長嶋茂雄 川上哲治に関するニュース

打率ワンツー独占の価値と難しさ

ベースボールキング / 2017年05月22日17時00分

【巨人・打率ワンツー独占】▼ 1941年1位 .310 川上哲治(巨人)2位 .267 白石敏男(巨人)⇒ 優勝▼ 1956年1位 .338 与那嶺要(巨人)2位 .327 川上哲治(巨人)⇒ 優勝▼ 1968年1位 .326 王 貞治(巨人)2位 .318 長嶋茂雄(巨人)⇒ 優勝・日本一▼ 2012年1位 .340 阿部慎之助(巨人)2位 .311 坂 [全文を読む]

【プロ野球】「長嶋茂雄球場」は2つある!? ネーミングライツ、個人名…。球場名にまつわるエピソード

デイリーニュースオンライン / 2017年03月30日16時05分

■「長嶋茂雄球場」は2つある!? 次に、個人名を冠した球場名を見てみよう。広く知られているのは北海道旭川市の「旭川スタルヒン球場」だろう。旭川で育ち、戦前、戦後のプロ野球界で通算303勝を挙げた名投手、ヴィクトル・スタルヒン氏の栄誉を称えた球場名となった。以前は巨人の北海道シリーズが開催され、最近では日本ハムが公式戦を開催している。 「ミスタープロ野球」 [全文を読む]

【プロ野球】今季はどんな「神」が降臨する? 「神の手」「神の子」「神ってる」など野球界の神様アレコレ

デイリーニュースオンライン / 2017年03月11日16時05分

川上の現役最終年の1958年は長嶋茂雄のルーキーイヤーにあたる。1年だけではあるが「打撃の神様」と「ミスタープロ野球」がチームメイトとしてプレーしていたのだ。 現役引退後の川上はコーチを経て巨人の監督へ就任。伝説的な強さを見せ、プロ野球史に燦然と輝くV9を達成した。「打撃の神様」は監督となっても神がかりてきな強さを誇っていたのだ。 ■2006WBCで川崎 [全文を読む]

【プロ野球】マニー・ラミレスは555本塁打! では444本塁打、888打点など「NPBゾロ目記録」保持者は?

デイリーニュースオンライン / 2017年03月04日16時05分

そう、ミスターこと長嶋茂雄(元巨人、現巨人終身名誉監督)だ。長嶋は444本塁打で現役を引退。プレーのみならず、通算本塁打数まで人々の印象に残るゾロ目で終わらせたのはさすがだ。 そのほかの目立った通算記録を持ち、それがゾロ目になっている選手はいるのか調べてみると、通算安打では2222安打、1111安打の選手は不在。400打点以上の選手だと、昨年8月に亡くなっ [全文を読む]

長嶋茂雄氏が極秘で通った神社 今は内川聖一や杉内俊哉通う

NEWSポストセブン / 2016年01月07日07時00分

自身が「打撃の神様」といわれ、巨人V9をなしとげた川上哲治氏や、巨人終身名誉監督の長嶋茂雄氏が極秘で通ったのが、宮崎県高千穂町にある「八大龍王水神」だ。 高千穂といえば、天孫降臨など日本神話の舞台。天照大神の岩戸隠れの地とされる天岩戸神社から、さらに東南に1kmほど入った山深い地に同神社はある。 社自体は小さく現在は宮司はいないが、境内にはエノキの老木があ [全文を読む]

「引退即監督」要請の高橋由伸 長嶋茂雄氏の前例との違いは

NEWSポストセブン / 2015年10月24日16時00分

要請段階で久保博・巨人球団社長は長嶋茂雄終身名誉監督に電話で報告し、長嶋氏から「高橋君しかいない。自分は39歳で監督になったが、高橋由伸君は40歳。今のチームは若い監督が率いて、大きな切り替わりがいるだろう。私にできることがあれば何でもサポートします」というメッセージを受け取ったことを明かした。影響力の強い長嶋氏の言葉を用いた球団の姿勢には、「外堀を埋めた [全文を読む]

[神津伸子]【代打の切り札 勝利を呼ぶ男】~「野球は人生そのもの」江藤省三物語 7~

Japan In-depth / 2015年07月30日07時00分

ミーティングには、当たり前だが、長嶋茂雄、王貞治、金田正一という、とんでもない豪華メンバーも同席していた。が、緊張している間はない。川上の話の数々は、今の指導にも使えることが沢山あった。例えば、正力松太郎の言葉を引用しながら「大リーグに追いつき、追い越せ」「野球は理屈ではない。理屈を越えたところにある」「野球は理論ではない、実践である」「壁にぶち当たったら [全文を読む]

