日本ハム 武田久に関するニュース

【プロ野球】「最強選手」大谷翔平は来季で見納め? 景気づけに日本ハムの「歴代最強ナイン」を考えてみた!

デイリーニュースオンライン / 2017年01月03日16時05分

大谷は今季まで日本ハムで4年間プレーしているが、その投打にわたる活躍はチーム史上「最強選手」のひとりといっていいだろう。 大谷の日本での勇姿は来季で見納めになるかもしれない。そこで、大谷にも引けをとらない日本ハムの歴代最強選手たちを豪華に並べることで、少し気が早いが、大谷へのはなむけとしたい。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題 [全文を読む]

【プロ野球】マネーゲームをしない球団の適正価格? 日本ハム・優勝時の年俸ランキングの推移を検証する!

デイリーニュースオンライン / 2016年12月20日16時05分

日本ハムの選手の契約更改が全て終了した。日本ハムはFAによる補強を重視せず、ときには主力選手の流出をもいとわないチーム方針を貫いている。よって、他球団と比べて決して選手の年俸が高いわけではない。 逆に言えば、日本ハムは特定選手の獲得や引きとめのために過剰なマネーゲームをしない「適正評価」が下せる球団と言えよう。 この特徴を踏まえて、日本ハムの年俸上位選手の [全文を読む]

プロ野球金食い虫選手ランキング 阪神・西岡超えたあの選手

NEWSポストセブン / 2014年09月29日16時00分

野手で文句なしのワースト1に輝いたのは日本ハムの金子誠(推定年俸6800万円・ポイントあたり3400万円、以下同)だ。かつての正遊撃手だが今季はわずか2安打。選手会長も務めた功労者とはいえ、球団は頭を抱えているだろう。 続いて西岡剛(阪神、2億円・1111.1万円)、里崎智也(ロッテ、1億6000万円・1066.7万円)となった。西岡は不運な故障離脱があ [全文を読む]

優勝への近道は“勝利の方程式”の確立!?

ベースボールキング / 2017年02月15日07時45分

この2年間、セ・リーグを制した15年のヤクルト、16年の広島、パ・リーグを制した15年のソフトバンク、16年の日本ハムはいずれも救援防御率リーグトップを記録している。 この4球団は、勝利の方程式が確立されており、多くの試合で勝ちを拾ってきた。では、最近5年間のリーグ優勝した球団のセットアッパー、守護神はどのような成績を残していたのだろうか…◆ 2012年 [全文を読む]

【プロ野球】球団別!2015年シーズン“戦犯”候補(パ・リーグ編)

デイリーニュースオンライン / 2015年08月06日14時00分

日本ハム時代の2009年から6年連続打率3割、20盗塁、ゴールデングラブ賞と日本球界を牽引する成績を残してきたが、今年は開幕から極度の打撃不振。打率.238と奮わぬ途中結果となっている。 オールスターでは知名度もあり、外野手部門ファン投票3位で選出されたが、1997年の新庄剛志が食らった「応援ボイコット」が起こらなかったのは幸いだろう。 夏場からは右ヒジ、 [全文を読む]

【日本ハム】5月5日、チーム全員が浦野博司を応援した日

文春オンライン / 2017年05月11日11時00分

(えのきど いちろう) [全文を読む]

好調ハムにマーティンが復帰!武田久が抹消 7日のプロ野球公示

ベースボールキング / 2017年05月07日12時45分

◆ 守護神が復帰! 日本ハムは7日、クリス・マーティンを一軍登録した。 昨季途中から抑えにまわり、21セーブを挙げる活躍でチームの逆転優勝に貢献した30歳右腕。今季は初登板でセーブを挙げたものの、右肘の不調を訴えて4月11日に登録を抹消されていた。 5月5日に二軍で実戦復帰を果たすと、1回を2奪三振で三者凡退。一軍復帰のGOサインを得た。5月に入って負けな [全文を読む]

【侍ジャパン】タイトルを獲得も代表落ちしたケースは?

ベースボールキング / 2017年01月25日05時00分

また、12年に日本ハムのリーグ優勝に大きく貢献した最優秀中継ぎ投手の増井浩俊、最多セーブ・武田久の“勝利の方程式”のコンビは代表入りとはならなかった。 【第3回大会】 本塁打王:中村剛也 盗塁王:大島洋平、聖沢諒 最優秀中継ぎ:増井浩俊 最多セーブ:岩瀬仁紀、武田久 [全文を読む]

プロ野球契約更改“怒号と爆笑”の密室舞台裏!(1)「黒田の年俸は効果を考えると高くない」

アサ芸プラス / 2016年01月10日09時56分

元中日、横浜の種田仁(44)のように、税金が払えず借金生活に追い込まれた選手も少なくないですから」 信賞必罰を徹底したのが日本ハムである。投手3冠の大谷翔平(21)、抑えの増井浩俊(31)をそれぞれポンと1億円アップさせたが、15年、わずか3勝2敗に終わった左腕の武田勝(37)は7000万円ダウンの4000万円、15年一軍登板なしの武田久(37)は6200 [全文を読む]

フクシくんが声優デビュー…各界で活躍するプロ野球選手ジュニアたち

デイリーニュースオンライン / 2015年07月14日11時00分

6月には北海道・訓子府町図書館が日本ハムの“イクメン選手”がおすすめする絵本を集めた特設展を開催。武田久は『くすのきだんちは10かいだて』(武鹿悦子著/ひかりのくに)、吉川光夫は『あなたがだいすき』(鈴木まもる著/ポプラ社)を推薦し、ホンモノのイクメンっぷりを発揮している。 1990年代のトレンディ化から、「父としての顔」を盛んに見せてきたプロ野球選手た [全文を読む]

フォーカス