染五郎 松本幸四郎に関するニュース

市川染五郎、転落事故の背景に「複雑な親族事情が?」の声

NEWSポストセブン / 2012年08月31日07時00分

歌舞伎俳優の市川染五郎(39才)が8月27日、国立劇場で行われた父・松本幸四郎(70才)の古希を記念した舞踊公演の最中に、舞台のセリから3m下の奈落に落下。救急車で都内の病院に搬送された。右側頭部を打つ脳挫傷とみられ、意識はあるものの、体を動かすことができない状態だった。 当日の染五郎は別件を終えてすぐに公演という慌ただしい一日だった。 「午後1時半ぐらい [全文を読む]

市川染五郎の“変人エピソード”が強烈すぎる!?

日刊大衆 / 2017年05月24日18時05分

5月15日放送の『しゃべくり007 2時間SP』(日本テレビ系)に、歌舞伎役者の7代目市川染五郎(44)が出演。その変人ぶりを披露した。 染五郎は“歌舞伎界の革命児”として、古典を始め、数々の新作歌舞伎に挑戦。ドラマや映画、舞台にも出演するなど多方面で活躍する、歌舞伎界を代表する人物だ。2018年には10代目松本幸四郎を襲名することが発表されるなど、その勢 [全文を読む]

尾上菊之助の挙式で思い出す「染五郎に捨てられた」女優・寺島しのぶの“復讐劇”

日刊サイゾー / 2013年03月07日13時00分

吉右衛門と長年にわたり確執がささやかれているは、彼の実兄である松本幸四郎だが、その幸四郎の長男・市川染五郎と、菊之助の姉で女優の寺島しのぶとの間には、過去に歌舞伎界を揺るがす“破局スキャンダル”があったからだ。 1990年後半、染五郎が妹で女優の松たか子と共に、歌舞伎界だけではなく、芸能界からも脚光を浴びた頃、6歳年上の元女優との間に“隠し子”がいたこと [全文を読む]

松たか子VS寺島しのぶ 親族の祝宴で同席を拒否した梨園オンナの30年遺恨(1)昔は仲良かったが…

アサ芸プラス / 2014年06月24日09時58分

双方の両親を筆頭に、菊之助の姉で女優の寺島しのぶ(41)、吉右衛門の兄・松本幸四郎(71)、幸四郎の長男・市川染五郎(41)らが勢ぞろい。ところが、幸四郎の次女で、現在は「アナと雪の女王」主題歌でミリオンヒットを記録している、女優・松たか子(37)が欠席したのである。そのため、さまざまな憶測を呼んだのだ。 「披露宴は昨年9月から決まっていたにもかかわらず、 [全文を読む]

松たか子が菊之助披露宴欠席 寺島しのぶとの禍根が原因説も

NEWSポストセブン / 2014年06月06日16時00分

もちろん、両家の親族である尾上菊五郎(71才)・富司純子(68才)夫妻、吉右衛門、寺島しのぶ(41才)、松本幸四郎(71才)、市川染五郎(41才)らも出席。しかし、親族にもかかわらず姿を見せなかったのが、松たか子(瓔子さんの従姉妹、36才)だった。「松さんが欠席した理由は、お仕事のようですが、披露宴は昨年9月から決まっていましたからね…。やはり“何か特別 [全文を読む]

息子・染五郎の復帰公演もガラガラ 窮地に立つ松本幸四郎

NEWSポストセブン / 2013年09月20日07時00分

この舞台で、幸四郎の孫で市川染五郎(40才)の長男・松本金太郎(8才)とともに、香川照之(市川中車・47才)の長男・市川團子(9才)が“胡蝶の精”という大役を務めることになった。 梨園関係者の間では、歌舞伎界で孤立する香川照之が、名門の高麗屋にすり寄っている、との見方もあるが、一方、香川を受け入れた幸四郎も窮地に立たされていた。 「幸四郎さんと染五郎さんは [全文を読む]

