ソフトバンク 城島健司に関するニュース

【プロ野球】侍ジャパン監督を退任した小久保裕紀氏はどこへいく? 指揮を執りそうなチームを大胆予想!

デイリーニュースオンライン / 2017年03月30日17時05分

内川聖一(ソフトバンク)の代打起用のタイミングも的確だった。 一歩間違えれば批判の的になりうる局面でズバズバと采配が的中。6連勝で準決勝進出を決めると批判は声を潜め、「小久保名采配」と評価する声が大きくなった。 結果的にはプレミア12と同じ準決勝敗退という成績に終わったが、「指導者・小久保」の評価は上がり、今後の野球界での指導者の道がさらに大きく開けた。 [全文を読む]

【プロ野球】《“捕手のドラ1”を振り返る》名捕手が多数出現! 歴代“捕手ドラ1”の通算成績は?

デイリーニュースオンライン / 2016年10月15日17時05分

(◆=捕手以外での出場多数、★=現役) ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■歴代“捕手ドラ1”の通算成績 【1965年】 大塚弥寿男(早稲田大→東京オリオンズ) 229試合:打率.178/4本塁打/16打点/0盗塁 1軍実働=7年 【1966年第1次】 ◆須山成二(広陵高→広島) 【野手】4試合:打席なし 【投手】2試合: [全文を読む]

【プロ野球】日本シリーズ前後にネット上で散見したナゾの数字「334」とは?

デイリーニュースオンライン / 2015年11月12日11時00分

日本シリーズではソフトバンクがヤクルトを4勝1敗で下し、圧倒的な力を見せつけた。 今季のソフトバンクは、投打に巨大戦力を有し、貯金はなんと41。混戦のセ・リーグを抜け出し、何とか優勝に漕ぎつけたヤクルトに比べて、やはり地力はかなり大きい差があった。 前評判はソフトバンクが圧勝。実際にその通りの結果になったのだが、ネットでは「ソフトバンクが強すぎ。334もあ [全文を読む]

広陵の中村は「高卒捕手はプロで活躍できない」タブーを打ち破れるのか

THE PAGE / 2017年08月24日05時00分

2001年に中京大中京の前田章宏が中日、2003年に中村と同じく広陵の白浜裕太が広島、2005年は高校生ドラフトで別れていたこともあって、平安の炭谷銀仁朗が西武、日大高の荒川雄太がソフトバンクへ、 2010年は、習志野の山下斐紹がソフトバンク、2013年は大阪桐蔭の森友哉が西武へ入団したが、その後、1軍でレギュラーを獲得したのは、炭谷一人だけ。森は、試合に [全文を読む]

ジャイアンツOBとホークスOBが親善試合…巨人の総監督は長嶋茂雄!

ベースボールキング / 2017年07月02日08時00分

ジャイアンツOBチームとホークス(南海・ダイエー・ソフトバンク)OBチームによる「OB親善試合」が、2018年2月10日(土)にKIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎で開催されることが決定した。 今回のOB親善試合は、福岡ソフトバンクホークス球団創立80周年記念行事の一環であり、2018年の巨人宮崎キャンプ60年記念企画に強力する形で実現したとのこと。 [全文を読む]

【プロ野球】シーズンオフの風物詩!? ミスタープロ野球が広めた「自主トレーニング」にまつわるアレコレ

デイリーニュースオンライン / 2017年01月05日17時05分

その後、大仁では西武時代の清原和博、松坂大輔(ソフトバンク)が自主トレを行っている。 ■近年は大人数の自主トレが主流 自主トレ報道でよく目にするのは、各球団の選手が大人数でトレーニングに取り組む様子。例えば巨人の場合、内海哲也、山口鉄也を中心とした投手陣や、阿部慎之助を中心に長野久義、坂本勇人らが加わった野手陣が、いずれもグアムで自主トレを行ってきた。 [全文を読む]

成績だけじゃない ソフトB工藤監督「あと5年安泰」の根拠

日刊ゲンダイDIGITAL / 2017年09月16日12時06分

16日にも2年ぶりの優勝が決まるソフトバンク。急失速した楽天から8月15日に首位を奪って以降の強さには呆れるばかりだが、工藤監督(54)の采配が高く評価されているという声はほとんど聞かれない。あるホークスOBがこう言う。 「救援起用などについては、チーム内にも賛否あるようだが、東浜はハーラートップタイの15勝を挙げるまでに成長し、育成出身の石川も先発ローテ [全文を読む]