長嶋茂雄が引退セレモニーのスピーチで1つだけついた嘘とは

NEWSポストセブン / 2015年03月26日16時00分

1974年、読売巨人軍の連続日本一V10がかなわないと決まった直後、長嶋茂雄が引退を発表した。数多くの巨人戦をラジオで実況し、自宅での練習に毎晩のように付き合っていた元ニッポン放送アナウンサーの深澤弘氏が、長嶋本人から引退の意志を告げられた時のことを語った。 * * * あれは9月の試合のない月曜日でした。長嶋さんに呼ばれて自宅に行くと、「オレはまだやろう [全文を読む]

長嶋茂雄氏 王貞治氏との関係や天覧試合等V9の思い出を語る

NEWSポストセブン / 2014年12月22日11時00分

昨年、国民栄誉賞を受賞した“日本プロ野球の象徴”、長嶋茂雄氏が12月22日発売の週刊ポスト(2015年1月1・9日号)で、王貞治氏や川上哲治監督など、V9時代について5ページにわたり、熱弁をふるっている。 病魔に倒れてから10年が経ち、懸命なリハビリで驚異的な快復を見せる長嶋氏は、日本プロ野球史上に輝く金字塔「V9」について回顧。かつて王貞治氏は長嶋氏を「 [全文を読む]

長嶋茂雄氏がこれまで国民栄誉賞もらえなかった複数理由とは

NEWSポストセブン / 2013年04月08日07時00分

長嶋茂雄氏(77)と松井秀喜氏(38)の国民栄誉賞の受賞が決まった。まだ若い松井氏の受賞には議論が百出しているが、ミスターには異を唱える者は滅多にいない。 贈賞を決めた安倍首相自身、「むしろ遅すぎた」とコメントする今回の受賞。そもそも、「国民的スター」の座をほしいままにしてきた長嶋氏が、なぜ今まで受賞できなかったのか。それはこれまで、ミスターが悉く受賞のタ [全文を読む]

野村克也氏 黒田の永久欠番に異議「俺を抜いてからにしろ」

NEWSポストセブン / 2017年02月19日16時00分

“永久欠番も安っぽくなったなあ……”」 たしかに、日本における永久欠番は、巨人軍・沢村栄治の「14」を嚆矢に、川上哲治、金田正一、長嶋茂雄、王貞治など、黒田以前にはわずか十四人しかいない。野村は続ける。 「黒田の功績にケチをつける気は毛頭ない。しかし、彼の背番号が永久欠番になるのなら、ほかになってしかるべき選手がいると思うのだ。その代表がこの私だ。おこがま [全文を読む]

【プロ野球】珠玉の一撃で「ON」の記録を超えろ! 今シーズンは松井稼頭央(楽天)の復活劇に期待!!

デイリーニュースオンライン / 2017年01月18日16時05分

9位・榎本喜八氏(元毎日ほか)の409本、8位・長嶋茂雄氏(元巨人)の418本、7位氏・張本勲氏(元東映ほか)の420本を視野にとらえている。 通算177回の猛打賞は歴代6位。5位・福本豊氏(元阪急)の178回まで残り1、4位・野村克也氏(元南海ほか)の180回まで残り3だ。 今季の復活劇を見守り、快記録達成の瞬間を楽しみに待ちたい。 柴川友次楽天に関する [全文を読む]

元巨人・柳田真宏氏 スナック経営で巨人の名前の大きさ実感

NEWSポストセブン / 2016年05月19日07時00分

「この人たちは信頼できる」と決意を新たにした柳田は代打の切り札としてV9の後期を支え、長嶋茂雄監督が「史上最強の5番打者」と評するまでに成長した。 34歳で引退すると、大川栄策の『さざんかの宿』などを作曲した市川昭介の勧めで、歌手に転向。最初は断わったが、「(同い年の)大川だって頑張っているから大丈夫」という一言で考えを改めた。歌手としてラジオ日本主催の横 [全文を読む]

