民進党 長島昭久に関するニュース

蓮舫人気にすがる民進党の苦境 長島昭久議員インタビュー

Japan In-depth / 2016年08月19日09時30分

安倍宏行(Japan In-depth 編集長・ジャーナリスト)「編集長の眼」民進党代表選(9月2日告示、15日投開票)が近づいてきた。しかし、名乗りを上げているのは執行部系の蓮舫代表代行だけ。対抗馬が中々決まらず、無投票当選の可能性まで取沙汰されている。おりしもリオ五輪真っ盛り、代表選のニュースは全く注目を集めずお寒い限りだ。そうした中、出馬を模索する長 [全文を読む]

新党結成否定せず 長島昭久氏

Japan In-depth / 2017年04月26日08時00分

「細川珠生のモーニングトーク」2017年4月22日放送細川珠生(政治ジャーナリスト)Japan In-depth 編集部(大川聖)【まとめ】・長島昭久衆議院議員、民進党離党し、外交・安保の勉強会発足。・次期衆院選は無所属で出馬の意向。・将来的に新党の可能性について「否定しない」。 政治ジャーナリストの細川珠生氏が衆議院議員で、元防衛副大臣の長島昭久氏に話を [全文を読む]

「いま代表選したら蓮舫は2票しかとれない」と民進党若手

NEWSポストセブン / 2017年04月20日11時00分

民進党がボロボロだ。7月に予定されている東京都議選予測では「獲得議席ゼロ」の予測まで出ている。都議らの離党者が相次ぎ、離党ドミノは国会議員にも波及。結党からわずか1年で崩壊過程に入った。蓮舫氏の代表就任も、支持率アップには影響しなかった。ただし、挽回のチャンスがなかったわけではない。 今年に入っての4か月だけでも、森友学園疑惑、文科省の天下り問題の拡大、防 [全文を読む]

もうボロボロ 民進党代議士「都議選議席ゼロは十分あり得る」

NEWSポストセブン / 2017年04月18日07時00分

「安倍政権を厳しくチェックし、地に足の着いた提案をする」 民進党の野田佳彦・幹事長は国会の代表質問でそう宣言したはずだった。ところが、この野党第一党では7月の東京都議選を前に都議らの離党者が相次ぎ、離党ドミノは国会議員にも波及、結党からわずか1年で党崩壊過程に入った。 「獲得議席ゼロ」 複数のメディアが報じた衝撃的な都議選予測が民進党の実情を物語っている [全文を読む]

民進大串氏「安倍首相の抱きつき戦略は姑息」 財源裏付けある「人への投資」を地道に訴える

東洋経済オンライン / 2017年05月19日08時00分

第11回は民進党の大串博志・政務調査会長。民進党の発足(2016年3月27日)から1年余り、蓮舫氏の代表就任(同9月)からほぼ8カ月が経つが、同党の支持率は低迷したままだ。1つのカギは政策だ。自民党政権が実行している政策の一部は、前民主党政権時代にできたものも少なくない。政権の後半、財務面から裏付けのある政策実現に向け実務側で汗をかいた1人が現政調会長の大 [全文を読む]

都議選は打つ手なしでゼロ議席!? 民進党を震撼させた絶望的なデータ

週プレNEWS / 2017年04月19日06時00分

7月の東京都議会議員選挙を前に、民進党のドロ舟化がヒドイことになってきた。4月10日、党幹部の長島昭久衆議院議員(東京21区)が党を去ることになったのだ。都政担当記者が言う。 「都連幹事長として、7月の都議選を仕切る長島さんが離党したのだから、もういけません。都議選で民進は壊滅することになるでしょう」 実際、民進党内では絶望的な選挙データがはじき出されてい [全文を読む]

右派の長島氏「ついに民進党離脱」の舞台裏 蓮舫氏の求心力はますます低下していく

東洋経済オンライン / 2017年04月11日12時34分

長島昭久元防衛副大臣が4月10日、民進党を離党することを表明した。「私は2年前の夏、安保法制を採決する本会議場に一人茫然と座っておりました。前日までの激しい党内論争に敗れ、失意のどん底で討議拘束に従い安保法案に反対票を投じました」会見で読み上げられた「長島昭久『独立宣言』―真の保守をめざして」には、離党を決意するに至る苦悩が偲ばれた。慶應義塾大学・同大学院 [全文を読む]

長島氏離党にみる民進党の「終わりの始まり」 執行部激怒、衆院選の「刺客」に蓮舫代表も

東洋経済オンライン / 2017年04月13日08時00分

発足1年を迎えたばかりの民進党から長島昭久元防衛副大臣が離党し、蓮舫執行部が大混乱に陥った。同党で初の離党者となった長島氏は、昨年9月の代表選への出馬も模索した党内保守派のリーダー格。「共産党との共闘は容認できない」と"三下り半"をたたき付け、「重大な反党行為」と激怒した党執行部は同氏の除籍処分を決めた。「追随者を防ぐための厳しい措置」(執行部)だが、党内 [全文を読む]

長島昭久議員民進党離党の衝撃

Japan In-depth / 2017年04月11日08時00分

安倍宏行(Japan In-depth 編集長・ジャーナリスト)「編集長の眼」【まとめ】・民進党長島議員、共産党との選挙共闘に反対し離党届出す。・大義は「真の保守」の確立。・潮目が変わるタイミングは7月都議選。 ■共産党との選挙共闘「受け入れがたい」民進党の長島昭久衆議院議員の離党会見は、10日午前、衆議院議員会館にて行われた。野田幹事長に離党届を提出後に [全文を読む]

長島昭久議員「私が民進党を見限った理由」 防衛安保の専門家が唱える第2極とは?

