自民党 菅義偉に関するニュース

都議会自民「小池旋風よりも菅と伸晃が大迷惑」

プレジデントオンライン / 2017年02月17日15時15分

自民党を揺るがした「千代田ショック」 トランプ米大統領の誕生で難しい舵取りを迫られる安倍政権だが、それにも増して頭を悩ませているのが「小池旋風」だ。2月5日投開票された東京都千代田区長選は小池百合子都知事が全面支援した現職の石川雅己氏が圧勝。自民党が推薦した新人候補の与謝野信氏(与謝野馨元官房長官の甥)は大敗を喫した。そして政府・自民党に衝撃を与えたのは [全文を読む]

【大阪都構想】安倍総理にすり寄る維新・橋下代表に「政界のスネ夫」の声

デイリーニュースオンライン / 2015年04月23日07時50分

大阪都構想を巡って、自民党大阪府議団からは「大阪都構想は毒まんじゅう」とも揶揄されるほど維新と自民党大阪府議団とは対立が鮮明化している。 街頭演説でアベノミクスを絶賛 大阪では激しく対立する維新と自民党だが、国政に目を転じると状況は大きく異なる。国政は安倍晋三総裁率いる自民党が一強状態。橋下市長も安倍自民党の勢いには抗うことはできないようで、2013年の [全文を読む]

増税同調の自民 野田政権の援護に駆けつけることありえない

NEWSポストセブン / 2012年05月21日07時00分

野田政権としては谷垣禎一・総裁率いる自民党と組んで「増税党」を作り法案成立を目指しているものの、民主党内からも異論が続出し、いまや八方ふさがりの状態だ。 「増税党」の伴侶となる自民党は、本当に包囲されつつある野田本陣に援軍として駆け付けるのだろうか。NOである。 谷垣総裁は「自民党の考え方と首相の考え方は基本的に同じ方向を向いている」(4月16日の講演)と [全文を読む]

空気の読めない菅長官「千代田区長選で小池百合子退治」

プレジデントオンライン / 2017年01月27日15時15分

いまや飛ぶ鳥を落とす勢いの小池百合子都知事は現職の石川雅己区長を応援するが、これに対抗して都議会自民党のドン・内田茂都議は与謝野馨元官房長官の甥・信氏を擁立。昨年夏の都知事選で激突した小池氏と自民党東京都連の構図が再び浮かび上がった。さらに注目度が増すのは菅義偉官房長官の存在だ。都知事選で増田寛也元総務相を担ぎ出し、小池氏に惨敗した菅氏は千代田区での「代理 [全文を読む]

都議会自民はなぜ、取材を受けないのか?

プレジデントオンライン / 2016年12月27日17時30分

他方、都議会自民党である。 就任時に知事とのカメラ撮影・握手を拒否する議長、都知事選で小池知事を応援した7人の区議の除名処分、そして、汚くヤジを飛ばしながら知事の対応を笑う議員たち。テレビを通して存在する彼らは、今や完全に「悪者」「伏魔殿」である。もしくは、選挙にボロ負けして無職になるのが可哀想という同情の声。いずれにしろ都民からはろくなイメージを持たれ [全文を読む]

二階幹事長「解散総選挙は近いと考えるべき」

プレジデントオンライン / 2017年04月26日15時15分

高い内閣支持率を維持し、「安倍一強」と言われる安倍政権を支える自民党幹事長の二階俊博氏。その存在感を増している二階幹事長に安倍政権が抱える問題を直撃した(後編)。 ■憲法改正はそれほど急がなくてもいい 【塩田潮】安倍首相は昨年9月、「政治的手腕が一流」と言って二階さんを幹事長に起用しましたが、その腕前で小池さんを取り込む魂胆では、と見る人もいるようです。 [全文を読む]

外国人特派員たちが語る2016年・日本の論点。安倍政権に対して脆弱すぎるのは野党かマスコミかデモか?

