日本ハム 田中賢介に関するニュース

【プロ野球】「最強選手」大谷翔平は来季で見納め? 景気づけに日本ハムの「歴代最強ナイン」を考えてみた!

デイリーニュースオンライン / 2017年01月03日16時05分

大谷は今季まで日本ハムで4年間プレーしているが、その投打にわたる活躍はチーム史上「最強選手」のひとりといっていいだろう。 大谷の日本での勇姿は来季で見納めになるかもしれない。そこで、大谷にも引けをとらない日本ハムの歴代最強選手たちを豪華に並べることで、少し気が早いが、大谷へのはなむけとしたい。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題 [全文を読む]

日ハム“大花火大会”!1950年の球団記録に並ぶ7本塁打で大勝

ベースボールキング / 2017年05月12日21時11分

日本ハム 15 - 1 ロッテ ● <7回戦 東京ドーム> 日本ハムが7本塁打15得点でロッテに大勝した。 0-0で迎えた2回、一死走者なしで大田泰示がロッテ・涌井から先制の2号ソロを放った。 すると、1点リードで迎えた3回には、二死から近藤健介が3号ソロを右翼席に叩き込むと、中田翔が四球で出塁、レアードが8号2ランを放って、リードを4点に広げた。 さ [全文を読む]

【プロ野球】今年は守備に注目!昨季のゴールデン・グラブ賞で次点だった男たち

デイリーニュースオンライン / 2016年03月14日16時10分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■【セ・リーグ】 投:前田健太(広島・205票) 捕:中村悠平(ヤクルト・227票) 一:畠山和洋(ヤクルト・88票) 二:菊池涼介(広島・156票) 三:川端慎吾(ヤクルト・162票) 遊:鳥谷敬(阪神・104票) 外:福留孝介(阪神・157票) 外:丸佳浩(広島・138票) 外:大島洋 [全文を読む]

「殺人スライディング」で選手負傷に工藤監督大激怒......プロ野球は「メジャー化」の流れを加速すべきか

Business Journal / 2016年04月04日14時00分

3日に行われたプロ野球ソフトバンクVS日本ハムの一戦。アクシデントが起こったのは6回。日本ハムの攻撃だ。二塁ベース上でソフトバンク川島慶三内野手に、日本ハム田中賢介内野手が“派手”にスライディング。当てられた方の川島は、そのままうずくまり立てない様子だった。 言い換えれば、日本ハム田中賢がソフトバンク川島にいわゆる「併殺崩し」を行ったのだが、今回はそれが [全文を読む]

【プロ野球】過去には最下位→優勝→最下位も。優勝から最下位に急降下 or 最下位から優勝に急上昇した球団は?

デイリーニュースオンライン / 2017年03月10日16時05分

日本ハム 2012年:優勝/2013年:最下位 2011年に18勝を挙げたダルビッシュ有がレンジャーズへ移籍したにもかかわらず、2012年に日本ハムは優勝。しかし、そのオフには田中賢介(現・日本ハム)もメジャーへ。糸井嘉男(現・阪神)と八木智哉(現・中日)もトレードでチームを去った。さすがに戦力ダウンは避けられず2013年は最下位に。 ■楽天 2013 [全文を読む]

【プロ野球】マネーゲームをしない球団の適正価格? 日本ハム・優勝時の年俸ランキングの推移を検証する!

デイリーニュースオンライン / 2016年12月20日16時05分

日本ハムの選手の契約更改が全て終了した。日本ハムはFAによる補強を重視せず、ときには主力選手の流出をもいとわないチーム方針を貫いている。よって、他球団と比べて決して選手の年俸が高いわけではない。 逆に言えば、日本ハムは特定選手の獲得や引きとめのために過剰なマネーゲームをしない「適正評価」が下せる球団と言えよう。 この特徴を踏まえて、日本ハムの年俸上位選手の [全文を読む]

ソフトB・千賀が6勝目 ノムさんの評価は?

