中日 中村紀洋に関するニュース

夢のON対決に史上最大の下剋上!プロ野球・日本シリーズ伝説の瞬間「熱狂!平成編2」

週プレNEWS / 2016年10月28日10時00分

ペナントレースは夏場から独走し、9月24日の中日戦で二岡智宏がサヨナラ本塁打を放って、ド派手に優勝を決めていた。 お互いに満を持してぶつかった「ON対決」。先手を取ったのは、ダイエーだった。東京ドームで開幕した第1戦は、この年FAでダイエーから巨人に移籍した工藤公康が古巣相手に先発。前年まで工藤を師匠と慕った城島や松中信彦が恩返しの一発を放って勝利すると、 [全文を読む]

中村紀洋 古巣中日が獲得する可能性は「十分ある」と関係者

NEWSポストセブン / 2014年10月18日16時00分

これまで近鉄、ドジャース、オリックス、中日、楽天、横浜と6球団を渡り歩き、トラブルを起こしては不死鳥のごとく甦ってきた中村。しかし、41歳を迎えた今回ばかりは、獲得に乗り出す球団があるのか疑問視されている。 そのなかで、最も注目を集めているのが、古巣・中日の動向だ。中村は、谷繁元信監督や、荒木雅博や和田一浩といった主力選手との関係も良好と言われる。何より [全文を読む]

プロ野球契約更改時の“嘆き節”厳選16人のコメント紹介

NEWSポストセブン / 2012年12月09日07時00分

金額を見た瞬間に足がガクガクになりました」――井端弘和(中日・2005年) ・「誠意とは言葉ではなく金額」――福留孝介(中日・2007年) ・(保留でのイメージ悪化について)「アイドルじゃないんで。イメージはどうでもいいです」――藤井淳志(中日・2009年) ・「携帯電話会社と同じですよ。新規加入の人には優しくて、既存の人にはそのまま」――杉内俊哉(ソフト [全文を読む]

川上憲伸、井川慶、中村紀洋 現役続行目指す3人の現在地

NEWSポストセブン / 2016年03月25日07時00分

中日からは山本昌、谷繁元信、小笠原道大、和田一浩。巨人では、新監督に就任した高橋由伸をはじめ、井端弘和、金城龍彦。他球団でも斎藤隆(楽天)、西口文也(西武)、谷佳知(オリックス)などビッグネームが並ぶ。 指導者として請われて退いたり、自ら引き際を選べるのはまれで、一時代を築いた選手でも戦力外と見なされればたちまち職を失う。そんな厳しい世界で現役を続けるのは [全文を読む]

中村紀洋 「黒・白ノリ」を経た4度の歴史を今さらおさらい

NEWSポストセブン / 2014年10月06日16時00分

近鉄からプロ人生が始まり、ちょこっとMLBのドジャースに行った後、オリックス、中日、楽天、現在の横浜と球団を渡り歩いてきた中村紀洋、41歳。この男はファンの間で「黒ノリ」と「白ノリ」の二面があるといわれてきた。そして10月3日に横浜退団が決定した。 「普段は気っぷのいい関西の男」(球界関係者)という中村だが、実績を残すとビッグマウスを連発、オフには強気な条 [全文を読む]

DeNA中村紀洋、3度目のFA取得で『黒ノリ』に変身か

AOLニュース / 2013年05月23日14時35分

できればここ(DeNA)で骨をうずめたい気持ちがある」と話したというが、実は08年の中日時代に2度目のFA権を取得した際にも似たようなことを語っていた。 「2度目のFA権取得の心境? 興味がない。使いみち? 何度も言うけど興味がないですね。まあ、それだけ長く野球をやらせていただいている結果。ドラゴンズには本当に感謝しています」(2008年4月15日の中日[全文を読む]

12球団の「ヤング侍」汗と涙のブレイク秘話(4)

アサ芸プラス / 2012年10月03日10時59分

阪神 新井弟 芽が出ない中日時代も「とにかく走った」 DeNA 荒波 師匠ノリさんの一言で「重圧から解放」 リーグ下位に沈んだ阪神と横浜。観客動員も落ちる中、消化試合を盛り上げる明るい2人が、両チームの未来を担っている。 * 金本知憲(44)に「新井兄弟が引退を後押ししてくれた」と言わしめた新井弟・良太(29)。後半戦は虎の新4番として、豪快なアーチを量産 [全文を読む]

