日本シリーズ 星野仙一に関するニュース

【巨人】因縁の地・仙台で「挑戦者」として再出発する由伸巨人

文春オンライン / 2017年05月30日11時00分

球史に残るあの激闘から早や4年…… 日本シリーズの負けは、悔しいというより寂しい。 だって、明日からもうプロ野球の試合がないから。応援するチームの敗北と同時に、半年以上続いたプロ野球シーズンという祭りの終わりの寂しさも味わうハメになる。4年前の秋もそうだった。1、6、7戦と2週連続で楽天vs巨人の日本シリーズを観戦するために東京からKスタ宮城(現Kob [全文を読む]

東北楽天の日本一と星野監督のロマン主義...プチ鹿島の世相コラム『余計な下世話!』連載16

東京ブレイキングニュース / 2013年11月05日12時30分

2009年に出版された「日本シリーズ全データ分析 短期決戦の方程式」(小野俊哉 ちくま新書)。 WBCや五輪での国際試合も注目されたこの頃、著者は「短期決戦の本質を定量的に導き出せるものはないか、と考えたときに浮かんだのが、日本シリーズ」だとし、日本シリーズ全試合データ分析をしたのだ。「分析結果を少しだけ予告すれば、短期決戦で最も大きな鍵を握るのは、エース [全文を読む]

プロ野球 苗字が「O」で終わる監督は日本一になれぬジンクス

NEWSポストセブン / 2013年10月13日07時00分

プロ野球界は両リーグとも最終順位が確定し、日本シリーズに向けてプレーオフが行なわれている。今年、注目が集まるのは、球団創設以来初のリーグ優勝を飾った楽天だが、野球関係者の間では、あるジンクスの存在が囁かれている。 楽天を率いる星野仙一監督は、これまで3回日本シリーズに挑戦して一度も日本一になったことがない。実はこれには、球界に伝わる「ジンクス」が影響してい [全文を読む]

夢のON対決に史上最大の下剋上!プロ野球・日本シリーズ伝説の瞬間「熱狂!平成編2」

週プレNEWS / 2016年10月28日10時00分

プロ野球・日本シリーズでこの50年に起きた伝説の瞬間をふり返るシリーズ。 時代は昭和から平成へと移り、世の中の価値観も多様化する。球界でも巨人中心から12球団すべてが主役となり熱狂は全国各地へと広がっていった。【熱狂!平成編1】に続く第2弾! * * * 【2000 巨人vsダイエー】 ミレニアムイヤーに球界の2大巨星がついに相まみえた 夢の“ON監督対決 [全文を読む]

楽天田中将大と嶋基宏「黄金コンビ」苦闘7年物語(9)嶋が示したCS対ロッテ戦攻略法

アサ芸プラス / 2013年10月31日09時59分

楽天のエース・田中将大は日本シリーズでの巨人との対戦を念頭に、今シーズンを闘い抜いてきた。その裏には「圧倒的な強さを誇る」チームに対するムキ出しの闘争心があったのだ。メジャー行きを控えるラストシーズンで田中と嶋のバッテリーは日本一を誓った。 日本シリーズの流れは、雨の影響で大きく変わる。かつて58年の日本シリーズで、西鉄が巨人相手に3連敗を喫したあとに、稲 [全文を読む]

楽天球団「想定外」の千葉ファンから怒りの声

NewsCafe / 2013年10月30日15時00分

2013年のプロ野球のチャンピオンを決める日本シリーズが始まった。今年は読売ジャイアンツと東北楽天イーグルス。楽天としては創立9年目として初めてのパリーグ制覇。そしてクライマックスシリーズ優勝で、日本シリーズに挑んでいる。楽天の監督は、星野仙一。選手および監督時代を通じてリーグ優勝はしているものの、日本一の経験はない。中日ファンの筆者としては、中日出身の星 [全文を読む]

ノムさん語る巨人日本一の条件「原がベンチで寝てれば」

WEB女性自身 / 2013年10月16日07時00分

約7カ月にわたるペナントレースが幕を閉じ、ファンの関心はクライマックスシリーズ(CS)と日本シリーズに向けられている。最近の傾向として、CSや日本シリーズのような短期決戦に臨むにあたり、監督たちからは「ふだんどおりの野球をやる」という言葉がよく聞かれる。これに対し、異議を唱えるのは野村克也氏(78)だ。 「これこそが、球界に名将と呼ばれる監督がいなくなった [全文を読む]

ソフトバンクに広島…監督去就劇の裏を出禁覚悟で言いたい放題!

