リーガルハイ 半沢直樹に関するニュース

『半沢直樹』大ヒットでノリに乗る堺雅人 「リーガル・ハイ」にも期待高まる

AOLニュース / 2013年08月19日12時01分

「10月からリーガルハイ2が始まるのか 堺さん絶好調だね、めっちゃ楽しみだょん」 「半沢直樹とリーガルハイを交互に見返している。堺雅人にハマりすぎや」 「夏クールで半沢直樹が大ヒットしてるわけだが、秋クールでたしかリーガルハイあるよね?堺さんやばいな」 「半沢直樹が終わったらリーガル・ハイだということで半沢直樹と古美門研介を見比べて同じ俳優さんに見えない [全文を読む]

2013年秋ドラマ視聴率ダービー!期待ハズレなドラマを辛口採点

アサ芸プラス / 2013年10月17日10時00分

秋ドラマでも“大本命”と言われているのが堺雅人(39)主演の「リーガルハイ」だ。「半沢直樹」の40%超えの勢いそのままに、前シリーズの10%台前半の平均視聴率を大きく上回ると、放送評論家の松尾羊一氏も太鼓判を押す。 「大本命はやっぱり『リーガルハイ』。前作も視聴率はけっこう高かった。堺雅人は『半沢直樹』でガゼン(人気が)出ちゃいましたね。その余韻が続いて [全文を読む]

堺雅人『半沢直樹』がクランクイン間近?続編が3年も経ってしまった舞台裏

デイリーニュースオンライン / 2016年05月13日12時05分

『半沢直樹』の後、堺は『リーガルハイ』『真田丸』と主演作に出演しており、3年が経ってしまったんですね」(前出・テレビ局関係者) 一方、堺サイドにとっても時間を置きたい意向があった。 「『半沢直樹』のイメージが定着してしまうと、今後の役の幅が狭くなってしまうので、間に何作か入れたかったようです。あのまま伝説のドラマで終わっていたほうがよいという周囲の意見もあ [全文を読む]

『リーガルハイ』21.2%スタートの“新・視聴率男”堺雅人に怯えるキムタク『安堂ロイド』は大丈夫か

日刊サイゾー / 2013年10月13日12時00分

9日にスタートした堺雅人主演のドラマ『リーガルハイ』(フジテレビ系)の平均視聴率が21.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だったことがわかった。堺にとっては、最高視聴率42.2%を記録した『半沢直樹』(TBS系)に続く主演ドラマだけに注目を集めていたが、『半沢直樹』の初回視聴率19.4%を上回る好発進に、“視聴率男”の面目躍如といったところだろう [全文を読む]

テレビウォッチャー・てれびのスキマが選ぶ、2013年のテレビ事件簿【ドラマ編】

日刊サイゾー / 2013年12月29日13時00分

『半沢直樹』では過剰な顔芸をシリアスに演じたかと思えば、『リーガルハイ』(フジテレビ系)でエキセントリックな弁護士・古美門研介をコミカルに演じ、視聴者を笑わせた。もともと、繊細で静かな役を演じることが多かった堺だったが、それとは180度違う役柄で魅了した。とかく「やりすぎ」と言われてしまいがちなところ、それを感じさせないのは、これまでの役で培った「品」があ [全文を読む]

堺雅人「リーガルハイ」 笑えればそれでいいのかと女性作家

NEWSポストセブン / 2013年10月12日16時00分

もしかしたら、ドラマは「娯楽」という枠を超えて、ワイドショーやニュース、報道番組の分野にまで浸み出し、何かを伝える役割まで担い始めているのでは? あるいは人の生き方、秩序や正義や道徳観といった、「本質」を考える道具になり始めているのかも? [全文を読む]

キムタクやジャニーズ俳優は「半沢人気」の堺雅人に勝てないのか?