週プレNEWS / 2016年02月04日10時00分

また、参院選に向けて自民党がどこまで憲法改正を前面に押し出していくのかという点についても、動きを見ていく必要があるでしょう。 もうひとつ、注目しているのは外交面。日韓関係については昨年末に突然、慰安婦問題に関する合意が成立しました。この先、実質的にどういうことが行なわれるかわからないにしても、関係改善に向かうのでしょう。 しかし、中国との間には尖閣(せんか [全文を読む]

国会議員も紛糾!厚労省「原則禁煙法案」のハレーション

プレジデントオンライン / 2017年03月26日11時15分

自民党厚労部会(部会長・渡嘉敷奈緒美衆院議員)では、健康被害を懸念する声に一定の理解を示すものの、小規模な飲食店にも摘要されることに異論が続出し、法案が通るメドすら立っていない状態。また、党たばこ議連(会長・野田毅前党税制調査会長)は7日に臨時総会を開催し、たばこ葉農家の保護や小売店、飲食店、旅館・ホテルの経営悪化を阻止するために気炎を上げた。 自民党[全文を読む]

大阪W選圧勝で橋下政界復帰待望論 自民と改憲連合構想出る

NEWSポストセブン / 2015年12月09日07時00分

ダブルに敗北した自民党大阪府連関係者は、「来年の参院選で大阪選挙区は定数が4に増える。府連ではまだ公認候補は決まっていないが、勢いに乗ったおおさか維新が候補者を2人擁立してくるのではないかと戦々恐々としている」という。 安倍官邸では来夏に衆参同日選戦略を練っているとみられるが、それは党内の予想を大きく超える内容のようだ。 「そのとき官邸は自民党を大阪から [全文を読む]

維新・橋下徹氏と松井一郎氏の衆院選出馬断念の影に創価学会

NEWSポストセブン / 2015年06月11日16時00分

(敬称略) * * * 五五年体制の下、中道を謳ってきた公明党が、政権与党入りすべく自民党と連立を組むよう舵を切ったきっかけは、九八年七月の小渕恵三内閣の発足だった。以来、十五年以上の長きにわたり公明党や創価学会との窓口になってきたのが、自民党の現総務会長である二階俊博や大島理森、引退した古賀誠といった古手の自民党の重鎮たちだ。創価学会幹部が解説する。「な [全文を読む]

創価学会 菅氏を通じ橋下徹氏・松井一郎氏衆院選不出馬要求

NEWSポストセブン / 2015年06月08日16時00分

(文中敬称略) * * * 五五年体制の下、中道を謳ってきた公明党が、政権与党入りすべく自民党と連立を組むよう舵を切ったきっかけは、九八年七月の小渕恵三内閣の発足だった。以来、十五年以上の長きにわたり公明党や創価学会との窓口になってきたのが、自民党の現総務会長である二階俊博や大島理森、引退した古賀誠といった古手の自民党の重鎮たちだ。創価学会幹部が解説する。 [全文を読む]

総選挙、埼玉1区関ヶ原の戦い

クオリティ埼玉 / 2014年12月08日14時29分

いずれにしても全国で民主党の伸び悩み、第3極の低迷という情勢で自民党が議席独占をする可能性のある地域が出てきているのは確かだろう。 武正陣営は週末の土日12月6日、7日と民主党幹部を埼玉1区に送り込んだ。6日午後5時から浦和駅東口で野田佳彦前総理を応援弁士に迎えた。聴衆は500から600人といったところであったが野田氏の到着が遅れ候補者に話は30分以上とな [全文を読む]

加計学園問題の新展開「前川前次官発言」はここに注目!

文春オンライン / 2017年05月27日07時00分

5月26日にも民進党の山井和則国対委員長から前川氏の証人喚問が要求されたが、自民党の竹下亘国対委員長は前川氏が民間人であることから「現職の時になぜ言わなかったのか」「受け入れられない」とあらためて拒否した。山井氏は「民間人の(森友学園の)籠池泰典氏を喚問したのは自民党だ。ご都合主義としか言えない」と批判している(時事通信 5月26日)。たしかに「(前川氏が [全文を読む]

自民・二階幹事長「政局を握る男」の実力

日刊大衆 / 2016年10月26日11時30分

自民党の二階俊博幹事長が10日、地元・和歌山県のパーティで“選挙の風はもう吹き始めている”と発言。記者陣は色めきたちました」(地元紙記者) これに先立つ6日、二階氏は都内の高級ステーキ店で安倍首相、麻生太郎副総理と会談。「そのつもりで準備はする」という二階氏に首相は何も言わず、笑顔でうなずいたという。 「明らかに“ヤル気”ですね。蓮舫代表体制が発足して [全文を読む]