週プレNEWS / 2014年11月05日06時00分

日本シリーズも終わり、いよいよストーブリーグが開幕! 皆さんの大好きな“野球政治”を日々、取材する現場の記者たちの間では、例年以上に個性豊かな新旧監督のキナ臭い話題が大豊作……というわけで、“出禁レベル”のマル秘ネタを洗いざらい語ってもらいましたっ!(文中敬称略) ■工藤新監督は若手が嫌がる上司? スポーツ紙デスク もともとプロ野球の世界には、「日本シリー [全文を読む]

【楽天】2013年の日本シリーズ同様、今季もチームには「Dパワー」がある

文春オンライン / 2017年05月30日11時00分

巨人との日本シリーズで見せた「Dパワー」 そう考えると2013年の巨人との日本シリーズもそうなのかもしれない。第7戦の9回表、「則本に代わりまして背番号18田中将大」のアナウンス。球場全体にこだまする「あとひとつ」の大合唱。思い出すだけで鼻の奥がツーンとします。 あれだけブルペンが映る日本シリーズが過去にあっただろうか。最後は前日に160球投げた田中将大 [全文を読む]

【プロ野球】何年ぶり? 12球団の「日本一ごぶさたランキング」! そして42年間「○○していない」球団は?

デイリーニュースオンライン / 2016年11月15日16時05分

先の日本シリーズでは、惜しくも日本一に手が届かなかった広島。12球団の中では、「広島の32年ぶり」というのが最も日本一から遠ざかっている期間だ。 それでは他球団はどのくらい優勝していないのだろうか? 自分のひいきチーム以外はわりと知らなかったりするので、ランキングでまとめてみた。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■12球団 [全文を読む]

江本孟紀氏評 星野仙一氏は大型補強をしたシーズンだけ優勝

NEWSポストセブン / 2013年12月21日16時00分

(※2004年の球界参入時から、窮状の集客人数を2万8000人にするよう、日本シリーズを主催するNPBから要望を受けていた)しかしそれをずっとほったらかしにしていて、日本シリーズをやる段になって、急ごしらえで仮設スタンドを作った。工事現場の足場みたいなヤツです。お客さん、相当怖かったと思いますよ。 もっとひどいのはチケットの価格。そんなガタガタの席が350 [全文を読む]

楽天マー君、メジャー移籍前に“酷使”のツケ「入札金が10億下がる!?」

日刊サイゾー / 2013年11月05日16時00分

シーズンで無敵の24勝を記録し、日本シリーズでは巨人に1敗を喫しながらも、最後は胴上げ投手としてチームを日本一に導いた東北楽天のエース・田中将大投手。今季オフ、メジャー移籍が確実といわれているが、ポストシーズンでの“酷使”に、関係者から非難が集まっている。 日本シリーズ第6戦。日本一に王手がかかった試合で登板したのは、やはり田中。この試合まで、今シーズン全 [全文を読む]

文春野球「コミッショナーだより」5月号

文春オンライン / 2017年06月06日07時00分

【交流戦指名対戦結果&予定】(予定は変更になる可能性もあります) 試合結果 30日 読売巨人(死亡遊戯)1392 - 817 東北楽天(かみじょう) テーマ「2013年日本シリーズ」 31日 千葉ロッテ(梶原)千葉ロッテ 273 × 300 阪神(山田) テーマ「ロッテ―阪神の因縁」 1日 北海道日本ハム(えのきど)402 × 708 横浜DeNA(西澤 [全文を読む]