巨人高橋、阪神金本両新監督 現役時代と同じ背番号に潜む罠

NEWSポストセブン / 2015年11月14日16時00分

長嶋茂雄監督が2000~01年に背番号「3」を復活させて話題を呼んだほか、王貞治監督は5年間を通して背番号「1」、川上哲治監督も就任から4年間は「16」だった。長嶋氏は日本一、2位と成績を残したが、王氏はリーグ優勝1回に終わり、事実上の解任となった。川上氏は日本一に2度輝いた一方で、巨人としては珍しいBクラス転落の屈辱も味わっており、「77」に変更した19 [全文を読む]

高橋由伸監督の状況 最下位になった長嶋新監督1年目に酷似

NEWSポストセブン / 2015年11月12日07時00分

それは1975年、選手を引退したばかりの長嶋茂雄新監督の1年目に起きた。この唯一の汚点といえる年の状況と、船出したばかりの高橋由伸監督の現在が、不気味なほど酷似している。 今シーズン、巨人は内海哲也や阿部慎之助ら主力選手の高齢化や、リーグ最低の.243という貧打、フランシスコやセペダなど外国人選手が活躍せず、正捕手候補だった小林誠司も伸び悩んだ。それを踏ま [全文を読む]

ポスト原監督 若手育成力やスター性で中畑清氏を推す意見も

NEWSポストセブン / 2015年10月10日16時00分

中畑さんは長嶋茂雄終身名誉監督の愛弟子であり、渡邊恒雄巨人軍最高顧問とのパイプもある。今オフ早々の就任の可能性は低いですが、人材不足の巨人監督候補を考えると、まったくないとも言い切れませんよ」(同前) 過去に、退任の翌年に同一リーグの他球団監督になったケースもないわけではない。1998年オフ、野村克也氏はヤクルトから阪神監督に。2001年オフには、星野仙 [全文を読む]

ポスト原辰徳の最右翼は松井秀喜 中畑清や落合博満の名前も

NEWSポストセブン / 2015年06月17日07時00分

巨人を率いて通算12年は、長嶋茂雄氏(15年)、川上哲治氏(14年)に次ぐ歴代3位だ。原辰徳監督はそれだけの長期政権を任されるだけの文句のつけようのない輝かしい戦績を残した。しかしそんな名将も、今季限りで契約切れを迎える。早くも球団内外では、次期監督の名前が取り沙汰されている。 「ポスト原辰徳」争いは、すでに始まっている。その最右翼は、松井秀喜氏だ。 「親 [全文を読む]

<中居正広「金スマ」が清原和博を浮き彫り>報道やドキュメンタリーでも追えない現在進行形の清原の事実を描く

メディアゴン / 2015年04月08日03時46分

長嶋茂雄監督に「僕の胸に飛び込んできなさい」と乞われ、憧れの巨人にFA移籍で入団。靭帯断裂から復帰した桑田の初登板では清原が巨人移籍後、初本塁打を放ち勝利に貢献、二人の引き裂かれた関係を水に流した。巨人に在籍した8年間はケガにも悩まされ、期待以上の成績を残せず、人気球団故のマスコミバッシングも受け、トラブルも起こす。戦力外通告を受けた清原は、球界再編で近鉄 [全文を読む]

杉下茂 阪神の「打つが守れぬ中堅手」にわざと安打打たせた

NEWSポストセブン / 2015年03月15日16時00分

* * * V9の原動力として、巨人が「ドジャース戦法」を採り入れたことがよく指摘されますが、これも僕はON(王貞治・長嶋茂雄)がいたからこそできた野球だと思っています。 ドジャース戦法とはすなわち「守りの野球」。サンディ・コーファックス(通算165勝、サイ・ヤング賞3回)とドン・ドライスデール(通算209勝、サイ・ヤング賞1回)という、左右のエースがい [全文を読む]

巨人V9時代の二番手捕手 王・長嶋の素振り練習の凄さを語る

NEWSポストセブン / 2014年11月05日16時00分

控え捕手として見たON(王貞治、長嶋茂雄)の姿を吉田氏が振り返った。 * * * 当時、春のキャンプでは、夕食の後、毎晩7時から川上監督によるミーティングがありました。その後8時から宿舎の「江南荘」の大広間で打撃コーチの荒川(博)さんの指導の下、素振りをしていました。 ONは僕たちの後に来てスイングをする。荒川さんが「王、準備はいいか」というと、パンツ一丁 [全文を読む]

フォーカス