金本 鳥谷敬に関するニュース

【阪神】あの岡田彰布が金本阪神に強烈ダメ出し? 話題の岡田本を読んでみた

文春オンライン / 2017年06月08日11時00分

「岡田vs金本」? 一部で報道された対立構造 そんな岡田彰布であるが、近年は野球評論家として精力的に活動している。今春には『金本・阪神 猛虎復活の処方箋』(宝島社新書)と題した著書も発売された。 そんな中、一部週刊誌等がこの著書を取り上げ、「岡田彰布が金本阪神に強烈なダメ出し!」と報じたことがあった。なんでも岡田“元”阪神監督がかつて師弟関係にあった金本 [全文を読む]

鳥谷敬の扱いを巡り阪神チーム内に不協和音 ゴメスも不満

NEWSポストセブン / 2016年08月02日16時00分

日本記録は金本知憲監督が持つ1492試合だが、鳥谷は歴代3位となる衣笠祥雄(元広島)の678試合まで、あと11に迫っていたところだった。 5連敗中だった阪神は、広島に4-5とリードされていた6回、代打・鳥谷の内野安打で逆転。球宴後の初勝利をもぎ取ったのだが、試合後記者団に囲まれて鳥谷の連続出場記録について水を向けられた金本監督の反応は激しかったという。 「 [全文を読む]

清原和博&金本知憲「ムカつく奴らシバキ上げ」(2)西岡の登録抹消は謹慎だった!?

アサ芸プラス / 2013年09月03日09時58分

「実はあの件で、西岡は藤浪の初スキャンダルを作ったという責任で謹慎させられているんではないかと噂になっていました」 事実、金本氏も膝のケガについて「僕も知っています。だけど(真相は)言えません」と意味ありげに応戦したのだった。 ところで、金本氏といえば02年にFA宣言し、阪神へ移籍した際、ずいぶん悩んだことは知られた話である。その金本氏が唐突にこう切り出 [全文を読む]

阪神再建の切り札「GM制度」。中村勝広氏就任の真の狙いとは?

週プレNEWS / 2012年09月05日19時30分

もはや来年に希望を託すしかない!……かと思いきや、金本知憲ら主力選手の高年齢化が深刻で、世代交代、若手の育成が急務となっている。そこで、阪神は今オフから球団史上初となるゼネラルマネジャー(GM)職を新設することを決定。球団OBで監督経験もある、中村勝広氏が就任することが5日、発表された。 ところが、その人選にさっそく厳しい声が挙がっている。それは、中村氏 [全文を読む]

【プロ野球】《元旦・初夢予想!?》2017年、阪神優勝!? そんな初夢を正夢にするシミュレーション!

デイリーニュースオンライン / 2017年01月01日16時05分

甲子園球場のマウンド近くで金本知憲監督が宙に舞っているのが見える。 満面に笑みをたたえ、背番号6にちなんでか、6回、選手たちに胴上げされている。そんなシーンが脳裏に映し出されたかと思った瞬間、目が覚めた。 阪神ファンならそんな初夢を見た方がいるかも知れない。 思い起こせば、ちょうど酉年だった12年前の2005年9月29日、岡田彰布監督が甲子園で宙に舞った。 [全文を読む]

【プロ野球】"超変革"の明暗…金本・阪神の前半戦を振り返る

デイリーニュースオンライン / 2016年06月27日17時05分

阪神・金本知憲監督がスローガンとして掲げた「超変革」だが、チームを根底からひっくり返す覚悟で変革することが「超変革」の意味するところ。 「もっと長い目で見なければいけない」。これは誰もが承知していることであるはずだ。 「勝つか負けるか、打てたか打てなかったか」。しかし、現実には、このようにその日の試合結果で金本監督の手腕は評価され、超変革が少しでも進んだ [全文を読む]

掛布雅之、阪神メッタ斬り「4番の“顔”が見えなかった」

アサ芸プラス / 2013年03月29日09時59分

昨年のオープン戦は新井貴浩、マートン、金本知憲、鳥谷敬ら、何人もが4番を打ち、打線の核が見えぬままに開幕を迎えてしまった。4番の「顔」が見えなかったんです。結果、東京ドームでの本塁打は1本のみ。チーム打率は2割3分台で、1試合平均3点にも届いていない。どう考えても異常事態だったんです。 金本が右肩の故障でまともに守備ができないのに、それでもなお使わざるをえ [全文を読む]

阪神再建「補強の目玉は西岡」に、虎ファンが「いらん!」の大合唱!

