集団的自衛権 長谷部恭男に関するニュース

集団的自衛権にNO!「国民安保法制懇」ってなんだ?

週プレNEWS / 2014年07月08日06時00分

7月1日、安倍内閣は「集団的自衛権」の行使を容認するために、従来の憲法解釈を変更する内容の閣議決定を行なった。 戦後70年近く日本が守り続けてきた「戦争できない国」という流れを、同盟国を守るためには武力行使も辞さない「普通の国」に方向転換しようというのだ。しかし、それほどの問題なのに、憲法9条の改正手続きはおろか、国会でのマトモな議論を経ることもなく、行な [全文を読む]

<驚きの憲法審査会から>なぜ、オウンゴールは生まれたか?

メディアゴン / 2015年06月10日07時00分

2014年4月14日の毎日新聞『特集ワイド:「集団的自衛権行使は合憲」 砂川判決、根拠は「暴論」』という記事です。昨年、安倍総理が1957年の砂川事件最高裁判決を引いて、 「砂川判決が集団的自衛権を否定していないことははっきりしている」と主張したのですが、これは西教授の「砂川判決が言う自衛権も当然、双方(個別的自衛権も集団的自衛権も)が含まれると解すべきだ [全文を読む]

朝鮮半島・日本周辺の「軍事的防衛」不足は、緊急の課題である 安保法制の経済学的意味

Business Journal / 2015年07月12日06時00分

多くの憲法学者は、日本国憲法第9条を中心とした法学的観点から、安保法制における集団的自衛権の行使を「違憲」とみなしている。自衛権を個別的自衛権と集団的自衛権に区別し、前者は日本国憲法が認めているが、後者は認めていないとする。なかには個別的自衛権の行使としての自衛隊の存在自体をも認めない学者もいる。 以上の基本的な憲法論議を踏まえ、本稿では簡単な経済学的視点 [全文を読む]

<安保法制>小林節教授「狂った政治は次の選挙で倒すべき」 長谷部教授とともに批判

弁護士ドットコムニュース / 2015年06月15日17時38分

衆議院の憲法調査会で「集団的自衛権の行使は違憲だ」と発言し、大きな波紋を呼んだ憲法学者の長谷部恭男・早稲田大教授と小林節・慶應大名誉教授が6月15日、東京・有楽町の外国特派員協会で記者会見した。2人は政府が国会に提出している安保法制について「撤回すべき」だと声を揃えた。長谷部教授は、安保法案を撤回すべきだという理由について、「核心的な部分、つまり集団的自衛 [全文を読む]

【安保法制】憲法学者“造反”を招いた自民党の怠慢「人選を事務方に丸投げ」

デイリーニュースオンライン / 2015年06月14日11時50分

民主党・中川正春議員が「集団的自衛権の限定行使を可能とする安全保障関連法案は合意か違憲か?」と質問すると、自民推薦の長谷部恭男・早大教授が「憲法違反だ。従来の政府見解の基本的論理の枠内では説明がつかないし、法的安定性を大きく揺るがす」と答えてしまった。政府・自民党が狼狽するのも無理はない。 これには佐藤勉国会対策委員長も頭を抱え、審査会終了後 [全文を読む]

憲法巡る重鎮たちの「殴り合い」 その激しく熱い内幕

NEWSポストセブン / 2016年05月01日16時00分

「熱しやすく醒めやすい」のは日本人の特徴のひとつだが、集団的自衛権を巡る議論はまだ続いている。憲法記念日を前に、憲法オタクのフリーライター・神田憲行氏がレポートする。 * * * 集団的自衛権について昨年までは違憲派の押せ押せムードだったが、今年に入り、違憲派に疑問を突きつける動きが広まっている。 きっかけは元最高裁判事の藤田宙靖・東北大名誉教授が雑誌「自 [全文を読む]

憲法審査会“自民オウンゴール”の内幕を小林節教授に直撃「自民党議員の劣化は相当に深刻、安倍政権は憲法軽視の一語に尽きる!」

週プレNEWS / 2015年06月23日06時00分

安倍政権が前のめりで成立を目指す、集団的自衛権の行使容認を含む「安全保障関連法案」に意外なところからNOが突きつけられた。 6月4日、よりによって国会で「安保関連法案は違憲である」と日本を代表する3人の憲法学者全員が断言。しかも、そのうちのひとりは自民党が招致した憲法学者だったため、安保関連法案を「合憲」だとしてきた自民とすれば、今回の違憲判断は手痛い“オ [全文を読む]