ベースボールキング / 2017年05月29日00時30分

28日、『S☆1』(TBS系)にVTR出演した野村克也氏が、同日に行われた日本ハム戦に先発したソフトバンク・千賀滉大の投球を解説した。 5月16日のオリックス戦以来の先発となった千賀は、初回を三者凡退に抑える立ち上がり。2回は安打と四球で無死一、二塁のピンチを招いたが、6番の田中賢介を真ん中のストレートで見逃し三振。この三振に野村氏は「千賀といったらフォー [全文を読む]

【プロ野球】連覇? それとも破壊と創造? 早くも黄信号が灯る日本ハムに何が起こっているのか

デイリーニュースオンライン / 2017年04月15日17時05分

日本ハムファンのため息が漏れている。圧倒的な勢いを見せて、日本シリーズを制した昨季から一転、今季は10試合終了時点で2勝8敗。パ・リーグ最下位に沈んでいる。 昨季のV球団に何が起こっているのか。改めて検証していきたい。 (成績は4月11日時点) ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■注目が集まる大谷翔平の裏で…… 熱心なプロ野 [全文を読む]

【プロ野球】200本塁打、200盗塁、250ホールド、100セーブ。日本ハムで今年達成されそうな記録とは!?

デイリーニュースオンライン / 2017年02月28日16時05分

昨季、日本一を達成した日本ハム選手の中で、今季達成されそうな記録を見てみよう。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■中田翔:200本塁打(あと39本) 今季でプロ入り10年目を迎える節目の中田翔。ここ3年間の本塁打数は昨季が25本、2015年が30本、2014年が27本となっている。 200本塁打まで、あと39本と迫っている [全文を読む]

【プロ野球】守備のタイトル、ゴールデン・グラブ賞発表! パ・リーグの激戦ポジションは!? 史上初の快挙も!!

デイリーニュースオンライン / 2016年11月18日16時05分

2位が田中賢介 (日本ハム)で68票、3位には浅村栄斗(西武)で60票と続いた。 各部門のトップが100票に届かなかったのはこの二塁手部門だけ。それだけこの3選手が拮抗していたということだ。 パ・リーグの二塁手で、守備率がもっともよかったのが藤田だ。先発で108試合、途中出場で11試合と、守備についた試合数は少なめながら、ボールに触れる機会の多い二塁手で4 [全文を読む]

【プロ野球】積極的? 消極的? 12球団盗塁数&盗塁成功率とチーム内盗塁トップ3選手をまとめてみた!

デイリーニュースオンライン / 2016年11月09日17時05分

広島、日本ハムが強さを示した今年のプロ野球。両球団ともに盗塁数リーグ1位。機動力を発揮して、リーグ優勝を勝ち取った。 しかし、両チームの機動力の毛色は少し異なる。とにかくGOサインで圧力を掛けまくった広島に対し、日本ハムは西川遥輝をはじめ、走塁に定評のあるメンバーがしっかり盗塁を決めた印象だ。 「走塁・機動力=盗塁」ではないが、積極的な姿勢、チーム構成は盗 [全文を読む]

【プロ野球】35歳のベテランが躍動!パ盗塁王はオリックス・糸井嘉男が獲る

デイリーニュースオンライン / 2016年07月25日16時05分

1位 30盗塁 糸井嘉男(オリックス) 2位 24盗塁 金子侑司(西武) 3位 21盗塁 西川遥輝(日本ハム) ※ 4位 17盗塁 中島卓也(日本ハム) ※ 5位 16盗塁 田中賢介(日本ハム) 6位 15盗塁 柳田悠岐(ソフトバンク) 7位 12盗塁 秋山翔吾(西武) 7位 12盗塁 本多雄一(ソフトバンク) ※ 9位 10盗塁 角中勝也(ロッテ) 9 [全文を読む]

【プロ野球】今季の”タイトル外スタッツ王”は?二塁打王、三塁打王らを中間報告

デイリーニュースオンライン / 2016年06月16日16時05分

■死球王 【セ・リーグ】 田中広輔(広島) 10個 原口文仁(阪神) 6個 【パ・リーグ】 田中賢介(日本ハム) 中村晃(ソフトバンク) 7個 大野奨太(日本ハム) ボグセビック(オリックス) 6個 昨年はバルディリス(元DeNA)が12個、ペーニャ(元楽天)が16個。毎年、助っ人勢が優勢な死球王だが、今季は意外な選手たちが続々ランクイン。田中は昨年の二 [全文を読む]