「子供を産んだら女じゃない」 愛人が文春でモラハラ告発! 保育園ヤジ議員は自民党“ネトサポ“の親玉だった

リテラ / 2016年03月31日08時30分

「保育園落ちた日本死ね」ブログをめぐっては、「匿名だから議論のしようがない」と突き放した安倍首相を筆頭に、安倍政権・自民党の無責任、不誠実な姿勢が次々浮き彫りになっているが、今度は、このブログにヤジをとばした自民党議員にハレンチスキャンダルが飛び出した。 2月29日の衆院予算委員会で、民主党・山尾志桜里議員がこのブログを取り上げた際、「誰が書いたんだよ」「 [全文を読む]

ANA 野党時代の安倍、菅氏らに接近し「空の政権交代」実現

NEWSポストセブン / 2015年10月22日07時00分

政界工作はJALの十八番だったけど、さすがに公的資金を受ける身では露骨な動きができなくなっていた」 D「そもそも自民党と蜜月だったJALは、2009年に民主党が政権を握ると素早く鞍替えして当時の前原誠司国交相に擦り寄り、公的資金の注入を受けた。長年の恋人に“浮気”された自民党としては憎さ百倍だよ」 B「それゆえ、政権復帰した自民党とJALの関係は希薄だった [全文を読む]

沖縄の民意も民主主義も理解できない安倍政権|岡留安則コラム

東京ブレイキングニュース / 2014年12月03日19時00分

元『噂の真相』編集長・岡留安則の「編集魂」 沖縄県知事選は安倍自民党が総力をあげて戦ったが、辺野古新基地建設に反対する翁長雄志前那覇市長が、辺野古埋め立てを承認した仲井真弘多前知事に10万票の大差をつけて勝利した。今年1月の辺野古の地元・名護市長選でも新基地建設に反対する稲嶺進氏が自民党が推す候補を破って当選した。これで、辺野古の地元でも沖縄県でも辺野古基 [全文を読む]

細川護熙氏の1億円借り入れ 東京佐川急便事件と全く関係なし

NEWSポストセブン / 2014年01月20日16時00分

官邸と自民党は新聞・テレビとともに、細川・小泉バッシングの大合唱である。 「殿、ご乱心」(甘利明・経済再生相) 「五輪を人質に取って原発ゼロをやろうなんて卑怯だ」(森喜朗・元首相) 自民党の有力者がそう次々に声をあげたばかりか、いざ、細川氏が小泉氏の全面支援を受けて東京都知事選に出馬表明すると、菅義偉・官房長官は、「(細川氏は)総理大臣当時、佐川急便から猪 [全文を読む]

安倍晋三氏 全国遊説の行き先は元家庭教師含む“お友達”優先

NEWSポストセブン / 2012年12月13日16時00分

今回の総選挙では自民党の石破茂・幹事長の選挙区(鳥取1区)で民主党が直前になって立候補の擁立を取り止めた。また日本維新の会は、石原慎太郎・代表の長男で自民党に所属する伸晃氏の東京8区(杉並区)に、対立候補の擁立を取り止めた。こうした不戦敗は選挙後を睨んだ自民党への秋波ともいえる。 民主と維新のラブコールを受けて、安倍自民はモテモテ状態である。安倍氏は「選挙 [全文を読む]

小池vsドン内田 都議選代理戦争火ぶた切られる

Japan In-depth / 2017年06月05日09時37分

東京都議選(6月23日告示、7月2日投票)まで1ヶ月を切った6月4日、最大の注目を集める千代田区から自民党候補として出馬する中村あや氏(27)の総決起大会が東京・千代田区のホテルにて行われた。千代田区は「都議会のドン」と呼ばれる内田茂・前自民都連幹事長が引退を表明しており、対決姿勢を露わにしている小池都知事との代理戦争の様相を呈している。会場は300人を超 [全文を読む]

フォーカス