パナソニック 松下幸之助に関するニュース

パナソニック 汐留ミュージアム 開館10周年記念特別展「幸之助と伝統工芸」展を開催。2013年4月13日~2013年8月25日

PR TIMES / 2013年03月13日12時44分

パナソニック株式会社の企業美術館、パナソニック 汐留ミュージアムは「幸之助と伝統工芸」展を2013年4月13日(土)から8月25日(日)まで開催いたします。 ▼パナソニック 汐留ミュージアム「幸之助と伝統工芸」展 http://panasonic.co.jp/es/museum/exhibition/13/130413/ ▼【パンフレット】パナソニック[全文を読む]

聞き上手・松下幸之助氏に学ぶ「社員のやる気を引き出す」方法

まぐまぐニュース! / 2015年10月19日10時00分

パナソニック創業者で「経営の神様」とも言われる松下幸之助氏は、「社員の話に耳を傾ける天才」でもあったそうです。メルマガ『がんばれ建設~建設業専門の業績アップの秘策』では、松下流「社長と社員に2つずつメリットが生まれる話の聞き方」が紹介されています。 時間がなくても人の話を最後まで聞いているか? 人の話を聞くということは大切だとよく言います。建設技術者は、近 [全文を読む]

2012夏休みキッズスクール 特別展示「スタンプラリーで学ぶ 松下幸之助と商品のあゆみ~社会に役立つ商品づくりをめざして~」を開催!-パナソニックミュージアム 松下幸之助 歴史館-

PR TIMES / 2012年07月13日13時46分

パナソニック株式会社(本社:大阪府門真市、http://panasonic.co.jp)は、大阪府門真市の松下幸之助歴史館にて、2012夏休みキッズスクール特別展示「スタンプラリーで学ぶ 松下幸之助と商品のあゆみ~社会に役立つ商品づくりをめざして~」を7月21日~8月31日の36日間、開催いたします。また、期間中にご来館いただいた小学生・中学生の方で、クイ [全文を読む]

【特別展】松下幸之助『経営の基礎は人である-失敗を恐れず挑戦する人に-』6月30日まで開催中~パナソニックミュージアム 松下幸之助歴史館

PR TIMES / 2015年06月02日10時40分

[画像: http://prtimes.jp/i/3442/1749/resize/d3442-1749-235914-0.jpg ]パナソニックミュージアム 松下幸之助歴史館(所在地:大阪府門真市大字門真1006)では、松下幸之助創業者メモリアルウィークにあわせて、「松下幸之助『経営の基礎は人である-失敗を恐れず挑戦する人に-』」と題した特別展を2015 [全文を読む]

【7月10日まで】松下幸之助生誕120年特別記念-海田 悠 松下真々庵 写真展-松下真々庵 幸之助哲学が育まれた庭

PR TIMES / 2014年07月01日16時25分

パナソニック 汐留ミュージアムでは、『松下幸之助生誕120年特別記念- 海田 悠 松下真々庵 写真展 -松下真々庵 幸之助哲学が育まれた庭-』を2014年6月28日(土)から7月10日(木)まで開催しています。 ▼パナソニック 汐留ミュージアム 松下 真々庵 写真展 http://panasonic.co.jp/es/museum/shinshinan/ [全文を読む]

ユニクロ柳井氏 「全員経営」の松下幸之助氏を敬愛してやまぬ

NEWSポストセブン / 2012年10月14日07時00分

パナソニックも大リストラに踏み切った。創業者・松下幸之助が没して23年。「企業の宝は人材」という創業理念は反故にされているようにみえる。あるいは日本を取り巻く状況が、創業理念を持ち続けることを難しくしているのか。 「なぜ若い人は幸之助さんにもっと学ばないのか、不思議でなりません」 講演や取材でしばしばそう述べているのは、ファーストリテイリングCEO・柳井正 [全文を読む]

