視聴率 太川陽介に関するニュース

テレ東の番組が絶好調 大江麻理子アナ凱旋で更に盤石布陣に

NEWSポストセブン / 2014年02月11日07時00分

視聴率では、平日プライムタイム(午後7~11時)でフジやTBSを抜いて民放4位に位置することも珍しくない。経営面でも、昨年4~9月期の経常利益の伸び率は91.5%増をマーク。昨年の年間視聴率で初の2冠を獲得したテレビ朝日を抑えて、民放トップの伸び率だ。 1964年の開局から半世紀。長い苦境の時を経て、今まさに「テレ東の時代」が到来したというのは、上智大学 [全文を読む]

『ローカル路線バス乗り継ぎの旅・特別編』出演者が判明 キャスト交代の布石か

しらべぇ / 2016年11月19日19時00分

安定した視聴率を獲得している。■出演者を変更する特別編を放送そんな同番組の特別編が放送されることが判明。これはテレビ東京本社移転を記念したスペシャル企画で、蛭子・太川ではない出演者が路線バスで旅をするという。ネット上では様々な憶測が飛び交い、「大鶴義丹と唐十郎とマルシア」、「レッド吉田と具志堅用高と河西智美」、「伊集院光と松村邦洋と渡辺直美」などが噂された [全文を読む]

快進撃を続けるテレビ東京に死角!? 放送作家からは「オアシス」という声も…

メンズサイゾー / 2014年04月14日10時00分

さらに、先月終了した金曜夜8時のドラマ『三匹のおっさん ~正義の味方、見参!!~』の最終回は視聴率12.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、人気番組『ぴったんこカン・カン』(TBS系)を裏に回しての大健闘だ。 さらに注目したいのは、存在すれば世紀の発見となるSTAP細胞の有無で揺れる、小保方晴子氏の会見の翌朝。各局がその模様を放映する中で、テレ東だけは [全文を読む]

テレ東『ローカルバスの旅』終了、蛭子と太川の不仲か…ロケ中お互い無視、ギャラ格差

Business Journal / 2017年02月17日06時00分

「2007年に放送が始まり、回を重ねるごとに視聴率をアップさせてきました。年に4~5本は放送される人気特番で、視聴率もコンスタントに10%前後をキープし、調子がいいときは15%を超えることもありました。ちなみに、同番組の制作費は1本800万円とかなり安く、コスパの高さでも注目される番組です」(テレビ制作会社関係者) 制作費が安くしかも視聴率が取れるとなれ [全文を読む]

太川&蛭子『バス旅」映画化決定も“視聴率低下”や“三船美佳起用”で大コケ必至か

デイリーニュースオンライン / 2015年11月10日16時00分

太川、蛭子に加えて毎回ゲスト女性の“マドンナ”の3人が、毎回珍道中を繰り広げるバラエティだが、土曜ゴールデンのテレ東ながら毎回2ケタの視聴率を獲得する名物番組となっている。劇場版『ローカル路線バス乗り継ぎの旅 THE MOVIE』は台湾を舞台とした番組初の海外ロケで、マドンナ役には三船美佳(33)が抜擢された。 視聴率が1桁に下降中で「大丈夫か?」の声も [全文を読む]

視聴率男・太川陽介にオファー殺到 56歳で再ブレイクの理由

NEWSポストセブン / 2015年02月08日07時00分

逆にいえば、絶対に視聴率を落とせない時間帯。その枠に、連続で“ルイルイおじさん”こと太川陽介をキャスティングした。『ぴったんこ』『金スマ』は、ゲストの人選で数字が決まると言っても過言ではない番組です。『金スマ』は1時間ぶっ通しで太川を特集したわけですから、いかにTBSが太川の持っている“数字”を信用しているかよくわかります」 実際、視聴率を見ると、『ぴった [全文を読む]

錦織圭の偉業もスルー!? テレビ東京が独自路線を貫き続けるワケ!