巨人・菅野、3試合連続完封!セ28年ぶりの快挙 2日のプロ野球まとめ

ベースボールキング / 2017年05月02日23時00分

◆ 5月2日のセ・リーグ試合結果 ▼ 巨人 5 - 0 DeNA(東京ドーム) <試合時間:2時間46分 観衆:45,259人> De|000 000 000|0 巨|100 120 10X|5 [勝] 菅野(4勝0敗) [負] 浜口(2勝1敗) [本] 坂本勇(巨/2号) [トピック] ☆巨人・菅野がセ・リーグで28年ぶりに3試合連続完封勝利 ☆DeNA [全文を読む]

最近3試合で4得点 少し心配なビッグバン打線

ベースボールキング / 2017年04月09日10時00分

昨季大逆転でリーグ優勝を飾った日本ハムが、2勝6敗で最下位といまひとつ波に乗れていない。 特に打線は昨季チーム打率リーグトップの.266、得点はリーグ2位の619得点をマークしたが、今季はここまでチーム打率.234、23得点はともにリーグ5位。 【主力野手の打撃成績】 近藤健介 率.440 本0 点8 大谷翔平 率.407 本2 点3 田中賢介 率.217 [全文を読む]

【プロ野球】川島慶三(ソフトバンク)の大ケガも後押し。今季から、本塁以外でも危険なスライディング禁止に!

デイリーニュースオンライン / 2017年01月16日16時05分

メジャーではすでに昨シーズンから導入されていて、日本もその流れに追随することが規定路線ではあったが、その後押しともなったのが昨年の4月3日の日本ハム対ソフトバンクでのアクシデントだった。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■川島慶三が負傷し約4カ月の戦線離脱 この試合の6回裏、日本ハムの攻撃の際にそのアクシデントは起こった [全文を読む]

【プロ野球】新井貴浩(広島)は781点。大谷翔平(日本ハム)は1268点。MVP投票の内訳をチェック!

デイリーニュースオンライン / 2016年12月05日16時05分

■パ・リーグは二刀流で大暴れした大谷翔平が受賞 【パ・リーグ/MVP投票獲得点数】 大谷翔平(日本ハム):1268点 レアード(日本ハム):298点 中田翔(日本ハム):190点 和田毅(ソ):100点 西川遥輝(日本ハム):44点 宮西尚生(日本ハム):41点 石川歩(ロ):31点 増井浩俊(日本ハム):28点 角中勝也(ロ):21点 内川聖一(ソ): [全文を読む]

【プロ野球】3割打者より希少!? 今シーズンの「トリプルダブル(仮)」達成者は8人!

デイリーニュースオンライン / 2016年10月29日16時05分

リーグ優勝を果たした広島、日本ハムを見てみよう。広島は“タナキクマル”こと田中広輔、菊池涼介、丸佳浩と、鈴木誠也らは固定されている。そして、日本ハムも中田翔、中島卓也、田中賢介、レアード、西川遥輝がほぼ固定メンバーで、途中でベンチに退くことはほとんどないといっていい。 リーグ優勝をするためにはレギュラーの固定が必要となり、結果として「トリプルダブル(仮) [全文を読む]

【プロ野球】開幕戦→後半開幕戦の各球団スタメン比較・パリーグ編

デイリーニュースオンライン / 2016年08月03日17時05分

日本ハム ≪開幕オーダー≫ 1 中 陽岱鋼 2 左 西川遥輝 3 二 田中賢介 4 一 中田翔 5 指 近藤健介 6 三 レアード 7 右 谷口雄也 8 捕 大野奨太 9 遊 中島卓也 ≪後半戦開幕オーダー≫ 1 左 西川遥輝 ○ 2 二 田中賢介 ○ 3 中 陽岱鋼 ○ 4 一 中田翔 ◎ 5 指 大谷翔平 6 三 レアード ◎ 7 右 谷口雄也 ◎ [全文を読む]

中田翔や大谷翔平の前に控えるニクいやつ! 何かと話題をふりまく日本ハムの“仕事師”田中賢介

デイリーニュースオンライン / 2016年05月04日16時00分

日本ハムのスタメンは、他チームと比べて打順が流動的になりやすい。その理由は、ご存知“二刀流”大谷翔平の起用法に起因している。 今季は投手として先発するカードでは打者で出場せず、次のカードでは打者として起用されることが、基本方針となっている。 その影響で、毎カード必ず前カードと違う人選をしなければならない。加えて開幕スタメン1番・陽岱鋼のケガによる一時離脱や [全文を読む]

フォーカス