松下電器 松下幸之助に関するニュース

聞き上手・松下幸之助氏に学ぶ「社員のやる気を引き出す」方法

まぐまぐニュース! / 2015年10月19日10時00分

するとその日の午後、松下電器のある役員が松下幸之助さんのところへ来て、「今度、○○ということをやりたいと思うのですが、いかがでしょう」とアイデアを提案した。その○○というアイデアは、午前中に松下さんが私に話してくれたのとほぼ同じものだった。 だから私は、松下さんが「それはわしも考えていた。午前中に江口君に話していたところなんだ」と言うと思った。しかし、松 [全文を読む]

なぜ松下幸之助は小さな電器店の経営者たちを前に号泣したのか?

まぐまぐニュース! / 2017年05月30日17時31分

松下電器を一代で築き上げ、経営の神様とも呼ばれる松下幸之助氏。数々の逸話が語り継がれていますが、今回の無料メルマガ『売れる営業マンの常識は売れない営業マンの非常識!』では、著者で営業実務のコンサルタントを手がける島田基延さんが、大不況に見舞われ販売店の8割が赤字となった際のエピソードを紹介しています。 松下幸之助に学ぶ 昭和39年、販売店8割が赤字。この時 [全文を読む]

パナソニック、浅草寺雷門に大提灯を奉納~1960年以来続く、10年に一度の大改修

PR TIMES / 2013年12月06日12時13分

門と大提灯に刻まれた松下幸之助と松下電器の名を、いったい幾人が眼にしたことだろう。 ~社史室・松下幸之助歴史館 編~ <関連情報> ・パナソニック創業者 松下幸之助 http://panasonic.co.jp/founder/ ・パナソニックミュージアム 松下幸之助 歴史館 http://panasonic.co.jp/history/museum/ ・ [全文を読む]

LED時代にパナソニックが「白熱電球」にこだわり続けた理由

NEWSポストセブン / 2012年10月13日07時00分

パナソニック(※2008年までの社名は松下電器)とシェア争いをしてきた東芝や三菱電機は生産を既に終了させている。「白熱電球はパナソニックにとって単なる一商品ではない。創業者・松下幸之助の志を体現する商品なのです。幸之助イズムを絶やさないためにも、生産を続けたかった」(同社関係者) 話は1933年に遡る。同社は創業15年目。二股ソケットなどのヒット商品を世に [全文を読む]

松下電器VSダイエー テレビ値引販売で揉め和解に30年要した

NEWSポストセブン / 2016年01月21日07時00分

しかし、高度経済成長期の真っ只中に大ゲンカを繰り広げたのが、松下電器を率いる松下幸之助氏と、ダイエーの中興の祖・中内功氏だ。それは当時の発言にも表れている。 松下幸之助 「適正な利益をあげ、それを国家、社会に還元することが、企業にとっての 社会的な義務である」 中内功 「ダイエーの存在価値は、 既存の価格を破壊するところにある」【出典:松下幸之助著『実践経 [全文を読む]

松下幸之助がお客様のために「抱いて寝る」と決めていたモノ

まぐまぐニュース! / 2017年03月01日19時00分

松下電器を一代で築き上げ、経営の神様として知られる松下幸之助氏。その逸話は至る所で語られていますが、今回、無料メルマガ『1日1粒!「幸せのタネ」』で紹介されているエピソードは、初心を忘れがちな社会人の目を覚まさせてくれるようなものと言えそうです。まさか、こんなことまでしていたなんて…と目からウロコの「行動」もありますよ。 商品を抱いて寝る 松下幸之助翁のエ [全文を読む]

松下幸之助の「人間教育」にこだわり企業向け公開研修サービス「PHPゼミナール」を全面リニューアル

@Press / 2015年11月26日11時00分

創設者・松下幸之助(松下電器・現パナソニックグループ創業者)が実践してきた「人間教育」に徹底的にこだわり、プログラムを刷新。引き続き企業の人材育成をサポートしていきます。2015年12月以後、今回のリニューアルのポイントを講師が直接お伝えし、プログラム中のグループ討議やワークを体験受講していただく無料説明会の開催も予定しております。PHPゼミナール htt [全文を読む]

