織田信長 真田信繁に関するニュース

なぜ真田信繁は敗れ、家康は徳川幕府300年の礎を築けたのか

まぐまぐニュース! / 2016年02月17日02時20分

一拠点に固執しない 織田信長、豊臣秀吉、徳川家康たち、いわゆる戦国時代の三英傑が天下を取れたのはなぜか、その理由は多くの歴史家に研究されてきました。 その性格、家臣団をまとめる経営術、軍略の巧みさなど、いろいろな理由はあります。でも、全国各地の戦国大名や領主たちと見比べて、なぜ彼ら三英傑が天下を取って、その他の大名や領主たちは天下を取れないのか、という視 [全文を読む]

真田一族の夢の跡。40枚の写真で綴る隠れた名城・上田城の物語

まぐまぐニュース! / 2016年03月21日01時00分

武田氏滅亡後は織田信長に仕えましたが、本能寺の変で信長が没したのちは、ふたたび独立し、最後は関ヶ原で西軍についたために改易させられました。嫡子の信之は東軍についたため、真田一族は江戸時代も存続しました。 真田信繁(幸村) 真田昌幸の次男。幸村の名で知られます。大坂夏の陣で、徳川家康をあと一歩のところまで追い詰めたといわれる名将。 真田大助 真田信繁(幸村) [全文を読む]

【真田丸】板部岡江雪斎って何て読む?戦国武将の珍名6選

しらべぇ / 2016年06月05日16時15分

織田信長と結び、上杉謙信の軍を七尾城で撃退したが、ふたたび攻められて城内で討たれる。子孫は、加賀前田家の家老(加賀八家)として栄えた。(4)改名した後の名は超有名戸次鑑連(べっき・あきつら 1513〜1585年)立花氏の名跡を継いで出家した「立花道雪」という名なら、戦国ファンで知らぬ者はない大友家の宿老。半身不随で、その理由は「雷を斬ったため」という勇猛な [全文を読む]

豊臣秀頼は「不倫の子」?実父と疑われる4人を検証

しらべぇ / 2016年04月30日06時00分

(4)名古屋山三郎織田信長の縁戚であり、蒲生氏郷や森蘭丸の一族である森家に仕えた武将。妻と言われる出雲阿国とともに「歌舞伎の祖」とされる。戦国時代きってのイケメンと言われて多くの浮名を流し、当時も「秀頼の父ではないか」という噂があったという。真相は闇の中だが、今年の大河ではどのように描かれるのだろうか。・合わせて読みたい→恋愛・結婚が運命を変える大河ドラマ [全文を読む]

『信長の忍び』作者による新戦国ギャグ4コマ『真田魂』!人間臭くて笑えるキャラ設定にも注目!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年04月28日17時30分

戦では向かうところ敵なしの甲斐の虎・武田信玄が温泉好きで芋虫嫌いだったり、第六天魔王・織田信長が甲斐を欲しがる理由が特産物の甲州ぶどうや信州りんご目当てだったり、天下人・徳川家康が大のビビリで戦場ではいつも脱糞寸前になっていたり、史実から読み取れる歴史上の偉人たちのどこか人間臭く親しみを感じさせる一面が、ほのぼのとしたタッチで描かれている。 主役となる真田 [全文を読む]

武将が敵味方なく供養される高野山 織田信長と明智光秀も

NEWSポストセブン / 2016年03月03日11時00分

本能寺の変で自刃に追い込まれた織田信長と襲った明智光秀がこの地で供養されているように、高野山では敵も味方もなくなるのだ。 『真田丸』主人公の真田信繁(幸村)も高野山とゆかりが深い。関ヶ原の戦いで徳川家康に敗れた信繁は、父・昌幸とともに高野山での蟄居謹慎を命じられた。真田父子が身を寄せた蓮華定院には真田家の文化財が多く残り、近くには真田家の供養塔が建つ。また [全文を読む]

大河ドラマ「真田丸」で有働由美子アナの「ナレ死」が流行の気配!?