憲法審査会“自民オウンゴール”の内幕を小林節教授に直撃「自民党議員の劣化は相当に深刻、安倍政権は憲法軽視の一語に尽きる!」

週プレNEWS / 2015年06月23日06時00分

安倍政権が前のめりで成立を目指す、集団的自衛権の行使容認を含む「安全保障関連法案」に意外なところからNOが突きつけられた。 6月4日、よりによって国会で「安保関連法案は違憲である」と日本を代表する3人の憲法学者全員が断言。しかも、そのうちのひとりは自民党が招致した憲法学者だったため、安保関連法案を「合憲」だとしてきた自民とすれば、今回の違憲判断は手痛い“オ [全文を読む]

安保関連法案 やっと見つけた「合憲派」の3人の教授の見解

NEWSポストセブン / 2015年06月15日16時00分

「そもそも日本は国連加盟国であり、国連憲章第51条で加盟国は個別的自衛権および集団的自衛権を『固有の権利』として持つと明記している。日本国憲法は自衛権を否定していないし、私は個別的自衛権と集団的自衛権は基本的に分けられるものではないと考えている。集団的自衛権の行使はまったくの合憲です」(西氏)「合憲と考えます。憲法の条文そのものと照らし合わせれば、自衛隊の [全文を読む]

安保法制は違憲? 公明党・山口代表「国会や政府が自衛権のあり方を決めていく」

弁護士ドットコムニュース / 2015年06月12日19時30分

集団的自衛権の行使容認などを盛り込んだ安保関連法案をめぐり、国会に参考人で呼ばれた憲法学者3人が「違憲だ」と指摘したことについて、山口代表は「謙虚に参考にする」と述べる一方、「国会や政府が自衛権のあり方を決めていく」と強調した。 ●「集団的自衛権が限定的に認められる」 この日の会見冒頭、弁護士でもある山口代表は、戦争放棄や戦力不保持をさだめた憲法9条の解釈 [全文を読む]

《発言全文》安保法案「違憲」とバッサリ、与党推薦の長谷部教授が語った「立憲主義」

弁護士ドットコムニュース / 2015年06月05日17時10分

集団的自衛権の行使=「憲法違反である」中川議員の質問に対して、自民・公明党が招いた参考人である長谷部教授の回答は、次の通りだった。「安保法制は多岐にわたっておりますので、その全てというわけにはなかなかならないんですが・・・。まずは、集団的自衛権の行使が許されるという点につきまして、私は『憲法違反である』という風に考えております。従来の政府見解の基本的な論 [全文を読む]

安保法案「強行採決」学者が批判――長谷部教授「安倍首相の個人的事情でしかない」

弁護士ドットコムニュース / 2015年07月16日10時38分

集団的自衛権の行使を可能にする安保法案については、多数の憲法学者から「違憲」という指摘が出ている。それにもかかわらず、与党の自民・公明両党が採決を強行したことに対して、憲法学者たちはテレビやツイッターなどで、次々と批判的なコメントを出した。与党側の参考人として呼ばれた憲法調査会の場で「安保法制は違憲だ」と明言して大きな注目を集めた憲法学者の長谷部恭男・早大 [全文を読む]

強行採決か「安保法案」 長谷部教授「政府の理屈は傍論ではなく暴論」

弁護士ドットコムニュース / 2015年07月09日16時04分

長谷部教授は、衆議院の憲法調査会に招かれたとき、与党の参考人であるにもかかわらず「集団的自衛権の行使は違憲だ」と発言して、大きな注目を集めた。 長谷部教授は、政府が合憲論の根拠としている「砂川判決」の該当部分について、「最高裁の先例としての価値は、いかなる争点に対してなされた判決であるかということから決まる」述べ、先例としての価値がない「傍論」であることを [全文を読む]

安保法制合憲論者の巣窟! 櫻井よしこ率いる民間憲法臨調の“人権否定“憲法観が恐ろしすぎる!

