箱根駅伝 柏原竜二に関するニュース

「第90回箱根駅伝用オリジナルCM」年始特別バージョン放送のお知らせ

PR TIMES / 2013年12月30日09時30分

箱根駅伝を駆け抜けた5人の名選手が繋ぐ襷サッポロビール(株)は、2014年1月2日・3日に日本テレビ系列で放送される、第90回東京箱根間往復大学駅伝競走で、「第90回箱根駅伝用オリジナルCM」年始特別バージョンを放映します。 サッポロビール(株)は、2014年1月2日・3日に日本テレビ系列で放送される、第90回東京箱根間往復大学駅伝競走で、「第90回箱根駅 [全文を読む]

綾野剛が日テレ『おしゃれイズム』で見せた可愛すぎる素顔がネット上で話題に

AOLニュース / 2015年06月08日21時00分

そこには、箱根駅伝、4年連続区間賞・4年連続往路優勝・3回総合優勝を誇る元東洋大学の柏原竜二選手の姿が。綾野は中学・高校で陸上をやっていたこともあり大の駅伝ファンで、箱根駅伝は毎年欠かさずチェックしている熱の入れようだ。 そんな綾野が神と崇める柏原からのメッセージということもあり、「初めまして。柏原竜二です」と挨拶が流れると、思わず「あっ!!!」と声を出し [全文を読む]

箱根路をラブライバー、ガルパンオタが駆ける!? やっぱり今年もいる「箱根駅伝」の“オタク選手”たち

おたぽる / 2015年12月03日20時00分

今年も開催される第92回「東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)」(1月2・3日)への関心が高まりつつある。昨年王者の青山学院大学をはじめ、強豪の駒沢大学に東洋大学といった出場大学の襷リレーは毎年注目を集めるが、その裏で、一部選手の“とある面”が話題になっているのはご存知だろうか。「東洋大学の柏原竜二(現・富士通)」と聞けば、2009年~12年に山道の5区 [全文を読む]

日テレにとって重大問題の箱根駅伝開催の有無 専門家の見解

NEWSポストセブン / 2015年10月08日07時00分

今や新年の国民的行事となった箱根駅伝。中でも近年、「最大の見どころ」といわれるのは、天下の険・箱根に挑む「山登りの5区」だ。柏原竜二(東洋大、現・富士通)をはじめ数々の「山の神」を生み出してきた人気の区である。だが、今年5月に箱根山の火山活動が高まって以降、箱根駅伝の開催を危ぶむ声も出ている。 この区は、実際に箱根駅伝のコースは大涌谷の立ち入り禁止エリアか [全文を読む]

福島出身柏原 震災後「こんな状況で走っていいのか」と思う

NEWSポストセブン / 2012年01月11日07時00分

今年の箱根駅伝(1月2~3日)では、東洋大学が2年ぶり3度目の総合優勝を果たした。大会MVPには“山の神”の異名を持つ東洋大学4年・柏原竜二選手(22)が選ばれた。 箱根駅伝の5区は距離が最も長く、しかも、冬の厳しい寒さの中、箱根の山を越えるという超難コース。その5区で柏原選手は4年連続区間賞、さらに3度も区間新記録を樹立という圧倒的な強さを誇ってきた。 [全文を読む]

特別インタビュー“青山学院大・原晋監督”「ハッピー指数大作戦で箱根を連覇する!」(3)神野については「安心してください」と断言

アサ芸プラス / 2016年01月03日09時56分

全日本のあとも予定していた記録会を回避するなど、「山の神」の現況は決して万全な状態ではないが、「脚の状態を見ながら、慎重に箱根駅伝に向けて状態を上げている」「山の神」の動向は他校の指揮官も気になるようだ。「神野君がどういうレースをするかで、レース全体が変わってくる」 これは12月10日に行われた箱根駅伝監督トークバトルでの、東洋大・酒井俊幸監督の言葉だ。 [全文を読む]

2020東京五輪でメダルを狙う、箱根駅伝で見ておくべき5人のランナー

週プレNEWS / 2016年01月01日06時00分

お正月の風物詩、箱根駅伝ーー。 前回大会で驚異的な走りを見せ、青学大を初優勝に導いた〝山の神〟ばかりが注目を集めているが、将来有望な選手は他にもいる。中でもスタート直前にチェックしておくべき注目株をピックアップ! 箱根駅伝出場経験があり、現在は陸上競技を中心にスポーツライターとして活躍する酒井政人氏が挙げた5人のランナーは…。 ●東京マラソンでリオ五輪を狙 [全文を読む]

箱根駅伝 「仲間を信じ、仲間のために走ることが駅伝です」

NEWSポストセブン / 2012年01月10日07時00分

いまや全国の中高生ランナーの憧れともなった箱根駅伝。この大会は選手に何をもたらすのか。日大4年生時に選手として箱根に出場し、1967~1999年まで大東文化大学監督を務めた青葉昌幸・関東学生陸上競技連盟会長がいう。 「箱根駅伝は長い練習期間を通じて人間づくりのできる魅力ある大会です。選手は厳しい練習を1年通すことで人間力を磨く。駅伝は“人柄が走る”競技なん [全文を読む]

「新・山の神」柏原竜二が現役引退 今後はオタ活に専念?

しらべぇ / 2017年04月03日14時30分

(画像はTwitterのスクリーンショット)日本には「八百万の神」がいるとされるが、箱根駅伝における「山の神」と言えば3人しかいない。順天堂大学の今井正人、青山学院大学の神野大地、そして東洋大学の柏原竜二だ。その中のひとりで「新・山の神」と呼ばれた柏原が現役引退を発表し、衝撃が広がっている。■2016年で現役引退3日、柏原は自身のツイッター上で「私ごとでは [全文を読む]

箱根の宿 予選会前に駅伝常連校の部屋空けるのが暗黙ルール

NEWSポストセブン / 2017年01月06日07時00分

2日間で10区を走る箱根駅伝のなかで、毎年ドラマを生むのが初日の往路ラストを飾る山登りの5区だ。最大の難所といわれ、標高874mの最高点まで九十九折の国道1号線を、芦ノ湖を目指して一気に駆け上がる。 その往路のゴール、復路のスタート地点となる芦ノ湖のほとりに建つのは、明治元年創業の『ホテルむさしや』。毎年12月から1月までの2か月間は、ホテル前に早稲田大、 [全文を読む]

フォーカス