芥川賞 辻仁成に関するニュース

古舘伊知郎は「芥川賞」と「本屋大賞」の違いがなぜわからないのか?

アサ芸プラス / 2015年07月21日17時59分

7月16日放送の「報道ステーション」(テレビ朝日系)にて、古舘伊知郎が「芥川賞と本屋大賞」との関係に言及し、話題を呼んでいる。 古館は、「芥川賞と本屋大賞との区分けがだんだんなくなってきた感じがするんですけどね」と語り、芥川賞の選考に疑問を呈するような姿勢を見せたのである。 とりあえず権威には噛みついておく古館節のようだが、そもそも古館自身が“芥川賞と本屋 [全文を読む]

吉田羊、又吉直樹へ「ちょっと引く」ほどの猛烈アプローチ

messy / 2015年12月01日17時30分

芥川賞を受賞した著作『火花』(文芸春秋)は、出版取り次ぎ大手の日本出版販売(日販)とトーハンの発表した2015年年間ベストセラー(14年11月27日~15年11月26日)で、堂々の第一位に輝いた。実に240万部を売り上げており、「文芸書では記録的な数字」だという。 イベントやCM、「イイ男」系の授賞式にも出演しまくりで、八面六臂の活躍。そんな又吉にグイグイ [全文を読む]

【ウラ芸能】ピース・又吉直樹、「コンビ」の今後…

NewsCafe / 2015年06月30日15時00分

記者「お笑いコンビ・ピースの又吉直樹(35)ですが、来月16日に発表される芥川賞の受賞が濃厚らしいですよ」デスク「オイラは1月に発売された文芸誌『文学界』に又吉の小説『火花』が掲載された直後に読んだときから、ひょっとしたら…って思ってたぞ」記者「それ言ってましたよね。早い段階から評価してたもんな…珍しく」デスク「最後の一言は余計だぞ!」記者「いやいや…」デ [全文を読む]

芥川賞作家・又吉直樹の「触れてほしくない話」

NewsCafe / 2015年07月25日16時00分

お笑い界初の芥川賞作家となったお笑いコンビ「ピース」の又吉直樹(35)。 処女作「火花」は、16日の受賞決定を受けてさらに大増刷となり、累計部数は124万部を超えた。 「印税は単純計算でも約1億6000万円に上り、かなりのやっかみを受けそうですね」と語るのはお笑い番組の放送作家。 そもそも未だに、その受賞を疑問視する声も消えないと聞くが…。 「芥川賞は、純 [全文を読む]

片桐仁 辻仁成の芥川賞受賞『海峡の光』等3冊の愛読書紹介

NEWSポストセブン / 2014年05月05日16時00分

『海峡の光』(辻 仁成/新潮文庫)は芥川賞を受賞した小説で、作者は最近何かと話題の辻仁成さん。少年時代に看守をいじめた人間が受刑者として現れ、どんどん看守の鎧がはがれていく。今ちょうど舞台をやっていて、ぼくが看守、中村獅童さんが受刑者を演じています。 ※女性セブン2014年5月8・15日号 [全文を読む]

「真面目にやらんかい!!」離婚報道の辻仁成、やしきたかじん&泰葉の“最凶コンビ”を激怒させた過去

日刊サイゾー / 2014年04月05日09時00分

後にたかじんはその時のことを振り返り、『しゃべるのが嫌だというのならFM(の番組)に出ろ! ここはAMや!』と話しており、相当辻にキレたようだ」(ベテラン芸能記者) そんな騒動もあったが、辻は97年に『海峡の光』(新潮社)で芥川賞を受賞。しかし、最近は“原点”だった音楽活動が中心で、先日はソロアルバムPRのため爆笑問題がパーソナリティーを務めるラジオ番組に [全文を読む]

「渡仏15年」辻仁成が東京に戻らない理由

プレジデントオンライン / 2017年05月31日09時15分

1989年『ピアニシモ』ですばる文学賞、 1997年『海峡の光』で芥川賞、1999年『白仏』で仏フェミナ賞・外国小説賞を受賞。 多数の著書を持ち、世界各国で翻訳されている。 映画監督としては1999年、劇場公開初作品となる『千年旅人』を第56回ヴェネツィア国際映画祭・批評家週間に出品。『TOKYOデシベル』は9本目の監督作。現在、詩人、ミュージシャン、映画 [全文を読む]

付き合った途端、みんなダメ男に? 中山美穂“さげまん”伝説と事務所のネガティブキャンペーン

messy / 2014年05月30日10時00分

1997年には『海峡の光』で芥川賞を受賞し、99年には『白仏』(仏語翻訳版)でフランスのフェミナ賞外国小説賞を日本人として初めて受賞。その後も『冷静と情熱のあいだ』『サヨナライツカ』『愛をください』など、ドラマ化、映画化されるようなヒット作を次々生み出していた。 ところが、中山との交際が発覚した途端、その辻に悪評がたち始め、仕事が激減。結婚してからはほとん [全文を読む]

読書の秋にピッタリな文学性の高い5曲

okmusic UP's / 2015年10月19日18時00分

芥川賞の受賞経験もある辻さんによる、人間社会を動物に例えた歌詞は、日々ストレスを抱えて生きている人であれば共感できるでしょう。楽曲の良さももちろんですが、歌詞だけを取っても高い文学性を持った歌詞です。■2.「トリセツ」('15)/西野カナ西野カナさんが今年リリースした、現時点での最新シングル。リリース当時もその歌詞の内容からSNSなどを中心にかなりのバズり [全文を読む]

「田中裕二の結婚発表」にダンマリを決め込むあのミュージシャン

アサ芸プラス / 2015年10月11日17時59分

「辻さんといえば、お笑いコンビ・ピースの又吉直樹が受賞して話題となった芥川賞を97年に受賞しています。元妻の中山美穂さんとの離婚後はツイッターでの本格的過ぎる料理写真が話題を呼び、小説執筆やライブ活動、バラエティ番組出演と多忙な日々を送っているようです」(芸能事務所関係者) 確かに、頻繁に更新しているツイッターには10月6日現在で祝福の言葉らしきツイートは [全文を読む]

中山美穂と“離婚報道”の辻仁成に、前妻・南果歩は「やっぱりね」!?

日刊サイゾー / 2014年04月01日11時00分

南といえば、中山美穂との“離婚危機”が伝えられているミュージシャンで芥川賞作家の辻仁成の前妻。記者からの「夫婦の絆を守るために必要なものは?」という微妙な問いに対して、「夫婦は家族ですけど、他人だということを忘れてはいけない。言葉や態度に出すことで人間関係がよくなる」と発言。 「南と辻は1995~2000年に婚姻関係にあったわけですが、離婚のキッカケは、9 [全文を読む]

フォーカス