自民党 松島みどりに関するニュース

「安保法制」成立で安倍首相が電撃辞任!? 早くも始まった“次の次”自民党総裁レース

デイリーニュースオンライン / 2015年07月22日08時00分

そうした観測が流れる中、自民党内からも解釈改憲という禁じ手を使ってまで法案を強引に成立させたという批判はくすぶっている。そうした批判は、今年9月に実施される自民党総裁選にも少なからず影響を与えるのでは? ともいわれる。 自民党総裁の任期は3年。安倍晋三総裁は2012年に選出されているので、今年9月で任期を終える。GW前までは、安倍内閣が絶大な支持率だった [全文を読む]

メディアに政治家子女 フジに安倍首相甥、産経に麻生氏甥等

NEWSポストセブン / 2015年06月14日07時00分

故・中川昭一氏(元財務相)と不倫路チュー騒動の中川郁子(ゆうこ)・自民党衆院議員の長女はフジテレビの報道記者。 フジには他にも「超大物」の子息が揃う。中曽根康弘・元首相の孫は政治報道とは無縁で「バラエティ制作センター」の主任を務める。 昨年には岸信夫・自民党衆院議員の息子、つまり安倍首相の甥が入社。本人の希望で報道局に配属されている。局内では「採用試験で出 [全文を読む]

永田町に「電撃解散説」が飛び交う3つの理由

文春オンライン / 2017年03月23日07時00分

3月14日午後、自民党の二階俊博幹事長と都連会長を務める下村博文幹事長代行が官邸を訪れ、安倍晋三首相に面会した。永田町に衝撃が走ったのは、二階氏が明かした安倍首相の言葉だった。 「公明党抜きで勝負するいい機会だ」 政治部記者が解説する。 「衆院解散が早くても今年の秋以降と言われてきた最大の理由は、国政選挙並みに都議選を重視している公明党への配慮。7月の都 [全文を読む]

選挙戦で蠢く魑魅魍魎…「妖怪政界ウォッチ」で期日前“裏”投票を慣行!(2)松島みどりはおわび行脚

アサ芸プラス / 2014年12月09日09時55分

安倍総理があえて総選挙に踏み切ったのは、与党・自民党の勝利を確信したからに他ならないとはもっぱらの声だが、そうした中でも苦戦が予想されているのが、東京14区の松島みどり氏(58)だろう。何しろ、うちわを配布した行為が公職選挙法の禁止する寄付行為に該当するとして、法務大臣を辞任したにもかかわらず、その後も何事もなく本会議に臨むなど、厚顔ぶりは、やはり妖怪その [全文を読む]

パンティ大臣に目立ってほしい? 安倍政権が隠したい島尻スキャンダル

週プレNEWS / 2015年11月04日06時00分

そんな状況に、身内の自民党内からもこんな囁きが。 「パンツドロボーというフレーズはあまりにインパクトが大きく、報じられるたびに内閣のイメージが悪くなる。高木さんには悪いが、近いうちに“体を壊して”もらって、大臣を辞めてもらうほかない」(自民党関係者) だが、政治評論家の有馬晴海氏はこう首を振る。 「官邸内で高木大臣更迭論は小さい。よくよく考えれば30年も [全文を読む]

産経や朝日の分散献金疑惑報道 意図的に野党に向けられたか?

NEWSポストセブン / 2015年03月02日07時00分

ある自民党幹部は「疑惑のブーメランだ」と、してやったりの表情だった。 メディアのチェック機能は与野党双方に向けられるべきで、野党議員であっても資金疑惑があれば報じるのは当然だ。しかし、産経の記者が取材する前から、西川氏が「記事が出る」と吹聴していたことは、報道の裏に、安倍政権・自民党との緊密な連携があった可能性を濃厚に示している。 玉木氏自身がこの取材を [全文を読む]

安倍政権“大義なき”解散へのシナリオは夏から始まっていた?

週プレNEWS / 2014年11月25日06時00分

自民党のベテラン議員、B氏が解説する。 「安倍さんはイタリアから帰国した翌日(日曜日)、スポーツジムに行くなどの名目で六本木のグランドハイアット東京とANAホテルに行っています。間違いなくそこで内閣と党の幹部と会っています。議題はもちろん小渕さんと松島さんの処分でしょう。そして解散についても話し合われたはずです」 どうしてそう言えるのか? 「小渕さんたち [全文を読む]

衆院解散で元体操・田中理恵に政界から熱視線! 巨人・坂本との破局報道は“身辺整理”!?

日刊サイゾー / 2014年11月13日18時00分

そんな中、元体操選手の田中理恵に、自民党の関係者から出馬オファーがあるというウワサが飛び交っている。 「最終的に決断するのは本人と執行部だけど、この慌ただしさでは準備不足で難しいという声もある。それでも、出馬を強く推す人物がいる」と関係者。 以前から、安倍晋三首相が消費税率の引き上げ判断に絡んで衆議院の解散に踏み切るとの観測は広まっていたが、野党側の準備が [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】三原じゅん子議員、週刊誌記者に待ち伏せされる。「想像通りの質問をされました」

TechinsightJapan / 2014年10月21日19時45分

自民党の三原じゅん子議員が、職務の合間に『週刊文春』の記者から待ち伏せ取材されたことをブログで明かした。「色々、想像通りの質問をされました」ということだが、この日は女性大臣2人の辞任が報じられた。三原氏が政治家の仕事について持論を展開すると、読者からは共感や要望のコメントが届いている。 安倍首相による新たな改造内閣が始動したばかりというのに、10月20日に [全文を読む]

都知事候補増田寛也氏 穴あき厚紙を「うちわではない」

NEWSポストセブン / 2016年07月23日07時00分

新聞の序盤の世論調査では与党分裂選挙の影響では、〈自民党支持層の3割以上が元防衛相の小池百合子氏に流れ、党が推薦する元総務相の増田寛也氏は約3割を固めるにとどまった〉(産経新聞7月18日付)と報じられた。自民の基礎票が小池氏に食われているという分析だった。 増田氏の劣勢が伝えられると、自民党本部は猛烈な組織引き締めに動き出す。7月19日には自転車転倒事故 [全文を読む]

フォーカス