華子 多岐川裕美に関するニュース

生田絵梨花「ありえない!」二世タレントに嫌悪感!?

日刊大衆 / 2016年12月16日10時00分

12月12日放送の『しくじり先生 俺みたいになるな!! 3時間スペシャル』(テレビ朝日系)に、女優の多岐川裕美(65)の長女である華子(28)が出演。二世タレントとしてデビューしたものの、さまざまなしくじりを積み重ねた過去を明かし、オードリーの若林正恭(38)、乃木坂46の生田絵梨花(19)、俳優の高橋英樹(72)らを驚かせる場面が見られた。 華子は“親の [全文を読む]

華子 過食症で10kg増…失意の引退止めた母・多岐川裕美の言葉

WEB女性自身 / 2016年12月13日04時00分

女優・多岐川裕美(65)の娘でタレントの華子(28)が12月12日、『しくじり先生 俺みたいになるな!!3時間SP』(テレビ朝日系)に出演。 世間知らずでひんしゅくを買い親の顔に泥を塗っちゃった先生 として授業を行った。 人気女優・多岐川裕美を母に持ち、「誰もが羨むお嬢様」だったという華子。子供のころから超高級なバカラ製の人形でおままごとをし、飛行機での移 [全文を読む]

多岐川華子が「華子」に改名も「再婚して家庭に入ったほうがいい」の声

アサジョ / 2017年05月27日10時15分

5月22日放送の「もしかしてズレてる?」(フジテレビ系)に出演した華子こと旧芸名・多岐川華子。2年前から母親や事務所に内緒で週に3回、不動産会社の事務としてバイト生活をしていると明かし、話題になっている。 華子は11年1月に俳優の故・松方弘樹の息子、仁科克基と結婚。しかし翌12年10月にスピード離婚。離婚をネタにされるバラエティ番組の出演を断り続けているう [全文を読む]

多岐川裕美の娘・華子が“世間知らずしくじり”を告白

Smartザテレビジョン / 2016年12月05日06時00分

12月12日(月)夜7時から放送の「しくじり先生 俺みたいになるな!! 3時間SP」(テレビ朝日系)に、タレントの華子が登場。“親の顔に泥を塗っちゃった先生”として、“世間知らずでひんしゅくを買って親の顔に泥を塗らないための授業”を行う。 女優・多岐川裕美の一人娘として生まれた華子は、15歳で芸能界デビュー。映画やドラマ、バラエティー番組などで活躍し、“2 [全文を読む]

離婚間近の仁科克基と多岐川華子 克基の女性関係もあったか

NEWSポストセブン / 2012年07月27日07時00分

昨年1月11日に入籍した仁科克基(29才)と多岐川華子(23才)が、離婚に向けて協議に入った。克基の父は松方弘樹(70才)で、母は仁科亜季子(59才)、妹は女優の仁科仁美(27才)。華子の母は多岐川裕美(61才)で、父は往年の名俳優・阿知波信介さん(享年67)だ。大物2世カップルの結婚はわずか1年3か月で破局を迎えようとしている。 6月15日に放送された『 [全文を読む]

多岐川華子が語る「ダメ2世」

NewsCafe / 2016年12月16日11時45分

女優、多岐川裕美(65)の長女でタレントの華子(28)が、先日放送の「しくじり先生 俺みたいになるな!!3時間スペシャル」(テレビ朝日系)に出演し、自分の人生を反省した。親の七光り、2世枠で生き残っているとも思える彼女だが…。 「華子は2011年1月に女優、仁科亜季子(63)の長男で俳優、仁科克基(34)と結婚をしましたが、1年9カ月でスピード離婚。マスコ [全文を読む]

離婚向かう多岐川華子と仁科克基 仕事断る克基に多岐川母激怒

NEWSポストセブン / 2012年07月29日07時00分

披露宴から1年3か月で早くも別居し、離婚話が進められている多岐川華子(23才)と仁科克基(29才)。華子の母は、多岐川裕美(61才)で、父は往年の名俳優・阿知波信介さん(享年67)。克基の父は松方弘樹(70才)で、母は仁科亜季子(59才)、妹は仁科仁美(27才)という芸能一家だ。 交際も結婚も母頼りだったふたり。交際をスタートさせると、“マザコン”を公言す [全文を読む]

