議側が二階氏に誘われた食事会を [全文を読む]

小池vs都連の内ゲバ再燃 「小池人気に陰り」との見方も

NEWSポストセブン / 2016年10月31日07時00分

補選では2人並んで若狭氏の応援に立ち、二階俊博・自民党幹事長は“将来の敵”になりかねない小池政治塾(4000人が応募・10月20日に締め切り済み)にも「協力できることがあれば協力したい」とリップサービスした。 だが、一皮めくると互いに疑心暗鬼を募らせ、腹の探り合いの真っ最中だ。来年1月の解散・総選挙を視野に入れる安倍政権にとって、いまや小池新党の動きは東京 [全文を読む]

衆院、来年1月解散説を自民党関係者は否定…来年12月選挙が党上層部では有力

Business Journal / 2016年10月27日06時00分

「いつ選挙があってもいいという準備を怠りなくやっていく」 9月に自身の派閥の会合で、こう語ったのは、自民党の二階俊博幹事長だ。この発言を機に、年明けの1月の衆議院解散、2月総選挙説が一気に浮上。その後も二階氏は「選挙の風が吹き始めている」(10月10日)と発言し、同12日には高村正彦副総裁も「確かなことは解散風が吹き始めているということだ。常在戦場の心構え [全文を読む]

小池都知事 オヤジたち潜む伏魔殿の都議会とどう渡りあう?

NEWSポストセブン / 2016年10月08日16時00分

現在、定数127名の都議会で最大会派の自民党都議は半数近い60名を占める。小池知事の初登庁時、報道陣の求めに「あなたの要望に応える義務はない」とツーショット撮影を拒否した自民党・川井重勇議長らは都民から「あまりに非礼」と猛バッシングされた。小池氏は今後、オヤジたちの伏魔殿、都議会とどう渡り合っていくのか。 識者は「来年6月の都議会選がポイント」と口をそろえ [全文を読む]

築地問題の裏で小池百合子都知事の驚天計画が浮上!(3)景気下支えのためにもカジノは必要

アサ芸プラス / 2016年09月15日05時55分

小池氏に働きかけるのは他にも、「カジノ誘致派の自民党・二階俊博幹事長(77)が小池氏と非常にいい関係にあり、急接近しています」(政治部デスク) 都知事選勝利の4日後、安倍総理と小池氏は会談を行った。自民党が刺客を送る「分裂選挙」の末の決着に、安倍総理は、「自民党は小池さんにキツい一本を取られた」 と完敗を認めたあと、東京五輪成功に向けて連携を強めることで一 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】雨上がり・宮迫博之、都知事選の“除名処分”に「小学生レベル」と呆れる

TechinsightJapan / 2016年08月06日17時10分

都知事選の選挙期間中に自民党東京都連は、党が推薦しない候補者を応援した場合「除名などの処分対象になる」といった趣旨を文書で通告した。結果小池百合子氏の圧勝となったわけだが、小池氏が都知事になったとしても「除名処分」はあるのかについてバラエティ番組『バイキング』が取り上げた。小池氏を応援し続けた自民党衆議院議員・若狭勝氏は同文書について「法律を知らない人が書 [全文を読む]

フォーカス