アサ芸プラス / 2016年02月21日17時59分

織田信長をはじめ、明智光秀など有名武将の最後のシーンが詳しく描かれることなく有働アナのナレーションで語られるだけ。たった一言で歴史上の名シーンを処理してしまうため、今、ネット上では『ナレ死』という言葉が流行り始めています」(テレビ誌記者) 確かに、信長の最期は「天下統一を目前に、織田信長は死んだ」というナレーションで片付けられているし、光秀が秀吉に討たれ [全文を読む]

織田信長、伊達政宗、真田幸村、ふなっしーがランクイン。20~30代女性が応援して欲しい「戦国武将」「ご当地キャラクター」ランキング発表。

PR TIMES / 2016年02月17日10時56分

■調査日時 :2015年12月13日(日)~12月14日(月)■調査機関 :株式会社マーケティングアプリケーションズ(アンとケイト)【調査結果詳細】http://www.foresight.jp/company/r5[表1: http://prtimes.jp/data/corp/10596/table/32_1.jpg ][画像1: http://prt [全文を読む]

『真田丸』有働由美子アナこそ天下取り!?織田信長も明智光秀もあっさり殺す「ナレ死」が話題に

AOLニュース / 2016年02月16日21時00分

有名武将である織田信長や豊臣秀吉、徳川家康に、明智光秀、本多忠勝などを本作で演じるのは、吉田鋼太郎や小日向文世、内野聖陽ら渋い豪華キャスト陣だ。いまネット上では、そんな「有名武将」たちの死亡描写が話題になっている。本作でナレーションを務めるNHK・有働由美子アナウンサーのたった一言の説明であっさり死んでしまうのだ。 まず視聴者を驚かせたのは、本能寺の変。あ [全文を読む]

【おんな城主直虎】46歳の阿部サダヲが13歳の家康に 大河でよくある「中年っ子」の例

しらべぇ / 2017年02月12日10時00分

『秀吉』の場合は、当初は貧農の息子として泥まみれの生活を送っていた日吉が織田信長に仕え、出世していくうちに身なりがだんだんと良くなる視覚的効果があった。少年期と関白になった時の竹中のビジュアルを比較すると、まるで別人のようだ。この作品で竹中は、「貧しいが太陽のように空を駆け上っていく青年」と「頂点を極めた先の斜陽」をひとりで見事に演じ切った。(3)おんな太 [全文を読む]

NHK大河「おんな城主」が男だけじゃないギョーテン新説!(1)「真田幸村」という名はない

アサ芸プラス / 2017年01月22日09時54分

織田信長が尾張の小大名から天下人に駆け上がるきっかけが、今川義元を討ち取った「桶狭間の戦い」だ。兵数で圧倒的に劣る小勢の織田軍が、今川軍に奇襲をかけたことが勝因であると知られているが、これにもギョーテン新説があった。「おんな城主 直虎」の時代考証を担当する、戦国史研究家の大石泰史氏が明かす。「織田家家臣の太田牛一が残した『信長公記』では、今川軍がいたのは [全文を読む]

道路交通法:歴史の途上:真田幸村のアナザーフィクション

INLIFE~あなたと保険を繋げるメディア~ / 2016年11月09日09時00分

<幸村> 誰じゃ? <佐助> 織田信長様でございます。 <幸村> えーーーーーーっえっえっえーーーっ!?それ聞き間違えじゃないの?信長ってあの信長様? <佐助> はっ!その信長様でございます。徳川の忍びである服部半蔵の忍術により、死者の国からこの世に蘇らせたとのこと。 <幸村> そんな戦国ゲームみたいな展開に持ち込む必要ある?完全にズルしてんじゃん徳川。 [全文を読む]

真田丸『第41話』裏解説。家康はなぜ豊臣家との決戦を急いだのか?

まぐまぐニュース! / 2016年10月16日22時00分

かつて北条氏政が氏直に、織田信長が信忠に、豊臣秀吉が秀次に、権力を継承したケースを。彼らは、後継者に本家の家督を譲って、自身はグループ全体の総帥におさまり、軍事・政治の実績を積ませていった。家康も、基本的には同じ方式で秀忠に権力を継承しようとしていたことがわかるだろう。 しかし、関ヶ原に参戦できなかった秀忠は、軍事的な実績をつむ機会を失ってしまった。そして [全文を読む]

竹内結子だけではない! これまで“茶々役”を演じた女優たちが4人が“悪女”揃い!

tocana / 2016年08月02日09時00分

父は浅井長政、母は織田信長の妹で絶世の美女とうたわれたお市の方。長政は信長に攻められて落城し、お市の方が柴田勝家と再婚すると、茶々も姉妹とともに越前(福井)に移る。その後勝家は、賤ヶ岳の戦いで秀吉に攻められ、お市の方は勝家と共に自害。茶々は敵対していた秀吉の庇護を受け、側室になるのだ。 茶々はこのとき、まだ18歳(諸説あり)である。しかし、秀吉の男児をふた [全文を読む]

“戦国アクション”2大ゲーム『戦国無双』&『戦国BASARA』が、“真田幸村”を題材に対決!?

