沖縄 鳩山由紀夫に関するニュース

鳩山元首相も沖縄に謝罪、辺野古移転で政府と官僚はウソをつき続けている!

週プレNEWS / 2014年09月01日06時00分

地元・沖縄の反対を押し切る形で辺野古沖のボーリング調査が強行されるなど、11月の県知事選に向けて風雲急を告げる沖縄の米軍基地問題。 政府はこれまで一貫して移転先が「沖縄県内」である必要性を主張し、辺野古への移設にこだわってきた。 民主党政権時の鳩山由紀夫首相が普天間基地の移設先を一度は「国外、最低でも県外」と打ち出したが、結局は「辺野古」に方針転換している [全文を読む]

過熱する沖縄県知事選直前! 元総理大臣・鳩山由紀夫の弁明【後編】「官僚は私を諦めさせるためにウソをついた」

週プレNEWS / 2014年10月20日06時00分

首相を辞任されるときの記者会見で「学べば学ぶほど沖縄基地、海兵隊の抑止力の重要性に思い至った」とのコメントがありましたが、あれは本心? それとも言わされたんでしょうか? 鳩山 正直申し上げれば、あのようなことを言わざるを得ない状況に追い込まれた。そのときに自分としては辺野古にはしたくなかったが、辺野古移転に戻らざるを得ない理屈をつくらなきゃいけない。そこで [全文を読む]

日本を支配する“憲法より上の法”の正体とは?

週プレNEWS / 2014年11月04日06時00分

■戦後の日本を本当に支配していたものとは? ―まず驚いたのは矢部さんがほんの数年前まで、沖縄の基地問題とも政治とも無縁な、いわゆる「普通の人」だったということです。そんな「普通の人」が日本の戦後史をめぐる「旅」に出たきっかけはなんだったのですか? 矢部宏治(以下、矢部) 直接のきっかけは、やはり民主党による政権交代とその崩壊ですね。それまでは日本は経済的 [全文を読む]

みのもんた「沖縄の話は過去のものではなく、現在につながっている」(1)

アサ芸プラス / 2014年08月09日09時56分

そんな戦争の記憶の中でも、忘れたくないのが「沖縄」なんだ。それは、過去の話じゃなく、現在につながっている話だからだよ。 【沖縄県知事選挙『辺野古めぐり保守分裂』へ】 今年11月に投開票が行われる沖縄県知事選。現職の仲井眞弘多知事が立候補の考えを明らかにした。今回の選挙の焦点となる米軍普天間飛行場の辺野古地区移設。仲井眞知事は辺野古移設を容認している。一方、 [全文を読む]

中国に媚びを売る鳩山元首相が、政治利用され「ポイ捨て」される日

まぐまぐニュース! / 2016年07月21日04時30分

そう考えれば、中国の歴史戦において日本を批判する側に回り、中国の南シナ海での覇権主義について日米は黙っていろと主張し、さらには沖縄の基地問題を引っ掻き回して日本政府と沖縄との溝を深めた鳩山氏の背景にどのような思惑があるのかが見えてきます。 だいたい、アジアはEUほど各国の政治体制や文化風習が近似していません。民主主義国だけではなく、軍事政権や独裁政権の国 [全文を読む]

過熱する沖縄県知事選直前! 元総理大臣・鳩山由紀夫の弁明【前編】「官僚たちの反発で“裸の王様”状態になっていた」

週プレNEWS / 2014年10月19日06時00分

普天間基地の辺野古移設を最大の争点とする沖縄県知事選が11月に行なわれる。だが、本当に辺野古に基地は必要なのか? 普天間の移設先を「国外、最低でも県外」と公約するも、最終的には撤回した元首相・鳩山由紀夫氏が当時の舞台裏を語る。 ■日本の官僚が「首相を潰して」と頼んでいた? ―鳩山さんが政権交代で首相になられた当初、沖縄の米軍普天間基地の移設先として、辺野古 [全文を読む]

日本人が日米外交と呼んできたものの正体は「画一的な日本人コミュニティとアメリカ側の一部知日派との『狭いパイプ』」でしかなかった!

週プレNEWS / 2017年01月31日10時00分

普天間基地移設問題に対する地元・沖縄県の民意や環太平洋パートナーシップ(TPP)協定に反対する国会議員の意見など、日本政府や外務省とは異なる声を、アメリカの議会や政府関係者に直接伝えていくーー。 こうしたロビイング(政府の政策に影響を与えるための政策提言)で今、注目されているのが、2013年に設立された外交問題のシンクタンク「新外交イニシアティブ」(ND) [全文を読む]

「沖縄独立の可能性を否定しない」鳩山元首相の発言に中国ネットは「鳩山さんはちょっとやりすぎ」「鳩山同志の命が危険に…」と心配の声

Record China / 2016年07月01日15時10分

2016年6月30日、中国メディアの観察者網は鳩山由紀夫元首相が沖縄独立の可能性を否定しないとの考えを示したと伝えた。 記事では、鳩山由紀夫元首相に対するインタビューを紹介。その中で鳩山元首相は、沖縄に米海兵隊の存在そのものが沖縄にあるべきではないと述べ、中国に対する抑止力という考えは間違っており、中国脅威論を煽り立てるという政府のやり方は正しくはないとし [全文を読む]

なぜ安倍政権に代わる民意の受け皿は生まれないのか? 元首相・鳩山由紀夫が既存政党の限界を語る

週プレNEWS / 2015年11月06日06時00分

―安保法制は成立しましたが、今後も沖縄の米軍辺野古(へのこ)基地建設の問題や、原発再稼働など多くの議論を呼ぶテーマが残されており、安倍政権にとっても難しい局面が続きそうです。そこで問題となるのが、安倍政権に代わる「民意の受け皿」が見えないことです。 白井 なぜ民主党への政権交代がうまくいかなかったのかというと、僕はやはり民主党が単に労働組合を票田としてい [全文を読む]

売国宇宙人・鳩山由紀夫“異次元奇行”が急加速!「行動が国益にとってマイナスに…」

アサ芸プラス / 2015年09月01日17時55分

それでも政権交代の実現を名目に、定期的に“鳩首会談”を開いています」(政治部デスク) 総理時代に普天間基地移設について「最低でも県外」の展望なき発言で、沖縄県民はじめ国際社会の日本への信頼を失墜させた。しかし最近では、その沖縄に軸足を置いているようだ。5月17日に、普天間飛行場の県外移設を掲げた県民大会に出没。他の参加者に交じり、観客席で辺野古新基地建設反 [全文を読む]

フォーカス