松下幸之助と本田宗一郎は、なぜ「従業員のトイレ」にこだわったのか

まぐまぐニュース! / 2016年06月28日08時12分

松下幸之助さんが、創業して10年ほど経った頃から「松下電器は物をつくる前に人をつくる会社である」と言い続けたのがこれにあたります。 同社の大正12年の暮れ。工場では従業員一同が大掃除を行っていました。ところが、従業員の便所だけがなぜか汚れたままだったのです。幸之助さんは、ほうきを手に取りバケツで水を流しながら踏み板をゴシゴシこすり「これではいかん。常識的な [全文を読む]

パナソニック創業理念 松下幸之助が語った「水道哲学」とは

NEWSポストセブン / 2012年10月14日07時01分

松下電器の真の使命も、物資を水道の水のごとく安価無尽蔵に供給して、この世に楽土(=ユートピア)を建設することである」 水道の水のように商品を供給――これを達成するためとして、松下幸之助はこう続けた。 「この日以降、建設時代10年、活動時代10年、社会貢献時代5年、計25年を1節とし、以後同じ方針・方途を時代の人々に伝えつつ、これを10節繰り返し、250年後 [全文を読む]

「僕は無学だから何でも知っている」(松下幸之助)【漱石と明治人のことば129】

サライ.jp / 2017年05月09日06時00分

丁稚奉公から叩き上げて松下電器を中心とする松下グループを築き上げた。「経営の神様」とも呼ばれた。 教育に毒されなかった自らの履歴を誇りとするところがあり、上に掲げたようなことばを口にし、胸を張っていた。なかなか奥深いもの言いである。 その延長で「東大廃止論」をぶち上げたこともあった。型にはめられた、いわゆるエリートなどというものを、無条件には信用していなか [全文を読む]

松下電器は人を作っている。松下幸之助が社員と乗り越えた6つの逆境

まぐまぐニュース! / 2016年11月23日04時45分

経営のカリスマ・松下幸之助の名を知らない方はいないと思いますが、彼がどんな時代にどんな思いで創業し、そこから松下電器(現・パナソニック)をどう大企業へと成長させていったのかご存知でしょうか。無料メルマガ『Japan on the Globe-国際派日本人養成講座』では、激動の時代に興した小さな会社を、数々の困難に見舞われながらも従業員たちと一丸になって乗り [全文を読む]

さよならベータ!日本の黒物家電を変えたVHSとの「ビデオ戦争」の顛末

FUTURUS / 2015年11月13日06時00分

」 1976年、松下電器本社。日本経済界の重鎮である松下幸之助は、部下にこう告げた。 この時、日本の黒物家電市場は、日本ビクターの『VHS』規格と、ソニーの『ベータ』規格の対立が注目を浴びていた。すでに両陣営は、各社を説得し味方につけている。『VHS』は日立、シャープ、三菱電機、船井。『ベータ』は三洋、パイオニア、NEC、東芝といった具合に。 だが、数ある [全文を読む]

松下幸之助と稲盛和夫、新旧「経営の神」に共通した理念とは?

まぐまぐニュース! / 2015年07月30日01時44分

松下幸之助さんは「松下電器は何をつくっていますか」と問われたとき、「私の会社は、人をつくっています」といった話は有名です。 組織と仕組み 松下電器が事業部制組織とマトリックス組織を、京セラは「アメーバ」組織という知られていなかった組織形態を経営の根幹に据えました。 これらの組織形態の底に流れているのは「人のやる気」を引き出すことです。 人は、任せられなけ [全文を読む]

