記者会見 勝新太郎に関するニュース

過激すぎて地上波は絶対無理…! 中村玉緒レイプシーンもあったトンデモ勝新映画とは?

tocana / 2016年12月20日15時00分

その後の記者会見で、勝は「もうパンツは穿かない」と述べ、流行語にもなっている。そこだけを抜き出して語るのも何だが、要は勝新太郎とは、ビートたけしや香取慎吾でリメイクもされた人気時代劇『座頭市』シリーズの主役の人である。実はこの『座頭市』には雛型となる映画があって、これがまたトンデモない作品で、とても現在の地上波では流せない過激な内容だった。 大映は1960 [全文を読む]

小渕前経済産業相は謝罪したのが間違い? 教えたかった大物芸能人の突破術

週プレNEWS / 2014年11月17日06時00分

長年にわたって芸能人の不祥事やスキャンダルの記者会見現場に立ち会ってきたベテラン芸能レポーター、井上公造(こうぞう)氏に話を聞いた。 「芸能人にとって、記者会見は本当に正念場です。企業の危機管理と同じで、いかに世論を味方につけられるかが重要です。強く印象に残るコメントが特に多かったのは、やはり勝新太郎さんですね」 勝新太郎氏は1990年、大麻をパンツの中 [全文を読む]

勝新太郎「パンツをはかない」発言の真相!ベテランリポーターが語る昭和のトップスター

Smartザテレビジョン / 2017年04月03日06時05分

療養から復活後、“不死鳥コンサート”と呼ばれた勇姿の裏側で、「決して着席するまで映してはならない」と決められた当時の記者会見を振り返る。 さらに、勝新太郎が麻薬所持によりハワイ・ホノルルで逮捕された際の「パンツをはかない!」発言の真相や、北野武のバイク事故当時の秘話など、リポーターだからこそ知ることのできた裏話を明かす。 同番組は、こうした昭和スターの裏側 [全文を読む]

大物スター8人!「伝説の会見」パフォーマンス(1)勝新太郎の会見は天才ぶりが垣間見えた

アサ芸プラス / 2016年06月25日17時57分

ハワイの移民局で開かれた記者会見には日本中のレポーターが集まり、そこで勝はこう発言した。「違法薬物が勝手にパンツの中に入っていた。もう一生パンツをはかないようにする」 現場に立ち会った石川敏男レポーターはこう話す。「勝さんが自発的に発言したと思われている方が多いかもしれませんが、パンツの件を突っ込んだのは自分なんです。私が質問しなければ、この名言は生まれな [全文を読む]

山本圭 勝新太郎は非常に繊細で、それでいて豪快な方でした

NEWSポストセブン / 2015年12月17日07時00分

ただ、『新幹線大爆破』での記者会見で『山本圭さんがなぜこの役なのでしょう』という質問に佐藤純彌監督は『だって、そのまんまですから』と答えていましたが。私は『そのまんまかなあ』と思いながら聞いていました。 『戦争と人間』の第三部でのノモンハンの戦闘シーンには私の出番はなかったのですが、ロケに自費でついていきました。薩夫監督からは『くっついてくるなら衣装を用意 [全文を読む]

<安保法案は穏やかに語れ>「安保法案賛成派」を暴力的に排除する「安保法案反対派」の平和主張に説得力はない

メディアゴン / 2015年09月24日07時30分

」って平気で言っている記者会見を見た。記者が「禁煙してるんですよね。」と訊くと、「ああ、タバコはここの処吸ってない。」と言いながら、タバコを吸っていた。「平和を守れ」と熱狂的に叫んでいる人を見ると、タバコを吸いながら、禁煙中と言っていた勝新太郎さんを思い出し思わず笑みがもれる。「平和は大事です」と言いながら穏やかに論理的に語る人には説得力がある。戦争のこと [全文を読む]

ASKAの奇行よりヤバい? “薬物で逮捕された“芸能人たちのトンデモ話!

tocana / 2015年02月16日09時00分

その時に開かれた記者会見では「なぜ、パンツの中に入っていたかわからない。今後は同様の事件を起こさないよう、もうパンツをはかないようにする」と勝新節を炸裂させた。 [全文を読む]

黄門初代の笑い「カッカッカッ」 二代目「ほっほっはははっ」

NEWSポストセブン / 2013年12月15日07時01分

出演する記者会見をする四カ月くらい前から決まっていたんですが、プロデューサーから『記者会見までは絶対に誰にも言うな』と頼まれていて、僕も西村さんも口をつぐんでいました。助さんをやっていた里見(浩太朗)さんと会見場でお会いしたら『あ、吾郎ちゃんがやるんだ』って。そのくらい、みんな知らなかった。 で、会見が終わったら西村さんが『おい、吾郎よ。これは視聴率のいい [全文を読む]

海老蔵、“目力封印”で新境地!「座頭市」で「成長したい」

Movie Walker / 2016年11月28日16時38分

「六本木歌舞伎」第二弾公演の記者会見が11月28日に東宝スタジオで開催され、市川海老蔵、寺島しのぶ、三池崇史、安孫子正(松竹株式会社副社長/演劇本部長)が出席。演目は「座頭市」に決定し、海老蔵が目力を封印した役柄へ「成長につなげていきたい」と意気込みを語った。 2015年に海老蔵と中村獅童の熱い思いから始まった「六本木歌舞伎」。前回の「地球投五郎宇宙荒事 [全文を読む]

許される不祥事/許されない不祥事の違い/増沢 隆太

INSIGHT NOW! / 2016年07月06日06時30分

結果として収束を図るはずの記者会見がさらに燃料投下となってしまい、半年たった今もレギュラー番組やCMへの復帰はできていません。危機はまだ続いています。一方の川谷さんですが、こちらも激しい批判が続き、現在も表舞台には出ていないようです。しかしこの方、そもそも表舞台の人だったのでしょうか?昨年のNHK紅白歌合戦にまで出場するほどのメジャーになったバンドですが、 [全文を読む]

フォーカス