記者会見 菅義偉に関するニュース

加計学園問題 「あったものを、なかったことにする」総理周辺の“見過ごせない発言”

文春オンライン / 2017年06月03日07時00分

同日に行われた記者会見では、「あったものを、なかったことにできない」と語っている。 菅義偉官房長官はさっそく記者会見で「(一連の文書は)出所不明で、信憑(しんぴょう)性も欠けている。その点は昨日の(前川氏の)会見があっても変わらない」と強い調子で否定した(朝日新聞 5月26日)。菅官房長官はこのところ毎週(場合によっては毎日)のように記者会見で何かを否定し [全文を読む]

加計学園問題の新展開「前川前次官発言」はここに注目!

文春オンライン / 2017年05月27日07時00分

これに対して即座に記者会見を開いた菅義偉官房長官は「怪文書みたいなものじゃないか」と全面否定。文科省も調査を実施したが、5月19日に「行政文書としても、個人の文書としても、今回の調査を通して確認が取れなかった」という結論を発表した。ただし、調査はわずか半日しか行われず、しかもヒアリングと共有フォルダ・ファイルのみにとどまったため、「調査は不十分」という批 [全文を読む]

今週の加計学園まとめ 飛び交う「ご意向」「忖度」「印象操作」を整理する

文春オンライン / 2017年06月10日07時00分

また、5月25日に行われた前川氏の記者会見では、読売新聞の記者から「守秘義務違反では?」との質問が飛んだ。前川氏側からの答えは「ノーコメント」である。 会見に出席した与良正男毎日新聞専門編集委員は次のように語っている。「本来、守秘義務の壁と戦う記者の側からそうした質問をしたのは驚きましたし、ジャーナリズムの危機だと思います」(『週刊文春』6月15日号) [全文を読む]

突然入った「北朝鮮の高官が日本亡命」という極秘情報の真偽

まぐまぐニュース! / 2016年10月11日01時21分

10月5日の記者会見で菅官房長官は「(韓国メディアの)報道のような事実はない」と否定しました。メルマガ『宮塚利雄の朝鮮半島ゼミ「中朝国境から朝鮮半島を管見する!」』の著者で北朝鮮の内情に精通している宮塚先生に、某マスコミからもたらされた今回の情報は本当なのでしょうか? その信憑性について、宮塚先生本人が詳しく解説しています。 日本は北朝鮮からの亡命者たちの [全文を読む]

古賀茂明氏、フジテレビのレポーターと公開問答「あなたに批判される謂われはない」

弁護士ドットコムニュース / 2015年04月17日18時41分

一方の古賀氏は前日の16日、東京・有楽町の外国特派員協会で記者会見を開いて、外国メディアの記者に向けて、「政権から圧力がかかることで、マスメディアの萎縮が起きる」という懸念を示していた。●会見後の古賀氏を日本のマスメディアが取り囲んだこの記者会見には、日本の新聞やテレビの記者も取材にきていた。会見中は特に質問することもなかったマスメディアの記者たち。だが、 [全文を読む]

朝日新聞・木村社長が「吉田調書」報道で謝罪 「読者の信頼を大きく傷つけた」

弁護士ドットコムニュース / 2014年09月11日19時59分

東京電力福島第一原発事故で現場対応の責任者だった吉田昌郎所長(当時)が、政府の事故調査・検証委員会の調べに対して答えた「吉田調書」をめぐる報道で、朝日新聞社は9月11日夜、緊急の記者会見を開いた。独自に入手した「吉田調書」をもとに、「福島第一原発の所員の9割が吉田氏の待機命令に違反して、福島第二原発に避難した」と報じた記事を取り消し、謝罪した。 同社の木村 [全文を読む]

<メディアへの圧力>政府と保守系メディアが国連特別報告者をバッシング

メディアゴン / 2017年06月06日07時30分

上出義樹[フリーランス記者/上智大学メディア・ジャーナリズム研究所研究スタッフ]* * *<安倍政権の放送への圧力などを調査した米国の大学教授が会見>日本の「表現の自由」の現状を調査し、提言する国連の特別報告者デービッド・ケイ氏(米カリフォルニア大教授)が国連人権理事会への報告に先立ち6月2日、「報道の自由」に関するシンポジウムが開かれた上智大学で記者会見 [全文を読む]

