オリックス 小谷野栄一に関するニュース

オリックス「完全最下位」に大低迷!不名誉な成績にファンの反応は…

しらべぇ / 2016年09月30日20時00分

※画像はオリックス・バファローズ公式サイトのスクリーンショット29日、京セラドーム大阪でオリックス・バファローズ対東北楽天ゴールデンイーグルスの試合が行われ、10-2で楽天が勝利。これによりオリックスは4年ぶりの最下位が確定した。同チームは今年オープン戦、交流戦も同様の成績に終わっているほか、ペナントレースも全球団に負け越したうえ、2軍もビリ。史上初の「完 [全文を読む]

【プロ野球】ドカベン・香川伸行(南海)、赤鬼・マニエル(近鉄)ら個性派揃いの1980年の関西パ・リーグとは?

デイリーニュースオンライン / 2017年04月23日17時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■赤鬼・マニエルが大暴れの近鉄 4月28日から30日の試合でオリックスが着用するのは、1978年から1996年までの近鉄のユニフォームだ。赤、紺、白のトリコロールカラーの帽子が個性的で、近鉄といえばこのユニフォームだという人も多いであろう。 近鉄は1974年から西本幸雄を監督に迎え、低迷し [全文を読む]

ロッテ、清田育宏が劇的サヨナラ打「久しぶりの連勝!まさにプレミアムフライデー」

サイクルスタイル / 2017年05月27日02時06分

ロッテは5月26日、ZOZOマリンスタジアムでオリックスと対戦。清田育宏外野手の劇的なサヨナラ打が飛び出し、5-4で勝利した。 ロッテは4-0とリードして迎えた7回表、先発の涌井秀章投手がオリックス打線につかまり、小谷野栄一内野手に適時打を浴びるなど4失点。流れはオリックスに傾きかけるも、9回裏にオリックスの守護神・平野佳寿投手を攻めたてると、2死二、三塁 [全文を読む]

オリ、サヨナラ負けで8連敗 福良監督「粘りは見せてくれたが…」

ベースボールキング / 2017年05月27日08時15分

○ ロッテ 5x - 4 オリックス ● <6回戦 ZOZOマリン> オリックスはサヨナラ負けで、連敗が8となった。 先発した山崎福也は初回、鈴木大地に2点タイムリーを浴びると、2回には吉田裕太にタイムリー二塁打で2回までに3点を失った。3回は先頭の清田育宏に二塁打を打たれたが、左の角中勝也、鈴木を打ち取り二死を奪う。二死とした山崎福だったが、井口資仁を迎 [全文を読む]

【4月27日プロ野球全試合結果】DeNA・筒香嘉智&日本ハム・中田翔、侍の主砲2人に待望の今季第1号…日本ハムは連敗を10で止めた

サイクルスタイル / 2017年04月27日23時09分

オリックス、劇的なサヨナラ勝利…小谷野栄一の内野安打がエラー誘うオリックスは4月27日、京セラドーム大阪で西武と対戦。小谷野栄一内野手の内野安打が相手守備のエラーをさそい、3-2と劇的なサヨナラ勝利を飾った。オリックスは初回、1死満塁の好機を作ると、中島宏之内野手が四球を選んで押し出しで先制。4回裏には、駿太外野手が適時二塁打を放ち2-0とする。その後、 [全文を読む]

【4月15日プロ野球全試合結果】巨人・坂本勇人が4安打の活躍で連敗脱出、ロッテ・涌井秀章が今季初勝利

サイクルスタイル / 2017年04月15日21時45分

オリックス、ソフトバンクとの乱打戦を制す…小谷野栄一が決勝打オリックスは4月15日、ヤフオクドームでソフトバンクと対戦。両チーム合わせて28安打が飛び交った乱打戦を制し、7-6で勝利した。オリックスは初回、2死三塁の好機を作ると、4番に入った小谷野栄一内野手が適時打を放って1点を先制。続く好機に、指名打者・中島宏之にも適時打が飛び出し2-0とした。 [全文を読む]

【4月11日プロ野球全試合結果】広島・菊池涼介が5安打3打点の活躍で8連勝、ソフトバンク・千賀滉大が今季初勝利

サイクルスタイル / 2017年04月11日23時45分

オリックスが打線爆発で6連勝…ロッテは石川歩が3回5失点KO オリックスは4月11日、京セラドーム大阪でロッテと対戦。14安打と打線が爆発し、11-1で大勝した。 オリックスは初回、1死満塁の好機を作ると、小谷野栄一内野手が適時打を放って幸先よく2点を先制。3回裏には、走者一、二塁の好機でT-岡田内野手が適時打を放ち3-0。続く指名打者・中島宏之にも適 [全文を読む]

侍ジャパン、ラスト実戦は辛勝…代打・秋山が大仕事、2勝3敗で本番へ

ベースボールキング / 2017年03月05日22時00分

侍ジャパン・強化試合 ● オリックス 3 - 5 日本 ○ <3月5日 京セラドーム大阪> 侍ジャパンは5日、京セラドーム大阪でオリックスと強化試合を行い、5-3で勝利。この試合をもって、WBC開幕前のすべての実戦が終了した。 いよいよ大会が目前に迫る中、直前の実戦で1勝3敗となかなか波に乗ることができなかった侍ジャパン。この日も初回、先頭の山田哲人が安打 [全文を読む]

【プロ野球】西野真弘、安達了一は盤石。残る一、三塁で激しい戦いが…。オリックスのレギュラー争い~内野手編

デイリーニュースオンライン / 2017年02月26日17時05分

オリックスは目立った補強がなかったものの、若手が伸びてきたたことで、選手層が厚くなったように見える。そんなオリックスの内野のレギュラー争いに注目してみた。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■病気を克服した安達了一 昨オフに潰瘍性大腸炎を患っていることが発覚した安達了一。昨春はキャンプには参加せず、治療に努めた。そして、治療 [全文を読む]

ちょっと早い「セ・パ12球団」ペナント大予想!(3)大補強の“オリックス”は今年こそ優勝?

アサ芸プラス / 2015年01月27日09時55分

さて、パ・リーグに目を移せば、大補強でストーブリーグの話題をさらったオリックスと昨年の日本一チーム、ソフトバンクの2強は揺るぎない勢い。特に昨年2位に躍進したオリックスは中島裕之(32)、小谷野栄一(34)、バリントン(34)、ブランコ(34)ら大物を獲得。エース・金子千尋(31)も残留し、投打ともに盤石の布陣だ。 ただ、一新されたコーチとうまくかみ合う [全文を読む]

フォーカス