大塚久美子 大塚勝久に関するニュース

<実況ツイート>大塚家具株主総会、娘の久美子社長「勝利」 株主から「ケンカ批判」

弁護士ドットコムニュース / 2015年03月27日13時19分

大塚勝久会長と大塚久美子社長の「父と娘のバトル」が大きな注目を集めたが、株主総会の結果は久美子社長の「勝利」となった。弁護士ドットコムニュースでは、ツイッターアカウントで株主総会の様子を実況中継した。その一部をまとめた。以下、弁護士ドットコムニュースのツイート(時系列順)●勝久氏「クーデターで社長の座を奪われた」【大塚家具】経営方針をめぐって、創業者の会長 [全文を読む]

大塚家具、赤字で久美子社長が早くも正念場 戦略定まらず迷走?

Business Journal / 2015年11月20日06時00分

●父娘戦争に勝利した大塚久美子社長の正念場 大塚家具は11月7日から、全16店で展示する約34万点の商品を対象に売りつくしセールを始めた。最大で価格を50パーセント下げているという。4月の「お詫びセール」でも絶好調の客足を集め話題となったが、今回も多くの客が訪れて盛況だ。 今回のセールは、「いったん死んでよみがえることに近い」(11月4日の大塚久美子社長発 [全文を読む]

【お家騒動】「大塚家具」だけじゃない有名企業の親子バトル

デイリーニュースオンライン / 2015年03月07日09時50分

2月、創業者の父・大塚勝久会長が娘の大塚久美子社長に対してダメ出しし、次の株主総会での社長復帰をアピール。久美子社長も真っ向から反論し、お互いが相手を「経営に不要な人材」と断じて、それぞれが新役員メンバーを提案する事態となった。背景には前述の会員制スタイルで伸ばしてきた売上が、2008年の700億円をピークに下降。2010年以降は550億円程度で移行して [全文を読む]

大塚家具、ロッテ…… 骨肉の内紛はなぜ起こる?

経済界 / 2017年04月24日15時16分

長女の大塚久美子氏が社長に就任し、コスト削減など、減収が続く中で11年度にようやく黒字を計上することができた。しかし売り上げは依然として減少が続く。止血により利益は出せたものの、幹部社員からは「単なるコストカットは一時しのぎ、企業の成長性がそがれる」といった疑問の声があがるようになり、丁寧な接客やサービスを中心とした従来の大塚家具の経営幹部と久美子社長と [全文を読む]

大塚家具、久美子社長の「経営失敗」で過去最悪の赤字…「購入する客」激減、社長退任要求も

Business Journal / 2017年03月25日17時00分

一昨年の同社総会では大塚勝久会長(当時)とその実娘・大塚久美子社長が対決して、「親娘の経営権争い」として大いに世間の注目を浴びた。今回、足元の業績悪化を受けて、現経営陣への非難、糾弾的な株主総会となるという観測も一部にあったが、実際の総会では意外なほど久美子社長への支持が強かった。 以下、総会の実況中継的な報告である。●未曾有の業績悪化 10時に定刻開始 [全文を読む]

大塚家具の久美子社長が窮地 父の経営復帰を求める声も

NEWSポストセブン / 2017年03月21日07時00分

経営の主導権を巡る父娘の激しい骨肉バトルに勝利し、2015年から店舗改革を進めてきた大塚家具の大塚久美子社長。だが、その成果が表れないばかりか裏目に出る結果となり、窮地に立たされている──。 2月10日に発表した大塚家具の2016年12月期決算は、売上高が前期比20%減の463億円、最終損益は前期3億円の黒字から一転、45億円の赤字となってしまった。じつに [全文を読む]

カリスマ投資家がカンブリア宮殿で語る「ブレイク企業」発掘の法則

まぐまぐニュース! / 2017年03月15日01時28分

大塚久美子社長への期待だという。「いろいろなイメージがあると思いますが、お父さんと同じくらい家具への愛情がある。長期的に見れば回復して前よりも良くなると期待しています」と言う。 その大塚家具のショールームに人だかりが。そこには久美子社長の姿もあった。集まっているのはひふみの投資家たち。企業を知ってもらうため、藤野が開いている見学会だ。 藤野は、投資家が不安 [全文を読む]