『道をひらく』戦後ベストセラー第2位躍進を支えた存在「松下幸之助女子会」を東京で開催します

@Press / 2015年02月13日16時30分

弊社創設者である松下幸之助は、「パナソニック創業者」「経営の神様」であり、関心を持つのも経営者や管理職の男性に限られているのではと思われがちです。ところが、最近ではその著書の読者層は若い女性にまで広がり、松下幸之助の行き方・考え方に共感を持つ方々が増えています。なかでも『道をひらく』は人気が高く、2014年10月に累計発行部数510万部を突破し、戦後ベスト [全文を読む]

パナソニック汐留ミュージアム開館10周年記念特別展、「幸之助と伝統工芸」展 を開催- 松下幸之助ゆかりの工芸作品を一挙公開 -

PR TIMES / 2012年10月05日12時32分

パナソニック株式会社の企業ミュージアム、パナソニック 汐留ミュージアムは開館10周年記念特別展「幸之助と伝統工芸」展を2013年4月13日(土)から2013年8月25日(日)まで開催いたします。 -関連URL- ▼パナソニック 汐留ミュージアム http://panasonic.co.jp/es/museum/ ▼Facebookで「パナソニック 汐留ミュ [全文を読む]

新雑誌『衆知』を創刊

@Press / 2016年04月26日10時00分

「松下幸之助の考えをどのように経営に活かしたか」を歴代パナソニック社長が明かし、芸術、芸能からスポーツまで、幅広い分野のトップランナーが教育、モチベーション、伝統の継承などを語るなど、読みごたえのある特集や充実した連載を隔月でお楽しみください。 毎号、読者の皆さまに直接お届けいたします。なお、書店でのお取り扱いはございません。 ■松下幸之助と「衆知」 戦 [全文を読む]

インドネシアを「LEDランタン」で照らすパナソニックの挑戦

FUTURUS / 2015年01月09日21時41分

パナソニックは同社の100周年を迎える2018年に向けて、世界規模で『ソーラーランタンを10万台プロジェクト』を展開している。 その一環として現在デザインの募集が行われているのが、切り絵によるLEDソーラーランタン・プロジェクト『Cut Out the Darkness』だ。 ■ 多くの人を巻き込んで、楽しく、明るくしよう ただ夜を“明るく”するだけでは [全文を読む]

パナソニック、浅草寺雷門に大提灯を奉納~1960年以来続く、10年に一度の大改修

PR TIMES / 2013年12月06日12時13分

2013年11月18日、パナソニック株式会社が奉納している東京浅草の雷門の大提灯の張り替え新調が完成し、奉納懸吊式が行われました。 「パナソニックと雷門の縁」「伝統を今に伝える日本の技」を、雷門再建当時の映像を交えてご紹介します。 ▼[動画]活気ある江戸の風情を未来へ ~浅草寺雷門への大提灯奉納~ http://ch.panasonic.net/jp/co [全文を読む]

松下幸之助とハローキティのスペシャルコラボ!500万部超ベストセラー『道をひらく』をキュートなメッセージブックとして発売

@Press / 2016年07月12日14時00分

■プロフィール 文:松下幸之助(まつした こうのすけ) http://konosuke-matsushita.com/ パナソニック(旧松下電器産業)グループ創業者、PHP研究所創設者。明治27(1894)年、和歌山県に生まれる。9歳で単身大阪に出、火鉢店、自転車店に奉公ののち、大阪電灯(現関西電力)に勤務。大正7(1918)年、23歳で松下電気器具製作 [全文を読む]

大塚家具よりエグい? 「パナソニック」創業者の娘婿をめぐるドロドロ人事抗争の歴史

リテラ / 2015年04月27日19時06分

それは、日本を代表する総合電機メーカー・パナソニックでも同様だ。パナソニックで起きていた知られざる権力闘争を元役員たちの証言をもとに明らかにするのが、『ドキュメント パナソニック人事抗争史』(岩瀬達哉/講談社)だ。 パナソニックの創業者といえば、ご存知の通り松下幸之助である。日本の経済史に名を刻むカリスマ経営者だが、実は幸之助の"遺志"こそが、パナソニッ [全文を読む]

【無料セミナー/大阪】パナソニックの事例に学ぶ"経営理念の実践"と"理念を浸透させるプロセス"