週プレNEWS / 2012年10月12日10時00分

ただ、それよりこの低迷から脱するため、目立った補強をしなければ格好がつかないという事情が大きいと思います」(トラ番記者) 阪神は、金本や城島らの高給取りが一気に退団して資金は潤沢。西岡に2年総額8億円の条件提示をしたという報道もあるが、今の阪神なら出せない額ではない。 しかし、野球解説者の江本孟紀(たけのり)氏は「さすがにそんな額は出さない。仮にそれだけ出 [全文を読む]

若松勉氏がみた今年の阪神

ベースボールキング / 2017年05月07日11時00分

今年と昨季の違いについては「若手とベテランが上手く噛み合っている」とし、「去年は(金本知憲監督が)野次を受けながらも、我慢して若い選手を上手く使って、それが実を結んでいる」と金本采配を評価した。 昨季は“超変革”をスローガンに掲げ、高山俊、北條史也、原口文仁といった若手が台頭。その他にも、江越大賀、横田慎太郎、中谷将大、陽川尚将といった若手を積極的に起用し [全文を読む]

金本監督に岡田彰布が「ダメ出し」本の強烈中身!(3)「次期監督騒動」で崩れた関係

アサ芸プラス / 2017年04月09日09時56分

実は就任後の金本監督は、スポーツ紙などで岡田氏が何を語っているか全てチェックしているという。間もなく発売になる著書も目にするだろうが、こんな痛烈なメッセージもある。〈金本知憲監督が、「打撃が同じくらいなら、ショートは鳥谷ではなく、北條を使う」とインタビューで答えていた。そりゃあそうだ。いまの感覚、使い方ならそうだろう。ただ、わたしが言いたいのは、どっちを使 [全文を読む]

【プロ野球】金本知憲監督が命がけで獲得したFAの糸井嘉男。来季の「金本阪神」はどうなる?

デイリーニュースオンライン / 2016年11月27日16時05分

金本知憲監督の待ち焦がれた“初めての恋人”がついにラブコールを受け入れてくれた。 糸井嘉男35歳。 金本監督が野球人として惚れ込んだ、35歳には見えない若さと強さを兼ね備えたナイスガイだ。 糸井の加入と時を同じくして発表された来季の阪神タイガースのスローガンは“「挑む」~Tigers Change~”。 「挑む」とは、相手にたちむかう、積極的にこちらから仕 [全文を読む]

中田翔「金本阪神に電撃トレード」の真相

日刊大衆 / 2016年10月12日14時00分

「どうやら、不動の4番・中田翔を阪神の金本知憲監督が狙っているらしいんです」(スポーツ紙デスク) “超変革”を旗印に華々しく船出した2016年の金本阪神だったが、終わってみればBクラス。投手力はチーム防御率で2位の巨人を上回ったものの、極端な貧打が足を引っ張った。野球解説者の江本孟紀氏が言う。「今の阪神に足りないのは、長距離砲。4番に据えて、一発を打てる選 [全文を読む]

【プロ野球】高山俊、原口文仁、北條史也 ~阪神の将来を担う成長著しい若手3選手~

デイリーニュースオンライン / 2016年08月28日17時05分

とはいっても“超変革”を掲げた金本阪神であったからこそ、今の原口があるといってもいい。 原口が育成枠から一気に支配下登録、即1軍の試合に大抜擢されたのが、4月27日の巨人戦(甲子園)だった。わずか4カ月前の出来事だが、この4カ月での原口の活躍は、首脳陣の期待を大きく上回るものだろう。 キャッチャーという経験が必要なポジションで、日々勉強しながら投手陣をリ [全文を読む]