大塚家具、広大なフロアに誰もおらず…久美子社長、放逐した父会長時代より業績悪化

Business Journal / 2016年12月03日06時00分

大塚家具の大塚久美子社長が11月24日に、リユース事業の進捗について発表会見を行った。同社では9月に家具の買取りと下取りを行うリユース事業の開始を発表していた。大塚社長によれば「一時期はコールセンターがパンク状態になり、受付の電話を当初の倍以上増やした。あまりの反響に驚いた」という。「これまでに約1万6500件の査定依頼があり、そのうち1万1000点以上を [全文を読む]

大塚家具、騒動前より売上半減で売上減地獄突入か 揺らぐ久美子社長の経営基盤

Business Journal / 2016年07月20日06時00分

大塚家具の父娘バトルは第2ステージに突入し、娘の大塚久美子氏側が苦境に陥っている。創業者で前会長の大塚勝久氏が立ち上げた家具販売会社・匠大塚は6月29日、埼玉・春日部市に春日部本店をオープンした。近くには大塚家具の春日部ショールームがある。大塚家具創業の地で、父と娘の新たなバトルが火ぶたを切った。 匠大塚の春日部本店は、2月末に閉鎖した西武春日部店の跡地を [全文を読む]

過去最大赤字の大塚家具の「深刻な問題」…絶好調ニトリの真似はできない苦悩

Business Journal / 2016年07月12日06時00分

●中価格帯中心への路線変更 大塚久美子社長と実父で前会長の大塚勝久氏の対立は各メディアで詳報されているが、久美子社長が自らの方針として2015年2月25日に「3カ年(15~17 年度)の中期経営計画」として掲げたのが「中価格帯中心への路線変更」だ。同年3月の同社第44 回定時株主総会向けの資料にその骨子が書かれている。 まず、時代背景と顧客のニーズとして、 [全文を読む]

娘の大塚家具潰し始動!父・匠大塚の巧みすぎる戦略!直接対決「演出」で両社に絶大集客効果

Business Journal / 2016年07月09日06時00分

春日部には、勝久氏と骨肉の争いを演じた長女・大塚久美子氏が率いる大塚家具の春日部ショールームがあります。両店舗を比べると、規模の面では匠大塚が大塚家具を圧倒しています。 大塚家具は6月3日に、過去最大となる営業赤字を計上する見通しを発表しました。同社は高級家具路線から中級家具路線へと移行させていきましたが、業績は悪化しています。そうした中で、大塚家具があ [全文を読む]

大塚家具、赤字転落でも「戦略なき経営者」久美子社長と元会長の実父は1億円の収入

Business Journal / 2016年06月15日06時00分

(2)大塚久美子社長の実父で前会長でもあった大塚勝久氏が昨年創業した匠大塚社が、大塚家具のビジネスを奪ったのか。●赤字転落の原因は売上高の急落である 赤字転落の原因は売上高の急落である。トップが落ちればボトムは大きく損なわれる。今回の修正発表では、今期の売上高は前期比42億円減の538億円と、マイナス7%強の落ち込みを予想している。過去15年間で最低になる [全文を読む]

新・大塚家具はニトリに勝てるのか? 経営戦略のプロが「騒動後」を分析

まぐまぐニュース! / 2016年05月11日20時00分

実父との対決に勝ち経営権を掌握した大塚久美子社長は「家具・インテリア業界におけるリーディングカンパニーを目指す」という新たな経営方針を掲げましたが、売上で8倍もの差をつけられているニトリを追い抜くことはできるのでしょうか。無料メルマガ『ビジネスマン必読!1日3分で身につけるMBA講座』の著者でMBAホルダーの安部徹也さんが両社の財務諸表を比較しつつ分析して [全文を読む]