黒幕は母・仁科亜季子!? 息子夫婦の不仲説を触れ回った、その魂胆とは

サイゾーウーマン / 2012年08月03日09時00分

仁科克基と多岐川華子の2世夫婦が離婚間近であることが、7月24日付のサンケイスポーツで報じられた。昨年1月に結婚した2人は、同年末から些細なことでケンカするといったすれ違いが続き、華子が家を飛び出す形で別居してしまったという。それぞれの母親で、女優の仁科亜季子、多岐川裕美を含めた両家で話し合いの場を持ったが、夫婦関係の修復はできず、現在は弁護士を通じて離婚 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】多岐川裕美の誕生日を娘・華子がお祝い 素敵な親子ショットを公開

TechinsightJapan / 2017年02月19日14時30分

多岐川華子から改名した“華子”が母親である女優・多岐川裕美の誕生日を祝い、一緒に食事をしたことをSNSで報告している。母親に頼らず芸能界を生きていく覚悟で芸名から“多岐川”を外した娘を前に、裕美が穏やかな表情を浮かべる素敵なツーショットも公開された。 昨年12月に出演したテレビ番組で、“多岐川華子”から改名した理由を話していた華子。大女優である母親・多岐川 [全文を読む]

多岐川裕美さん・華子さん、美人親子がイメージモデルに!シミやそばかすに効く医薬品「ホワイピュア」が新発売。

PR TIMES / 2017年02月07日15時56分

イメージモデルとして、芸能界きっての美人親子、多岐川裕美さん・華子さんを起用しました。◆ホワイピュアとは◆[画像1: https://prtimes.jp/i/5491/18/resize/d5491-18-571668-7.jpg ]「ホワイピュア」はシミやソバカスの色素沈着を緩和する第3類医薬品として、2016年12月より販売を開始しました。女性の大敵 [全文を読む]

あのレーベルからまさかのデビュー!坂口杏里が溺れた「ホスト豪遊」(3)次に脱ぐ大物芸能人は…

アサ芸プラス / 2016年09月25日09時57分

さて、坂口がまさかの転身で再スタートを切ったことで、業界から熱視線を集めるのが、同じ2世タレントの華子(27)だ。「女優の多岐川裕美を母に持ち、話題性は十分。かつては松方弘樹の息子・仁科克基と夫婦関係にありましたが、ささいな夫婦ゲンカが原因で家を飛び出し、結婚してわずか1年でスピード離婚しています。そういう意地っ張りな性格は、実は脱がせやすいんです。誰か一 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】多岐川華子「母・多岐川裕美の記憶は酒か仕事」「ママは死ぬ」包丁を持ち出したことも。

TechinsightJapan / 2015年05月16日19時55分

タレント・多岐川華子(26)の母親は女優の多岐川裕美(64)。昭和を代表する大女優の一人である。30代後半から映画やドラマ、そして正月の舞台公演と女優業が多忙になった母・裕美に代わり、幼い華子の世話をしたのは家政婦であった。華子にとって幼少のころ記憶に残る母の姿は“仕事をしているか、お酒を飲んでいる”だけであったという。 多岐川華子が小学2年生の頃に両親は [全文を読む]

仁科克基の「騒がれたい」グセは治らない!?キャバ嬢との浮気バレを嬉々として語る!

アサ芸プラス / 2014年05月01日09時59分

多岐川裕美の娘の華子との熱愛の際も写真週刊誌にツーショットを撮らせ、離婚でモメている最中もマスコミにリークして自分に有利な内容に誘導しています。華子と離婚後、妹、仁科仁美の友達で女性誌の読者モデルとのお泊まりを写真週刊誌に撮らせたのも自らのリーク。矢吹との交際だって仁美に頼み込んでのやらせ。わざわざ『サンデー・ジャポン』(TBS系)に出演して克基が矢吹にコ [全文を読む]