松下幸之助の経営理念・人材育成を基に独自開発した公開研修「PHPゼミナール」を名古屋で本格開講~経営者・管理職を対象に2015年8月より

@Press / 2015年05月28日10時45分

株式会社PHP研究所(京都市南区、代表取締役社長・清水卓智)は、創設者・松下幸之助(松下電器・現パナソニックグループ創業者)の経営理念と人材育成をベースに独自に開発した企業向け公開研修講座「PHPゼミナール」を、2015年8月より、名古屋地区で開講します。◆「PHPゼミナール」を名古屋で本格開講株式会社PHP研究所は、松下幸之助によって、敗戦による混乱と貧 [全文を読む]

インドネシアを「LEDランタン」で照らすパナソニックの挑戦

FUTURUS / 2015年01月09日21時41分

松下電器創業者である松下幸之助の薫陶を受けた父モハマド氏が築いた松下電器との合弁会社を引き継ぎ、現在パナソニック・ゴーベル・インターナショナルグループの会長も務める。 日本の中央大学で学び、松下電器大阪本社に勤務した経験を持つラフマット氏は、日本の技術やノウハウがインドネシアにとって非常に重要であることを、身をもって理解している。大災害に立ち向かうことが [全文を読む]

パナソニック 松下正治氏死去で「創業家離れ」が一段と加速

NEWSポストセブン / 2012年07月18日07時00分

また、中村氏からバトンを受け継いだ大坪文雄氏は、2008年に社名を松下電器からパナソニックに変更。正治氏から「松下の名前がなくなるのはかまわないが、その理念は残してほしい」とクギを刺される一幕まであった。 歴代社長たちは、創業家に一定の敬意とお伺いを立てながら、現場の経営からは距離は置いてもらう体制を築いてきた。 最も大きな存在だった正治氏が死去したことで [全文を読む]

松下幸之助が考え抜いた末に悟った「経営のコツ」とは何か?

まぐまぐニュース! / 2016年08月31日19時00分

この言葉を真の使命としたこの日、真の松下電器が誕生したとしています。松下さんは、価値観を革新的な「人のマネジメント」としてもたらしました。 強い経営を実践する企業では、これなくして企業の存続意義はあり得ないとする経営者の執念のミッションがあります。このミッションが全社員に浸透して社会に奉仕できた時、社会は企業への評価として利益をもたらします。これが社員に物 [全文を読む]

【書評】累積赤字膨らんだWOWOWを3年で再建したノウハウ

NEWSポストセブン / 2016年08月24日16時00分

【書評】『イノベーションは「3+7の物語」で成功する 松下幸之助から学んだ経営のコツ』(佐久間曻二 著/PHP研究所/1600円+税) 【評者】岩瀬達哉(ノンフィクション作家) 著者は、松下電器(現パナソニック)の元副社長。グローバル企業の経営陣のひとりとして、組織を引っ張ってきた。早くから社長候補として呼び声が高かったが、自身のあずかり知らない子会社の不 [全文を読む]

【とと姉ちゃん】日本商業史を変えた男・花森安治とは

しらべぇ / 2016年08月19日05時30分

ナショナルとはもちろん、松下電器である。暮しの手帖社は松下の技術者を呼んで修理させたようだが、結局状態が改善せず松下はその製品の生産を打ち切ってしまった。そうしたことも、花森は一切の漏れなく雑誌に書いたのだ。ちなみに花森の長女は、松下幸之助の秘書と結婚している。ミシンのテスト企画記事が世に出たのは、娘の結婚から1年も経たない頃。公私混同は一切しない、という [全文を読む]

【特別展】松下幸之助「生成発展への道程~M&Aと提携の歴史に学ぶ~」6月30日まで開催中

PR TIMES / 2016年06月21日16時37分

この展示会は、数々のM&Aや提携によって松下電器(現・パナソニック)を発展させてきた松下幸之助が、どのような思いでM&Aや提携を決断し、どのようなプロセスで会社を統合し、力を結集させてきたのか。またどのようにして同社に集った多様な人材を活かし、育ててきたのかを創業者自らのことばやエピソードで紹介しています。所主室では、「生成発展へのキーワード」を言葉と映像 [全文を読む]

フォーカス