東京ブレイキングニュース / 2013年12月28日16時10分

満を持してスタートした『安堂ロイド~A.I. knows LOVE?~』(TBS)だったが、同枠の前作『半沢直樹』と比較しても視聴率は半分以下になり、同クールの他局ドラマ『リーガルハイ』(フジテレビ)にも8%の大差を付けられるなど、堺雅人には二連敗となった。 堺雅人は『リーガルハイ』も好視聴率をキープしたことで、一気にCM価値も高騰。現在はソフトバンクモバ [全文を読む]

いよいよ終盤戦! 『リーガルハイ』がさらに面白くなる小ネタ集

ダ・ヴィンチニュース / 2013年11月23日11時20分

第7話をむかえてもなお、安定して高い視聴率をキープしている堺雅人主演のドラマ『リーガルハイ』。物語もいよいよ佳境に入り、目が離せない展開に次回の放送を待ち遠しく感じている人も少なくないはず。ここでは、同作を楽しむための小ネタを『「リーガルハイ」公式BOOK 古美門研介 再会記』(角川マガジンズ)から紹介します! 関連情報を含む記事はこちら ■主人公、古美門 [全文を読む]

期待外れの数字でも、堺雅人が「Dr.倫太郎」の番宣に出たがらない理由

アサ芸プラス / 2015年04月22日09時59分

それに『半沢直樹』や『リーガルハイ』(フジテレビ系)のような逆転劇もなく、地味な印象の役ですから、物足りなさを感じた視聴者も多かったようです。初回はハリセンボンの近藤春菜さんの迫真の演技に注目が集まりました。彼女は昨年出演したNHK朝ドラ『花子とアン』で好演し、美輪明宏さんに絶賛されていましたね。堺さんも『しっかり心を込めて演じたらこんなに感動的なシーンに [全文を読む]

堺雅人に演じてほしいマンガキャラNo.1発表!

ダ・ヴィンチニュース / 2013年10月24日19時00分

現在は、『リーガルハイ』(フジテレビ系)で弁護士を演じる。次は、何役でお茶の間を盛り上げてくれるのだろうか。期待が高まる中、ランキングを15位まで一挙に公開! 第1位は、手塚治虫の代表作『ブラック・ジャック』の主人公「ブラックジャック」。「今までやった事のない役で、誰でも知っているクールなキャラクターを見て見たいと思いました」(女性)や、「真面目でストイッ [全文を読む]

『リーガルハイ』、『半沢』ヒットで書き換えた冒頭

WEB女性自身 / 2013年10月19日07時00分

’12年放送の続編となる法廷コメディドラマ『リーガルハイ』(フジテレビ系・水曜22時~)の主人公は、最強の弁護士・古美門研介。堺が振り切った演技で言い放つ、物事の本質を容赦なく突いた「名台詞」こそ、このドラマの真骨頂だ。「いやあ『半沢直樹』には困りましたね。なにもあそこまで視聴率を取らなくても……。正直、すごいプレッシャーだしやりにくいです」と言って笑うの [全文を読む]

堺雅人主演『リーガルハイ』 「・」を取ったのは画数いいから

NEWSポストセブン / 2013年09月30日16時00分

嫌でも『半沢直樹』と比較されそうだが、成河広明プロデューサーは、 「『リーガルハイ』のパート2が決まっていて、その後に『半沢直樹』の話があった。もともと決まった流れの中で撮っているので、全然気になりません」 と至ってマイペースだ。 「そもそもこのドラマに堺さんを起用したのは、古美門弁護士のようなハチャメチャでアクが強くて悪態をつきまくってというキャラクター [全文を読む]

「Dr.倫太郎」堺雅人は半沢直樹に似ている!?

Smartザテレビジョン / 2015年04月06日14時40分

堺と吉瀬は「リーガルハイ・スペシャル」('14年フジテレビ系)以来の共演。「堺さんは本当にいい方。『リーガルハイ』のときからそうなんですが、座長として周りをすごく気を使ってくださいます。今回、この作品のお話を頂いたときも、(主演が)堺さんだったら安心できると思いました」と堺の印象を明かした。 また、倫太郎の人物像については「『精神科医としては優秀なんです [全文を読む]