だから私たちは星野仙一を嫌いになれない。

citrus / 2017年05月31日22時00分

我々野球ファンにとって、オールスターや日本シリーズとはまた別の高揚感を楽しめる約1ヶ月間となる。そんななか、交流戦開幕に向けて5月30日売りのデイリースポーツが、現在は楽天球団副会長を務める星野仙一氏(70)のロングインタビューを掲載していた。両リーグの監督を経験してきた“闘将”だけあって、とても興味深い話がてんこ盛りだったので、文字数が許すかぎり紹介して [全文を読む]

捏造、死亡事故、セシウムさん… 悲しすぎるフジテレビ系列トラブル4

tocana / 2016年12月03日09時00分

さらに同年にホークスが日本シリーズに出場した際は、その試合中継において、フジテレビ系列のテレビ局を推薦しない方針を同球団の高塚猛オーナー代行が表明。それから2011年まで、ホークスが進出した日本シリーズのFNS系での中継が実現することはなかった。■『発掘!あるある大事典2』のデータねつ造事件 また、同じFNS系列の局でも大きなトラブルを引き起こしている。関 [全文を読む]

週刊アサヒ芸能「創刊60年の騒然男女」スポーツ界「波乱のウラ舞台」<野球篇/「あの重大事件」座談会>(2)落合博満が「監督批判」で星野仙一に土下座

アサ芸プラス / 2016年10月16日09時56分

B 日本シリーズで忘れられないのは、78年、ヤクルトと対戦した阪急・上田利治監督の、球史に残る1時間19分の猛抗議ですね。D 0対1で迎えた第7戦、6回裏にヤクルト・大杉勝男のレフトポール上を通ってスタンドインした打球を線審が「ポールの上を通過」と本塁打判定。ウエさんは左翼ポール下まで猛ダッシュして「ファウルだ!」と。まったく聞き入れられないとなると、全選 [全文を読む]

田中将大連投や野人・岡野起用の意外な真実

Smartザテレビジョン / 2016年08月25日12時00分

4度目の放送となる今回は、プロ野球から「'13年日本シリーズ第7戦 楽天vs巨人」での田中将大投手の連投を取り上げ、星野仙一監督、田中投手にインタビュー。さらに、日本サッカー初のワールドカップ出場を決めた'97年“ジョホールバルの歓喜”での岡田武史監督の采配をクローズアップする。 '13年プロ野球日本シリーズで、球団創設初の日本一に王手をかけた楽天イーグ [全文を読む]

ポスト原監督 若手育成力やスター性で中畑清氏を推す意見も

NEWSポストセブン / 2015年10月10日16時00分

昨年はペナントレースで優勝こそしたもののCSで破れ日本シリーズに進出できず。2年連続で日本シリーズを逃すとなれば、監督交代の可能性は高くなりそうだ。 仮に原監督の退任となれば、後釜に座るのは誰になるのか。スポーツライターはこう分析する。 「人材不足なのは否めません。川相昌弘ヘッドコーチの内部昇格の話もありますが、スター性も求められる巨人の監督としては、いさ [全文を読む]

ハリウッド俳優・渡辺謙 「本当に阪神ファンか」疑問の真相

NEWSポストセブン / 2014年11月03日07時00分

リーグ優勝を逃していたため、日本シリーズでの阪神ファンは大人しかった。それでも熱狂的な虎ファンは大勢いる。甲子園での1、2戦が行なわれた週末には、関西で女子プロゴルフトーナメントが開催とあって、女子プロの姿もちらほら。今年の4月、アマチュアでツアー優勝を果たしたスーパー高校生の勝みなみ選手もスタンドで声援を送った。 そんな中、目立ちまくっていたのがハリウッ [全文を読む]

CS、惨敗招いた広島の失態と動揺?阪神との明暗分けた監督去就“発表”

Business Journal / 2014年10月16日18時00分

プロ野球界の歴史を振り返れば、監督の辞任報道が流れると、チームにとって悪い結果が出る傾向にあります」 例えば1994年、西武ライオンズと巨人による日本シリーズ第6戦の前に、西武・森祇晶監督の退任が報道されると、西武は巨人に敗れて日本一を逃した。2003年には、18年ぶりのリーグ優勝を果たした阪神だが、日本シリーズ直前に星野仙一監督の退任が判明し、3勝4敗で [全文を読む]

フォーカス