長嶋茂雄 中畑清に関するニュース

BS11 中畑清 熱血!スポーツ応援団 長嶋茂雄×中畑清 ロングインタビュー

PR TIMES / 2017年03月17日10時14分

強い師弟関係で結ばれる中畑清だからこそ聞くことができる話題が続々と飛び出します! 中畑清と稲村亜美がおくるスポーツ情報番組「中畑清 熱血!スポーツ応援団」(BS11 3月20日(月)よる8時~)に 読売ジャイアンツ終身名誉監督長嶋茂雄氏が出演! 3月10日都内某所で収録された中畑清によるロングインタビューの模様を余すところなく放送します。 [画像1: ht [全文を読む]

「長嶋茂雄×中畑清」師弟関係の二人が野球への熱い思いを語る

Smartザテレビジョン / 2017年03月17日17時05分

3月20日(月)夜8時から放送されるスポーツ情報番組「中畑清 熱血!スポーツ応援団」(毎週月曜夜8:00-8:54BSイレブン)に、読売ジャイアンツ終身名誉監督長嶋茂雄氏が出演することが決定した。長嶋氏と師弟関係という番組MC“スポーツ応援団長”の中畑清。二人だからこその貴重なトークが繰り広げられる。 3月10日に行われた今回の特別インタビュー。プロ野球の [全文を読む]

来季も巨人V逸なら中畑清監督待望論も

NEWSポストセブン / 2016年10月18日16時00分

選手引退、即監督就任という長嶋茂雄氏以来となる異例の人事の中、阿部慎之助や村田修一など下り坂に差し掛かりそうなベテランの多いチームを何とか2位に踏みとどまらせた功績を称える声もある一方で、あまり動かない采配ついての批判もある。野球担当記者はこう語る。 「1年目で、結論を出すのは早急でしょう。たしかに代走のスペシャリストである鈴木尚広を出し惜しみして、結局 [全文を読む]

長嶋茂雄「怪物リハビリ・超過酷トレ」の最新現場!(1)大ハッスルの理由はOBの論評

アサ芸プラス / 2017年02月25日17時56分

衰えるどころかますます元気になっていて、正直、驚きましたよ」 スポーツ紙記者がこう明かすのは、2月11日と12日の2日間、巨人・長嶋茂雄終身名誉監督(81)が宮崎キャンプを視察に訪れた際の様子である。これまでミスターはイベントなどで人前に出た際、麻痺の残る右手をポケットの中に入れたままだった。だが、もうそれを隠さなくなったのだ。この日の宮崎の最高気温は9度 [全文を読む]

長嶋茂雄と「伝説の巨人OB」が集結!!

日刊大衆 / 2016年11月30日11時30分

先日、「第3回長嶋茂雄少年野球教室」が千葉県佐倉市の岩名陸上競技場で開催された。巨人・長嶋茂雄終身名誉監督(80)の故郷ということもあり、観客席は保護者や野球ファンでぎっしり。開講式でミスターが姿を現すと、スタンドからは「長嶋さーん」「ミスター」という歓声がこだました。 この日は、長嶋氏のほかに、中畑清、松本匡史、角盈男、定岡正二、篠塚和典、元木大介の巨人 [全文を読む]

中畑清がさんまにDeNA時代の不満を打ち明ける!?

Smartザテレビジョン / 2016年05月20日20時25分

また、中畑は毎年12月に長嶋茂雄や江川卓らが集まる食事会を開催しているという。その席で、“DeNAから監督続投の要請を受けてたが辞意を固めた”という旨を長嶋に報告したが、「おまえはバカか?」と二度も怒られたことを明かす。さらに、中畑はそこから長嶋の物まねを始める。 そして、中畑はお土産として持参した監督時代にかぶっていたDeNAのキャップを取り出すと、「 [全文を読む]

ポスト原辰徳の最右翼は松井秀喜 中畑清や落合博満の名前も

NEWSポストセブン / 2015年06月17日07時00分

巨人を率いて通算12年は、長嶋茂雄氏(15年)、川上哲治氏(14年)に次ぐ歴代3位だ。原辰徳監督はそれだけの長期政権を任されるだけの文句のつけようのない輝かしい戦績を残した。しかしそんな名将も、今季限りで契約切れを迎える。早くも球団内外では、次期監督の名前が取り沙汰されている。 「ポスト原辰徳」争いは、すでに始まっている。その最右翼は、松井秀喜氏だ。 「親 [全文を読む]

