ユーミン 松任谷由実に関するニュース

松任谷由実 営業中のデパートから公開生放送に出演

dwango.jp news / 2016年11月03日19時53分

11月2日に通算38作目のオリジナルアルバム『宇宙図書館』をリリースしたユーミンこと、松任谷由実。そのユーミンが、新宿伊勢丹にて、11月2日(水)から8日(火)までの7日間、伊勢丹創業130周年記念、伊勢丹大創業祭「YUMINGと伊勢丹新宿店と130の出来事」と題したコラボレーション特別企画を開催。 本館1階=ザ・ステージには、ラジオブースが出現。そこでは [全文を読む]

ユーミン史上初!歌詞を書いて味わう、ユーミンの音楽の世界―『書くユーミン』が1月16日(金)発売!

PR TIMES / 2015年01月14日17時34分

松任谷由実のレギュラープログラム『Yuming Chord』が贈る”文字練習帳”松任谷由実のレギュラー番組『Yuming Chord』(毎週金11:00-11:30 TOKYO FMをはじめとするJFN系列全国38局ネット)では、1月16日(金)に『書くユーミン』を発売します。これは、松任谷由実史上初の文字練習帳。書道家・はなてるを「お手本の書道家」として [全文を読む]

ユーミンがそっと教えてくれる憧れのパリやフランスのこと。そして、ユーミンの名曲とフランスの関係。松任谷由実著『フィガロブックス ユーミンとフランスの秘密の関係』(CCCメディアハウス)2月15日刊行!

PR TIMES / 2017年02月15日12時21分

ユーミンのパリやフランスに対する思いの丈が綴られました。コート・ダジュールや、モネの庭ジヴェルニー探訪記のほか、今をときめく人たちとのフランス文化をめぐる対談も収録。フィガロジャポン連載「アンシャンテ ユーミン!」に大幅加筆した待望の書籍化です。[画像: https://prtimes.jp/i/11369/48/resize/d11369-48-1162 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】ユーミン新年会のメンバーが豪華すぎる ゆず北川悠仁・高島彩夫妻、千秋夫妻、aikoら集う

TechinsightJapan / 2017年01月07日16時53分

ユーミンこと松任谷由実と夫の松任谷正隆、フォークデュオ・ゆずの北川悠仁と妻の高島彩、タレントの千秋と昨年3月に再婚した一般男性の夫、そしてシンガーソングライターのaikoが集まった。ユーミンが「新年会」とツイートしたところ「豪華すぎて今年も良い一年になりそうです」「ゆず北川夫妻なんてすごく意外! 知り合いだったんですか~?」などの反響があった。 1月6日、 [全文を読む]

松任谷由実 プラネタリウムでライブ!暗闇の中SmartEyeglass駆使

dwango.jp news / 2015年12月07日17時00分

松任谷由実40周年ベストアルバム100万枚出荷記念『日本の恋と、ユーミンと。- GOLD DISC Edition -』をリリースし更なる話題を集めている松任谷由実が、12月5日(土)東京スカイツリータウンにあるコニカミノルタプラネタリウム“天空”でライブを行った。今回のイベントは映画「リトルプリンス 星の王子さまと私」の公開と、その日本語吹替版主題歌、松 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】松任谷由実 出川哲朗にトキメク自分に驚き「なんで?」

TechinsightJapan / 2016年03月06日15時27分

ところが、その出川と直接会ってユーミンの心はさらにトキメクことに…。 松任谷由実がパーソナリティを務める『松任谷由実のYuming Chord』(TOKYO FM/JFN)で3月4日、「ときめき」をコードに選んだ。彼女と交流のあるタレントの千秋が「ディズニーランドのようだ」とたとえるユーミン邸にはプールがある。ユーミンは朝起きて、そのプールのスイッチを入れ [全文を読む]

映画「風立ちぬ」主題歌「ひこうき雲」、宮崎駿が贈った18枚の絵。 “ユーミン×スタジオジブリ”豪華絵本仕様 40周年記念盤『ひこうき雲』発売決定!

PR TIMES / 2013年06月25日18時54分

これを記念して、特別企画盤『ユーミン×スタジオジブリ 40周年記念盤 ひこうき雲/荒井由実』がリリースされます。この作品は豪華絵本仕様パッケージとなっており、映画「風立ちぬ」で描かれた背景画、宮崎駿がユーミンに贈った18枚の絵で構成されています。今回、「ひこうき雲」が主題歌に起用されたきっかけは、スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーが、昨年発売された松任 [全文を読む]

松任谷由実撮る世界的カメラマン 工場勤務時に彼女を知った

NEWSポストセブン / 2012年05月07日07時00分

ユーミンが影響を与えてきたのは、若い女性たちばかりではない。シンガポール出身で、東京を拠点に世界的な活躍をしている写真家、レスリー・キーさん(41才)は、2001年以来、ユーミンのジャケット写真を撮り続けている。彼は「ユーミンは私の人生を救ってくれた。彼女の歌に出合わなかったら、絶対いまの自分はないと思う」とまで語る。 「私が13才のときに、女手ひとつで [全文を読む]

元栃東 松任谷由実との食事で「電車とバスで来た」に驚く

NEWSポストセブン / 2012年05月06日16時01分

元大関・栃東の玉ノ井親方(35才)は、ユーミンの“素”の人柄を知るひとりだ。親方は現役時代、ユーミンに自らの曲『雪月花』(2003年)をモチーフにした化粧回しをプレゼントされたことがあり、ユーミンのコンサートの打ち上げにも参加するほどの仲。交遊のきっかけはひょんなことだったという。 「まだ関脇だった20代前半のころのこと。名古屋場所にユーミンさんが観戦に [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】ユーミンと中島みゆきは“涙活”に良い 桑田佳祐もびっくり「原さんが泣いていた」

TechinsightJapan / 2016年12月28日10時40分

そのなかでリスナーから寄せられた「泣きたいときにはこの2人を聴く」との情報を受けて、桑田から妻の原由子もユーミンを聴きながら泣いていたことが明かされる。涙を流すことでストレス解消や免疫力をアップさせようと意識的に泣く“涙活”が注目されている。12月24日に放送されたラジオ番組『桑田佳祐のやさしい夜遊び』(TOKYO FM)では、紅白歌合戦ならぬ紅紅歌合戦と [全文を読む]

フォーカス