『リーガルハイ』脚本家 今後『あまちゃん』思わせる回を示唆

NEWSポストセブン / 2013年10月27日07時00分

初回視聴率21.2%と好スタートを切った『リーガルハイ』(フジテレビ系、毎週水曜22時~)。主人公の毒舌弁護士・古美門(こみかど)研介を演じる堺雅人(40才)の演技もさることながら、脚本や演出の面白さも人気の秘密だ。話題のあのシーンはいかにして生まれたのか、共演者に明かした堺のポリシーとは? 気鋭の脚本家・古沢良太さんが撮影の裏側を語る。 * * * 堺さ [全文を読む]

「リーガルハイ」の元ネタ探しが過熱

アサ芸プラス / 2013年10月25日10時00分

「半沢直樹」(TBS)の勢いそのままに、同じ堺雅人主演の「リーガルハイ」(フジテレビ)も順調な視聴率で推移している。堺が演じるのは負けたことがないのが自慢の古美門研介弁護士だが、そのハイテンションな演技は、半沢と真逆のベクトルである。 そんな話題のドラマは、第1話の冒頭からアクセル全開。法廷に立つのは「ファンとの熱愛が発覚した国民的アイドル」であり、扮した [全文を読む]

キムタク安堂ロイドは初回視聴率19.2% 「役者への評価失礼」元ジャニーズ平本淳也

東京ブレイキングニュース / 2013年10月15日18時00分

今クールのドラマでは全体の2位で、奇しくも「半沢直樹」に主演した堺雅人の『リーガルハイ』(※同視聴率21.2%)に次いでの位置というのも皮肉だ。 しかし連続ドラマというのは「2話目」次第だ。初回は宣伝や話題で実力以上に盛り上げることが可能だが、2話目以降は中身が問われた評価の数値になる。世間の評価は賛否があるところだが、ドラマとしての成功、失敗は数字でしか [全文を読む]

堺雅人演じる『リーガルハイ』古美門研介と半沢直樹の共通点

週プレNEWS / 2013年10月09日10時00分

10月9日(水)から堺雅人主演のドラマ『リーガルハイ』(フジテレビ系)がスタートする。 大ブームを巻き起こした『半沢直樹』(TBS系)の終了から、わずか2週間。今はまだ、堺雅人=半沢直樹というイメージが強いだけに、『リーガルハイ』の主人公・古美門研介(こみかど・けんすけ)は、ファンの目にどう映るのか? そもそも『リーガルハイ』とは、どんなドラマなのか。パー [全文を読む]

半沢直樹派VS倫太郎派…女子の果てなき論争♡この10年から見る堺雅人の当たり役

ソーシャルトレンドニュース / 2015年07月24日19時16分

確かに、半沢直樹やリーガルハイで見せた、正義感溢れる鋭い演技力とは少し遠いイメージかもしれません。自分の好きだった俳優さんが、違ったキャラクターで話題となり世間では定着してしまうこともあるでしょう。そんなとき、「これじゃない」感じや、どこか置いていかれてしまったような、寂しさを感じてしまうものです。そう、それは一種の失恋のようなもの。デビューするとインディ [全文を読む]

悩まないタイプの堺雅人 人から相談されることもないと語る

NEWSポストセブン / 2015年05月25日16時00分

『半沢直樹』『リーガルハイ』などで軒並み高視聴率を叩き出し続け、『Dr.倫太郎』(日本テレビ系・毎週水曜22時~)に主演中の堺雅人(41才)。今クールも“倫太郎だけは見ておく”という人も多いだろう。 堺は「そうですか! ですがそれで芝居が変わることはなく、みんなとわいわいやるのみです」と、あくまで自然体。患者の心に寄り添う精神科医という役柄のため、「聞く」 [全文を読む]

ヌードモデル・無断出勤…堺雅人のバイト時代が無茶苦茶すぎる!

messy / 2015年04月24日18時45分

ここのところ“熱血銀行マン(『半沢直樹』TBS系)”や“ハイテンション弁護士(『リーガルハイ』フジテレビ系)”という長ゼリフ必須で勢いのある役どころが続いていたが、今回堺さんが挑戦することになったのは、それらの役とは打って変わってだいぶ大人しい“恋愛ベタな精神科医”。 41歳独身で、恋愛にはまるで疎いものの「傷ついた人々の心にとことん寄り添って、病んだ心を [全文を読む]

フォーカス