東洋経済オンライン / 2017年04月28日17時46分

そこでは日本の安全が第一に考慮されるべきで、政党のイデオロギーむき出しの主張が幅を利かせるべきではない」4月10日に民進党からの離党を表明した長島昭久衆議院議員はこう語った(25日に除籍処分)。長島氏は2003年の衆議院選挙で東京21区から出馬して初当選して以来、防衛安保政策を担当してきた。民主党政権では防衛大臣政務官や防衛副大臣などを歴任し、ともすれば“ [全文を読む]

野党は目を覚ませ

クオリティ埼玉 / 2017年04月13日10時32分

先日民進党のエースの一人である長島昭久氏はこんな党に愛想をつかして離党した。7月の都議選でも、こんな民進党は全議席すら失ってしまうという予測さえある。野党は無責任すぎる。政治は第一に国の安全を守るべきが使命だ。もう目を覚ますべきだ。 野党に期待する人達は、ますます減っていくだろう。日本の不幸だ。 [全文を読む]

日米同盟が揺れる?元防衛大臣が語るトランプ次期大統領の正体

東京ブレイキングニュース / 2016年11月22日19時00分

マイケル氏は10月に来日し自民党・石破茂元防衛大臣、民進党の長島昭久元防衛副大臣と接触している。いったいトランプ陣営はどんな対日関係のビジョンをもっているのだろうか。 民進党の長島氏は、こう振り返る。「『選挙中のトランプ氏の過激な演説はあくまでパフォーマンス。当選後は実行しないから安心して』とマイケル氏は発言していました」 長島氏は、来日したマイケル氏と初 [全文を読む]

蓮舫氏に早くもシラケムード。野田幹事長起用で「民進党は終わった」

まぐまぐニュース! / 2016年09月21日04時45分

圧勝という形で民進党の新代表に就任した蓮舫氏ですが、その最初の大仕事とも言える党人事で、周囲の反対を押し切り野田佳彦氏を幹事長に起用、党内からは反発の声が上がっています。メルマガ『高野孟のTHE JOURNAL』では野田氏の戦犯性と民進党の混濁ぶりを記すとともに、今回の人事について「政治的自殺行為」と厳しく批判しています。 「野田幹事長」という民進党の死に [全文を読む]

迷走続く民進党の都知事選候補選び…最後はやっぱりあの人!?

週プレNEWS / 2016年07月12日06時00分

長島さんが出馬しても、小池さんら、強力な自民候補にはとても勝てないでしょう」 ところが、そんな劣勢を挽回(ばんかい)すべく、民進党内でひとつの仰天シナリオが待望されているという。民進党議員秘書がささやく。 「小池氏に勝てる候補は蓮舫(れんほう)代表代行だけ。そのため、彼女を都知事候補に擁立すべきとの待望論がいまだにくすぶっているんです」 果たして都知事選公 [全文を読む]

続々出現!「新都知事候補」をエグリ込み身体検査!(2)女性に目がない舛添元東京都知事

アサ芸プラス / 2016年06月28日05時55分

民進党からは長妻昭代表代行(56)、長島昭久都連幹事長(54)などの出馬が取りざたされている。注目されていた民進党・蓮舫代表代行(48)は出馬しない意向を先日明らかにした。 [全文を読む]

沖縄基地問題は解決可能 自壊した日本の安全神話その6

Japan In-depth / 2016年10月28日00時00分

前回と同じく、10月14日に開催された、Japan In-depth創刊3周年の記念シンポジウムの話題となるが、すでに紹介させていただいたフィッシャー氏の他、元防衛大臣の中谷元代議士、民主党政権時代に防衛副大臣を務めた、現・民進党の長島昭久代議士のお三方に対し、「沖縄の米軍基地というものは、中国の脅威に対して有効な抑止力として機能していると、本当に言い切 [全文を読む]

内閣改造をめぐり菅VS麻生・岸田連合の暗闘勃発

NEWSポストセブン / 2016年08月03日07時00分

「実は、麻生さんは民進党右派の長島昭久氏を自・民両党の相乗りできる候補として推していたが、菅さんが増田寛也氏を一本釣りで候補に担ぎ出した。『勝てるわけがない。人を見る目がないな』と麻生さんは冷笑していた」(大手紙政治部記者) そして改造人事の駆け引きでバトルが再燃した。引き金となったのは安倍政権が策定中の事業規模約28兆円の超大型景気対策についての菅氏の一 [全文を読む]

宗教学者・島薗進×憲法学者・小林節が読み解く日本会議 「宗教や思想を押しつける世界では民主主義なんて絶対に成立しない」

週プレNEWS / 2016年06月19日11時00分

すでに民進党の原口一博氏や長島昭久氏のように会を脱退する動きもあります。今後、日本会議が世間の注目を集めるにつれて、そこから離れていく議員が続出する可能性も高い。 その一方で首相補佐官を務める衛藤晟一(えとう・せいいち)氏や自民党政調会長である稲田朋美氏のように、宗教ナショナリズム的な思想と深く結びついた有力な政治家がいるのも事実です。我々はそうした人たち [全文を読む]

百田尚樹が都知事選に出馬表明? 寝言をいう前に田母神俊雄を応援して「立派な日本人」と絶賛した責任をとれ

リテラ / 2016年06月18日22時00分

その上、安倍首相とスタンスが近い民進党のネオコン議員・長島昭久を擁立して自民・公明が相乗りするという情報も飛び交い、ブラック企業の代名詞となったワタミの創業者・渡邉美樹までもが出馬に意欲を示すという。頭がクラクラ。 しかもそんななかで、"もっともあり得ない"あの人物が名乗りを挙げた。百田尚樹である。 百田はきょう、Twitterにこんな文章を投稿した。〈 [全文を読む]

フォーカス