作曲家 新垣隆に関するニュース

没20年・生誕88年記念「黛敏郎メモリアルシリーズ(全3回)」開幕! Vol.1コンサートは4月5日豊洲にて開催

DreamNews / 2017年02月03日13時00分

没20年・生誕88年記念 「黛敏郎メモリアルシリーズ(全3回)」開幕!黛敏郎(まゆずみ・としろう/1929-1997)は戦後音楽界のトップを走った作曲家です。斬新な発想とダイナミックなサウンドは、世界で評価され、数々の芸術家に影響を与えました。天才にしか為し得ない音楽に、誰もが憧れ注目したのです。三島由紀夫とはオペラや電子音楽を作り、安部公房とはミュージカ [全文を読む]

WINDS CAFE 229【日本の団体歌(校歌・社歌など)を集めて-伊福部昭とその門下を中心に-】2016年1月24日原宿で開催。

DreamNews / 2015年12月24日10時30分

日本の作曲家を研究している西耕一が集めた様々な団体の歌を生演奏で聴いてしまおう!という企画。午前11時にスタートで16時半終演予定というマラソンコンサート。しかも、入場料は無料!こんなコンサート他にはない!2016年1月24日原宿でスリーシェルズの西耕一の企画構成選曲によるWINDS CAFE 229【日本の団体歌(校歌・社歌など)を集めて-伊福部昭とその [全文を読む]

「特殊音樂祭2015」7月11日(土)町田市で開催!新垣隆の知られざる魅力を存分に引き出す夏の音楽祭。国内外で活躍する音楽家が集合。

DreamNews / 2015年06月08日09時30分

様々な報道がなされる中で、作曲家 山本和智は「指示書」に興味を持った。言葉と図形によって音楽を表した「指示書」から作品が作られた背景には、作曲家としての手腕のみならず、優れた演奏家の「読解力」とイディオムなくして成立しなかったはずである。このことは音楽における記述(記譜)の問題にも深く関わってくる。 特殊音樂祭では、新垣隆の「現代音楽作家」と「演奏家」とい [全文を読む]

【速報】佐村河内守氏が「耳が聴こえた」ことを認める。

秒刊SUNDAY / 2014年02月06日17時04分

「現代のベートーベン」と称される人気作曲家・佐村河内が実際に曲作りをしていなかったことが明らかになった、いわゆる「ゴーストライター問題」で、本日作曲していた新垣隆さんが記者会見を開き、「本当に申し訳ありませんでした」と謝罪。また、実際に耳が聴こえていたことも認めておりネットでも物議を醸している。18年間の報酬は700万円あったことも報告しているが、いったい [全文を読む]

日本人の老後の絶望と希望を描く感動のドキュメンタリー映画『抱擁』 5/21トークイベント「老後を救う音楽」と「母」について 音楽家 新垣 隆 氏 が登壇!

PR TIMES / 2015年05月18日16時25分

TVなどでも大活躍の作曲家/ピアニストの新垣隆氏と坂口香津美監督が語り合います。新垣氏は、坂口監督の次回作であるサイレント映画『シロナガスクジラに捧げるバレエ』(9月下旬ユーロスペースにて公開)の音楽を、海野幹雄氏とともに作曲し、ピアノを担当いたしました。坂口監督との出会いは、新垣氏がゴーストライターを務めていたことを告白した2014年2月の半年前にさかの [全文を読む]

全聾作曲家・佐村河内守の別人作曲騒動、問われる違法性、損害賠償請求の可能性も

Business Journal / 2014年02月06日01時00分

2月5日、「全聾の作曲家」「現代のベートーベン」として知られる作曲家の佐村河内守氏の代理人弁護士が、「十数年前から本人ではなく、別の人物が作曲していた」ことを報道各社にファクスで明らかにし、衝撃が走っている。 代理人によると、これまで佐村河内氏本人がすべて作曲したとしていたが、実際には佐村河内氏は曲のイメージや構成を提案し、別の人物が作曲していたという。こ [全文を読む]

佐村河内守氏の“ゴーストライター”新垣隆氏に、ゲーム業界からラブコール「ぜひ新作を!」

日刊サイゾー / 2014年02月20日09時00分

作曲家として知られていた佐村河内守氏の“ゴーストライター”として、実際に作曲を行っていた新垣隆氏に、ゲーム業界から「新作の音楽を担当してほしい」という、ラブコールが上がっている。 新垣氏はクラシック音楽の分野では知る人ぞ知る作曲家だったが、ゲーム音楽を手がけたことは意外に知られていない。2001年にヒットしたゲーム『鬼武者』では、制作チームの一員として活躍 [全文を読む]

作曲家ゴースト告白の“タイミング”に賛否 坂上忍が新垣氏に苦言「今じゃないでしょ!」

日刊サイゾー / 2014年02月07日20時30分

「交響曲第1番 HIROSHIMA」(日本コロムビア)が18万枚を超える売り上げを記録するなど、クラシック界で異例の人気を誇った作曲家・佐村河内守氏が、長年にわたってゴーストライターに曲を書かせていた問題で、実際に楽曲を制作していた桐朋学院大非常勤講師の新垣隆氏が都内で会見を開き、波紋を広げている。 新垣氏は、佐村河内氏からの依頼で18年間にわたって20曲 [全文を読む]

清原に佐村河内、あの事件の主役たちの現在とは

日刊大衆 / 2016年11月14日11時00分

疑惑の作曲家、タレント女医、元巨人軍の4番打者といった、かつて世間を騒がせた事件の主役たち。それぞれの分野で活躍を見せていただけに、彼らが今どうしているのか、気になるところだ。そこで人生を一変させてしまった、彼らの事件のその後を追った。 まず初めは、耳が聞こえない作曲家として注目を集めたものの、ゴーストライター騒動で非難を浴びてしまった佐村河内守(53)。 [全文を読む]

テレビでのイジられキャラも謝罪のひとつ 元ゴーストライター・新垣隆さんが語った本音

ウートピ / 2015年07月23日18時00分

2014年2月に佐村河内守氏のゴーストライターであったことを告白した作曲家、ピアニストの新垣隆さんが『音楽という<真実>』(小学館)を上梓しました。日本中を激震させたゴースト生活の顛末や、音楽に魅せられた新垣さんの幼少期から現在までをつづった話題の一冊です。ゴーストライター生活をしていた時に感じていたことや、バラエティー番組への出演理由、恋愛観までをお話い [全文を読む]

フォーカス