ソフトバンク 大谷翔平に関するニュース

ソフトBファンの9割が優勝を確信!オリファンはOP戦好調も過半数が「当分優勝は無理」!?

ベースボールキング / 2017年03月28日17時30分

特に、ソフトバンクファンにおいては、大谷と答えたファンがが68%にも上った。 対する日本ハムファンに最も“天敵”視されたのはソフトバンクの柳田悠岐。柳田の約16%をはじめ、トップ5全てをソフトバンクの選手が独占し、計63%のファンがソフトバンクの選手を天敵候補として警戒した。<各球団のファンが選んだ『今季の天敵候補』>【日本ハムファン】柳田悠岐(ソフトバン [全文を読む]

【プロ野球】左投手がいない!? 選ばれし28名の侍戦士たちの特徴とは? 歴代WBCメンバーと徹底比較!

デイリーニュースオンライン / 2017年02月06日17時05分

■2017WBC:3人 宮西尚生(日本ハム)/松井裕樹(楽天)/岡田俊哉(中日) ■2013WBC:6人 能見篤史(阪神)/杉内俊哉(巨人)/森福允彦(ソフトバンク)/内海哲也(巨人)/大隣憲司(ソフトバンク)/山口鉄也(巨人) ■2009WBC:4人 内海哲也(巨人)/岩田稔(阪神)/山口鉄也(巨人)/杉内俊哉(ソフトバンク) ■2006WBC:4人 [全文を読む]

【プロ野球】ジャクソン(広島)とマテオ(阪神)は916票差!オールスター中間発表・激戦区はここだ!

デイリーニュースオンライン / 2017年05月27日16時05分

■【パ・リーグ】先発投手 1位:千賀滉大(ソフトバンク) 21,392票 2位:金子千尋(オリックス) 16,448票 3位:菊池雄星(西武) 15,703票 パ・リーグ投手部門では波乱の様相。ここまで絶好調の菊池雄星(西武)が抜け出すと予想していたが、現時点の1位は千賀滉大(ソフトバンク)になった。しかし、千賀は5月16日のオリックス戦で初回に背中の痛 [全文を読む]

【プロ野球】今季の日ハム・大谷翔平vs.最強鷹軍団の勝負を予想

デイリーニュースオンライン / 2016年02月23日16時00分

パ・リーグの大本命は三連覇を狙うソフトバンク。この最強チームに待ったをかけると期待されるのが、日本ハムのエース大谷翔平だ。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■まるで別人? 鷹に狩られる最多勝エース 昨季は最多勝(15勝)、最優秀防御率(2.24)、最高勝率(.750)の投手タイトル3冠に輝いた大谷翔平。しかしパ・リーグ、 [全文を読む]

【プロ野球】パの”タイトル争い”を里崎智也、駒田徳広、西崎幸広らがガチ予想

デイリーニュースオンライン / 2016年04月04日16時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! 【打撃タイトル編】 <里崎予想> 打率:中村晃(ソフトバンク) 本塁打&打点:中村剛也(西武) <駒田予想> 打率:秋山翔吾(西武) 本塁打:中村剛也(西武) 打点:中田翔(日本ハム) <西崎予想> 打率:秋山翔吾(西武) 本塁打:中村剛也(西武) 打点:中田翔(日本ハム) <山崎予想> [全文を読む]

谷繁氏が語る交流戦でパが強いワケ

ベースボールキング / 2017年05月30日10時00分

【交流戦セ・パの勝敗】 ※<>内は引き分けの数、()内は交流戦の首位球団 05年:パ 105 <7> 104 セ(ロッテ) 06年:パ 108 <1> 107 セ(ロッテ) 07年:パ 74 <4> 66 セ(日本ハム) 08年:パ 73 <0> 71 セ(ソフトバンク) 09年:パ 67 <7> 70 セ(ソフトバンク) 10年:パ 81 <4> 59 [全文を読む]

【プロ野球】菊池雄星はメジャーで通用するのか!? 日本人左腕メジャーリーガーの成績を総ざらい!

