三谷幸喜 小林聡美に関するニュース

三谷幸喜が小林聡美似の女性と交際宣言 再婚も「いずれは」

NEWSポストセブン / 2013年07月18日05時00分

2011年5月に小林聡美(48才)と離婚した脚本家・三谷幸喜(52才)が、新たな女性と交際中であることが発覚した。 6月中旬の夕方のことだった。帰路につくサラリーマンや買い物袋を提げた主婦たちで賑わう駅前の商店街を、三谷幸喜はスラックスにワイシャツ姿で息を切らしながら早足で歩いていた。 誰かとの待ち合わせなのか周囲をきょろきょろと見回すと、ひとりの女性のも [全文を読む]

小林幸子、夫、元社長 互いが独占欲露にした奇妙な三角関係

NEWSポストセブン / 2012年04月14日16時00分

林さんは頼られればどんどん応えるタイプだから、小林さんも芸能活動についても林さんに相談することの方が多くなってしまったんです」(小林の知人) ※女性セブン2012年4月26日号 【関連ニュース】解任された小林幸子の事務所社長 元々は熱烈なファンだった小林聡美 愛犬に会うため離婚後も三谷幸喜の近所で暮らす三谷幸喜 小林聡美を驚かすため玄関前でパンツ一丁で隠れ [全文を読む]

解任された小林幸子の事務所社長 元々は熱烈なファンだった

NEWSポストセブン / 2012年04月13日07時00分

そして後に個人事務所の専務となる共通の友人だったB子さんと一緒に3人で独立して、小林さんにとって最良の道を、一蓮托生となって歩いていくことを約束したんです」(関根さんの知人) ※女性セブン2012年4月26日号 【関連ニュース】小林聡美 愛犬に会うため離婚後も三谷幸喜の近所で暮らす三谷幸喜 小林聡美を驚かすため玄関前でパンツ一丁で隠れた三谷幸喜 猫アレルギ [全文を読む]

小林幸子 両親との思い出詰まった豪邸に年下夫を招き入れる

NEWSポストセブン / 2012年03月19日07時00分

やはり、その家を離れようなんて思えなかったんでしょう」(知人) ※女性セブン2012年3月29日・4月5日号 【関連ニュース】小林聡美 愛犬に会うため離婚後も三谷幸喜の近所で暮らす三谷幸喜&小林聡美の家 本当に友達も寄りつかなかった小林幸子に夫を略奪された46才の前妻は3度騙されていたキス撮られた内野聖陽 妻の一路真輝と別居中に2億円豪邸購入三谷幸喜 猫ア [全文を読む]

第11回「フジテレビ物語(後編)」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年10月22日12時00分

〇『やっぱり猫が好き』(88年10月~90年3月)三谷幸喜サンの出世作。浦安のマンションに住む3姉妹(もたいまさこ・室井滋・小林聡美)のアドリブとも台詞ともつかぬシットコム。 〇『夢で逢えたら』(88年10月~89年3月)ダウンタウンやウッチャンナンチャンらお笑い第三世代が共演。ショートコントと連続もので構成。シュールな笑いが秀逸だった。後に23時台へ。 [全文を読む]

三谷幸喜「ギャラクシー街道」が大苦戦…「近年稀にみる駄作」の声

デイリーニュースオンライン / 2015年11月06日12時00分

映画監督・三谷幸喜(54)の新作映画『ギャラクシー街道』が大苦戦を強いられている。ネット上には一般人だでなく三谷ファンからも酷評の嵐とあって、「ついに才能の限界か」と11月5日発売の『週刊新潮』(新潮社)にも報道されてしまった。 本作は三谷映画初となる、宇宙空間を舞台にしたSFロマンチックコメディー。人工居住区「うず潮」と地球を結ぶスペース幹線道路「ギャラ [全文を読む]

第14回「21世紀の連ドラ史」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月23日11時30分

ま、連ドラの脚本って、そういうものだけど(その辺りの仕組みは三谷幸喜サンの映画『ラヂオの時間』を見ればよく分かります)、そこで急遽ピンチヒッターに呼ばれたのが、福田靖サンだったというワケ。で、フジの石原隆サンとのコンビワークで、類い稀なる傑作を書き上げたのだ。そう、かの作品の舞台裏では、もう一つのお仕事ドラマが展開されていたんですね。■脇でキラリと光るキム [全文を読む]

三谷幸喜がいない!『真田丸』打ち上げで主役不在の異例事態

WEB女性自身 / 2016年11月08日00時00分

「1年間、三谷幸喜さんのホンで信繁を演じられたことは本当にありがたく、役者冥利につきます。ただただ感謝しかありません。三谷さんの作品は達者な方ばかりなので、足を引っ張らないように頑張りました」 しかし、そんな堺を呆然とさせる出来事が。もう1人の 主役 であり脚本を担当した三谷幸喜(55)が、この日の打ち上げを欠席していたのだ。樋浦勉(73)は笑いながらも [全文を読む]

フジテレビ顔面蒼白! 三谷幸喜『ギャラクシー街道』酷評の裏に、小林聡美との離婚アリ!?

日刊サイゾー / 2015年11月20日11時00分

三谷さんの作品はもともと賛否両論が多いのですが、今回は“否”ばかりが目立っている状況です」(フジ関係者) 三谷幸喜監督の6作目となる映画『ギャラクシー街道』に、酷評の嵐が吹き荒れている。 「製作費20億円といわれていますが、そのほか宣伝費などもありますから、総額はさらに膨らむでしょう。公開から1カ月もたっていませんが、このままだと、興収は2ケタいけば御の字 [全文を読む]

やっぱり元妻が好き? 三谷幸喜が小林聡美のストーカー化とのウワサ

サイゾーウーマン / 2012年07月27日09時00分

突然の離婚報告から1年2カ月が経過した三谷幸喜と小林聡美について、24日発売の「女性自身」(光文社)が驚きの近況を伝えている。別れてからも近所に住んでいるという2人だが、小林の自宅前をうろうろする三谷に対し、小林は知人に「もう、うんざり」と漏らしているのだという。 2人は1988~91年に放送されたドラマ『やっぱり猫が好き』(フジテレビ系)で知り合い、三谷 [全文を読む]

フォーカス