劇団四季 浅利慶太に関するニュース

新生 劇団四季 吉田社長が語る2年目の新戦略電子雑誌「政経電論」9月号公開

@Press / 2015年09月10日10時00分

政治・経済を武器にする“解説”メディア 電子雑誌「政経電論」9月号(第12号)http://seikeidenron.jp/劇団四季を大特集。創業者の浅利慶太氏から劇団四季を受け継いだ吉田智誉樹社長に、カリスマのいない劇団を今後どう経営していくのかを聞くほか、最新作『アラジン』の舞台裏などを通して演劇界では特異な“四季システム”をひも解きます。また、“もの [全文を読む]

平幹二朗 「言葉をはっきり伝えるのが役者のやるべきこと」

NEWSポストセブン / 2014年06月29日16時00分

マシンガンを撃つように台詞を数珠つなぎに語り続ける現代劇が多い最近になって、言葉の伝え方について劇団四季を率いる浅利慶太から平が思い起こし、語った言葉とは。映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづる連載「役者は言葉でできている」からお届けする。 * * * 平幹二朗は1968年、それまで十年以上所属してきた俳優座を離れ、劇団四季の団友になる。四季を率いる浅利 [全文を読む]

日本で見たミュージカルに衝撃!「劇団四季」に加入した中国人女性―中国メディア

Record China / 2017年07月14日20時40分

彼女は、このミュージカルを企画し、プロデューサーを務めた日本の劇団四季の中国代表・王翔浅さんだ。◇北京から東京に行きミュージカルに出会う大学卒業後、中国語を専門に学んだ王さんは、北京人民芸術劇院に入社し、宣伝・企画、スクリプターなどの仕事をするようになった。その間に、朱旭や朱琳、任宝賢など経験豊富なアーティストと出会うことができ、伝統演劇に関するスキルを磨 [全文を読む]

日下武史さん死去 86歳 劇団四季創立メンバー

J-CASTニュース / 2017年05月17日10時39分

劇団四季の創立メンバーで、看板俳優として活躍した。映画の吹き替えやナレーションでも親しまれた。 吹き替えでも活躍 慶応高校在学中に、作曲家の故・林光さんらと演劇部に入り、一年後輩の浅利慶太さんを勧誘。当時、同高の英語教師のかたわら演劇活動をしていた劇作家の故・加藤道夫さんの指導を受けた。 53年、既存の新劇に対抗しようと、浅利さんらと劇団四季を創設。旗揚げ [全文を読む]

劇団四季の創立メンバー、日下武史さん死去 舞台のほか、吹き替えやナレーションでも活躍

エンタメOVO / 2017年05月16日18時13分

劇団四季の創立メンバーの一人で、重厚な演技と知的な語り口で知られた俳優の日下武史(くさか・たけし、本名孟=たけし)さんが15日、誤嚥性肺炎のため旅行先のスペインで死去した。86歳。東京都出身。 1953年に浅利慶太氏らと劇団四季を結成。翻訳劇を中心に古典から現代劇まで幅広く出演した。外部出演も数多く、柔軟な物腰が醸し出す独特の存在感で高い評価を受けた。 舞 [全文を読む]

加賀まりこ 女優生活振り返って「人生は気負わないほうがうまくいく」

WEB女性自身 / 2015年09月28日06時00分

でも父に話したら『あなたでお役に立つなら、やってあげなさい』と言われたの」中山「劇団に入っていたり、稽古をしたわけではなく、突然の女優デビューを」加賀「そんなことから始まった女優生活で、ちゃんと1から勉強をしようと思ったのは昭和40年、劇団四季の『オンディーヌ』。パリにいたんですが、浅利慶太さんから当時としては珍しい国際電話がかかってきて『出ませんか?』と [全文を読む]

加賀まりこ 女優生活振り返って「人生は気負わないほうがうまくいく」

WEB女性自身 / 2015年09月28日06時00分

でも父に話したら『あなたでお役に立つなら、やってあげなさい』と言われたの」中山「劇団に入っていたり、稽古をしたわけではなく、突然の女優デビューを」加賀「そんなことから始まった女優生活で、ちゃんと1から勉強をしようと思ったのは昭和40年、劇団四季の『オンディーヌ』。パリにいたんですが、浅利慶太さんから当時としては珍しい国際電話がかかってきて『出ませんか?』と [全文を読む]

『リーガルハイ』堺雅人の演技を支える劇団四季メソッドとは?

ダ・ヴィンチニュース / 2013年10月22日12時10分

関連情報を含む記事はこちら 主演作が続く上に、今作では舌を噛みそうな言いまわしが続くが、堺は「劇団四季に昔から伝わる母音発声法をやっている」「効果のほどはわからないけど、クセになってて」と母音発声法にハマっていることを告白している。変幻自在に演じる堺を支えた、母音発声法とは一体どんなものなのだろうか? 劇団四季の創設者・浅利慶太の『劇団四季メソッド「美し [全文を読む]

吉田豪×宍戸錠 性の目覚めはこたつで見つめたお手伝いさん

NEWSポストセブン / 2012年11月10日07時00分

宍戸:あっ、それは金森馨っていう、これは劇団四季の舞台装飾やってたんです。四季の偉いヤツがいるじゃない。あれは何ていったっけ? 浅利慶太? あれは生意気な野郎で、俺の友達だけど。──生意気だったけど(笑)。宍戸:生意気で生意気で。そいつと同い年なんですよ、浅利慶太とも、その金森馨っていうのも。金森馨は舞台美術で、賞はほとんど総なめにしたぐらい、うまいヤツな [全文を読む]