仁科克基・多岐川華子 1億円の元“愛の巣”差し押さえられた

NEWSポストセブン / 2012年10月14日16時00分

本誌が、仁科亜季子(59才)の長男・克基(30才)と、多岐川裕美(61才)の長女・華子(24才)が、そんな泥沼の離婚劇を繰り広げているのをお伝えしたのは7月のことだった。 それから2か月。いまだ離婚は成立していない。 「慰謝料についてモメていて、ふたりはもちろん、それぞれの母親がどちらも“絶対許さない”と譲る気がないみたいで…。 克基くんの主張では、華子 [全文を読む]

IMALU、多岐川華子、坂口杏里…七光りを生かせなかった「しくじり二世タレント」たち

アサジョ / 2016年12月30日10時15分

もう一人は「お母さん(多岐川裕美)みたいにチヤホヤされたい」というのが芸能界入りの動機だったという、タレントの華子(旧芸名・多岐川華子)。「100%母親のコネ」でドラマやCM出演が決まるも、演技の練習は本番前に4時間半行ったのみ。それでも監督からはOKをもらい「私って、何でもできる」と錯覚したというのだ。 その後、23歳の時に同じ二世タレントの仁科克基と [全文を読む]

多岐川華子、スレンダーボディの上で揺れる豊満バストに熱視線!

メンズサイゾー / 2015年08月28日10時00分

女優でタレントの多岐川華子(26)が、男性ファンから熱い視線を注がれている。 現在、多岐川は志村けん(65)のコント番組『志村座』(フジテレビ系)にレギュラー出演中。志村率いる大衆演劇一座のメンバーとして、毎週バカバカしくもほっこりする昔懐かしいコントを繰り広げている。ほかにもグラビアアイドルの丸高愛実(25)などが出演しているが、開始当初からレギュラーを [全文を読む]

あの下着メーカー女社長の"まるでペット"だった仁科克基 多岐川華子との離婚問題は泥沼化か?

日刊サイゾー / 2012年08月03日08時00分

昨年1月に入籍した2世カップル、松方弘樹の次男・仁科克基と、多岐川裕美の長女・華子が離婚協議に入ったことが報じられた。 表向き「性格の不一致」とされているが、はたから見ても克基の甲斐性のなさは明らかで、業界では「ママゴト婚」などとも揶揄されていた。実際、大きな定期収入につながるような芸能仕事はなく、たまに転がってくるドラマ出演などでも評価はさっぱりで、継続 [全文を読む]

“おひとりさま”の多岐川裕美 豪邸売却しセカンドライフに

NEWSポストセブン / 2012年06月14日16時00分

多岐川は、1984年、元俳優の阿知波信介さん(享年67)と結婚し、長女・華子(23才)を出産。しかし、2007年に阿知波さんは自ら命を経ってしまった。 そして2011年、長女・華子が俳優・仁科克基(29才)と結婚。こうして、多岐川は“おひとりさま”となり、前述の豪邸を売却し、都内のマンションに引っ越している。 「母親業をやり終えて、これからはひとりの女性 [全文を読む]

浜田雅功、美空ひばり長男の自慢に“本気の嫉妬”

日刊大衆 / 2017年03月15日07時05分

加藤の他、草刈正雄(64)の娘である紅蘭(27)、多岐川裕美(66)の娘である華子(28)たちも出演。「家にお手伝いさんがいた?」とアンケートをとると、12人の出演者中11人が「いた」と回答し、ほとんどが裕福な幼少時代を送っていたことが分かった。 その後、“ちょっと親自慢していいですか?”というコーナーで、加藤は「日本一の歌姫、美空ひばりは芸能界での交流も [全文を読む]

仁科親子、この親にしてこの子?!

NewsCafe / 2017年02月07日11時30分

克基(34)は女優、多岐川裕美(65)の一人娘のタレント、華子(28)と電撃結婚&離婚し、仁美に至っては未入籍で出産。松方さんの豪快な浮気癖のDNAではなく、実は『この母親にしてこの子あり』なんだろうと思いますよ」 克基の方も、松方さんとは長年、音信不通で、訃報をニュースで知ったという割に、父親ネタで食いつないでいる。 「ブログで『偉大なる役者、そして父』 [全文を読む]

フォーカス