桑田がショート?侍ジャパン稲葉監督がピッチャー?…珍采配続出のサントリードリームマッチ

サイクルスタイル / 2017年08月09日18時32分

対するザ・プレミアム・モルツ球団も、鈴木が出場するたびにキャッチャーを谷繁元信(元中日)に交代させた。両監督の采配はファンを盛り上げ、鈴木は日本記録となる7盗塁を達成した。 ピッチャー川上憲伸、キャッチャー谷繁元信 ピッチャー稲葉、ショート桑田 稲葉篤紀(元日本ハム) 6回表、マウンドに上がったのは侍ジャパン監督に就任した稲葉篤紀(元日本ハム)。関本賢太郎 [全文を読む]

妄想チーム「落ち武者ジャパン」外野に糸井嘉男、T.ローズら

NEWSポストセブン / 2017年03月14日07時00分

スポーツ紙記者や球界OBからは、内野では清原和博(元・西武、巨人ほか)や中村紀洋(元・近鉄、中日ほか)など、腕っぷしが強そうで豪胆な頼もしいメンバー候補の名前が挙がった。 外野陣も逸材が揃う。今年から阪神に加入した超人・糸井嘉男は、侍ジャパンに選ばれていないほうが不思議という声もあるが、ここはぜひ落ち武者ジャパンで存分に活躍してほしい。 NPB初の「6年連 [全文を読む]

【プロ野球】同期の絆よ、永遠なれ! 「28会」の会長は中畑清。プロ野球界の主な同期会をピックアップ(昭和編)

デイリーニュースオンライン / 2017年02月14日16時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■28会(1953年度生まれ) 【主なメンバー】 会長:中畑清(前DeNA監督) 落合博満(前中日GM) 梨田昌孝(現楽天監督) 真弓明信(元阪神監督) 田尾安志(元楽天監督) 「28会」は監督経験者がズラリと並ぶ豪華なメンバー。このほかにも若菜嘉晴(元ダイエーコーチ)、吹石徳一(元近鉄コ [全文を読む]

【プロ野球】日米通算二千本安打!福留孝介”思い出の名場面”

デイリーニュースオンライン / 2016年07月01日17時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■高校時代から大器の片鱗を見せる 鹿児島出身の福留は少年時代、宮崎・串間での中日キャンプで立浪和義のプレーに魅せられ、憧れを抱く。中学卒業後には立浪の母校、PL学園に越境入学。PL学園では1年夏からクリーンアップを任され、2年春には4番打者としてセンバツに出場。チームはベスト4に進出した。 [全文を読む]

中村紀洋、懲罰2軍行き!お騒がせ「黒ノリさん」の事件あれこれ、ファン呆れ顔「またか」

AOLニュース / 2014年05月09日12時00分

近鉄からドジャース~中日~オリックス~楽天を経て、2011年からDeNAで戦う中村紀洋は、昨年、名球会入りも果たした名選手だが、これまでたびたびその言動が話題となってきた。近鉄からFA宣言した際の「中村紀洋というブランド」発言から始まり、 ・メッツとの契約合意報道 メッツのHPに掲載 「信用出来ない」と契約を白紙に(02年) ・6回に及ぶ契約交渉の末、オ [全文を読む]

プロ野球「火薬庫男」たちの遺恨爆弾(2)昨年の「熱いぜ!」から一変

アサ芸プラス / 2013年02月05日09時59分

中日から大砲ブランコ(32)をはじめ、ソト(30)、ソーサ(35)の主力投手2人をまとめて「強奪」。ソフトバンクからも長距離砲・多村仁志(35)を呼び戻す大補強で、中畑監督の言い訳の余地はなくなってきた。もう結果を出すしかクビをつなげる道はないのだ。そこで指揮官はチームの引き締めに動いた。スポーツ紙デスクが苦笑する。 「茶髪と長髪禁止、タバコは吸うな、門限 [全文を読む]