【プロ野球】近藤健介(日本ハム)は元捕手? 名選手から見る捕手からコンバートされる2つのケース

デイリーニュースオンライン / 2017年07月07日16時05分

メジャー移籍前のダイエー(ソフトバンク)時代は一塁手としても試合に出ていた。 帰国し、阪神に入団した2010年は捕手としてフル出場。しかし、膝の故障もあり、現役最終年となった2012年は一塁手か代打での出場で、マスクをかぶることはなかった。 ■捕手に見切りをつけ、他ポジションでブレイク 捕手からのコンバートのもう1つのパターンが、捕手としては伸び悩み、打撃 [全文を読む]

谷繁氏が認める“凄い”捕手とは?

ベースボールキング / 2017年04月19日11時45分

◆ 通算成績 ・古田敦也(ヤクルト) 試合数:2008試合 安打数:2097本 本塁打:217本 打 点:1009打点 打 率:.294 ・阿部慎之助(巨人) 試合数:1978試合 安打数:1938本 本塁打:378本 打 点:1157打点 打 率:.287 ※2017年4月18日時点 ・城島健司(ダイエー・ソフトバンク、阪神) 試合数:1323試合 安 [全文を読む]

プロ野球「事件だらけのキャンプ」ダークサイド報告書!(3)ソフトバンク・王球団会長があのOBに激怒

アサ芸プラス / 2017年02月21日12時56分

OBといえば、ソフトバンクでも、城島健司氏(40)の臨時コーチ騒動で持ちきりだ。スポーツライターが明かす。「実は城島氏サイドから、臨時コーチをやらせてほしい、と球団に打診があったのに、まるで球団が熱望したかのように報道された」 こう言って不満をあらわにするのは、球団関係者だ。「要請を受けて、球団はその調整をしていたにもかかわらず、城島氏は自身が出演する釣り [全文を読む]

【プロ野球】祝新成人! 成人式を迎える選手は? そして日本人メジャーリーガーたちの高卒3年目での成績は?

デイリーニュースオンライン / 2017年01月03日17時05分

プロ野球界では1996年世代、高橋光成(西武)、岡本和真(巨人)、淺間大基(日本ハム)、安樂智大(楽天)、松本裕樹(ソフトバンク)らが新成人だ。 まだ「○○世代」と冠がつくほど突出した選手はいないが、高橋や安樂はローテーションの一角となるまで力を伸ばし、岡本や淺間も虎視眈々とレギュラーを狙う。飛躍の1年にしたいところだ。 しかし、これまでの新成人=高卒3 [全文を読む]

夢のON対決に史上最大の下剋上!プロ野球・日本シリーズ伝説の瞬間「熱狂!平成編2」

週プレNEWS / 2016年10月28日10時00分

シーズン4位からひとつでも負ければBクラスが決まるところで3連勝して3位に滑り込み、西武を破って1位ソフトバンクに挑んだクライマックスシリーズでも、「あとひとつ負けたらおしまい」という状況から3連勝して日本シリーズ出場を決めていた。 一方のセ・リーグは、落合博満監督の中日が、巨人、阪神との混戦を制してシリーズへ。チェン・ウェイン(現・マーリンズ)と吉見一起 [全文を読む]

2強危うし?プロ野球「最終ペナント大予想」!(3)強すぎるソフトバンクの不安要素

アサ芸プラス / 2015年03月29日09時55分

さて、パ・リーグに目を移すと、投手、野手ともに圧倒的戦力を持つソフトバンクの優位は動かないという予想が並ぶ。「間違いなく、ぬきんでた強さを誇りますね。唯一の不安材料があるとすれば、工藤公康新監督(51)がコーチ経験のないまま初めて采配を振るうことでしょうか。ヘッドコーチを置いていないですから、投手、野手ともにコーチ陣と密に連携を取れるか。それでもBクラスに [全文を読む]

ソフトバンクに広島…監督去就劇の裏を出禁覚悟で言いたい放題!

