染五郎 松本幸四郎に関するニュース

市川染五郎、転落事故の背景に「複雑な親族事情が?」の声

NEWSポストセブン / 2012年08月31日07時00分

歌舞伎俳優の市川染五郎(39才)が8月27日、国立劇場で行われた父・松本幸四郎(70才)の古希を記念した舞踊公演の最中に、舞台のセリから3m下の奈落に落下。救急車で都内の病院に搬送された。右側頭部を打つ脳挫傷とみられ、意識はあるものの、体を動かすことができない状態だった。 当日の染五郎は別件を終えてすぐに公演という慌ただしい一日だった。 「午後1時半ぐらい [全文を読む]

市川染五郎の“変人エピソード”が強烈すぎる!?

日刊大衆 / 2017年05月24日18時05分

5月15日放送の『しゃべくり007 2時間SP』(日本テレビ系)に、歌舞伎役者の7代目市川染五郎(44)が出演。その変人ぶりを披露した。 染五郎は“歌舞伎界の革命児”として、古典を始め、数々の新作歌舞伎に挑戦。ドラマや映画、舞台にも出演するなど多方面で活躍する、歌舞伎界を代表する人物だ。2018年には10代目松本幸四郎を襲名することが発表されるなど、その勢 [全文を読む]

高麗屋親子三代、歌舞伎座で初の襲名口上写真に幸四郎も感慨「うれしゅうございます」

映画.com / 2017年03月29日11時10分

[映画.com ニュース] 来年1月に二代目松本白鸚、十代目松本幸四郎、八代目市川染五郎をそれぞれ襲名する松本幸四郎、市川染五郎、松本金太郎の高麗屋親子三代が3月29日、口上の写真撮影を歌舞伎座で行った。 昨年12月に三代での襲名が発表されてから、新たな名跡として初の活動。しかも、口上の写真を歌舞伎座で撮影するのは初の試みで、幸四郎は「本当にうれしゅうござ [全文を読む]

尾上菊之助の挙式で思い出す「染五郎に捨てられた」女優・寺島しのぶの“復讐劇”

日刊サイゾー / 2013年03月07日13時00分

吉右衛門と長年にわたり確執がささやかれているは、彼の実兄である松本幸四郎だが、その幸四郎の長男・市川染五郎と、菊之助の姉で女優の寺島しのぶとの間には、過去に歌舞伎界を揺るがす“破局スキャンダル”があったからだ。 1990年後半、染五郎が妹で女優の松たか子と共に、歌舞伎界だけではなく、芸能界からも脚光を浴びた頃、6歳年上の元女優との間に“隠し子”がいたこと [全文を読む]

市川染五郎、アブない発言連発!?「しゃべくり007」2時間SP

CinemaCafe.net / 2017年05月15日13時00分

歌舞伎俳優の七代目・市川染五郎、石原良純、長嶋一茂ほか豪華4組のゲストが登場し、トークや企画を繰り広げる。 歌舞伎界の“革命児”として知られ、古典だけでなく数々の新作歌舞伎にも意欲的に挑戦、ドラマや映画、舞台まで幅広い活躍をみせ、2018年に10代目松本幸四郎を襲名することが先日発表された染五郎さんは、「歌舞伎ランド」を作りたいという構想や、歌舞伎仲間が語 [全文を読む]

松たか子VS寺島しのぶ 親族の祝宴で同席を拒否した梨園オンナの30年遺恨(1)昔は仲良かったが…

アサ芸プラス / 2014年06月24日09時58分

双方の両親を筆頭に、菊之助の姉で女優の寺島しのぶ(41)、吉右衛門の兄・松本幸四郎(71)、幸四郎の長男・市川染五郎(41)らが勢ぞろい。ところが、幸四郎の次女で、現在は「アナと雪の女王」主題歌でミリオンヒットを記録している、女優・松たか子(37)が欠席したのである。そのため、さまざまな憶測を呼んだのだ。 「披露宴は昨年9月から決まっていたにもかかわらず、 [全文を読む]

市川染五郎が“戦友”海老蔵に電話「頑張ろうという話はしました」

スポーツ報知 / 2017年06月24日19時24分

歌舞伎俳優の市川染五郎(44)が24日、大阪市中央区の高津宮を訪れ、大阪松竹座公演「七月大歌舞伎」(7月3~27日)の成功祈願を、文楽の人形遣い・桐竹勘十郎(64)とともに行った。 染五郎は同公演で「夏祭浪花鑑(なつまつりなにわかがみ)」の団七を初役で務める。大阪・国立文楽劇場の文楽夏休み公演(7月22日~8月8日)でも、大阪を舞台にした同演目が上演される [全文を読む]

松たか子が菊之助披露宴欠席 寺島しのぶとの禍根が原因説も

NEWSポストセブン / 2014年06月06日16時00分

もちろん、両家の親族である尾上菊五郎(71才)・富司純子(68才)夫妻、吉右衛門、寺島しのぶ(41才)、松本幸四郎(71才)、市川染五郎(41才)らも出席。しかし、親族にもかかわらず姿を見せなかったのが、松たか子(瓔子さんの従姉妹、36才)だった。「松さんが欠席した理由は、お仕事のようですが、披露宴は昨年9月から決まっていましたからね…。やはり“何か特別 [全文を読む]

息子・染五郎の復帰公演もガラガラ 窮地に立つ松本幸四郎

NEWSポストセブン / 2013年09月20日07時00分

この舞台で、幸四郎の孫で市川染五郎(40才)の長男・松本金太郎(8才)とともに、香川照之(市川中車・47才)の長男・市川團子(9才)が“胡蝶の精”という大役を務めることになった。 梨園関係者の間では、歌舞伎界で孤立する香川照之が、名門の高麗屋にすり寄っている、との見方もあるが、一方、香川を受け入れた幸四郎も窮地に立たされていた。 「幸四郎さんと染五郎さんは [全文を読む]

尾上菊之助と播磨屋4女の結婚の裏に幸四郎家との確執も

NEWSポストセブン / 2013年02月23日07時00分

「音羽屋は高麗屋には負けないという自負がありますが、テレビ等の露出で松本家のほうが知名度が高く、両家には反目があるといわれていました」(前出・歌舞伎関係者) さらに菊五郎の娘である寺島しのぶ(40才)は、かつて幸四郎の長男・市川染五郎(40才)と交際していた。しかし、染五郎は寺島と交際中に、資産家令嬢との婚約を発表し、寺島は自殺を考えるほど大きなショック [全文を読む]

フォーカス