気がつけば4分の3は野手…『名球会』の現在

ベースボールキング / 2017年08月15日13時00分

たしかに2000安打の達成者は今季だけでも荒木雅博(中日)に先日の阿部とすでに2人も出ており、海の向こうアメリカでは青木宣親が日米通算2000安打を達成している。 投手では昨年で現役を引退した黒田博樹が日米通算200勝を達成して入会資格を得たが、その前はというと2010年の岩瀬仁紀(中日)までさかのぼる。野手に比べて、その頻度はかなり少ない。過去10年に広 [全文を読む]

世界と戦うなら清原、黒ノリらで「落ち武者Japan」結成を

NEWSポストセブン / 2017年03月13日16時00分

そこで清原を推す関係者らは、サポート役として一昨年に引退した小田幸平(元・巨人、中日)の名を挙げた。「小田は清原と懇意で、深夜でも清原の電話1本で駆けつけた。プロレス技をかけられても笑顔を絶やさない小田の存在は、清原の精神安定剤となるはず」(同前) 内野手では、中村紀洋(元・近鉄、中日ほか)も“大人気”だ。「豪快なフルスイングで通算404本塁打を放った中村 [全文を読む]

中日からのFA流出 「落合GMの考え方と性格が仇に」の指摘

NEWSポストセブン / 2015年11月21日16時00分

今シーズン5位に終わり、45年ぶりの3年連続のBクラスとなった中日ドラゴンズ。山本昌、谷繁元信、小笠原道大、和田一浩といったベテランが続々と引退し、チームは生まれ変わろうとしている。 だが、オフに入ると、貴重な中継ぎ左腕である高橋聡文投手がFA(フリーエージェント)宣言し、阪神への移籍が濃厚に。谷繁監督の説得により残留となったものの、外野の一角である藤井淳 [全文を読む]

DeNA・中畑監督 中日・落合GMと被る「有言実行型」「シンプル・イズ・ベスト型」

ソーシャルトレンドニュース / 2015年06月05日06時31分

近年、選手に辛辣に当たった監督は、落合博満現・中日ゼネラルマネージャーくらいだろう。落合GMは監督時代、「能書き垂れるなら、俺の数字抜いてみろ」と選手に言い放ち、とにかく練習をさせ、チームを常勝軍団に導いた。就任1年目、落合監督は「どの選手も横一線」と言った。そして、「若手だから」「ベテランだから」「地元選手だから」というような理由ではなく、「どの選手を使 [全文を読む]

今年の「プロ野球戦力外通告 クビを宣告された男達」が豪華すぎると話題に

AOLニュース / 2014年11月05日17時30分

【巨人】越智大祐投手,クリス・セドン投手,星野真澄投手,田中太一投手,井野卓捕手,加治前竜一外野手【阪 神】西村憲投手,高山久外野手,森田一成内野手,建山義紀投手【広島】キラ・カアイフエ内野手,梅津智弘投手,上村和裕捕手,ブライアン・バリントン投手,ザック・フィリップス投手【中日】アレクシス・ゴメス外野手,矢地健人投手,辻孟彦投手,井上公志投手,小田幸平捕 [全文を読む]

プロ野球“ストーブリーグ”突入で「お荷物&嫌われ者」は一挙大粛清か?(2)問題児・中村紀洋の行く果ては?

アサ芸プラス / 2014年10月15日09時57分

二軍首脳陣に『左肘の状態は悪くないのに、なぜ一軍に上げてくれないのか』とゴネたことが傲慢と見なされました」 2年連続最下位のヤクルトも中日同様、10選手にクビを宣告。特に問題視されたのは、岩村明憲(35)で、 「代打要員として開幕一軍スタートしましたが、試合前にベンチでふんぞり返ってコーヒーをガブ飲みしながら『挨拶がねえぞ』と若手選手を威嚇。チームの和を乱 [全文を読む]

セ・パ交流戦突入!12球団「内部崩壊バクダン」の着火マンは?(2)中日の守護神の嘆き節

アサ芸プラス / 2014年05月27日09時57分

「5月7日、中日・川上憲伸(38)が腰痛で登板回避し、代わりに先発した2年目左腕・濱田達朗(19)にプロ初先発初完封を喫してしまった。実はその裏で、川上の登板回避から阪神スコアラーは濱田のデータ収集に奔走し、チームに情報を提供していたのです。ところが試合前のミーティングで和田豊監督(51)からは具体的な指示がなかった。5月13日の対広島戦でも、9回表の勝 [全文を読む]

フォーカス