前川vs官邸、異例バトルの知られざる舞台裏 背景には「文部科学省利権」の争奪戦がある

東洋経済オンライン / 2017年05月28日18時00分

前川喜平前文科事務次官は5月25日に記者会見を開き、朝日新聞が5月17日に報じた「総理のご意向メモ」など一連の文書を「本物」だと明言した。前川氏が緊急に記者会見を開いたのは、これらの文書を「怪文書」と切り捨てる官邸に反撃する意図と思われる。しかも官邸は22日付けの読売新聞朝刊で、前川氏が文科事務次官時代に新宿・歌舞伎町の「出会い系バー」に通っていたことを” [全文を読む]

加計学園問題、自民党内で「安倍首相の意向」との見方広まる…文科省内部の上層部潰しか

Business Journal / 2017年05月21日17時00分

また、菅義偉官房長官も17日の記者会見で「総理から一切指示はない」と報道を否定。さらに19日には松野博一文科相が会見を行い、問題となっている文章は存在しないとの調査結果を報告し、「これ以上の調査は必要ない」と幕引きを狙ったが、野党は今後、国会で厳しく追及していく姿勢をみせている。 この問題は、永田町ではどのようにみられているのか。国会議員秘書のA氏は次の [全文を読む]

中国主導の国際秩序に警戒感も、現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」、各国の出方見守る日本政府

Record China / 2017年05月20日07時00分

習主席は15日の国際フォーラム閉幕後の記者会見で、「各国の意見を集約し、一帯一路構築の方向性が明確になった」と満足げに宣言。270以上の項目を盛り込んだ成果文書もまとめられ、中国が受注したインドネシアの高速鉄道建設向けの融資契約や、中国とタイの原子力協定など、具体的な協力が列挙された。 二階幹事長は16日に習主席と会談し、安倍晋三首相の親書を手渡した。日 [全文を読む]

小池VS石原「豊洲バトル」の行方

日刊大衆 / 2017年02月28日08時35分

ついに女傑との全面対決に突入した!「資料が集まり次第、自分で言うべきことを言うため、記者会見をします。逃げているとか、隠れているとかの屈辱を晴らしたい」 2月14日、報道陣の前に姿を現した石原慎太郎元都知事(84)は、こうブチあげてみせた。 石原氏は、紛糾している豊洲市場移転問題の核心を知る人物と目されているため、小池百合子知事(64)はこれまで、石原氏に [全文を読む]

「アベノミクス異次元緩和・円安」ヤリ玉の“トランプ砲”、市場をかく乱=日米首脳会談の「取引」材料に―政府・日銀苦慮

Record China / 2017年02月02日10時20分

トランプ大統領のこの発言について、菅義偉官房長官は1日の記者会見で、「全く当たらない。金融緩和は国内の物価安定目標のためで、円安誘導を目的としたものではない」と反論したが、「異次元緩和・円安株高」はアベノミクスの「1丁目1番地」(シンクタンク首脳)であり、韓国などから「近隣窮乏策である通貨安競争を仕掛けた」と批判されてきただけに、苦しい抗弁といえる。元来ア [全文を読む]

文科省が隠蔽工作。早大「天下りあっせん」事件のあっけない幕切れ

まぐまぐニュース! / 2017年01月27日05時00分

各社が後追い取材をするなか、菅義偉官房長官は18日の記者会見で「実際に行われていたとすれば極めて遺憾だ」と述べた。 次に、再就職等監視委員会が20日午前、調査結果を公表した。 文科省人事課の職員が、吉田氏の在職中に履歴書を早稲田大学に送付したこと。早大の担当者に口裏を合わせるよう依頼していたこと。さらにはOBを介在させた組織的な天下りが平成25年から確認 [全文を読む]

あるか?「改憲」を軸にした政界再編

プレジデントオンライン / 2017年01月18日15時15分

■安倍首相は早期解散には積極的で「前のめり型」 2度目の政権で5回目の新年を迎えた安倍晋三首相は1月4日の年頭記者会見で、冒頭に今年の干支の「酉年」を強調し、12年前の2005年の小泉純一郎元首相の郵政解散、48年前の1969年の佐藤栄作元首相の沖縄返還合意による解散も酉年だったと切り出した。だが、質疑での答弁では「解散の2文字をまったく考えたことはない」 [全文を読む]

安倍外交、敗れる。北方領土の「もしかして」はなぜ起きたのか?