tocana / 2014年09月11日09時00分

「かつてのテレビ東京は視聴率がキー局ワースト1位だったため、『振り向けばテレビ東京』などと、低視聴率を叩き出した他局がテレ東を皮肉として使っていましたが、今は視聴率がテレビ朝日、日本テレビに次いで在京キー局で3位になることも珍しくありません。フジテレビの陥落もありますが、それ以上に近年のテレ東は面白い番組が増えてきていますよ」(放送作家) テレビ東京と言え [全文を読む]

ロシア特集に西荻窪で対抗! 自由すぎるテレビ東京が大躍進しているワケ

メンズサイゾー / 2014年02月15日11時00分

かつては「弱小局」と揶揄されていたテレ東だが、最近は平日プライムタイム(夜7~11時)の視聴率でフジテレビやTBSを抜いて民放4位になることも珍しくなくなった。昨年4~9月期の経常利益も91.5%増と民放トップの驚異的な伸び率を示しており、その好調ぶりがうかがえる。 このテレ東の躍進は、独自性の強い番組内容によるところが大きい。看板番組の一つである『モヤモ [全文を読む]

テレビ東京の番組を他局が真似する背景に「目標視聴率」の差

NEWSポストセブン / 2014年02月09日07時00分

その原因は、「目標視聴率」の設定にあるという指摘がある。そもそも、テレビ局員なら誰もが気にする視聴率は、いったい何%獲れば合格点なのか。テレビ局関係者が語る。 「今の時代、ゴールデンタイムなら、2ケタに乗れば安泰です。番組が終わるとは考えづらい。10年前くらいまでなら、12%は確保しておきたかったですが、いまや12%も獲れば、週間ベスト30に乗ることもある [全文を読む]

太川陽介 旅番組が高視聴率連発で「何か持っている」の声も

NEWSポストセブン / 2013年11月10日07時00分

蛭子能収(66)との珍道中が話題を呼び、今年8月31日に放送された回の視聴率はテレビ東京では異例の13.2%。今年放送された3回とも、12%超えと絶好調なのだ。テレビ局関係者はこう話す。 「さすがにスタッフも、開始前は2人の掛け合いがこれほど面白いとは思っていなかったようですよ。狙ってコンビを組ませたわけではないですからね。それよりも、季節特番とはいえレギ [全文を読む]

玉袋筋太郎のスナック潜入番組 アポ無しライブ感で人気上昇

NEWSポストセブン / 2012年08月15日16時00分

だが、視聴率こそ高くはないが、珠玉といえる掘り出し物の番組はまだまだある。テレビ業界人もお勧めする紀行・教養番組を3つ紹介しよう。 【1】「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」(テレビ東京:19時00分~20時54分。土曜スペシャルで不定期) 蛭子能収、太川陽介の2人に、マドンナと呼ばれる女性ゲストを加えた3人が、3泊4日の日程で路線バスでゴール目的地を目指す。 [全文を読む]

やっぱり太川&蛭子じゃないと……テレ東『バス旅』が早くも存続危機で、現場から復帰熱望の声

日刊サイゾー / 2017年06月01日13時00分

第1弾の視聴率も歴代最低でしたし、何より制作側と演者側の間に、かなりの温度差があるようです」(テレビ東京関係者) 太川陽介、蛭子能収のコンビで人気を博したテレ東の『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』の続編、『ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z』が早くも存続の危機に立たされているという。 「続編は、俳優の田中要次さんと作家の羽田圭介さんがコンビを組んでいますが、田中 [全文を読む]

『路線バス』太川陽介・蛭子能収コンビ“不仲説”一蹴! テレ東の別番組で復活も?

