自民党 中川郁子に関するニュース

自民新人議員は暇 宮崎謙介氏の国会質問は1年で2回

NEWSポストセブン / 2016年02月24日07時00分

自民党議員に続出する醜聞のほとんどが、安倍自民が政権復帰を果たした2012年総選挙の初当選組によるものだ。宮崎謙介前代議士、中川郁子氏、武藤貴也氏もまたしかり。いまや自民党の「2012年問題」と呼ばれる始末である。 2012年に初当選した議員は116人。実は、彼らには国会で仕事がなく、暇を持て余している。落選経験のある自民党中堅議員はこう語る。 「数が多い [全文を読む]

自民党2012年問題「イケメンならOK」の大量当選の代償

NEWSポストセブン / 2016年03月03日07時00分

昨年から世間を騒がせ、私たちを失笑させた3人の自民党議員を思い出してほしい。 まずは昨年3月、妻子持ちの門博文衆議院議員(50才)との不倫が発覚し、“路チュー”の現場を撮られたばかりか、その後入院した禁煙の病室でたばこを吸っていたのがバレて謝罪した、中川郁子衆議院議員(57才)。スクープした週刊誌に直撃され、「私はもっと美人」などと訳のわからない否定をした [全文を読む]

議員の劣化が止まらない! 自民の下半身醜聞はなぜ二階派ばかり?

週プレNEWS / 2016年02月26日06時00分

政界復帰の目はもうないでしょう」 普通ならこれで一件落着となるはずだが、自民党内では今もゴタゴタが続いている。政治部記者が続ける。 「宮崎の辞任で、京都3区では補選(4月24日投開票)が行なわれます。自民党京都府連は宮崎に代わる候補を立てて戦うつもりでいますが、谷垣幹事長が擁立に後ろ向きで、党内でモメているのです」 谷垣幹事長が後ろ向き? その胸中を政治評 [全文を読む]

メディアに政治家子女 フジに安倍首相甥、産経に麻生氏甥等

NEWSポストセブン / 2015年06月14日07時00分

故・中川昭一氏(元財務相)と不倫路チュー騒動の中川郁子(ゆうこ)・自民党衆院議員の長女はフジテレビの報道記者。 フジには他にも「超大物」の子息が揃う。中曽根康弘・元首相の孫は政治報道とは無縁で「バラエティ制作センター」の主任を務める。 昨年には岸信夫・自民党衆院議員の息子、つまり安倍首相の甥が入社。本人の希望で報道局に配属されている。局内では「採用試験で出 [全文を読む]

中川郁子農水大臣政務次官 “路チュー”騒動だけではない未亡人議員の性

アサ芸プラス / 2015年08月14日17時56分

路上キス写真に続いてその相手との再デート疑惑まで報じられた自民党衆議院議員の中川郁子農水大臣政務官(56)。しかし未亡人議員の「性」に驚く声は少なく、聞こえてくるのは“やっぱりな”という声ばかりで‥‥。 故・中川昭一氏の死後、残された妻として政界入りした中川氏。「清楚な未亡人」の化けの皮を剥いだのは今年3月12日号の「週刊新潮」だった。中川氏と妻子持ちの自 [全文を読む]

【永田町炎上】”衆愚政治”が生んだ間違いだらけの議員選び

デイリーニュースオンライン / 2016年03月03日12時00分

2月9日、元SPEEDの今井絵理子が自民党本部で夏の参議院選への出馬会見を行ったが、今井に政治的資質や政策能力があるとはとうてい思えないし、そもそも国会議員になっていったい何がしたいのか筆者にはさっぱりわからない。これも「間違いだらけの候補者選び」の典型例だ。 ■「小選挙区制」と「派閥」の教育機能の低下が閣僚を劣化させる それにしても昨今の日本の閣僚と国 [全文を読む]