デイリーニュースオンライン / 2017年01月12日16時05分

しかし、現時点でメジャーリーグに所属している日本人投手は全員が右腕なので、和田毅(ソフトバンク)以来の左腕の挑戦も見てみたい気持ちもある。 そこで今回は、菊池のメジャー行きの参考になるように、過去にメジャーリーグに挑戦した日本人左腕徒手の成績とエピソードをおさらいしてみたい。 ※成績はメジャーリーグでの通算成績 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュース [全文を読む]

【プロ野球】侍ジャパン監督を退任した小久保裕紀氏はどこへいく? 指揮を執りそうなチームを大胆予想!

デイリーニュースオンライン / 2017年03月30日17時05分

内川聖一(ソフトバンク)の代打起用のタイミングも的確だった。 一歩間違えれば批判の的になりうる局面でズバズバと采配が的中。6連勝で準決勝進出を決めると批判は声を潜め、「小久保名采配」と評価する声が大きくなった。 結果的にはプレミア12と同じ準決勝敗退という成績に終わったが、「指導者・小久保」の評価は上がり、今後の野球界での指導者の道がさらに大きく開けた。 [全文を読む]

スポーツ紙が書かないプロ野球“裏相関図”<パ・リーグ編>(3)「“栗山流”コーチ人事の失敗」

アサ芸プラス / 2014年04月03日09時57分

森脇は、ソフトバンクのコーチ時代の06年、WBCで不在になった王監督の代わりに指揮を執るなど、ホークスのコーチとして12年にわたり活躍。秋山が監督に就任した際には、ソフトバンクのヘッド兼内野守備走塁コーチを担当したが、その年のオフに解任された因縁がある。 さらには昨年、チーム不振の責任を取って退団した高山郁夫コーチも前述したようにオリックスの投手コーチに就 [全文を読む]

【プロ野球】《裏タイトル・投手編》今年の最多登板、最多投球回数は? 裏タイトル獲得者は誰だ!?

デイリーニュースオンライン / 2016年12月14日17時05分

■パ・リーグ:投手の裏タイトル獲得者 【最多登板】 福山博之(楽天):69登板 サファテ(ソフトバンク)/武隈祥太(西武):64登板 「サブちゃん」こと楽天の福山博之が初の戴冠。3年連続で60登板を達成しており、「プロ入りわずか2年で福山を戦力外にしたDeNAは一体……!?」という声が漏れるほどの大活躍だ。2位のサファテ(ソフトバンク)は3年連続、武隈は [全文を読む]

SB工藤公康監督 まともに会話するのは飯田哲也コーチぐらい

NEWSポストセブン / 2016年08月30日16時00分

ダントツの優勝候補だったソフトバンクが、最大11.5あったゲーム差を引っくり返された。とくに、大谷翔平はソフトバンク戦に3試合登板し1勝0敗、防御率1.74。打者としても8月24日段階で19本塁打のうち半分近い9本をソフトバンクから打っている。一方で、この大接戦を演出したのは大谷の活躍だけでなく、球宴以降のソフトバンクの体たらくも大きい。 かつてソフトバン [全文を読む]

早くも次回WBC優勝はムリ? 小久保ジャパンに立ちはだかる“反サムライ球団”との反目!

週プレNEWS / 2014年08月13日06時00分

読売のライバル紙を親会社に持つ中日がその筆頭格で、阪神やソフトバンクも『基本は公式戦で稼げばいい』という守旧派。ロッテ、西武などは『選手の故障が怖い』と及び腰だし、DeNA、ヤクルトはチーム再建が最優先で、そもそも一次選考で呼びたい全国区の選手がいない(笑)」(前出・デスク) 言われてみれば、一次選考に選手を出したのはいずれも侍ジャパンを支援する側の球団ば [全文を読む]

江本孟紀、金村義明、岡田彰布がプロ野球順位予測に挑む

NEWSポストセブン / 2017年04月06日07時00分

「1位予想」の球団は、セ・巨人、パ・ソフトバンクと3氏が一致した。 「両チームともブッちぎりで優勝するだけの戦力を備えている。監督の采配が少々まずくても優勝できる戦力じゃないか?」(江本氏) 岡田氏の巨人評はこうだ。 「弱点だった投手陣は、FAで加入した中継ぎの森福允彦(30)の存在で大きく改善された。セ・リーグでは珍しい左サイドスローなので、左打者対策 [全文を読む]

