自民党 武藤貴也に関するニュース

自民新人議員は暇 宮崎謙介氏の国会質問は1年で2回

NEWSポストセブン / 2016年02月24日07時00分

自民党議員に続出する醜聞のほとんどが、安倍自民が政権復帰を果たした2012年総選挙の初当選組によるものだ。宮崎謙介前代議士、中川郁子氏、武藤貴也氏もまたしかり。いまや自民党の「2012年問題」と呼ばれる始末である。 2012年に初当選した議員は116人。実は、彼らには国会で仕事がなく、暇を持て余している。落選経験のある自民党中堅議員はこう語る。 「数が多い [全文を読む]

自民党の候補者ネット公募 スキャンダル探し大会の怖れ

NEWSポストセブン / 2016年03月12日07時00分

今夏の参議院選挙では自民党の選挙戦略に大きな狂いが生じている。最大の誤算は本誌が報じた参院選の目玉候補、SPEED・今井絵理子氏の「婚約者の逮捕歴」問題だ。婚約者が昨年3月、児童福祉法違反で那覇署に逮捕され、処分保留で不起訴になっていたのだ。さらには、前回の総選挙における公認候補・武藤貴也氏や宮崎謙介氏らのスキャンダルも登場している。 これから参院選の本番 [全文を読む]

自民党2012年問題「イケメンならOK」の大量当選の代償

NEWSポストセブン / 2016年03月03日07時00分

昨年から世間を騒がせ、私たちを失笑させた3人の自民党議員を思い出してほしい。 まずは昨年3月、妻子持ちの門博文衆議院議員(50才)との不倫が発覚し、“路チュー”の現場を撮られたばかりか、その後入院した禁煙の病室でたばこを吸っていたのがバレて謝罪した、中川郁子衆議院議員(57才)。スクープした週刊誌に直撃され、「私はもっと美人」などと訳のわからない否定をした [全文を読む]

議員の劣化が止まらない! 自民の下半身醜聞はなぜ二階派ばかり?

週プレNEWS / 2016年02月26日06時00分

政界復帰の目はもうないでしょう」 普通ならこれで一件落着となるはずだが、自民党内では今もゴタゴタが続いている。政治部記者が続ける。 「宮崎の辞任で、京都3区では補選(4月24日投開票)が行なわれます。自民党京都府連は宮崎に代わる候補を立てて戦うつもりでいますが、谷垣幹事長が擁立に後ろ向きで、党内でモメているのです」 谷垣幹事長が後ろ向き? その胸中を政治評 [全文を読む]

政権党の反省力

クオリティ埼玉 / 2015年12月08日15時28分

これにはいろいろな要因~特に地元特有の事情など選挙区内でしかわからない~があったと思うが、このところ国政では強い自民党が首長選挙で負けるという傾向が続いている。この背景にあるのは何か。それは自民党における県連組織の政策立案能力とガバナンス力の低下ではないだろうか。 大阪ダブル選挙においても、一旦は住民投票で否決された大阪都構想を再び持ち出した維新の会に対し [全文を読む]

「立憲主義が権力者を縛るという解釈は古い」と公言する安倍首相を選んだのは、国民である

Business Journal / 2015年10月10日06時00分

数の論理で採決を勝ち取ることは合法的であり、昨年12月の衆議院選挙で自民党が大勝した時点で、こういう結果になることはわかりきっていたことだ。 確かに自民党は昨年12月の選挙時に、安全保障関連の問題を争点から外した。だが、憲法解釈を閣議決定で変えるなどという、立憲主義を根本から否定する暴挙に出たのは、選挙から4カ月も前の昨年8月のことである。その時、安倍首 [全文を読む]

【安保法制】「戦争反対」の声を「利己的」と断罪する自民党議員はいかがなものか|やまもといちろうコラム

デイリーニュースオンライン / 2015年08月06日12時30分

ところで、安保法案を衆議院で「強行採決」したとかで支持率が急落してしまった安倍政権ですが、自民党方面の話をよく聞くとどうも「議席数がこれだけ安定して確保できている時期はいましかないのだから、経済問題も外交問題も多少の抵抗があっても一気呵成に進めてしまおう」という気持ちが強いらしく、いやあまあ気持ちは分かるけれど、それは長い目で見て、大変なことになるんじゃ [全文を読む]

武藤貴也氏と宮崎謙介氏 BLストーリー創作に期待

NEWSポストセブン / 2016年02月22日16時00分

話題の人物の過去発言などは、後から見ると意味深だったりもするが、ネットニュース編集者の中川淳一郎氏が、世間を騒がせた自民党若手議員に言及した。 * * * 今となっては貴重過ぎる対談がネットから発掘された。「週刊文春被害者の会」の小物2人、育休宣言不倫で議員辞職・宮崎謙介と、金銭トラブル+男性買春疑惑で自民党を放逐された武藤貴也である。2014年5月に自民 [全文を読む]

また文春砲に過激ゲイライフを“掘られた”衆議院議員議員・武藤貴也! ゲイ雑誌元編集者「後ろがユルいから尾行されるの(はぁと)」

tocana / 2017年05月04日08時00分

とうの本人はその後、未公開株をめぐる事件で自民党を離党してしまったのだが、離党してからの、リアル“立つ鳥の跡を濁し方”がすごかった。 ほどなくして、『週刊文春』が「議員宿舎での未成年男性の“買春”」、「イケメン俳優との議員宿舎同棲」という、ゲイ疑惑で二連続砲撃。ボーイズ系出会いサイトで知り合ったイケメン男子に、デートの様子やラインでの恋愛会話、メンズセック [全文を読む]

また議員宿舎に……武藤貴也は男に尻を撫でられお持ち帰り

文春オンライン / 2017年04月27日11時00分

ほどなくして小誌が「議員枠未公開株問題」を報じると、自民党を離党した経緯がある。その後も、「議員宿舎での未成年男性の“買春”」や「イケメン俳優との議員宿舎同棲」が発覚。お騒がせ議員が続出する自民党2012年初当選組を代表する人物だ。 話を冒頭のシーンに戻そう。この夜、武藤氏は男性と愛車に乗ると、明治通りを北上し、新宿へ向かった。2人はディスカウントストアへ [全文を読む]

フォーカス