週プレNEWS / 2014年11月05日06時00分

記者B ソフトバンクの秋山幸二監督の辞任は、彼に近いマスコミ筋も知らなかったらしく驚きの声が多かった。でも、結果的には辞任発表で「監督を男にする」と選手が結束し、見事に日本一を達成。いい意味でチームの刺激剤になったレアなケースだね。 記者C 辞任理由はいまだに定かではないですけどね。一応、夫人の病気や子供の学業問題など私生活面の理由といわれていますが…… [全文を読む]

ソフトバンク工藤新政権の吉井、佐藤義ら組閣案が話題に「しがらみ無視」「豪華すぎ」

AOLニュース / 2014年11月03日22時30分

名将・秋山監督の花道を飾る、悲願の日本シリーズ優勝で、有終の美を飾ったソフトバンクホークス。早くも、工藤公康新監督による来シーズンへの準備が着々を進められているが、そうした中、工藤政権における組閣案が一部スポーツ紙などによって明かされ、話題となっている。 現在、工藤新監督を支えるコーチングスタッフとしてその名が挙げられているのは、ヤクルトや大リーグ・メッツ [全文を読む]

「優勝請負人」「鉄腕」・・・ソフトバンク監督・工藤公康の最大の武器は「人間力」

AOLニュース / 2014年10月17日19時20分

秋山幸二監督の退任を受け、ソフトバンクホークスは、かつて、同球団や巨人・西武などでエースとして活躍した野球解説者・工藤公康(51)氏に監督候補を一本化、工藤氏側が王貞治球団会長からの要請を受諾し、就任することが確定的となった。近く会見などが行われ、正式な発表が行われる見通し。一部スポーツ紙が報じている。 1981年のドラフトで6位指名を受け、西武ライオンズ [全文を読む]

“清原超え”広陵・中村に追い越され…早実清宮の評価急落

日刊ゲンダイDIGITAL / 2017年08月23日09時26分

別府大付属高時代の城島健司(元ソフトバンク)や立命館大時代の古田敦也(元ヤクルト)がそうだった」 こう言うのは在京球団のさる編成担当者。夏の甲子園で走攻守そろった捕手として注目を集める広陵(広島)の中村奨成(181センチ、78キロ、右投右打)に関してだ。「とにかく自分の肩の強さをアピールしたいという積極性はプロ向き。ウオーミングアップやイニングの合間のしぐ [全文を読む]

【プロ野球】岸孝之(楽天)を見ると思い出す。西武からパ・リーグ他球団に移籍して活躍したピッチャーたち

デイリーニュースオンライン / 2017年02月09日17時05分

プロ2年目の2006年に12勝を挙げ台頭すると、松坂大輔(現・ソフトバンク)が抜けた2007年は17勝で最多勝を獲得。西武の若きエースとなった。背番号が16から18に変わった2009年には16勝を挙げ、2度目の最多勝。さらには沢村賞を受賞とリーグを代表するピッチャーへと進化を遂げた。 しかし、2011年はヒジ痛に悩まされ、プロ2年目から続いていた2ケタ勝利 [全文を読む]

城島健司が臨時コーチ就任要請を拒否、ホークスより釣りが大事だった!?

アサ芸プラス / 2017年02月02日09時58分

ソフトバンクホークスが、OBの城島健司氏に臨時コーチ就任を要請したが、時間の調整がつかずに諦めていたことが明らかになった。 ソフトバンクは昨年あと少しのところでリーグ優勝を逃し、日本シリーズ出場をかけたクライマックスシリーズでもファイナルステージで敗退。チーム再建に向けてリーダーシップあふれる城島氏の力を借りたかったと見られる。「チームは理由を『調整がつか [全文を読む]

【プロ野球】《ホークス背番号列伝・第3回》個性的&骨太。何かと話題を振りまいた「背番号3」の選手たち

デイリーニュースオンライン / 2016年09月29日17時05分

2015年オフにソフトバンクを退団した松中は、移籍先を求めアピールしたもののNPB球団からの誘いがなく、2016年2月引退を発表した。 「背番号3」を背負った選手たちは、これだけ実績があるにも関わらず、誰一人引退試合をしていない。それも、また「らしい」と感じてしまう。 今は空き番号となった背番号3。次につける選手は、いったい誰なのか? 溝手孝司(みぞて・ [全文を読む]

フォーカス