ファンが予想するペナント覇者は…?【パ・リーグ編】

ベースボールキング / 2017年03月31日08時00分

昨季はソフトバンクが本命視されるなか、日本ハムが最大「11.5」ゲーム差をひっくり返す“サプライズ”を起こしたが、今年はどんな結末を迎えることになるのだろうか――。ファンが予想するペナント覇者は…?【セ・リーグ編】◆ファンが予想するパ・リーグの“優勝チーム”は…?(回答数:1437)<パ・リーグ>●得票率1位:ソフトバンク 56.9% 過半数を超える圧倒的 [全文を読む]

スポナビライブ、「パ・リーグ ファンの応援生態白書 2017」発表

PR TIMES / 2017年03月28日16時55分

「移動中(57%)」「職場/学校(33%)」など宅外で観たいニーズが増スマートフォン、PC、テレビ等向けにプロ野球の配信を行う、ソフトバンク株式会社のスポーツ中継ストリーミングサービス「スポナビライブ」では、プロ野球2017年シーズン開幕を記念し、パ・リーグ各球団のファン924名の日頃の応援習慣や日常生活、今シーズンの展望について尋ねるインターネット調査を [全文を読む]

【日本ハム】日ごろのストレス発散に極上のFNを!“プレ金”新企画の概要発表

ベースボールキング / 2017年03月27日15時47分

【対象試合】 5月19日 vsオリックス 5月26日 vsソフトバンク ◆ チケット特典(2) 「社割」「金(きん)割」 「社割」と「金割」は対象の7試合で、当日券が半額になるスーパーお得な企画。 「社割」は当日券購入時に、名刺を提出するだけでチケットが半額に。また、その後のお楽しみとして球団からお礼のメールが送られる。 「金割」は「ゴールデンフライデー [全文を読む]

CSと日本シリーズを“ジンクスだけ”で超予想。カープは第7戦で日本一を決める!

週プレNEWS / 2016年10月06日11時00分

ロッテがリーグ3位から日本一になるという「下克上」を成し遂げた2010年以降、11年西武、12年ソフトバンク、13年ロッテ、14年日本ハム、15年ロッテと、「6年連続でリーグ3位がファーストステージを突破」しているのだ。今のところ、パ・リーグ3位はファーストステージでの勝率が歴代1位タイの.727を誇るロッテだけに、またしても法則発動となるだろうか。 ただ [全文を読む]

今季日ハム優勝で大谷翔平は田中将大を超える伝説を残す

NEWSポストセブン / 2016年08月30日07時00分

気付けば最大11.5あったソフトバンクホークスとのゲーム差を引っくり返し、「パ・リーグ版メークミラクル」を実現させそうな期待も見られる日本ハムファイターズ。ペナントレースの鍵を握ることになりそうなのが、大谷翔平の投手復帰である。 7月にマメを潰して以降、一度中継ぎ登板があっただけの大谷。先発では一度も投げていない。そこで浮上しているのが、DHで先発し、試合 [全文を読む]

世論が怖い? 大谷翔平に内角ギリギリ投げられない投手

NEWSポストセブン / 2016年08月29日16時00分

8月24日終了時点で、大谷が打者として出場した全19試合のうち、ホームラン9本、打率4割1分5厘とカモにされているソフトバンクのベンチからも「内角を厳しく攻めろ」との指令が出ているという。 「日ハムを攻略するには、大谷を抑えることが最も効果的であり、ソフトバンクのベンチからも、“内角をえぐるような球を投げろ。当てても構わない”との指令が出ているそうです。 [全文を読む]

山田哲人VS大谷翔平 セ・パ「超人ツートップ」全方位バトル!(1)進化する大谷の二刀流

アサ芸プラス / 2016年07月24日09時56分

さて、今季は登板時にも打席に入るリアル二刀流が当たり前となった大谷が球界に衝撃を与えたのが、7月3日のソフトバンク戦。高校野球でも見られないような「1番・投手」で起用され、中田賢一(34)から驚愕の先頭打者初球アーチをかけて、首位ソフトバンクに3タテを食らわせたのだ。「サンデーモーニング」(TBS系)で張本勲氏(76)が、「デタラメな起用をしてもらいたく [全文を読む]

フォーカス