自民若手の連続不祥事 選挙が楽でカネと暇ある環境が一因

NEWSポストセブン / 2016年02月25日07時00分

不祥事続出が問題視されている自民党の2012年当選組の新人議員(武藤氏は離党)。自民党が大敗した2009年当選組(小泉進次郎氏など4人)と比べると、国会質問の数でも大きく劣り、政治キャリア、政務能力の“劣化”が問題視されている。 宮崎氏が国会で質問をした回数は1年間でわずか2回。下積みの努力がない分、宮崎氏は「育休宣言」のパフォーマンスで手っ取り早い知名度 [全文を読む]

【永田町炎上】蓮舫や三原じゅん子に百万票以上を投じた有権者の知的水準

デイリーニュースオンライン / 2016年07月28日12時05分

筆者は内政では自民党の、米国では共和党の支持者だが、おそらくドナルド・トランプは過激な主張が禍して本選ではヒラリー・クリントンには勝てないであろう。 目下、舌戦もたけなわの東京都知事選もメディアの世論調査によれば、小池百合子元防衛相が一歩抜きん出ているらしいし、政治の世界は内外を問わず「女性上位」の傾向が強いようだ。 およそ政治家には旧商工官僚出身で後に民 [全文を読む]

民主党・細野政調会長に"ゲス不倫"問題をぶつけて返ってきた反応は?

東京ブレイキングニュース / 2016年02月22日19時00分

議員辞職に加え、とうとう自民党を離党してしまった宮崎謙介氏。素早かったですねえ。4月解散説も囁かれているので、さっさと斬り捨てられたのでしょうか。 それにしても意外だったのは、宮崎氏の件がテレビのワイドショーで流された時、視聴率をとらなかったという点です。2月21日の「そこまで言って委員会」で司会の辛坊次郎氏が言っていたから、事実でしょう。 そういや宮崎氏 [全文を読む]

安倍政権お友達人事 政治的技量のなさ露呈するだけとの指摘

NEWSポストセブン / 2015年09月04日16時00分

茂木敏充・自民党選挙対策委員長(59)は今年1月の佐賀県知事選をはじめ地方選で連戦連敗。挙げ句、8月20日に告示された岩手県知事選では、劣勢を気にしてか対立候補を取りやめる「不戦敗」で、逃げの姿勢を見せた。 安倍首相の側近中の側近である萩生田光一・党総裁特別補佐(52)は2014年11月、衆院選関連の報道について「公平中立」「公正」を求める文書を在京民放 [全文を読む]

路チュー騒動の中川郁子農水政務官が「週刊新潮」記者の首に手を回し「チューしましょうか」と...

リテラ / 2015年07月24日08時00分

もっとも、この酒席には江崎鐵磨自民党副幹事長も同席していた。派閥の大先輩をまるで芸能人密会デートのアリバイ要員のように使うのも凄いが、3人は日本酒や焼酎を酌み交わしたという。主に江崎議員の講釈の聞き役だったという中川・門カップルだが、「週刊新潮」に掲載された写真を見るかぎり、中川議員の"ナマ脚"もド迫力、さらに、門議員も大先輩そっちのけで中川議員の方を見 [全文を読む]

肉食系派閥・自民党二階派の「出会い系」パーティーに注目せよ|プチ鹿島の『余計な下世話!』

東京ブレイキングニュース / 2015年05月26日17時00分

そのうち上半期をふりかえるとき、「そういえばあったなぁ」という話題といえば、自民党の中川郁子議員と門博文衆院議員の「路チュー」騒動ではないか。『週刊新潮』(3月12日号)のスクープだった。私があのとき気になったのは路チューの2人が自民党の二階派所属ということだった。トップの二階俊博氏は安倍一強といわれる自民党のなかで、今秋の総裁選出馬の噂もある人物。世間的 [全文を読む]

[山田厚俊]【安保法制に前のめりの安倍首相、党内危機感】~統一地方選前に自民大揺れ~

Japan In-depth / 2015年03月10日19時00分

自民党は平和な暮らしを守る大きな責任があり、切れ目のない安全保障を進める。戦争に巻き込まれるとか徴兵制が始まるとの無責任は批判にはたじろがず、やるべきことはき然とやり遂げてきた。これからも積極的平和主義の旗を掲げ、日本の領土、領空、領海は断固として守り抜く」 3月8日、都内のホテルで行われた自民党大会で、安倍晋三首相(自民党総裁)はこう力強く語った。想像 [全文を読む]

