小沢一郎 松野頼久に関するニュース

共産党変身の仕掛け人? 小沢一郎氏が野党共闘のキーマンに

NEWSポストセブン / 2015年10月07日07時00分

そうした共産党変身の“仕掛け人”と見られているのが、小沢一郎・生活の党共同代表だ。 小沢氏は志位氏との党首会談(9月28日)で、「国民連合政府は大いに結構だ。従来の方針を大転換した共産党の決断を高く評価する」と賛同してみせた。だが、実は、「6月に志位さんと会談して地元・岩手県知事選での選挙協力で合意して以来、これまでに5~6回は極秘に共産党側と話し合いを [全文を読む]

橋下維新と小沢オリーブ連合「選挙後」協力の可能性大と識者

NEWSポストセブン / 2012年10月29日07時00分

次期総選挙の台風の目となりうるのは橋下徹・大阪市長個人のカリスマ性とともに、小沢一郎氏の動きだと語るのは、ジャーナリストの武冨薫氏である。橋下氏は国政に進出するのか、果たして大阪にとどまるのか。以下、氏が総選挙後をにらんだ動きについて解説する。 * * * 見落とせないのは、橋下氏が「大阪籠城」の素振りを見せると同時に、「国民の生活が第一」の小沢一郎・代表 [全文を読む]

日本共産党 「大衆党」に党名変更なら自民圧勝の構図崩壊か

NEWSポストセブン / 2015年12月24日11時00分

そうした展開の仕掛け人は、野党統一名簿での選挙を提唱する小沢一郎・生活の党代表だ。 「小沢氏は志位氏らと何度も会談して現実路線への転換を促した。現在は松野頼久・維新の党代表の指南役として民主党との合流を勧める一方、共産党には党名を変更すれば民主、維新、生活と一緒に日本版オリーブの木に参加できると決断を迫っている」(小沢側近) 参院選の決戦場となる32の1 [全文を読む]

国民の税金6億めぐり呆れた「銭ゲバ」…これが政党と呼べるのか?維新の党のなれの果て

Business Journal / 2015年10月28日06時00分

自公との連立解消を決めた自由党党首の小沢一郎氏に、扇千景氏、二階俊博氏、海部俊樹氏などが反発し、分党を求めたが拒否された。 その小沢氏は12年7月、消費税増税に反対して民主党を離党を表明したが、執行部から除名処分を受け、分党は叶わなかった。この時、民主党は政権政党だったが、09年の衆院選で民主党が躍進したのは、小沢氏が代表代行として選挙を指揮したおかげでも [全文を読む]

共産党が仕掛ける「国民連合政府」と維新の党分裂騒動

東京ブレイキングニュース / 2015年10月22日18時12分

でも生活の党の小沢一郎代表や社民党の吉田忠智党首は、「それ、いいやん!買うわっ!」と前のめりですが、民主党の岡田克也代表や維新の党の松野頼久代表なんて、「どうしようかなあ、買おうかなあ。とりあえず、ちょっとそこに置いといて」くらいの感じですね。ですから、「熱い」といっても温度にムラがあるわけです。 一方で維新の党の分裂騒動は温度にムラはありません。東京で [全文を読む]

[山田厚俊]【先の見えない野党再編、民主解党が鍵】~左系を除いた“保守新党”に期待~

Japan In-depth / 2015年09月10日07時00分

国民の支持がない政党なんですから、さっさと解党すればいいと思います」 同様のことは、小沢一郎氏が代表を務める「生活の党と山本太郎となかまたち」にも言えるだろう。小沢アレルギーが強い現在の民主では、野党再編は所詮ムリ。少数野党や無所属議員も交え、早く新しい器作りに着手することが望まれている。 [全文を読む]

江田氏、みんなの党分裂騒動の内幕...離党議員が続出した意外なワケ

東京ブレイキングニュース / 2013年12月12日17時30分

新進党結党時は小沢一郎氏がいて、民主党(旧)結党時には鳩山由紀夫氏と菅直人氏がいた。政治家としての歴史的評価はさておき、当時の彼らは圧倒的な求心力を持って政界を動かしていた。 「リベラルや保守ということではなく、それを超えた政治を目指す」 11日に開かれた新党準備委員会の後、江田氏は記者団の質問に答えている。だが人は好き嫌いで離合集散するもの。政治も同じだ [全文を読む]

国政進出する維新の会が安倍元首相と組みたがったワケ

週プレNEWS / 2012年09月10日10時00分

一方、維新は小沢一郎氏率いる「国民の生活が第一」とは「われわれが賛成するTPPに反対しているから」と、政策の不一致を理由に連携を拒否。政策面で最も近いはずのみんなの党との提携、合流すらイヤがっている。ますます、安倍元首相とは連携できる理由がわからない。 すると、テレビ朝日コメンテーターの川村晃司氏がこう解説してくれた。 「維新の会と安倍元首相は本質的な部 [全文を読む]

民主党議員 流出維新塾名簿に「見せてくれ、どこでも行く」

NEWSポストセブン / 2012年08月17日07時00分

松野、石関両氏は民主党を離党した小沢一郎氏が会長を務める政策グループ「新政研」のメンバーでもある。また松浪氏は不信任決議案採決で自民党の方針に逆らって賛成に回った「反逆組」だ。 これは民自離脱組が維新に鞍替えする動きと見ることができよう。その後、松野氏らが作った研究会には、民自含めて10人以上の国会議員が所属し、維新の会との連携を前提とした新党結成準備に入 [全文を読む]

フォーカス