咸臨丸 勝海舟に関するニュース

勝海舟の「先見の明」 実はコピペとリライトで作られた

NEWSポストセブン / 2017年03月18日16時00分

明治維新を彩る主役の一人・勝海舟は咸臨丸でアメリカに渡り、帰国後は軍艦奉行となり神戸海軍操練所を設立、日本海軍の生みの親とも称される。広い視野を持ち海外の知見をいち早く取り入れ、明治政府でも要職に就いたとされるが、作家・夏池優一氏は勝の意外な姿を指摘する。 * * * オランダ語を習得し、アメリカに行くなど、「先見の明」で日本の近代化に貢献した勝海舟。「先 [全文を読む]

道南いさりび鉄道の終着駅に北海道の歴史が眠っている!?

マイナビ進学U17 / 2016年09月07日12時01分

そして木古内は咸臨丸(かいりんまる)永眠の場所で、郷土資料館に「錨(いかり)」が残されています。「道南いさりび鉄道」に乗って、北海道・歴史の旅に出かけてみましょう!■新幹線開業の陰に隠れたローカル鉄道で、北海道の歴史を訪ねる旅を楽しもう!2016年3月26日に、北海道新幹線が開業しました。ところで、新幹線の並行在来線として「道南いさりび鉄道」が同時に開業し [全文を読む]

西郷どんは4日後に戦争突入。歴史上の人物は40歳頃ナニしてた?

まぐまぐニュース! / 2017年04月18日17時57分

咸臨丸での渡米が1860年。翌年、講武所砲術師範にされ、海軍から外されたことに腐っていた海舟ですが、1862年軍艦操練所頭取として海軍に復帰し、ほどなく軍艦奉行並に就任。 1863年は、海軍の強化に奔走しています。この年、薩英戦争が起こっています。 ◎西郷隆盛(1828年1月23日-1877年9月24日) 1868年、40歳の西郷さんは誕生日の4日後から戊 [全文を読む]

勝海舟は妾5人! 秀吉は側室20人!! 伊藤博文には13歳の愛人!? 時代で変わる“性の規範“

ヘルスプレス / 2015年06月26日19時54分

幕臣ながら先見の明に秀で、咸臨丸を指揮して日本人最初の太平洋横断航海を行い、坂本龍馬に国際社会に関する教えを授けた。1868年には官軍の攻撃前に西郷隆盛と会談して江戸城を開城し、江戸を戦火から救った。時代が明治に移ってからも、政府に請われて海軍卿などを務めた。 その勝海舟が大変な漁色家だったとは意外な気もする。30代の頃、長崎海軍伝習所で学んでいたときに愛 [全文を読む]

【無料で読める!!】「学研まんが人物日本史」シリーズの『勝海舟 江戸城明けわたし』(電子書籍版)を期間限定で無料配信!

PR TIMES / 2015年05月01日13時26分

■期間限定特別価格タイトル詳細 [画像: http://prtimes.jp/i/9949/166/resize/d9949-166-593942-0.jpg ] タイトル:学研まんが人物日本史『勝海舟 江戸城明けわたし』 著者:樋口清之(監修)/ ムロタニツネ象(漫画) 期間:2015年5月1日(金)~2015年5月14日(木) 販売価格(税抜):通常 [全文を読む]

フォーカス