自民党路チュー議員の秘書、ナンパ相手にキス拒まれ店追放

NEWSポストセブン / 2017年06月05日16時00分

※週刊ポスト2017年6月16日号 [全文を読む]

知名度低い自民若手 地元行かず政治活動費節約し貯金に励む

NEWSポストセブン / 2016年03月09日11時00分

2012年の衆院選で圧勝した自民党。300議席に迫る大量当選となり、公募で選ばれた無名の新人が数多く政治家となった。しかし、その結果として安倍政権を悩ませることとなっているのが、「2012年問題」。2012年の衆院選で初当選した議員が次々と不祥事を起こしたのである。 妻子持ちの門博文衆議院議員(50才)との “路チュー”の現場を週刊誌に撮られた、中川郁子衆 [全文を読む]

宮崎謙介・中川郁子・武藤貴也… 自民党の2012年問題

NEWSポストセブン / 2016年02月23日07時00分

だが、最近の自民党若手議員の行動パターンは様変わりしている。 「うちのセンセイは週末戻ってきても“用事があるから”とすぐに東京に戻ってしまう」 そうボヤくのは北関東の地方議員だ。西日本の代議士の地元を支える後援者からはこんな声も聞かれる。 「地元に戻っても大きな祭りにも顔を出さない。フェイスブックやブログに写真を上げるのは熱心だけど」 では、地元に帰って何 [全文を読む]

【宮崎議員辞職】で露呈した杜撰な公認候補選びの実態と、影に隠れた大臣らの失言

Business Journal / 2016年02月17日06時00分

同年12月に行われた総選挙で、自民党は大勝して政権を奪還した。そこで初当選した議員の不祥事が相次いでいる。この1年を振り返ると、・昨年3月、農林水産政務官だった中川郁子氏と、妻子がある門博文氏が路上でキスしている写真が「週刊新潮」(新潮社)に掲載された。・同6月、党内の勉強会で大西英男氏が「マスコミを懲らしめる」などと発言。・同8月、武藤貴也氏が「値上がり [全文を読む]

フジテレビ局員の安倍総理の甥が政治部を希望した裏側とは?

アサ芸プラス / 2015年07月01日17時55分

昨年4月、安倍晋三総理(60)の弟である自民党・岸信夫衆院議員(56)の息子がフジテレビに入社。その“総理の甥”が配属先にまさかの政治部を希望しているのだとか。「彼が優秀で戦力になるから入れているのです」 昨年3月28日、フジテレビの亀山千広社長は定例会見で、安倍総理の甥が入社することについて記者に質問されると、語気を強めてこう答えた。 実際入社してみると [全文を読む]

路チュー中川議員長女はフジ報道記者 騒動で局内で頭下げる

NEWSポストセブン / 2015年06月13日16時00分

たとえば故・中川昭一氏(元財務相)と中川郁子(ゆうこ)・自民党衆院議員の長女はフジテレビの報道記者。父の存命中に入社した彼女は「局内でも指折りのスクープ記者」として知られている。彼女をよく知る報道部関係者はこう話す。 「入社間もなくの頃、数百億円規模の詐欺事件の取材を任された彼女は数日間かけて疑惑の核心を掴み、フジの独自スクープになった。その報道で報道局 [全文を読む]

スキャンダル対策入院議員に「医療制度崩壊導く」と医師憤慨

NEWSポストセブン / 2015年03月13日16時00分

“不倫路チュー”を『週刊新潮』にすっぱ抜かれた農水省政務官の中川郁子議員(56才)と自民党の門博文議員(49才)。中川議員は、同誌が発売された3月5日に速攻で入院。病名は発表されなかった。 「予算委員会で詰問されるのが必至なので、単に逃げただけでしょう。入院先は、1泊8万円という都心の大病院のVIPルームだといわれています」(全国紙記者) 5日に《私の軽率 [全文を読む]

フォーカス