日刊サイゾー / 2017年03月26日12時00分

以来、放送を重ねるごとに視聴率を上げ、コンスタントに10%前後の視聴率が取れる人気番組に成長した。制作費も1本あたり800万円といわれ、通常のバラエティ番組の半分以下。このコスパのよさは、番組の企画もさることながら、真逆なキャラクターの太川と蛭子のかみ合わないチグハグなコンビが視聴者に受けた。 さらに、視聴者からは「番組を見ていると、マイペースの蛭子を太川 [全文を読む]

テレ東を丸パクリした徳光和夫のテレ朝『路線バス』も終了危機? 視聴率は及第点も、やはり「体力が……」

日刊サイゾー / 2017年03月13日13時00分

視聴率こそ及第点のようだが、徳光の肉体的限界が近づいているようなのだ。確かに、番組の売りになっている徳光の居眠りを見るたびに、そろそろ限界かなと感じてしまう。 テレ東の『ローカル路線バス』は、太川陽介と蛭子能収のコンビで、07年の春から不定期特番としてスタート。番組の制作費は1本あたり800万円と、通常のバラエティ番組の約半分という安さで、10%前後の視聴 [全文を読む]

『バス旅』蛭子・太川ロスの中ファンが考えた次の名物コンビ候補

しらべぇ / 2017年01月11日21時00分

(画像は『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』公式サイトのスクリーンショット)2日放送されたテレビ東京系バラエティ『ローカル路線バス乗り継ぎの旅第25弾』の視聴率が発表され、17時55分から19時までが7.4%、19時から21時までが8.9%だったことが判明。太川陽介と蛭子能収が出演するのは今回が最後だっただけに高視聴率が期待されたが、同番組としては低い水準とな [全文を読む]

【ウラ芸能】フジ迷走が伝染?! キー局自滅の分かれ目

NewsCafe / 2015年11月25日15時00分

『いいとも』からそのまま『ごきげんよう』と昼ドラを見るという習慣が完全に壊れるわ」記者「視聴率の問題でしょうが、優良なマンネリ番組というポジションのままでいいのに…。現状、何を持ってきても失敗するのが目に見えてます」デスク「さすがに韓流ドラマの垂れ流しはもう懲りてやらないだろうけど、とんちんかんな亀山千広社長(59)はもう交代した方がいい」記者「その前に、 [全文を読む]

語っていいとも! 第8回ゲスト・蛭子能収「バス旅は…はっきり言って飽きてるかも。新しい3人でやったらどうですかね」

週プレNEWS / 2015年08月02日12時00分

―あんなに視聴率とってる番組をなかなか終わらせてくれないでしょうけど。 蛭子 そうですねえ。今度、全く新しい3人でやってみたらどうなりますかね? 自分いなくて、全く同じのやったら結果がどうなるのか見てみたいですね。 ―本人からまさかの提案が(笑)。自分いなくてもいいんですか? 蛭子 うん、だから全部取っ替えてやってみたら、そういう試みもちょっといいのにな [全文を読む]

「テレ東っぽい企画ない?」が合言葉! 放送作家が語るテレビ業界の企画事情

メンズサイゾー / 2014年08月18日10時00分

「ご存知かも知れませんが、テレ東は在京のテレビ局の中では万年5位の視聴率で『テレビ番外地』と呼ばれています。ですが、制作会社などで開かれる企画会議では『テレ東っぽい企画考えて』というように指示されることが多くなってきました。これは、今までは考えられなかったことです」(バラエティ放送作家) 確かに、最近のテレ東は他局の番組に飽きた視聴者にとって、その間隙を [全文を読む]

新『ローカル路線バスの旅』、田中要次は「要注意」羽田圭介は「無言」で“壊滅的”コンビ?

サイゾーウーマン / 2017年04月02日10時00分

この2人である必要性がまったくありませんでした」(前出・芸能ライター) 今回の『バス旅』の視聴率は、シリーズ始まって以来最低となる7.1%を記録。第2章は、不安な出だしとなってしまったようだ。 (後藤港) [全文を読む]

田中要次と羽田圭介でテレ東『ローカル路線バス』撮影極秘再開! そのころ太川陽介と蛭子能収は……

日刊サイゾー / 2017年03月10日11時00分

「いつもは4%台の視聴率が7.6%とほぼ倍になって、その前後の番組も影響を受けてか、軒並み数字を上げているんです。上層部は『やはりこの2人は持ってるな』と感心していました。もちろん、本音はまた2人でバス旅をしてほしいところですが、通常の旅番組には、どんどんキャスティングされると思いますよ」(前出スタッフ) 2人の関係は至って良好ということで、こんな話も出 [全文を読む]

フォーカス