三河 徳川家康に関するニュース

惟政と徳川家康の会談が舞台に!演劇「二人の英雄」2月19日に韓国で開演

スポーツソウルメディアジャパン / 2016年01月26日15時52分

――惟政と同時代を生きた徳川家康(1542~1616)は、三河の大名家に生まれた。6才の時は織田・今川の人質となるが、1561年織田信長(1534-1582)と同盟を結んで、新興大名として浮上した。葛藤していた豊臣秀吉(1536~1598)と和解して1590年関東に移し、250万席大名となった。秀吉死後には彼の遺言を聴取した五大老であるにもかかわらず、東軍 [全文を読む]

<司馬遼太郎を超えた!?>関ヶ原合戦「敗軍の将・石田三成」が兵を語る話題の歴史小説が面白い

メディアゴン / 2015年03月09日02時55分

片や筆頭副社長の家康は、秀吉の小田原・北条攻めによって天下統一した論功行賞で、三河・駿河の所領から、本社から更に遠い武蔵ほか関東八州に人事異動、250万石の栄転とはいえ腹にイチモツ芽生えても仕方がない左遷人事。秀吉が如何に警戒していたかが分かります。また、三方原で武田信玄に敗れた苦い経験もある現場叩き上げの苦労人・家康は、家族や家臣を守って所領を安堵しなけ [全文を読む]

【日本人が知らないニッポン】長篠古戦場で鉄砲演舞に興奮!

GOTRIP! / 2016年11月07日04時00分

「奥三河」というエリアをご存知でしょうか? 大雑把に言えば「JR飯田線の愛知県エリア」なのですが、ここは地域文化圏の境目でもあります。三河、尾張、信州の3文化が混在しているのです。 そしてそのような土地は、戦略的な重要地点でもあります。戦国時代、ここは諸大名の闘争の場として激しく燃え上がりました。 奥三河ウォッチングは、戦国期の歴史を語る上で欠かせません。 [全文を読む]

安部龍太郎が書きたかった「徳川家康」という男

プレジデントオンライン / 2017年01月02日11時15分

信長との清州同盟を組んで、三河から遠江へと版図を広げていく。その間、信長が姉川の合戦で浅井・朝倉連合軍を破った際には、徳川軍の働きが大いに勝利に貢献し、彼の武名も高まっていった。 人間的にも大きくなっていく。家康の成長を促したそのキーマンの1人が、徳川家菩提寺の住職を務めていた登誉上人である。彼は家康の師といっていい存在だ。家康が桶狭間の戦いの際、敵兵に負 [全文を読む]

国産花火を守れ!創業88年の太田煙火製造所、クラウドファンディングで人気花火『ドラゴン』復刻へ

@Press / 2016年07月21日15時30分

三河の岡崎と花火について 岡崎は、徳川家康の出生の街です。 江戸時代、家康は火薬およびその主剤となる硝石の採取などを幕府発祥の地である三河のみに限らせ、かつ三河においてのみ製造貯蔵を奨励しました。また開府後は、各藩の鉄砲・火薬の製造を厳重に制約され「お国もの」の特権は更にその強大さをほこっていったのです。そのため、三河では、花火の伝統産業が盛んとなり、今 [全文を読む]

明智光秀の子孫が新解明する「間違いだらけの織田信長」

アサ芸プラス / 2015年08月13日17時55分

家康を呼び寄せて光秀に討たせ、家康の領地・三河を制圧するはずでした」 事実、信長は「本能寺の変」当日、重臣30人を従えた家康を呼びつけている。ここで重臣ごと一気に討てば、指揮系統を失った三河の強力部隊も手に入る。それは同時に、光秀にとっても信長を討つ千載一遇のチャンスとなった。 なぜ光秀は謀反を起こしたのか。「信長に恨みがあった」「天下を取りたかった」など [全文を読む]

徳川家康、豊臣家による暗殺計画が存在した?

Business Journal / 2015年08月12日06時00分

家康は、天正18(1590)年に豊臣秀吉の命で関東に移るまで、約8年間、駿府を居城として三河、駿河、遠江などの東海道諸国を領していた。 小田原の北条氏を滅ぼした秀吉は、家康を温暖で陸海交通の要衝である東海道から、北条氏のいなくなった関東に移した。そこには、「100年にわたり北条氏が統治していた関東を治められる武将は、家康しかいない」という秀吉の判断もあった [全文を読む]

夏目前!浴衣で行きたい夏イベント5選

Walkerplus / 2015年06月16日07時00分

江戸に思いを馳せながら、浴衣を着て粋に楽しみたい! ■岡崎城下家康公夏まつり(愛知県岡崎市)/8月1日(土) 徳川家康生誕の場所として有名な岡崎は三河花火発祥の地としても知られており、代々受け継がれている花火職人の技を、岡崎城を背景とするロケーションで楽しめる。会場周辺には100店を超える夜店も並び、祭りムード一色に染まる。2015年は徳川家康の400回忌 [全文を読む]

没後400年・徳川家康の生涯 天下をたぐり寄せた「待つ」選択

NEWSポストセブン / 2015年04月12日07時00分

三河の地に生まれ、遠江から天下への階段を駆け上がっていった徳川家康。晩年は駿河で過ごし、75年の生涯を閉じた。今年は没後400年、英傑として知られる武将の歩んだ足跡を、元NHKアナウンサーの松平定知氏が解説する。 * * * 豪快で破天荒な信長、ユニークで庶民的な秀吉に対し、家康には老獪でとっつきにくいといったイメージがついて回ります。しかし、あの天下人の [全文を読む]

