自民党 石原伸晃に関するニュース

渡る世間で鬼退治。政界渡り鳥・小池百合子は、なぜ出世していくのか?

まぐまぐニュース! / 2016年08月08日04時30分

そして、自民党東京都連会長・石原伸晃さんに推薦を依頼。石原さんは、「7月10日の参院選の投票後に結論を出したい」と即答を避けました。 これ、面白い行動ですね。普通は、最初に自民党東京都連と話をつけてから、「立候補します!」と宣言するのではないでしょうか? 自民党に所属しているのですから。ところが小池さんは、まず「立候補します!」と宣言してから、自民党東京都 [全文を読む]

都議会自民「小池旋風よりも菅と伸晃が大迷惑」

プレジデントオンライン / 2017年02月17日15時15分

自民党を揺るがした「千代田ショック」 トランプ米大統領の誕生で難しい舵取りを迫られる安倍政権だが、それにも増して頭を悩ませているのが「小池旋風」だ。2月5日投開票された東京都千代田区長選は小池百合子都知事が全面支援した現職の石川雅己氏が圧勝。自民党が推薦した新人候補の与謝野信氏(与謝野馨元官房長官の甥)は大敗を喫した。そして政府・自民党に衝撃を与えたのは [全文を読む]

『自民党新総裁=新総理大臣』は外国人が決める?

週プレNEWS / 2012年09月25日10時00分

いよいよ9月26日に迫った自民党総裁選。対する民主党の総裁選では野田首相の再選が決まったにも関わらず支持率低下が止まらず、離党議員も続出。そのため、今回の自民党総裁選が、事実上の次期総理大臣を決める選挙になる。だが意外なことに、保守派から自民党政権に反対する声が出ている。 「尖閣議連」(正式名「尖閣諸島を守るために行動する議員連盟」)の会長でもある野田数( [全文を読む]

小池百合子 橋下徹と合体?「新党クーデター」日本支配計画!(2)10月衆院補欠選挙での「密約」

アサ芸プラス / 2016年08月05日05時55分

自民党幹部に相談のないまま出馬した小池氏に、党は猛反発。小池氏は公認も推薦も得られず、自民党は増田氏を公認対抗馬として擁立する対決姿勢を見せたはずである。そして小池氏もまた選挙戦で自民党都連批判を繰り広げた。事情を知る自民党都連幹部が、この背景を解説する。「小池氏は都知事選告示前に、自民党本部に谷垣禎一幹事長(71)を訪ね、進退伺を提出した。ところが、何ら [全文を読む]

自民都連“300人フル動員で小池知事倒す”

プレジデントオンライン / 2017年05月01日09時15分

■「そんなことは、小池さんがとっくにやっている」 7月の東京都議選が2カ月後に迫り、自民党が戦闘モードに入っている。小池百合子都知事が事実上率いる地域政党「都民ファーストの会」の勢いが衰えない中、自民党東京都連はかつてない危機を迎えているためだ。都連の要請を受けた参院自民は都議選では初めて独自の選対本部を設置し、党所属国会議員を前線に投入する異例の支援態勢 [全文を読む]

都知事選で増田氏が苦戦 背景に自民党の過度な党員引き締め

NEWSポストセブン / 2016年07月24日07時00分

そもそも参院選で“大勝利”したはずの自公両党が推薦する増田寛也氏が、東京都知事選で苦戦に追い込まれている原因は、自民党の過度な党員引き締めが反発を買ったからだ。 参院選投開票日翌日、自民党東京都連の石原伸晃・会長と同幹事長で「都議団のドン」と呼ばれる内田茂・都議は連名で、 〈党員は党推薦候補以外を応援してはならない〉 〈各級議員(親族含む)が非推薦の候補を [全文を読む]

「都議会のドン」に追われた男が、小池都知事と共に仕掛ける復讐劇

まぐまぐニュース! / 2016年08月19日05時00分

(中略)都議会自民党など議会各会へのあいさつも済ませました。このあいさつには石原都政で副知事を務めた浜渦さんも同行しました。 選挙期間中、小池の攻撃の標的にされた「都議会のドン」内田茂によって、副知事辞任に追い込まれたかつての「都庁の支配者」が、まるで用心棒のように小池に付き添い、内田の牙城に乗り込んだのである。これは何を意味するのだろうか。 浜渦は、東京 [全文を読む]

小池百合子「東京都知事」誕生間近!演説がライブ会場化!なぜ「百合子」旋風起きた?

Business Journal / 2016年07月30日06時00分

岩手県知事時代の実績などを暴かれると、実務能力に疑問が投げかけられ、さらに増田氏を推薦する自民党の醜聞が流れて一気に劣勢となった。 鳥越氏と小池氏による一騎打ちの様相を呈し始めた選挙戦中盤、鳥越氏に14年前の女性スキャンダルが明るみに出て、鳥越氏は急速に支持率を下げた。疑惑が浮上した後の対応も誠実さを欠いたことから、批判的意見が勢いを増しており、もはや再浮 [全文を読む]

総裁なのに総理になれなかった谷垣氏 衆院議長職も厳しいか

NEWSポストセブン / 2012年09月24日16時00分

「素直に石原を支援する気持ちにはなれない」 そう無念の胸の内を漏らしているのが自民党の谷垣禎一・総裁だ。 なにしろ総理の座を目前にしながら、“平成の明智光秀”こと石原伸晃・幹事長の裏切りで総裁選出馬断念に追い込まれたのだから心中穏やかではないのは当然だろう。自民党の60年近い歴史の中で2人目の「総理になれなかった総裁」の不名誉な称号を受けることになった。 [全文を読む]

安倍一強の最大の敵は、民進党ではなく小池百合子

文春オンライン / 2017年03月10日17時00分

それは、普段は姿を現さない自民党内の「安倍派」が一堂に会した瞬間だった。2月15日夜、東京・赤坂の中国料理店「赤坂飯店」で派閥横断の勉強会「きさらぎ会」の新年会が行われた。白い丸テーブルに着席し、歴代首相も好んだフカヒレ入りのスープを前に、首相の安倍晋三は終始、上機嫌だった。日米首脳会談から2日前に帰国したばかりの安倍は挨拶に立つと「日米同盟の新しい時代を [全文を読む]

フォーカス