まぐまぐニュース! / 2016年12月23日05時00分

官邸の誰かにリークさせているがゆえに、その日の記者会見で菅義偉官房長官は「そうした事実は全くない。4島の帰属問題を解決し、平和条約を締結していく」と否定してみせた。リークの目的が世間の反応をうかがうためなら、肯定するはずもない。 さてこうなると、日露交渉には何回も騙されて懲りているはずのメディアが「今回はいよいよか」と、妙に浮足立ってくる。 とりわけ驚か [全文を読む]

「神ってる小池」新党立ち上げに怯える政権幹部

プレジデントオンライン / 2016年12月19日15時15分

二階俊博幹事長は記者会見で次期衆院選の候補者差し替えに言及した。それまで自ら「解散風」を吹かし、安倍首相と会談後は一転して早期解散に否定的な見方を示した二階氏だが、この日は「国会は秋の空と同じようにすぐ変わる」として再び戦闘モードに入った。 各種世論調査で安倍内閣の支持率は約6割と依然高く、政党支持率も自民党が民進党を大きく引き離しており、選挙で事実上の実 [全文を読む]

電通社員の過労死、助長する法案が国会提出…残業上限撤廃、超過分残業代不払い合法化

Business Journal / 2016年10月22日06時00分

10月7日、高橋さんの母親の記者会見で経緯が明らかにされたが、自殺に至るまでの仕事の状況を高橋さん自身がSNSで発信していたメッセージも含めて、メディアで大きく報じられた。さらに10月14日以降、東京労働局や各府県の労働局が電通本社と支社3カ所、主要子会社5社に立ち入り調査(臨検)を実施。そのなかには、過去に大手企業4社を労働基準法違反で東京地検に書類送 [全文を読む]

民進党代表選候補・蓮舫氏”二重国籍問題”の後始末|やまもといちろうコラム

デイリーニュースオンライン / 2016年09月09日12時05分

一方、ガースー黒光り官邸の主、菅義偉官房長官は記者会見で一定の見解を述べています。これであれば、1985年の国籍法改正時に蓮舫女史自身が日本人である母親のこともあり、日本国籍を選択した、と言われれば問題なく日本国籍を持つ日本人だという見解になるわけであります。 個人的には、一連の騒動を見るに「そうならそうで、蓮舫さんもそう言えば良かったのに」と思うんです [全文を読む]

狙うは中国の孤立。安倍総理がロシア経済分野協力担当相を新設した思惑

まぐまぐニュース! / 2016年09月02日21時00分

菅義偉官房長官 ロシア経済分野協力担当相の新設を正式発表 産経新聞9月1日(木)13時3分配信 菅義偉官房長官は1日午前の記者会見で、北方領土問題の進展を目指しロシアへの包括的な経済協力を推進するため、「ロシア経済分野協力担当相」を新設し、世耕弘成経済産業相に兼務させることを明らかにした。発令は同日付。 なぜ、「ロシア経済分野協力担当相」ポストをつくるの [全文を読む]

中国で日本人また拘束、スパイ容疑?日中交流団体の幹部、昨年5月以降5人目、中国当局は詳細説明せず、真相ベールに

Record China / 2016年07月31日06時50分

菅義偉官房長官は28日の記者会見で、日本人男性1人が渡航先の北京で中国当局に拘束され、中国側から連絡を受けたと言明。スパイ行為に関与した可能性については「わが国政府はいかなる国に対しても、そうした活動には従事していない」と否定した。 在日中国大使館の薛剣公使参事も同日の記者会見で、「中国側は外交ルートを通じて、日本側に通報した」と述べ、拘束を事実上認めた [全文を読む]

フォーカス