時代劇 松本清張に関するニュース

米倉涼子“黄金タッグ”で13年ぶりの試み「似合わないと思っていた」

モデルプレス / 2016年02月19日11時53分

◆米倉涼子「時代劇は似合わないと思っていた」 殺された父の敵でもある現政権の悪事と裏事情を探るため、スパイとなって大奥に奥女中として入り込む勇猛果敢なヒロイン・縫(ぬい)役の米倉は、今回もこれまで数々作品に出演してきた松本清張とのコンビだが、時代劇は今回が13年ぶり2度目。自身では「落ち着きがないので時代劇は似合わないと思っていた」と語っていたが、実際に演 [全文を読む]

米倉涼子「幼稚園児みたい」と時代劇撮影を振り返る

Smartザテレビジョン / 2016年04月02日00時00分

――松本清張作品の時代劇ですが、雰囲気等はいかがでしたか?松本清張さんの作品は“ドロドロしていて、暗くて、でも見応えがあって、スッキリしそうなところがある”みたいな作品が多いのですが、「ドロッとした時代劇を見てみたい、自分でも感じてみたい」と思い、すごく楽しみにしていた作品です。“松本清張感”というのがどういう形になって出来上がってくるのか、私も楽しみです [全文を読む]

<Wコラム>ミステリーが少ない韓国ドラマの根本的な事情

Wow!Korea / 2016年07月07日20時14分

韓国ドラマが描く世界を見ていくと、「ホームドラマ」、「時代劇」、「ラブコメディー」が3大ジャンルといえるだろう。その一方で、日本とはまったく違う傾向も見られる。それは、ミステリーが少ないということだ。そこには、どんな理由があるのか。■日本では時代劇が少ない韓国では定番とも言える人気ジャンルの時代劇。韓国人の歴史好きを反映して制作される本数も非常に多い。その [全文を読む]

杉良太郎 ゴールデン枠2本でもテレビ時代劇を休業した理由

NEWSポストセブン / 2014年04月13日07時00分

俳優、歌手、最近はボランティア活動でも知られている杉良太郎は、数多くの時代劇に主演しながら人気絶頂のタイミングでみずから休業した。1983年に突然、宣言したテレビ時代劇からの休業について杉が語った言葉を、映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづる。 * * * 時代劇スター・杉良太郎の名を一躍世間に轟かせたのは、1967年のNHK時代劇『文五捕物絵図』だった [全文を読む]

米倉涼子、松本清張「大奥」で勇猛果敢なヒロイン役!

Smartザテレビジョン / 2016年02月19日11時06分

ただの時代劇ではなく松本清張先生の時代劇ということで、ぜひやらせていただきたいと思いました。 初めは時代劇でサスペンスってどういうことなんだろうと思ったのですが、実際のところ、今までやらせていただいた松本清張作品の中では温かみがあって、光が差している作品だと思います。 時代劇という中で演じさせていただくと、いろいろなことが目新しくて、“なるほど”と感心する [全文を読む]

米倉涼子 13年ぶり時代劇は「米倉ドラマの集大成」の声

NEWSポストセブン / 2016年03月30日07時00分

松本清張氏の時代推理小説のドラマ化で、米倉にとっては2003年のNHK大河ドラマ『武蔵 MUSASHI』以来、13年ぶりの時代劇出演となる。時代劇研究家でコラムニストのペリー荻野さんがこの米倉ドラマの見所について解説する。 * * * 4月8日フジテレビ系で放送される『かげろう絵図』でいよいよ米倉涼子が「大奥」に乗り込んでくる。大奥といえば、女の愛憎渦巻く [全文を読む]

雛形あきこが悪女に共感!?“恋愛の主導権”語る

Smartザテレビジョン / 2015年04月20日22時47分

BSジャパンで放送中の「火曜スペシャル 松本清張ミステリー時代劇」の第3話「役者絵」が5月5日(火)に放送される。主演を務める雛形あきこが取材に応じ、自身の役どころや見どころを語った。本ドラマは江戸時代を中心に松本清張が描いた短編時代劇小説12作品を1話完結でドラマ化。ストーリーテラーとして佐々木蔵之介が全12回に登場するが、佐々木以外は各話でキャスト総入 [全文を読む]

米倉涼子、敬遠していた時代劇に「やるべき」

Smartザテレビジョン / 2016年03月27日15時36分

米倉は「私にとってほぼ初と言える時代劇への挑戦だったんですが、大先輩の方々がそばにいつもいてくださったので、とてもいい勉強になりました」と撮影の感想を語り、「今まで敬遠していましたけど、日本人として時代劇はやるべきだなと思いました」と時代劇にすっかりハマってしまった様子。 慣れない所作やせりふの言い回しには「監督にたくさんお叱りいただきました」と苦笑しな [全文を読む]

「ドクターX」だけの女優?米倉涼子、フジの主演ドラマが視聴率1ケタの大惨事

アサ芸プラス / 2016年04月13日17時59分

「このドラマは松本清張が原作で、大奥へ潜入する女スパイを描いた時代劇です。本来はもっと早くにオンエアされる予定となっていましたが、出演者の1人だった高部あいが昨年、法律違反薬物所持の容疑で逮捕されたため、大幅に延期されていました」(テレビ誌記者) そして高部の逮捕により急遽制作されたのが、今年の初めに2週連続で放送された沢尻エリカ版「大奥」だと言われる。 [全文を読む]

米倉涼子「本当に未熟」今の課題は? 女優人生を支える糧、夢を叶える秘訣も…モデルプレスインタビュー

モデルプレス / 2016年04月08日07時00分

モデルプレスは2003年放送のNHK大河ドラマ『武蔵 MUSASHI』以来の時代劇出演となる彼女にインタビューを行い、お芝居や美意識について聞いた。同作は、江戸時代後期に世間を騒がせた一大ゴシップ“感応寺事件”をもとに描く歴史サスペンス。米倉は殺された父の敵でもある現政権の悪事と裏事情を探るため、スパイとなって江戸城大奥に奥女中として入り込んだ勇猛果敢なヒ [全文を読む]

フォーカス