好感度爆上げ?俳優・山崎育三郎が尊敬し「神」と仰ぐ意外な野球選手

しらべぇ / 2017年05月03日08時00分

12歳からミュージカル一筋の山崎がマイ神と尊敬する人物はだれか、田中らは劇団四季の浅利慶太(84)や市村正親(68)などミュージカル界の重鎮を予想。しかし答えは現代プロ野球のレジェンド・元ヤクルトスワローズ古田敦也捕手。小学校6年間、野球少年でポジションが捕手だった山崎は熱烈な古田ファン。当時を思い出しながら、古田の魅力を切々と語った。■古田への想い古田は [全文を読む]

小津、小澤、浅利、蜷川 芸術界の名監督たちの言葉

NEWSポストセブン / 2016年10月06日16時00分

【浅利慶太 芸術監督 1933年~】 「居て、捨てて、語れ」 ミュージカル「劇団四季」の創設者である浅利は、いつもこの言葉で役者を鼓舞した。「居て」とは上っ調子にならない。「捨てて」とは、感情の着ぐるみを捨て、自分の実感に戻れということ。そして何よりも大切な台詞を「語れ」という意味である。 【小澤征爾 音楽監督 1935年~】 「教えるということはとても [全文を読む]

【大胆予想!】2020東京五輪・開会式を手がけるクリエイターたち

ガジェット通信 / 2016年08月13日14時00分

その原因は、総合演出に浅利慶太(劇団四季)を起用するなど、完全にドメスティックな論理で人選をしてしまったところにあるのではないでしょうか?今回はグローバル視点で、世界的に認められている日本人クリエイターを結集するとどうなるのか、をテーマに考えてみました。 製作総指揮 宮崎駿、総合演出 庵野秀明、ゴジラとトトロな開会式 異論がある方も多いと思います。しかし、 [全文を読む]

田中邦衛に続き...!? 業界人が本気で体調を危惧する大物有名人3人とは?

tocana / 2015年11月05日18時30分

劇団四季』の浅利慶太さんも危ないとウワサされています。共通して言えるのは、みなさん80歳を超えている高齢者だということです。このくらいの年になれば、季節の変わり目などにも何かあってもおかしくないですからね。3人とも日本の映画、舞台界ではなくてはならない人たちですから、健康には気を付けてほしいのですが」(芸能事務所関係者) まだまだ3人の作品を見てみたいの [全文を読む]

石坂浩二 人の声にある長調と短調を意識的に使い分けている

NEWSポストセブン / 2015年03月07日16時00分

劇団四季の演出部にいたことがあるのですが、その時に浅利慶太さんから『役者は声が大事だ。声には良い声と悪い声がある。特に二枚目の役をやるなら、声は聞きやすくないとダメだ』と言われていました。 それで、ボイストレーニングに通うことにしたんです。僕はそれまで割と高い声をしていました。ですから、音域を下げる練習を二年くらいやりましたね。その時の先生には『普段もそ [全文を読む]

追悼・菅原文太 「仁義なき戦い」共演俳優たちが明かした秘話(3)幻のジャズ歌手時代

アサ芸プラス / 2014年12月16日09時57分

「その場には浅利慶太もいて、彼の勧めで『劇団四季』の一期生になったんだよ。それからモデル、新東宝、松竹、東映と渡り歩いたけど、日活だけは文太は来なかったね」 宍戸の下宿で会ってから20年後、ようやく「完結篇」で共演を果たしている。あまり人をほめることのない宍戸だが、「仁義──」における文太は、貫録があってよかったと評価する。 宍戸や旭が日活からの参入なら [全文を読む]

浅利慶太氏が語る岩谷時子さん「すぐれた才能持った女神」

NEWSポストセブン / 2013年11月12日07時00分

その岩谷さんと、長く盟友として、さまざまな舞台や名曲を生み出していくことになる浅利慶太劇団四季代表(80才)。ふたりが会ったのは1960年代半ばのことだった。 「お時さん(岩谷さん)のほうから“お会いしたい”と言ってこられました」(浅利氏・以下「」内同) 岩谷さんは越路吹雪さん(享年56)と一緒で、越路さんが「浅利さんに舞台の演出をお願いしたい」と切り出し [全文を読む]

「某代理店の独壇場…」早くも“五輪特需”に色めき立つ芸能界のウラ側

メンズサイゾー / 2013年09月09日19時40分

98年の長野五輪の開会式は総合演出を劇団四季の演出家・浅利慶太氏が務めたが、和田は東京五輪の演出担当について「今だと秋元康さんとか」などと言い出し、さらに「私は(秋元さんに)詞を作ってもらったりしてるから、何か夢が持てるねえ」と色気を見せた。 冗談というわけではないらしく、東京五輪のメイン会場となる新国立競技場(現・国立競技場)が紹介されると、和田は「私、 [全文を読む]

川島なお美が語る“3Dなし”の相手と結婚できた理由

WEB女性自身 / 2013年09月06日07時00分

結果はダメだったが、『劇団四季』の浅利慶太氏から「うちでレッスンしてみれば」と声がかかり、3カ月間、朝からバレエ、ジャズダンス、発声の厳しいレッスンに通った。「舞台には、無名でも輝いている実力派がいます。これはすごい、私も力を蓄えなきゃと思いました。現在、年に何本も舞台に立たせていただいているのは、あの日々のおかげです」 もともと自分は天才肌ではないと、川 [全文を読む]

フォーカス