箱根駅伝 神野大地に関するニュース

特別インタビュー“青山学院大・原晋監督”「ハッピー指数大作戦で箱根を連覇する!」(1)悔しさで本気度がアップする

アサ芸プラス / 2016年01月02日09時56分

当然のように箱根駅伝優勝候補筆頭にあげられる中、「連覇」に向けて指揮官が語った秘策とは──。「青学史上最強ではなく、学生史上最強チームだと思います」 11月1日の全日本大学駅伝の直前、青山学院大の原晋監督(48)は、自チームをそう称した。そう自負できる自信は十分にあった。 2015年の箱根駅伝は「ワクワク大作戦」という突飛な作戦名を掲げ、91回を数える大会 [全文を読む]

駅伝王者・青学の脅威となる知られざる2校 潜在力を秘めた1年と監督が結集する

東洋経済オンライン / 2017年01月24日08時00分

正月の箱根駅伝は青山学院大が悠々と3連覇を達成した。しかし、どんなに偉大な王者でも敗れるときはやってくる。■“王者交代”のときは近づきつつある今大会、青山学院大が刻んだ総合タイムは11時間4分10秒。前回(10時間53分25秒)、前々回(10時間49分27秒)と比べて、ガクンと落としている。1区がスローペースになったことと、「山の神」と呼ばれた神野大地(現 [全文を読む]

特別インタビュー“青山学院大・原晋監督”「ハッピー指数大作戦で箱根を連覇する!」(3)神野については「安心してください」と断言

アサ芸プラス / 2016年01月03日09時56分

全日本のあとも予定していた記録会を回避するなど、「山の神」の現況は決して万全な状態ではないが、「脚の状態を見ながら、慎重に箱根駅伝に向けて状態を上げている」「山の神」の動向は他校の指揮官も気になるようだ。「神野君がどういうレースをするかで、レース全体が変わってくる」 これは12月10日に行われた箱根駅伝監督トークバトルでの、東洋大・酒井俊幸監督の言葉だ。 [全文を読む]

青学・原監督の大口に憤り 東洋&駒澤「青学包囲網」が結成

NEWSポストセブン / 2015年11月09日16時00分

11月1日に行なわれた全日本大学駅伝で、大学駅伝三冠(同一年度に出雲駅伝、全日本大学駅伝、箱根駅伝をすべて制覇すること)を狙った青山学院大が優勝を逃した。27秒差の2位で襷を受けた青学大のアンカーは「三代目・山の神」こと神野大地(4年)。大逆転が期待されたものの、逆に優勝した東洋大に1分4秒差に引き離される惨敗だった(神野は区間8位)。 優勝した東洋大は、 [全文を読む]

「新・山の神」柏原竜二が現役引退 今後はオタ活に専念?

しらべぇ / 2017年04月03日14時30分

(画像はTwitterのスクリーンショット)日本には「八百万の神」がいるとされるが、箱根駅伝における「山の神」と言えば3人しかいない。順天堂大学の今井正人、青山学院大学の神野大地、そして東洋大学の柏原竜二だ。その中のひとりで「新・山の神」と呼ばれた柏原が現役引退を発表し、衝撃が広がっている。■2016年で現役引退3日、柏原は自身のツイッター上で「私ごとでは [全文を読む]

ゲストランナーにコニカミノルタ神野大地選手!実業団や大学トップ選手も出場 「相模原クロスカントリー大会2017」J:COMチャンネルで放送

PR TIMES / 2017年03月07日15時35分

日本陸上競技連盟公認大会である当大会には、実業団で活躍している選手や箱根駅伝に出場した選手たちも参加します。さらに今年は、2015年の箱根駅伝5区で青山学院大学の走者として驚異的なタイムを記録し、現在はコニカミノルタ陸上競技部に所属する神野(かみの)大地選手が中学生男子の部1組目に出場し、ゲストランナーとして大会を盛り上げる予定です。3月28日(火)の番組 [全文を読む]

箱根駅伝のゲスト解説者布陣発表に駅伝通が沸き立つ

NEWSポストセブン / 2017年01月01日07時00分

正月の風物詩・箱根駅伝も間近に迫ってきたが、いかにして中継をより楽しむか。陸上長距離専門ウェブメディア「EKIDEN NEWS」の“博士”こと西本武史氏が解説する。西本氏とその相棒・“マニアさん”が同意したポイントがあるのだという。 * * * 10月中旬以降、週刊ポストで毎号、出場校選手の仕上がり具合などをレポートしてきた。それらを頭に入れつつ、箱根駅伝 [全文を読む]

駅伝サイト関係者が箱根のカメラを毎朝チェックする重大理由

NEWSポストセブン / 2016年11月13日16時00分

全日本大学駅伝が終わり、残すは本番の箱根駅伝のみ。今回は、箱根名物「山の5区」に大きな変化がありそうだ。今週も「EKIDEN NEWS」主宰者の“博士”こと西本武司氏が登場し、「新・山の5区」の独特な楽しみ方を指南する──。 * * * 次の箱根駅伝から、コース変更で5区が23.2kmから20.8kmと短くなる。この「3km弱の短縮」は箱根を大きく変える。 [全文を読む]

箱根駅伝 沿道からファンの姿がほぼ消える瞬間が5区にある

NEWSポストセブン / 2015年12月30日07時00分

お正月の国民的行事・箱根駅伝において、優勝を大きく左右するのが“箱根の山登り”の5区。驚異的なごぼう抜きから無念のリタイヤまで、とにかくドラマの多い5区だが、マニアはどこに注目するのか? 日本で最もマニアックな陸上長距離専門ウェブメディア「駅伝ニュース」の主宰者・公園橋博士が、日本テレビ系列での放送予想時刻とともに5区の見どころを紹介する。(放送予想時刻は [全文を読む]

箱根駅伝優勝・青学陸上部支えた「寮母」 原監督妻の素顔

NEWSポストセブン / 2015年02月22日07時00分

今年の箱根駅伝で初の総合優勝を飾った青山学院大学陸上競技部。“番狂わせ”ともいわれる優勝を勝ち取ったのは“新・山の神”と呼ばれる神野大地選手たちの力の向上、そして“ワクワク大作戦”で選手たちの士気を高めた原晋監督の指導力の賜物でもある。だがもうひとり、その奇跡の優勝を支えた女性がいた――。 「奥さん、大根はひとり何個?」 「ねぇ、聞いてよ。今日さぁ…」 午 [全文を読む]

フォーカス