全日本選手権 村上佳菜子に関するニュース

新世紀の王者・女王は誰に?シーズンラストを飾る世界最高峰の氷上決戦スタート!

Woman Insight / 2015年03月26日18時00分

羽生結弦選手が初の世界王者に輝き、国民的ヒロイン浅田真央選手が五輪の雪辱を果たし、三度目の女王となった、満員のさいたまスーパーアリーナでの激闘から1年、今年もまた世界最高峰の戦い『世界フィギュアスケート選手権2015』がはじまります! 【世界フィギュアスケート選手権2015 On-Airスケジュール】 ■3月26日(木) 19:00~21:24 女子ショー [全文を読む]

「フィギュアスケート」真の魅力はローカル大会にあり?羽生、真央に次ぐスターを探せ

Walkerplus / 2014年12月04日19時29分

シニア女子クラスにエントリーしている西野友毬は、全日本選手権に向けて充実した準備ができている様子。ジュニア女子クラスで注目したいのが紀藤裕香。ノービス時代(10~14歳)から大きな期待を寄せられていた選手で、けがの影響でしばらく試合に出ていなかった時期があったが、ここにきてジャンプの調子も上向いている。“踊れる”という点では現在のジュニアでナンバーワンか [全文を読む]

テリー伊藤対談「織田信成」(1)ソチ五輪女子フィギュアの行方を予想!

アサ芸プラス / 2014年02月20日09時57分

13年12月、全日本選手権において現役引退を発表した。05年NHK杯で初優勝を果たし、08年には四大陸選手権、NHK杯、全日本選手権で優勝した。10年バンクーバーオリンピックでは7位に入賞。現在は関西大学大学院文学研究科修士課程に籍を置き、指導者として後継者育成に当たる。 ソチ五輪も終盤を迎え、女子フィギュアに注目が集まる中、昨年現役を引退し、指導者として [全文を読む]

浅田真央「引退フィーバー」の陰で…村上佳菜子がひっそり幕引き

アサジョ / 2017年04月27日07時15分

「しかし、その後の目立った成績は四大陸選手権の優勝、全日本選手権の2位くらい。ジャンプの修正がうまくいかず、なかなか飛躍できませんでした。本人がマイペースな性格で、もともと『スケートの先生になるのが夢』と公言しており、ストイックなアスリートタイプではありませんでした。たびたび『やめたい』とこぼしていたことも漏れ伝わってきていました」(スポーツライター)“経 [全文を読む]

女子フィギュア・村上佳菜子が現役引退…安藤美姫、織田信成がコメント「プロとして お互い頑張ろ」

サイクルスタイル / 2017年04月24日21時15分

最後の競技となった昨年の全日本選手権は8位で終えている。 [全文を読む]

宮原知子が疲労骨折!フィギュア女子選手が満身創痍になっている裏事情とは?

アサジョ / 2017年02月12日18時15分

「宮原選手の故障は、すでに昨年末のGPファイナル、全日本選手権の時にあって、一時は歩くことも大変だったといいます。それでも痛みに耐えながら出場し、GPファイナルでは2位、全日本では優勝を飾った。それが年明けからさらに痛みが悪化。それでもアイスショーなどには出場していたのですが、無理をして五輪出場枠をかけた世界選手権に出られなくなっては元も子もないと、欠場を [全文を読む]

フィギュア全日本選手権で村上佳菜子が「SP12位」で大喜びしていたワケ

アサジョ / 2017年01月07日10時15分

昨年12月に開催されたフィギュアスケート全日本選手権。若い世代が台頭した女子シングルでは、演技の成績発表を待つキス&クライで悲喜こもごもなシーンが展開された。「とりわけ、村上佳菜子選手のSP演技終了後のキス&クライは不思議な光景でしたね。結果は12位と普通なら肩を落とすような成績なのに、村上選手は満面の笑みで両脇の山田満知子コーチも樋口美穂子コーチも納得の [全文を読む]

村上佳菜子、伸び悩みの原因は「コーチとの一蓮托生」が裏目に出た?

アサジョ / 2016年11月10日17時59分

村上は子どもの頃から山田コーチ一途ですから、身についた技を修正しにくい環境にいるのかもしれませんね」(前出・スポーツ紙記者) 村上選手にも山田コーチにも厳しい目が向けられているようだが、ぜひ全日本選手権で、そんな声を払拭する姿を見せていただきたい。(芝公子) [全文を読む]

「ポスト浅田真央」と呼ばれた村上佳菜子が大不振で崖っぷち!

アサジョ / 2016年11月09日17時59分

ジャンプの回転不足だけでも修正できれば、もう少しいいところにつけられると思いますよ」(スポーツ誌記者) 全日本選手権のほか、力の発揮できる舞台はまだまだある。最高の演技で、また満面の笑顔を見せてほしい。(芝公子) [全文を読む]

エース不在の女子フィギュア「新女王」へジュニア勢にも期待

NEWSポストセブン / 2014年12月27日16時00分

12月26日に開幕したフィギュアスケートの全日本選手権。五輪王者・羽生結弦が引っ張る男子と対照的に、27日から始まる女子は「エース不在」だ。浅田真央、鈴木明子、安藤美姫ら、世界で実績を残した選手らが休養あるいは引退を宣言する中、誰が勝っても“初めての女王”誕生となる戦いが幕を開ける。注目は、ソチ五輪に出場した村上佳菜子(20)らシニア勢と、彼女たちに挑む樋 [全文を読む]

フォーカス