高市早苗 松島みどりに関するニュース

選挙戦で蠢く魑魅魍魎…「妖怪政界ウォッチ」で期日前“裏”投票を慣行!(2)松島みどりはおわび行脚

アサ芸プラス / 2014年12月09日09時55分

女性閣僚の高市早苗氏(53)や稲田朋美氏(55)が、右翼団体代表の男性と日の丸をバックに議員会館で写真を撮り、同団体のホームページに掲載された時、おとがめなしだったのとは対照的でした。不満は募っているでしょうから選挙で目標に掲げる『絶対安定多数』の266議席を確保できなければ、『アンチ安倍』のノロシを上げるかもしれません」(政治部記者) 安倍自民にとっての [全文を読む]

「日本はどうしてしまったんだ?」=“きれいな国”日本に異変―華字メディア

Record China / 2016年06月17日07時50分

さらに、高市早苗総務相にも数百万円に上る闇金疑惑が報じられており、こうした一連の騒動が、日本政府が蓄積してきた信用をむしばんでいると記事は指摘する。 また、政治だけでなく経済界でも同様で、三菱自動車のデータ改ざん問題や東芝の不正会計問題などで、「日本国民の失望は極地に達している」としている。 記事は最後に、「腐敗や不正といったスキャンダルがますます増える中 [全文を読む]

相次ぐ政治家の路チュー、カネ問題…官僚がリークの嵐?バカすぎる政治家に呆れ憂さ晴らし

Business Journal / 2015年06月03日06時00分

このほか、先日「週刊ポスト」(小学館)が高市早苗総務大臣の融資口利き疑惑を追及したことも記憶に新しいだろう。これらもすべて、キャリア官僚のリークが発端なのだろうか? 「辞任した閣僚については、官僚のリークが発端というわけではないようですが、報道後に、『実はこういう話もあるんです』と、キャリア官僚がメディアに情報を持ち込んでいたと聞きます。また、中川郁子農水 [全文を読む]

安倍政権の目玉政策「女性の活用」崩壊の危機

デイリーニュースオンライン / 2015年02月04日07時50分

なかでも、重要閣僚である高市早苗総務大臣のそれを指摘する声は多い。ある民主党関係者はこう話す。 「高市さんは議員になってからも、ずっと汗をかいてきた人物ですごい苦労人です。それは、自民党外の人間でも知っている有名な話です。夜遅くまで議員の仕事をしていますが、ママ業もきちんとこなしていて、同じ女性としては応援していますが、高市さんが総務大臣というのは、正直ピ [全文を読む]

安倍内閣のスキャンダル議員達 塩崎、西川、有村、山谷氏ら

NEWSポストセブン / 2014年11月19日07時00分

高市早苗(総務相):ネオナチ団体代表者と議員会館で面会し、ツーショット写真を撮影していた。 ●山谷えり子(国家公安委員長):ヘイトスピーチが問題となっている「在日特権を許さない市民の会(在特会)」の関係者と一緒に記念撮影していた。 ●御法川信英(財務副大臣):顔写真入りカレンダーを選挙区で無料配布していた。公職選挙法で禁じられた有権者への寄付にあたる疑 [全文を読む]

安倍晋三 「政権ドミノ崩壊」がすぐそこに…(1)スキャンダルまみれの改造内閣

アサ芸プラス / 2014年11月11日09時56分

山谷えり子国家公安委員長(64)が、ヘイトスピーチでトラブルを起こしている在特会の関係者と写真に収まっていたり、高市早苗総務相(53)にネオナチ団体の代表者と議員会館で記念撮影に応じていた事実が明るみに出たり。 閣僚のスキャンダル発覚が本格化したのは、10月7日の参院予算委員会で松島みどり前法相(58)が「うちわ配布」問題を追及されてから。立て続けに、安倍 [全文を読む]

小渕・松島両大臣辞任、海外紙は「ウーマノミクス」「原発再稼働」に暗雲と報道

NewSphere / 2014年10月21日18時35分

高市早苗総務相がネオナチのメンバーと、山谷えり子国家公安委員長もまた「ウルトラナショナリストグループの在特会のメンバー」(NYT)と一緒に写真に収まっていたことや、高市氏、山谷氏、有村治子女性活躍担当相が18日、揃って靖国神社を参拝したことが併せて伝えられている。 ガーディアンは、これらは「働く女性の地位向上を目指す安倍首相の計画に影を落とした」と記してい [全文を読む]

山谷大臣 憎悪発言団体元幹部と写真で政権の国際的信頼失墜

NEWSポストセブン / 2014年10月20日16時00分

そして、山谷えり子・国家公安委員長はヘイトスピーチで知られる団体の元幹部との記念撮影を批判され、高市早苗・総務相は議員会館でホロコーストを否定する反ユダヤ主義のネオナチ団体「国家社会主義日本労働者党」代表と日の丸を背にしたツーショット写真を撮影し、広告塔に使われていたことが英国紙ガーディアンに報じられた。両氏とも「知らなかった」と言い逃れるが、欧米なら即 [全文を読む]

日本初の女性首相は小渕優子氏? 海外メディアの間でも注目度高まる

NewSphere / 2014年10月03日18時32分

高市早苗総務相、松島みどり法務相(初)、小渕優子経産相、山谷えり子国家公安・拉致問題担当相(初)、有村治子女性活躍担当相(初)だ。 なかでも海外メディアが注目しているのは、小渕優子氏だ。小渕氏は、東京放送(TBS)に勤務していたが、1999年、当時首相であった父、小渕恵三氏の秘書に転身。直後の2000年急死した父の跡を継ぎ、衆議院議員選挙群馬5区より出馬し [全文を読む]

安倍改造内閣登用の5人の女性大臣 女の味方は小渕優子氏のみ

NEWSポストセブン / 2014年09月12日07時00分

その顔ぶれは、総務大臣の高市早苗氏(53才)、国家公安・拉致問題・防災担当大臣の山谷えり子氏(63才)、女性活躍・行政改革担当大臣の有村治子氏(43才)、経済産業大臣の小渕優子氏(40才)、法務大臣の松島みどり氏(58才)。 一見すると、子育てしながら仕事もする女性の味方だが、その“身上書”を見れば、必ずしもそうとはいえない人もいる。 まずは高市氏。彼女 [全文を読む]

フォーカス