リテラ / 2015年06月20日09時00分

集団的自衛権合憲説を唱える憲法学者はたくさんいる」と言っていた菅義偉官房長官がなんとかしぼりだして名前をあげた3人のうちの2人、西修駒澤大学名誉教授と百地章日本大学教授だ。 もっとも、その内容は、「明白に憲法の許容範囲だ」「国際法上の固有の権利だ」と言うだけで、ほとんど具体性はなかった。 数日前に会見した国会招致された2人の憲法学者、小林節慶應義塾大学 [全文を読む]

憲法学者だけじゃない! 高村副総裁も防衛省HPも「集団的自衛権は違憲」と言っていた!

リテラ / 2015年06月19日08時00分

国会に招致された3人の憲法学者がそろって集団的自衛権・安保法制を「違憲」と指摘して以降、「違憲ではない」という弁明に必死の安倍政権。だが、その弁明自体がインチキであることが露呈し、さらにデタラメな弁明を重ねるという、異常な事態におちいっている。 たとえば、菅義偉官房長官は当初、「集団的自衛権は合憲だとする憲法学者はたくさんいる」といっていたが、「誰がいるの [全文を読む]

「憲法がハイジャックされている」 憲法学者ら「集団的自衛権」を考える団体結成

弁護士ドットコムニュース / 2014年05月28日22時19分

集団的自衛権」をめぐる議論がにわかに活発になっている。これまでの日本政府は、戦争放棄を定めた憲法9条の解釈から「集団的自衛権は行使できない」という立場をとってきたが、安倍内閣は従来の憲法解釈を変更することで、それを可能にしようとしているのだ。 5月15日には、安倍首相の私的諮問機関である「安全保障の法的基盤の再構築に関する法的懇談会」(安保法制懇)が、「 [全文を読む]

松本人志の「安保法制反対は平和ボケ」「対案出せ」に尾木ママが反論! “対案厨“が陥っている勘違いとは?

リテラ / 2015年08月20日12時42分

集団的自衛権も新しい安保法制もまったく必要がないことは、国会論議でも専門家の分析でも明らかになっている。 それを無理矢理強行しようとしているのは、安倍首相の個人的な野望でアメリカと勝手に約束をしてしまったからにすぎない。 しかも、今回の安保法案は、尾木ママのいうように明らかな憲法違反なのである。それはサヨクやリベラル派だけが言っているのではない。自民党が国 [全文を読む]

【書評】Web世論を「民意」として政権をつけあがらせた責任

NEWSポストセブン / 2015年08月14日16時00分

【書評】『鈴木さんにも分かる ネットの未来』川上量生著/岩波新書/900円+税 【評者】大塚英志(まんが原作者) 集団的自衛権をめぐって安倍晋三が「国民の皆さんに丁寧な説明」をしたことのアリバイ作りとして、ニコ生で連続放送をしたことで、蒸し返しておくべきは、その「来場者数」だ。7月6日(初回)の放送は1万3417人、7月10日の4回めは9184人である。番 [全文を読む]

挫折した反安保法案デモの「アカシアの雨」 - 池田信夫 エコノMIX異論正論

ニューズウィーク日本版 / 2015年07月16日18時57分

野党が「憲法違反だ」と騒いだ集団的自衛権も、法案には書かれていない。これは日米防衛協力の指針(ガイドライン)が改正されるのにともなって日米共同作戦が取れるようにするもので、こうした法整備をしておかないと朝鮮半島などで紛争が起こった場合、自衛隊がどう対応するかが決まっていないので、震災のときの民主党政権のような大混乱になる。 安倍政権の手際も悪かった。特に [全文を読む]

安保法案が憲法違反なら憲法を改正するしかない - 池田信夫 エコノMIX異論正論

ニューズウィーク日本版 / 2015年06月11日14時49分

長谷部氏は以前から、早稲田大学のウェブサイトなどで「集団的自衛権は、日本を防衛するための必要最小限度の実力の行使とは言えないため、憲法の認めるところではない」という立場に賛成しており、与党の参考人となりえないことは明白だった。 これまで長谷部氏は自衛隊については「解釈改憲」を容認する立場で、特定秘密保護法にも賛成したので、自民党は味方だと思ったのだろうが [全文を読む]

フォーカス