おたぽる / 2016年07月17日14時00分

コーエーテクモゲームスは、『信長の野望』シリーズでは珍しい1人の武将にスポットを当てたプレイが可能な『信長の野望・創造 戦国立志伝』(パッケージジャケットには織田信長よりも大きく真田幸村が描かれた)も3月に発売されたばかり。やる気満々である。 一方、8月25日に『戦国BASARA 真田幸村伝』のリリースを予定しているカプコン。公式サイトによれば、「“日本 [全文を読む]

竹内結子の小悪魔ぶりが話題に!! 大河ドラマ『真田丸』の淀殿ってどんな人? その最期とは?

ダ・ヴィンチニュース / 2016年07月11日17時30分

近江の戦国大名浅井氏と、織田信長の妹・お市の間に生まれる。戦乱により、二度の落城を経験。一度目の落城では父と兄、二度目の落城では義父と実母を亡くす。その後、秀吉の寵愛を受け、鶴松、秀頼という二人の男児を産む。秀吉の死後、大坂城で権勢をふるったが、大坂の陣で秀頼と共に自刃した。 さて、淀殿と言えば「悪女」「淫乱」といった良くないイメージがつきまとっている。本 [全文を読む]

今夜の予習!NHK『真田丸』の山場「上田合戦」って何?

しらべぇ / 2016年04月03日18時00分

■徳川の大軍を真田が打ち破った「第一次上田合戦」画像はGoogle mapのスクリーンショットもともと武田勝頼に臣従していた真田家は、武田家が織田信長に滅ぼされた後、生き延びるために北条、徳川、上杉...と次々と主を変える。裏切られて業を煮やした徳川家康は、天正13年(1585年)、自らが真田昌幸に築かせた上田城に約7000と言われる大軍で攻め寄せる。上田 [全文を読む]

「真田丸」“信繁の人生を変える”前川泰之を直撃!

Smartザテレビジョン / 2016年02月23日05時00分

織田信長の死で日本中が混乱に陥る中、関東もまた上杉、北条、徳川の三つどもえの争いが激しさを増そうとしている。そんな中、2月28日(日)に放送される第8回では、前川泰之演じる武将・春日信達がキーマンに躍り出る。信達は、武田の重臣・高坂昌信(弾正)を父に持つ武将だが、武田家滅亡後は上杉家へ。そして、かつて父と過ごした北信濃の要所・海津城の城代を任されている。真 [全文を読む]

視聴率16.9%へ急落も、歴史好きやオタからは好評の『真田丸』。第6話目を視聴者の反応とともに振り返る

おたぽる / 2016年02月16日21時00分

第6話『迷走』は、織田信長が本能寺の変で倒れ、混乱する安土城から真田信繁(堺雅人)は明智勢に占拠された城から姉・松(木村佳乃)を連れて脱出を図る。その頃、真田家では織田家につくのか、北条家につくのか。真田昌幸(草刈正雄)、信幸(大泉洋)が次の手を考えあぐねていた……といったストーリー。 ざっとネット上の声を拾ってみると、まず「前半かったるかった」「まつが [全文を読む]

「真田丸」脚本 三谷流と大河流を使い分ける絶妙なバランス

NEWSポストセブン / 2016年02月03日07時00分

吉田鋼太郎の織田信長は、怖い顔でのしのしと登場したかと思ったら、あっという間に本能寺の変であの世に旅立ってしまった。普通、ここはもっと引っ張るでしょ?と思ったが、出てきたその回にもうめらめらと炎が燃えて、明智光秀(岩下尚史)が「敵は本能寺にあり!」と叫んでいるって。驚くべきスピードである。 しかし、私がこのドラマ全体に感じたのは、大事件の躍動感、スピード感 [全文を読む]

フォーカス