小渕優子 松島みどりに関するニュース

「政治とカネ」気になる有権者は8割超え なぜあの候補者は優勢なの?【衆院選2014】

しらべぇ / 2014年12月13日21時00分

小渕優子前・経産相(衆院群馬5区)が、観劇会や下仁田ネギなど、不透明な政治資金にまつわる問題で辞任したのが、10月20日。同日、松島みどり前・法相(衆院東京14区)も、選挙区内で「うちわ」を配ったことが、公職選挙法の「寄附行為」にあたると批判され、更迭された。 小渕氏の後釜となった宮沢洋一経産相(参院広島県)は、広島市内にあるSMバーでの支出を政治資金とし [全文を読む]

安倍政権の閣僚スキャンダルの影響は沖縄県知事選へ|岡留安則コラム

東京ブレイキングニュース / 2014年11月06日20時30分

鳴物入りで起用した女性閣僚5人のうち、小渕優子経産大臣と松島みどり法務大臣が政治とカネの問題で同時辞任。 盤石と見られていた安倍政権に亀裂が入ったのだ。官邸としては二人の閣僚辞任で鉾を収める作戦だったが、政治とカネをめぐるスキャンダルはその後も次々と発覚した。小渕大臣の後任に指名された宮沢洋一議員もSMバーへの支払いや外国人経営者からの献金問題が浮上。その [全文を読む]

小渕松島辞任 あれこれ語らない人が最も出世しそうに見える

NEWSポストセブン / 2014年10月21日16時00分

小渕優子経済産業相、松島みどり法相が大臣を辞任した。政治家の辞任をどう捉えるか。コラムニスト石原壮一郎氏が、辞任騒動の語り方で「出世の見込み」をこっそり判断する。 * * * よくわかりませんが、大ざっぱな印象としては「どうでもよさそうなこと」を騒ぎ立てられて、小渕優子衆議院議員が20日に経済産業相を辞任しました。小渕議員を擁護するつもりも攻撃するつもりも [全文を読む]

小渕優子にSMバー…議員秘書はなぜ不祥事起こすのか

デイリーニュースオンライン / 2014年11月02日08時00分

【朝倉秀雄の永田町炎上】 小渕優子氏の政治資金をめぐる問題で、東京地検特捜部は10月30日、小渕氏の元秘書で群馬県中之条町の前町長・折田謙一郎氏の自宅などの家宅捜索に入った。議員たちはなぜ、秘書に足を取られるのか。 実はろくな人材が集まらない「議員秘書」 地元秘書に捜索の手が伸びるなど、小渕優子前経産相の「政治とカネ」の問題へ追及が続いている。先週には、後 [全文を読む]

なぜ閣僚のカネ問題続出?背景に甘い監査を許す政治資金規制法の欠陥 ドミノ続く恐れも

Business Journal / 2014年11月02日06時00分

10月、松島みどり法務相がうちわ問題で辞任し、観劇会問題に端を発する自身の政治団体や資金団体の不透明な資金収支問題で小渕優子経済産業相も辞任。さらに小渕氏の後任である宮沢洋一氏のSMバー支出問題発覚に加え、30日朝には東京地検特捜部が小渕氏の後援会事務所を家宅捜索するなどして、国会が空転している。「小渕優子前経済産業相や望月義夫環境相に関する政治資金の問題 [全文を読む]

安倍首相は自民党の錬金術学んだ「政治資金疑惑のデパート」

NEWSポストセブン / 2014年10月28日07時00分

小渕優子氏の政治資金疑惑や松島みどり氏のうちわ配布問題で女性2閣僚が辞職した安倍晋三政権。さらには、小渕氏の後任・宮沢洋一経済産業相にもSMバー問題が発覚。塩崎恭久・厚生労働大臣にも地元での口利き疑惑が発覚している。 大臣の権力を国民の利益ではなく、自分の利益のために使う。そうした私利私欲の政治が安倍政権の根っこにはある。 第1次安倍政権は「政治とカネ」の [全文を読む]

日本初の女性首相は小渕優子氏? 海外メディアの間でも注目度高まる

NewSphere / 2014年10月03日18時32分

高市早苗総務相、松島みどり法務相(初)、小渕優子経産相、山谷えり子国家公安・拉致問題担当相(初)、有村治子女性活躍担当相(初)だ。 なかでも海外メディアが注目しているのは、小渕優子氏だ。小渕氏は、東京放送(TBS)に勤務していたが、1999年、当時首相であった父、小渕恵三氏の秘書に転身。直後の2000年急死した父の跡を継ぎ、衆議院議員選挙群馬5区より出馬し [全文を読む]

“有言実行” 安倍新内閣、女性5人を登用 発表前から海外メディアも注目

NewSphere / 2014年09月03日17時49分

女性は、高市早苗総務相、松島みどり法務相(初)、小渕優子経産相、山谷えり子国家公安・拉致問題担当相(初)、有村治子女性活躍担当相(初)。 安倍首相が経済再生策の中心に女性の労働機会の拡大を挙げていることから、海外メディアも発表前から内閣改造での「有言実行ぶり」に注目していた。ロイターは「日本の女性管理職の比率を2020年までに30%に引き上げる」というアベ [全文を読む]

永田町に「電撃解散説」が飛び交う3つの理由

文春オンライン / 2017年03月23日07時00分

「安倍首相は2014年に小渕優子氏、松島みどり氏がスキャンダルで大臣を辞任した際、電撃解散に打って出て勝利した成功体験がある。国会答弁でもすっかり戦闘モードに入ってきた」(官邸関係者) 春の嵐は、台風並みの暴風になりやすい。解散風は、思わぬ春の嵐となるのか。 (「週刊文春」編集部) [全文を読む]

第一次安倍内閣の嫌なムードに似てきたと安倍首相こぼす

NEWSポストセブン / 2017年02月28日07時00分

この間、小渕優子・経産相と松島みどり・法相のダブル辞任(2014年10月)をはじめ、西川公也・農水相(2015年2月)、甘利明・経済再生相(2016年1月)が不祥事で辞任に追い込まれたが、政権基盤が揺らぐことはなかった。 それがなぜ、急にガタガタになったのか。政治ジャーナリスト・野上忠興氏は「ファイアマン(火消し役)の不在」を指摘する。 「安倍政権が再登板 [全文を読む]

フォーカス