尾上菊之助と播磨屋4女の結婚の裏に幸四郎家との確執も

NEWSポストセブン / 2013年02月23日07時00分

「音羽屋は高麗屋には負けないという自負がありますが、テレビ等の露出で松本家のほうが知名度が高く、両家には反目があるといわれていました」(前出・歌舞伎関係者) さらに菊五郎の娘である寺島しのぶ(40才)は、かつて幸四郎の長男・市川染五郎(40才)と交際していた。しかし、染五郎は寺島と交際中に、資産家令嬢との婚約を発表し、寺島は自殺を考えるほど大きなショック [全文を読む]

退院1か月市川染五郎 “どうしても”と出席した姉の挙式で涙

NEWSポストセブン / 2012年11月03日16時00分

そのことに、ぼくは心から感激しています…」 舞台公演中に、舞台の奈落に転落して重傷を負い、生死をさまよっていた市川染五郎(39才)も無事に参列し、弟として姉の門出をこう祝福した。 10月29日、松本幸四郎(70才)の長女・松本紀保(41才)とドラマ『相棒』シリーズの伊丹憲一役で知られる川原和久(50才)の結婚披露宴が都内のホテルで開かれた。 「紀保さんは女 [全文を読む]

歌舞伎界で孤立する香川照之が松本幸四郎に「すり寄った」評

NEWSポストセブン / 2013年09月20日16時00分

この舞台で、幸四郎の孫で市川染五郎(40才)の長男・松本金太郎(8才)とともに、香川照之(市川中車・47才)の長男・市川團子(9才)が“胡蝶の精”という大役を務めることになった。 この“胡蝶”は、10分以上休みなく踊り続けなければならず、役者修業の第一歩ともいわれる難役だ。キャリアわずか1年で、本格的な舞台は初めての團子が演じるのは大抜擢といえよう。 9月 [全文を読む]

松本金太郎、歌舞伎界の「プリンス」登場! 美少年すぎて「一目惚れ」する人も

J-CASTニュース / 2017年08月16日19時57分

父に七代目・市川染五郎さん(44)、祖父に九代目・松本幸四郎さん(74)を持ち、2018年1月には親子3代で襲名披露が行われる。現在は歌舞伎座で上演している「八月納涼歌舞伎」に出演中で、次世代を担う歌舞伎役者だ。 同番組では、「歌舞伎界の次世代プリンス 松本金太郎くん 歌舞伎への愛...そして意外な素顔」と題して特集を放送。凛々しい眉にすっと通った鼻筋、涼 [全文を読む]

妊娠の松たか子 背景に「夫と父の確執」と「高麗屋の将来」

NEWSポストセブン / 2014年12月05日16時00分

そして、今年に入ると本格的に妊活を始めたんです」(松の知人) 彼女がこんな考えに至ったのは、兄・市川染五郎(41才)の子供たちとの触れ合いのときに見せる幸四郎の表情にあった。「幸四郎さんは染五郎さんの長男の松本金太郎くん(9才、2009年初舞台)や長女・松田美瑠ちゃん(7才、2012年デビュー)のことを猫かわいがりしていて、一緒に食事するときなんて終始顔が [全文を読む]

【ウラ芸能】松たか子、出し惜しみのワケ

NewsCafe / 2014年06月11日15時00分

その2人も顔をそろえた自分の従妹のお祝いの場だっていうのにな」記者「松の兄の俳優、市川染五郎(41)は菊之助の姉の女優、寺島しのぶ(41)と結婚直前の関係だったのに裏切って別の女性と結婚した因縁がありますが、それでも染五郎は出席したのに、松の欠席は納得できず、憶測を呼んでいます」デスク「梨園はもちろん政財界の大物も顔をそろえた大宴会に欠席したのは不思議だ」 [全文を読む]

『GANTZ』脚本家 ジャニーズ×歌舞伎のバディー作品書きたい

NEWSポストセブン / 2013年04月03日07時00分

まず驚いたのは役者の豪華さ! 幸四郎さんに、染五郎さんに勘三郎さん(当時は勘九郎)も出るわで、大スターが一気に見られるのも魅力ですよね。忠臣蔵と四谷怪談のように実在の歴史事件の表と裏を描いた作品があったり、観客を楽しませる要素も詰まっています。脚本家としては新作歌舞伎を書いてみたい。三谷幸喜さんや宮藤官九郎さんたちに続きたいですね。 ※女性セブン2013 [全文を読む]

フォーカス