金本知憲監督バッシング 先陣を切るのはサンスポか

NEWSポストセブン / 2016年08月06日07時00分

金本監督は1年目だから、まだこの程度で済んでいる。来年、再来年とどんどんキツくなっていくので、今年は思い切ってやればいいと思いますよ」 元監督の安藤統男氏はのんびりこういうが、ファンはそれほど寛容ではない。阪神得意の“お家騒動”は、水面下で静かに始まりつつある。ある在阪スポーツ紙のデスクが解説する。 「阪神のお家騒動は、マスコミから始まるんです。まずファン [全文を読む]

藤田平氏 金本監督の「鬼ってる」采配を手厳しく批判

NEWSポストセブン / 2016年08月05日07時00分

アニキこと金本知憲・新監督のもと「超改革」を掲げ、新戦力が活躍して好調なスタートを切った阪神タイガースだったが、ズルズルと連敗を繰り返し、ついにいつもの「ダメ虎」に。連続フルイニング記録更新もかかっていたためか、不調でもスタメンで使われ続けたキャプテン・鳥谷敬の扱いを巡ってチーム内の不協和音も聞こえてきた。好調な時はいいが、成績が落ちると金本采配にどんどん [全文を読む]

金本・阪神 水面下で進行する6億円超「大リストラ」非情計画!(1)助っ人3人に加えて…

アサ芸プラス / 2016年08月01日05時55分

阪神・金本知憲監督(48)が掲げたスローガン「超変革」が行き詰まっている。開幕当初は高山俊(23)と横田慎太郎(21)の1、2番コンビが大ブレイク。育成から抜擢した原口文仁(24)は5月の月間MVPを獲得し、左腕の岩貞祐太(24)が先発ローテーションに定着するなど、やることなすことが成功していたが、いつの間にか急降下。早くも「再変革」の大ナタが振り下ろされ [全文を読む]

【プロ野球】金本・阪神と野村・阪神の1年目を比較…優勝まで何年待つべきか?

デイリーニュースオンライン / 2016年07月24日16時05分

「チームをいったん叩き潰す覚悟で、ゼロの状態から作り上げてほしい!」 昨秋、阪神・坂井信也オーナーが金本知憲監督への監督就任要請で切り出した言葉だ。時をさかのぼること17年前、どん底状態にあったチームを救う救世主として要請されたのが、野村克也監督だった。生え抜きを監督に起用する人事が慣習化していた当時の阪神にとって、外様である野村監督の起用は異例のこと。こ [全文を読む]

内紛危機?阪神・金本監督の「超改革」に鳥谷敬が激烈反抗!

アサ芸プラス / 2016年06月11日09時56分

金本知憲監督(48)と主将・鳥谷敬(34)が一触即発の状態に陥っているというのだ。 5月17日の中日戦、9回一死一塁で遊撃後方の何でもない飛球を鳥谷がまさかの落球──。この致命的なミスが敗戦に結び付いた。試合後の金本監督は報道陣の目の前で「フライが捕れんと野球にならん! 恥ずかしいし、ありえない。高校生に笑われるわ!」と激怒。それだけでは終わらず、実は試合 [全文を読む]

腹心に優勝経験OBズラリ!の金本阪神だが、不安な赤ヘル化とは

週プレNEWS / 2015年10月30日06時00分

アニキこと金本知憲(ともあき)氏の阪神監督就任と首脳陣の顔ぶれが正式に決まった。 就任会見では、「補強なしで、今の選手で勝っていくのが理想」とブチ上げたが、これが早くも若手選手たちの心をつかんだというから人心掌握術もなかなかのもの。 「これまで若手は『どうせ頑張っても、また外国人やメジャー帰りの選手が来るんだろう』という気持ちになりがちでしたが、この補強ゼ [全文を読む]

セ・リーグ「3強天王山」に水を差す“優勝妨害”戦犯は誰?(2)阪神は早くもストーブリーグ突入

アサ芸プラス / 2014年09月17日09時57分

「思えば、05年に岡田監督(当時)でセ・リーグを制覇した際は、岡田監督と金本、赤星、関本、藤本らレギュラーメンバーとの信頼関係が強固だった。左手を骨折していた金本が『選手生命が短くなっても、監督を胴上げする』と出場を直訴したこともありました。それと比較すると、和田監督と今の選手たちの関係は、昨年の“不倫騒動”もあって冷えきっているんです」(在阪スポーツ紙 [全文を読む]

フォーカス