胆管がん 川島なお美に関するニュース

【訃報】川島なお美さん死去。ネットにも衝撃「早すぎる」

秒刊SUNDAY / 2015年09月25日00時26分

女優の川島なお美さんが24日午後7時55分、胆管がんのため、都内の病院で亡くなった。54歳だった。ネットではあまりに早すぎる死に衝撃を受けている。2014年に肝内胆管がんの手術を行うも、今年9月に報道陣の前に姿を見せた際「あまりに痩せ過ぎではないか」と心配する声もあった。最近では自宅療養を行っていたということではあったが復帰はかなわなかったようだ―オフィシ [全文を読む]

川島なお美さん 常に芸能マスコミに愛され続けた理由とは

NEWSポストセブン / 2015年09月26日07時00分

* * *「息を引き取るまで川島なお美はやっぱり川島なお美のままでした」 24日、胆管がんのため、都内の病院で亡くなった川島なお美さんの御主人でパティシエの鎧塚俊彦さんが自身のFacebookに寄せたコメントである。 さすがは御主人。なお美さんのことをよくわかっていらっしゃるし、最期まで女優として生き抜いた川島なお美さんのことを「カッコイイ」と感じたのは [全文を読む]

川島なお美さん逝去、ワイン大量摂取とがん罹患に関係はあるのか?医師が解説

Business Journal / 2015年10月10日06時00分

9月24日、女優・川島なお美さんが肝内胆管がんのために54歳で亡くなった。10月1~2日には通夜および告別式が東京都青山葬儀所で営まれ、いずれも約1500人が参列、作家・林真理子や女優・倍賞千恵子など、生前に交流のあった著名人も多数訪れた。 川島さんといえば、「私の血はワインでできている」と公言し、1日3食ワインを飲むこともあるほどのワイン好きとして知られ [全文を読む]

川島なお美さん、手術しなければ長生きできた?不自然な治療過程、早期発見の罠

Business Journal / 2015年09月30日06時00分

54歳という若さで、胆管がんで亡くなられた女優の川島なお美さん。メディアはその死を悼むあまり、胆管がんの怖さを強調したうえで、専門医の「がんで助かるにはやはり早期発見しかない」というコメントを紹介している。 しかし、川島さんの場合は早期発見されたにもかかわらず、発見から約2年で亡くなられた。しかも、2013年8月に人間ドックでがんが発見された時点で、「余命 [全文を読む]

川島なお美が激やせ…5年生存率50%「肝内胆管がん」の初期サインとは

VenusTap / 2015年09月09日12時20分

川島なお美が完治を目指している肝内胆管(かんないたんかん)がんとは、一体どういった病気なのでしょうか? そこで今回は国立がん研究センターがん対策情報センターの情報を参考に、肝内胆管がんの特徴と早期発見のためのサインをまとめます。 ■肝臓内の消化液の通り道にできるがん 肝内胆管がんとは、“肝臓内”にある消化液(胆汁)が通る“管”に発生するがんのこと。肝臓の中 [全文を読む]

手術は再発の原因か 川島なお美「がん治療」で論争【前編】

NEWSポストセブン / 2015年11月06日07時00分

年間1.8万人の死者を出し、日本人のがん死亡数の第6位に位置する「胆管がん」。今年9月、激やせの末に亡くなった川島なお美さんを襲ったのもこの病だった。今、彼女の胆管がんの「最善の治療法」がどこにあったのかを巡り、有名医師が激論を交している。手術回避か、即メスを入れるべきだったのか。どんなに議論をつくしても彼女が帰ってくるわけではないが、2人の医師の主張から [全文を読む]

川島なお美さん 手術遅かったとの指摘は間違いと近藤誠医師

NEWSポストセブン / 2015年10月28日07時00分

9月24日、川島なお美さんが胆管がんで54歳にして亡くなった。川島さんが胆管がんと診断されたのは昨年8月のことだが、その翌月に近藤誠医師のセカンドオピニオン外来を訪れていたことがわかった。 近藤誠医師といえば、手術も抗がん剤も患者にとって有害だとする「がん放置療法」で知られる。他臓器に転移しないがんを「がんもどき」と名づけ、治療せずに放っておいた方が長生き [全文を読む]

川島なお美、女優としての仕事とその人柄ーー岡田惠和作品ではコメディのセンスも

リアルサウンド / 2015年09月26日08時22分

女優・川島なお美が胆管がんのため、24日に逝去した。享年54歳だった。昨年1月にがんが発覚し、摘出手術を受けたが、術後は抗がん剤や放射線治療を一切受けずに、免疫療法を向上させる食事療法や運動を実践してきたという。最後まで女優として生き、再び舞台に立つことを願ったうえでの選択だったとのことだ。 参考:浜辺美波は『あの花』めんま役にふさわしい? 女優としてのポ [全文を読む]

川島なお美さんを追悼する声が多数「涙が止まらない」「早すぎます」

モデルプレス / 2015年09月25日10時37分

【モデルプレス】24日、肝内胆管がんのため54歳で亡くなった女優の川島なお美さんを追悼する声が多数寄せられている。25日付で所属事務所は川島さんの訃報を伝えるブログを更新。「弊社所属の女優、川島なお美は、都内病院にて9月24日19時55分、胆管がんにより逝去いたしました。享年54」と発表し、「ここに川島なお美の生前に賜りましたファンの皆様からの励ましのご声 [全文を読む]

川島なお美による「迷医」の見分け方 患者の目を見ないなど

NEWSポストセブン / 2015年12月12日07時00分

9月に胆管がんで亡くなった川島なお美(享年54)の手記が出版された。『カーテンコール』(新潮社)と題されたその手記には、2013年8月に胆管がんを告知されて以降の闘病生活が克明に記されている。 生前綴られたその闘病記には、「絶対に自分で治す」という強い覚悟が焼きついていた。がんの告知から2年。膨大な書物でがんを学び、セカンドオピニオンに東奔西走し、夫・鎧塚 [全文を読む]

フォーカス