【紀伊國屋書店 先行配信】 『徳川家康は二人だった 』『信長殺し、光秀ではない』など 八切止夫シリーズの電子書籍を発売

PR TIMES / 2013年10月11日17時10分

~徳川家康は二人? 信長殺しは光秀ではない? 上杉謙信は女だった?~●『徳川家康は二人だった 』著者:八切 止夫/希望小売価格:714円/発売中 紀伊國屋書店:http://bit.ly/16AmYlT松平元康(徳川家康)は、実は死んでいた? 徳川家では、三河出身者は1万石以下の旗本として冷遇され、他国者だけ大名に立身した謎に、独自の視点で迫る。隆慶一郎『 [全文を読む]

【日本人が知らないニッポン】世界が久能山東照宮に目を向けた理由

GOTRIP! / 2017年03月06日05時30分

東海道の太守である今川義元は、三河の小規模豪族松平氏を配下に組み込みます。その際に今川へ人質に出されたのが竹千代、のちの徳川家康です。 人質といっても、奴隷のように扱われていたわけではありません。それどころか義元は、竹千代の能力に期待をかけていた節もあります。だからこそ今川の軍師である太原雪斎の下で武将としての英才教育を施し、元服の際には義元が烏帽子親にな [全文を読む]

国内外からの観光客増に対応し、岡崎市の公式観光サイトを一新~ 観光マップ未掲載の穴場やお店情報などを公開 ~

@Press / 2017年02月06日11時00分

今後もユーザーのニーズに応えた観光情報の発信を行い、地元の新たな魅力づくりと共に、三河エリア全体の活性化をも牽引してまいります。 ◆一般の方からのお問い合わせ先 岡崎市観光協会 〒444-8601 愛知県岡崎市十王町二丁目9番地 TEL:0564-23-6217 FAX:0564-23-6731詳細はこちら プレスリリース提供元:@Press 【関連画像】 [全文を読む]

司馬遼太郎のサラリーマンへの応援歌

プレジデントオンライン / 2017年01月21日11時15分

とにかく、三河の土豪の家に生まれ、少青年期を人質として過ごし、信長、秀吉の時代も隠忍自重の日々だった。 だが、サラリーマンにも人生の宝石のような出会いがある。本に登場する2人の老記者は、後の司馬遼太郎氏の骨格を形づくるうえでも、少なからぬ影響を与えたことは間違いない。いずれも花形記者ではないし、編集局長や論説主幹といった大新聞社の出世ポストとは無縁のサラリ [全文を読む]

【おんな城主直虎】春風亭昇太=今川義元が視聴者を恐怖のどん底に

しらべぇ / 2017年01月15日10時00分

しかも駿府や三河は、気候が温暖な上に海洋資源にも恵まれている。この地を制した者が大勢力の盟主にならないはずがない。■昇太が怖すぎる!さて、先週の『おんな城主直虎』でもっとも存在感を発揮したのは、やはり春風亭昇太が演じる今川義元だろう。Twitterユーザーの間からも、「昇太が怖い!」という声が相次いでいる。これから今川くるぅうううwこえぇえ#虎絵 #おんな [全文を読む]

偉人の年収ランキング 1位信長1750億円 坂本龍馬60万円

NEWSポストセブン / 2016年03月17日11時00分

(5位)武田信玄:22万石・335億円 甲斐、信濃、駿河と遠江、三河、飛騨、越中などを領地とした時の石高は約134万石。(6位)伊達政宗:19万石・285億円 1589年の秀吉による小田原城攻めに参加する直前の頃、陸奥、出羽66郡の約半数を治めていた時の石高が114万石。 [全文を読む]

エナジードリンクは有害か?今一度見直す「カフェインとの付き合い方」と食習慣

FUTURUS / 2015年12月24日07時00分

信長、秀吉は尾張、家康は三河の生まれだ。 そして、この地域は、赤みそ文化圏なのである。それだけでない。江戸時代の大名の7割は愛知県、つまり赤みそ文化圏にゆかりがあるのだ。(東洋経済オンライン 4月11日付記事より引用)> 戦国期に活躍した大名や武将は、よく考えたら“痩せた土地”で生まれた者が多い。それはなぜか? 結論だけを言えば、“白みそ”よりも栄養価の高 [全文を読む]

武田信玄の武勇伝、上杉謙信の美談は嘘だった?謙信、“利益のない”戦いをひたすら続けた謎

Business Journal / 2015年07月08日23時00分

甲州軍学は幕府の旗本、御家人、譜代大名の間で流行しましたが、それもそのはず、徳川家康の家臣団には三河以来の家臣以外にも、旧武田家配下の武士たちが多く、それ以外の家来たちと張り合う意味もあって、「おれたちのご先祖さまは家康公も一目置く信玄公の家臣だったのだ」というのを自慢していたからです。 興味深いことに、この甲州軍学に対して越後軍学というのも江戸時代に流 [全文を読む]

2012年12月9日(日)13:30 「道の駅藤川宿」(愛知県岡崎市)供用開始! ミニストップ道の駅出店第1号店開店!

PR TIMES / 2012年12月07日11時37分

むらさき麦、産直野菜や地鶏、三河もち豚等のメニューを提供します。 ◆産直コーナー:毎日届けられる新鮮な野菜を中心に、近海より水揚げされた水産物、地元精肉等を品揃えします。 ◆イベントスペース:イベント、屋台、旬の野菜や果物の特売などを行い、賑わいの創出を図ります。 ◆ 敷地面積 :約2,000m2 ◆ 延床面積 :約1,300m2 ◆ 駐車場 :正面駐車場 [全文を読む]

フォーカス