巨人村田修一 選手会長就任で来季優勝&好成績のジンクスも

NEWSポストセブン / 2013年11月24日07時00分

1971年の長嶋茂雄を皮切りに、巨人ではこれまで17人が選手会長を務めて来た。投手は堀内恒夫、桑田真澄、内海哲也の3人だけ。村田は2009年の阿部慎之助以来となる野手での選手会長就任となる。 これまで14人の野手が選手会長となっているが、就任初年度のリーグ優勝確率は、なんと7割1分4厘の高確率(投手を含めても、6割4分7厘)。特に1980年代、1990年 [全文を読む]

アテネ五輪終了直後の中畑清氏の態度に落合博満氏の怒り爆発

NEWSポストセブン / 2012年09月28日16時00分

たとえばアテネ五輪の際、「各球団2人ずつ計24名を派遣する」とオーナー会議で決まったにもかかわらず、長嶋茂雄監督がその枠を撤廃しようと動いたり、中畑清ヘッドコーチがアテネ五輪中に「井端を貸してくれ」といい出したりと、落合氏はルールに乗っ取らないやり方に疑問を抱いていた。 落合氏自身、「世界大会があるのは何年も前からわかっているのだから、そこに向けて前々か [全文を読む]

中畑清「舌好調」24連打(1)報道陣の笑いにガッツポーズ

アサ芸プラス / 2012年02月21日10時59分

「1月17日、異例の『中畑監督就任を祝う会』が催され、ミスター(長嶋茂雄・巨人終身名誉監督)や松井秀喜をはじめ約1500人が集まった。高田GMが途中で退席しようとしたので、なじみの記者が声をかけると『いいの、いいの。中畑に全部つきあっていたら疲れるから』。キャンプイン後も『(中畑監督に)先発投手を伝えると全部マスコミに話しちゃうから監督には教えないほうが [全文を読む]

中畑監督ばかりに注目集まる理由 「チームにネタなさすぎ」

NEWSポストセブン / 2012年02月17日07時00分

「どこか長嶋茂雄さんを彷彿とさせるところがある。中畑監督はキャンプ序盤、選手を挑発し、いいプレーをするとファンに拍手を要求した。こうしたファンと監督・選手の一体感の演出は、かつては長嶋氏の得意技でした。 初日に行なったノックで、選手に対し、“敬語を使わなくていい”といったのも同じ。現役時代の巨人キャンプで、“このヘナチョコノックが!”と中畑が噛みつき、長 [全文を読む]

東京五輪「侍ジャパンは原辰徳監督」で金メダル?

日刊大衆 / 2017年05月16日07時05分

病に倒れた長嶋茂雄代表監督に代わって中畑清監督が指揮を執った04年のアテネでは準決勝で豪州に0-1で惜敗し、3位決定戦でカナダに勝ち、銅メダル。星野仙一監督の下で臨んだ08年の北京は、韓国に準決勝で敗れ、3位決定戦でアメリカに屈し、メダルなしに終わった。「正式競技になってから、五輪の野球で日本は金メダルを獲っていない。自国開催の五輪は絶好の機会で、逃すわ [全文を読む]

侍JAPAN新監督 本命・原、稲葉に古田、星野や中畑の名も

NEWSポストセブン / 2017年04月05日16時00分

「星野仙一氏(70)は北京五輪でメダルを逃しているだけに、リベンジに燃えているようです」(NPB記者) 自ら“やる気”を口にしたのが、2004年のアテネ五輪の際に脳梗塞で倒れた長嶋茂雄氏に代わってチームを率いた中畑清氏(63)である。 「2月末に行なわれたトークショーで『(侍ジャパン監督就任はいつか、と聞かれて)あとちょっとかな』と冗談まじりに話していた [全文を読む]

【プロ野球】《日本シリーズ・名ホームラン選》日本シリーズの歴史に刻まれた「ホームラン名場面」をプレイバック!