《企業や組織で起きるは、現代版・お家騒動》殿のご乱心?「もう任せておけんぞ!」

INLIFE~あなたと保険を繋げるメディア~ / 2016年05月09日09時00分

創業以来社長を務めてきた大塚勝久氏が会長に退き、その後任に、勝久氏の長女で、富士銀行(現みずほ銀行)出身の大塚久美子氏が社長に昇格する人事が決定されました。 そして、久美子氏は、父親の勝久氏が築いてきた接客サービス手法を、“現代にはフィットしない、客足を遠のかせる原因になっている”と、真っ向から反対する施策を採ることによって、業績改善を果たしていきました [全文を読む]

大塚家具 騒動を逆手にとる「父娘CM」第2弾制作の内幕

NEWSポストセブン / 2016年02月23日07時00分

父親の大塚勝久氏を会長職から引きずりおろして勝利した娘の大塚久美子社長は、その後、勝久氏が創業以来築いてきた「店舗の会員制」を廃止すると同時に、「高級家具」中心の品揃えから、中価格帯の家具やインテリア雑貨などを増やす路線へと舵を切った。 久美子社長は生まれ変わった大塚家具をアピールするため、巧みな広告戦略も立ててきた。 昨年4月に開催した「新生大塚家具 [全文を読む]

大塚家具前会長の勝久氏 長男にどうやって財産を譲るか熟慮

NEWSポストセブン / 2015年12月24日16時00分

大塚家具の経営権をめぐり、実の娘である大塚久美子社長と激しく対立した、父親で創業者の大塚勝久氏。 「会社のことをよくわかっているから私に反対しているのだと思っていたが、違っていた。社長に選んだことが失敗だった」「悪い子を作ってしまった」などと反省したが、後の祭り。激しい委任状争奪戦の末、株主総会で久美子社長に敗れ、会長職を辞すことになった。その勝久氏、7月 [全文を読む]

企業不祥事連発の2015年 素早い対応で危機乗り切った企業も

NEWSポストセブン / 2015年12月17日16時00分

株主総会で、父・大塚勝久会長(当時)の経営手法を「古い」と斬り捨てた長女・大塚久美子氏が過半数の支持を得て勝利。創業者の勝久氏は会長職を退任した。 「4月から始めた“お詫びセール”では久美子氏自ら店頭に立ち、新宿ショールームに1日で1万人が訪れるなど盛況だった。トップが頭を下げる姿を国民が見飽きていた中、久美子氏の行動で示す“謝罪”は大胆で効果的だった」( [全文を読む]

騒動で認知度アップ!?大塚家具「買い物したことない」9割超

NewsCafe / 2015年05月19日12時00分

創業者・大塚勝久会長と、娘である大塚久美子社長の経営方針の違いから巻き起こった、創業者一族による経営権争い…絵に描いたような"お家騒動"は泥沼化し、ワイドショーやゴシップ誌の格好の餌食になっていた。結果、勝久会長の退任を求めていた久美子社長の「会社提案」が株主総会で過半数の賛成を得て可決。先月17日には早くも旗艦店である新宿店が改装、公開された。他店舗も順 [全文を読む]

大塚家具、騒動再燃で分裂危機!今度は姉弟戦争勃発か 父派幹部へ容赦ない粛清人事

Business Journal / 2015年05月07日06時00分

結局は株主総会で娘の大塚久美子社長が勝利を収めたが、再び暗雲が立ち込めているようだ。父親の大塚勝久前会長と行動を共にした息子の大塚勝之前専務が、同社の幹部社員を引き抜き、新会社を設立する準備に入ったというのだ。勝久氏は今後も大塚家具社内に残って久美子氏の経営を監視する意向だといい、前代未聞の“お家騒動”は今後も続きそうだ。 3月末に開催された大塚家具の株主 [全文を読む]

大塚家具よりエグい? 「パナソニック」創業者の娘婿をめぐるドロドロ人事抗争の歴史

リテラ / 2015年04月27日19時06分

高級路線を進む創業者で当時会長の大塚勝久氏と、カジュアル路線を進める勝久氏の長女・大塚久美子社長が経営権をめぐって対立、3月の株主総会で勝久氏が会長から退任し、久美子社長に軍配が上がるかたちとなった。 会社組織において、権力闘争は決してめずらしいものではない。大塚家具の場合は、実の親子が真っ向から対立したということでセンセーショナルに取り上げられたが、誰も [全文を読む]

フォーカス