PR TIMES / 2013年05月16日14時34分

パナソニックグループの人材サービス会社 パナソニック エクセルスタッフでは、2013年6月6日(木)大阪にて、無料セミナー「パナソニックの事例に学ぶ"経営理念の実践"と"理念を浸透させるプロセス"」を開催します。 ▼▽詳細・お申込はこちら▽▼ http://panasonic.co.jp/excelstaff/seminar/philosophy.html [全文を読む]

パナソニックミュージアム 松下幸之助 歴史館 メモリアルウイーク特別展「松下幸之助『自主責任経営』と『社員稼業』」開催中

PR TIMES / 2012年05月08日09時51分

この特別展は、パナソニックの創業者・松下幸之助の「自主責任経営」の考え方と、それを個人レベルに落とし込んだ「社員稼業」について、歴史上のエピソード、創業者や幹部の話、映像、写真、現物資料で展示しています。また、大坪社長インタビューも上映しています。 皆様のご来館をお待ちしております。 【特別展『自主責任経営』と『社員稼業』】 http://panason [全文を読む]

中国客人気のパナ温水洗浄便座 現地無料設置サービスで差別化

NEWSポストセブン / 2015年08月04日11時00分

「どれも同じような機能や種類に見えますが、中国人客に人気が高いのは圧倒的にパナソニック製です。6万円前後の商品が売れ筋で、1人で4~5台買うお客さまもいます」(家電量販店店員) 人気の理由は手厚い「アフターケア」だ。 「温水洗浄便座の取り付け方なんて分かりません。でもパナソニック製なら安心なんです」(中国人観光客) パナソニックは中国各地に代理店があり、 [全文を読む]

松下幸之助と稲盛和夫、新旧「経営の神」に共通した理念とは?

まぐまぐニュース! / 2015年07月30日01時44分

パナソニックには「遵奉すべき七精神」があります。「宗教は人々の悩みを救う聖なる仕事である。それに対して、事業経営も人間生活に必要な物資を生産提供する聖なる仕事。そこに事業経営の真の使命がある」という考え方をもとにして制定されています。 京セラには、「全従業員の物心両面の幸福を追求すると同時に、人類、社会の進歩発展に貢献すること」という経営理念があり、さら [全文を読む]

本流社長・V字回復パナソニック=勝ち組、傍流社長・不振深刻ソニー=負け組、は正しいか

Business Journal / 2015年02月07日06時00分

まず、本稿では「周辺事業の人材をトップマネジメントに据えて外科手術を行う企業」「中心事業の若手を抜擢し内科手術を行う企業」の例として、ソニーとパナソニックを取り上げたい。社風は大きく異なるが、両社ともこれまで日本を支えた大手電機メーカーであり、年間売り上げ規模も8兆円弱ということもあり、比較されることの多い企業である。 両社のここ数年のパフォーマンスを見る [全文を読む]

輝けない50代社長 トヨタや森ビルは創業家を味方に手腕発揮

NEWSポストセブン / 2013年07月28日07時00分

パナソニックの津賀一宏社長(56歳)も例外ではない。プラズマパネル製造からの撤退など、聖域なき津賀改革は順調に進んでいるかにみえるが、「抵抗勢力も大きい」(経済紙記者)という。そこで、大改革にあたって頼みとしたのが創業者・松下幸之助の威光である。 「あるインタビューで、テレビ全盛時代の終焉したパナソニックをどう立て直すか、と聞かれた際に『これからうちは松 [全文を読む]

パナソニック 汐留ミュージアム 開館10周年+「幸之助と伝統工芸」展 開幕記念くす玉開被式開催

PR TIMES / 2013年04月15日16時39分

パナソニック 汐留ミュージアムは、2003年4月のオープンから10周年を迎えました。加えて「幸之助と伝統工芸」展の開幕を記念して、2013年4月13日にくす玉開被式を開催しました。当日、ご来場1番目のお客様、山梨県「白金工房」堀内様(写真右)に記念品を贈呈させていただきました。パナソニック 汐留ミュージアムは、2003年4月の東京汐留ビル開設に合わせオープ [全文を読む]

フォーカス