デイリーニュースオンライン / 2016年11月03日16時05分

2死一塁と阪急が勝利まであと1人と迫るなか、3番・長嶋茂雄が山田の変化球を泳ぎながらもセンター前へ運び、4番・王が打席に入る。 カウント1-1から王は山田の投じたストレートをライトスタンドへ運びサヨナラ3ランに。打たれた山田はその場にガックリと座り込んだ。この王の一振りがシリーズの流れを変え、巨人は第3戦以降3連勝。4勝1敗でシリーズ7連覇を達成した。 打 [全文を読む]

よみがえる名場面。プロ野球・日本シリーズ伝説の瞬間「激闘!昭和編1」

週プレNEWS / 2016年10月25日06時00分

昭和40年代のプロ野球は、ミスタープロ野球こと長嶋茂雄と、一本足打法の王による「ON砲」が円熟期を迎えていた。 一方のパ・リーグは、闘将・西本幸雄監督率いる阪急がリーグ制覇の常連となるものの、日本シリーズでは3度巨人に敗れていた。そして、これが4度目の挑戦。 だが、1勝1敗で迎えた第3戦、9回裏に起きたドラマが、打倒・巨人に燃える阪急ナインの意欲をそぎ取 [全文を読む]

伊野尾慧、伝説の“10.8決戦”の新事実に感動!

Smartザテレビジョン / 2016年04月07日08時00分

同率首位で並んだ巨人と中日が最終戦で激突、勝ったチームがリーグ優勝という、ドラマのようなお膳立てが整った一戦で、当時、長嶋茂雄監督が「国民的行事」と表現した、試合を読唇術でキリトる。取材に際し、当時、巨人の打撃コーチを務めていた中畑清氏が「もう時効だから言うけど…」と衝撃発言。それを前提に見ていくとこの試合に隠された衝撃の新事実が明らかになる。“巨人キラー [全文を読む]

ポスト原監督 若手育成力やスター性で中畑清氏を推す意見も

NEWSポストセブン / 2015年10月10日16時00分

中畑さんは長嶋茂雄終身名誉監督の愛弟子であり、渡邊恒雄巨人軍最高顧問とのパイプもある。今オフ早々の就任の可能性は低いですが、人材不足の巨人監督候補を考えると、まったくないとも言い切れませんよ」(同前) 過去に、退任の翌年に同一リーグの他球団監督になったケースもないわけではない。1998年オフ、野村克也氏はヤクルトから阪神監督に。2001年オフには、星野仙 [全文を読む]

次期G監督候補 吉村禎章氏、篠塚和典氏、由伸、阿部の名も

NEWSポストセブン / 2015年06月21日07時01分

女性問題が報じられてチームを去った経緯がありますが、もう禊(みそぎ)は済んだという声がもっぱらです」(スポーツ紙記者) もう1人は、長嶋茂雄元監督をして天才といわしめた篠塚和典氏。首位打者2回、ベストナイン5回を誇り、引退後は一軍打撃コーチをはじめ、守備走塁、総合コーチなどを歴任した。 「実績やキャリアを考えても、なぜこの人が球界でスポットライトを浴びない [全文を読む]

10万部のベストセラー『なぜ日本人は落合博満が嫌いか?』から4年… 奇才 テリー伊藤の問題作『松井秀喜がダメ監督にならないための55の教え』ついに刊行!

PR TIMES / 2014年11月17日11時38分

(「プロローグ」より) <本書の内容> ★ 長嶋茂雄の教え 「君は巨人の星だ」 ★ 王貞治の教え 「聖人君子の殻を脱ぎ捨てろ」 ★ メカゴジラの教え「最強の合体ロボを作れ」 ★ AV男優の教え 「ベンチでイビキをかけ」 ★ ドMの教え 「ボクをぶって! と叫べ」 ★ エモやんの教え 「アホになれ」 ★ お笑い芸人の教え「ゆるいコーチを選任せよ」 ★ 落合博 [全文を読む]

プロ野球開幕戦の食卓 王氏は赤飯、鯛の尾頭にナボナ並んだ

NEWSポストセブン / 2013年03月29日07時00分

ミスタープロ野球・長嶋茂雄も同様。次女・三奈さんは、かつてスポーツ紙の記事に「幼い頃の開幕日の記憶は、家の中に広がる生臭い匂いとともに始まる」としてこう綴っている。 「毎年、知り合いの方が新鮮な鯛や伊勢エビを送って下さり、母がそれを黙々とさばく。父はいつも通りランニングを終えると、母のめでタイ手料理を平らげて、白湯で締めていました」(日刊スポーツ1999 [全文を読む]

フォーカス