自民党 武藤貴也に関するニュース

自民新人議員は暇 宮崎謙介氏の国会質問は1年で2回

NEWSポストセブン / 2016年02月24日07時00分

自民党議員に続出する醜聞のほとんどが、安倍自民が政権復帰を果たした2012年総選挙の初当選組によるものだ。宮崎謙介前代議士、中川郁子氏、武藤貴也氏もまたしかり。いまや自民党の「2012年問題」と呼ばれる始末である。 2012年に初当選した議員は116人。実は、彼らには国会で仕事がなく、暇を持て余している。落選経験のある自民党中堅議員はこう語る。 「数が多い [全文を読む]

自民党の候補者ネット公募 スキャンダル探し大会の怖れ

NEWSポストセブン / 2016年03月12日07時00分

今夏の参議院選挙では自民党の選挙戦略に大きな狂いが生じている。最大の誤算は本誌が報じた参院選の目玉候補、SPEED・今井絵理子氏の「婚約者の逮捕歴」問題だ。婚約者が昨年3月、児童福祉法違反で那覇署に逮捕され、処分保留で不起訴になっていたのだ。さらには、前回の総選挙における公認候補・武藤貴也氏や宮崎謙介氏らのスキャンダルも登場している。 これから参院選の本番 [全文を読む]

自民党2012年問題「イケメンならOK」の大量当選の代償

NEWSポストセブン / 2016年03月03日07時00分

昨年から世間を騒がせ、私たちを失笑させた3人の自民党議員を思い出してほしい。 まずは昨年3月、妻子持ちの門博文衆議院議員(50才)との不倫が発覚し、“路チュー”の現場を撮られたばかりか、その後入院した禁煙の病室でたばこを吸っていたのがバレて謝罪した、中川郁子衆議院議員(57才)。スクープした週刊誌に直撃され、「私はもっと美人」などと訳のわからない否定をした [全文を読む]

議員の劣化が止まらない! 自民の下半身醜聞はなぜ二階派ばかり?

週プレNEWS / 2016年02月26日06時00分

政界復帰の目はもうないでしょう」 普通ならこれで一件落着となるはずだが、自民党内では今もゴタゴタが続いている。政治部記者が続ける。 「宮崎の辞任で、京都3区では補選(4月24日投開票)が行なわれます。自民党京都府連は宮崎に代わる候補を立てて戦うつもりでいますが、谷垣幹事長が擁立に後ろ向きで、党内でモメているのです」 谷垣幹事長が後ろ向き? その胸中を政治評 [全文を読む]

政権党の反省力

クオリティ埼玉 / 2015年12月08日15時28分

これにはいろいろな要因~特に地元特有の事情など選挙区内でしかわからない~があったと思うが、このところ国政では強い自民党が首長選挙で負けるという傾向が続いている。この背景にあるのは何か。それは自民党における県連組織の政策立案能力とガバナンス力の低下ではないだろうか。 大阪ダブル選挙においても、一旦は住民投票で否決された大阪都構想を再び持ち出した維新の会に対し [全文を読む]

「立憲主義が権力者を縛るという解釈は古い」と公言する安倍首相を選んだのは、国民である

Business Journal / 2015年10月10日06時00分

数の論理で採決を勝ち取ることは合法的であり、昨年12月の衆議院選挙で自民党が大勝した時点で、こういう結果になることはわかりきっていたことだ。 確かに自民党は昨年12月の選挙時に、安全保障関連の問題を争点から外した。だが、憲法解釈を閣議決定で変えるなどという、立憲主義を根本から否定する暴挙に出たのは、選挙から4カ月も前の昨年8月のことである。その時、安倍首 [全文を読む]

【安保法制】「戦争反対」の声を「利己的」と断罪する自民党議員はいかがなものか|やまもといちろうコラム

デイリーニュースオンライン / 2015年08月06日12時30分

ところで、安保法案を衆議院で「強行採決」したとかで支持率が急落してしまった安倍政権ですが、自民党方面の話をよく聞くとどうも「議席数がこれだけ安定して確保できている時期はいましかないのだから、経済問題も外交問題も多少の抵抗があっても一気呵成に進めてしまおう」という気持ちが強いらしく、いやあまあ気持ちは分かるけれど、それは長い目で見て、大変なことになるんじゃ [全文を読む]

武藤貴也氏と宮崎謙介氏 BLストーリー創作に期待

NEWSポストセブン / 2016年02月22日16時00分

話題の人物の過去発言などは、後から見ると意味深だったりもするが、ネットニュース編集者の中川淳一郎氏が、世間を騒がせた自民党若手議員に言及した。 * * * 今となっては貴重過ぎる対談がネットから発掘された。「週刊文春被害者の会」の小物2人、育休宣言不倫で議員辞職・宮崎謙介と、金銭トラブル+男性買春疑惑で自民党を放逐された武藤貴也である。2014年5月に自民 [全文を読む]

また文春砲に過激ゲイライフを“掘られた”衆議院議員議員・武藤貴也! ゲイ雑誌元編集者「後ろがユルいから尾行されるの(はぁと)」

tocana / 2017年05月04日08時00分

とうの本人はその後、未公開株をめぐる事件で自民党を離党してしまったのだが、離党してからの、リアル“立つ鳥の跡を濁し方”がすごかった。 ほどなくして、『週刊文春』が「議員宿舎での未成年男性の“買春”」、「イケメン俳優との議員宿舎同棲」という、ゲイ疑惑で二連続砲撃。ボーイズ系出会いサイトで知り合ったイケメン男子に、デートの様子やラインでの恋愛会話、メンズセック [全文を読む]

宮崎、武藤氏ら2012年組が誤算 自民党候補者公募の問題点は

NEWSポストセブン / 2016年03月08日07時00分

参院選“異変”の原因となった「ゲス不倫」の宮崎謙介氏をはじめ、金銭トラブルなどで自民党を離党した武藤貴也氏、「マスコミを懲らしめる」との圧力発言をした大西英男氏など、失言や不祥事を起こした議員には2012年の候補者公募で選ばれた議員が多い。政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏は、候補者公募の問題点を指摘する。 「小選挙区制の衆院選は候補者の努力ではなく、党の力 [全文を読む]

自民若手の連続不祥事 選挙が楽でカネと暇ある環境が一因

NEWSポストセブン / 2016年02月25日07時00分

不祥事続出が問題視されている自民党の2012年当選組の新人議員(武藤氏は離党)。自民党が大敗した2009年当選組(小泉進次郎氏など4人)と比べると、国会質問の数でも大きく劣り、政治キャリア、政務能力の“劣化”が問題視されている。 宮崎氏が国会で質問をした回数は1年間でわずか2回。下積みの努力がない分、宮崎氏は「育休宣言」のパフォーマンスで手っ取り早い知名度 [全文を読む]

「パンツ大臣」に民主党幹部「女物だからパンティ大臣だろ」

NEWSポストセブン / 2015年12月15日16時01分

いまや安倍首相は「かばうのも嫌だとウンザリ気味の様子」(自民党国対幹部)と辞任は時間の問題とみられている。 永田町、復興庁の役人まで陰では「パンツ大臣」で通用するが、それを聞いた民主党の最高幹部がひとこと。 「女物なんだからパンツじゃなくて、パンティ大臣だろう」 それを機に同党では「パンティ大臣がブームになっている」(民主党秘書)のだという。 ◆「浪人のエ [全文を読む]

安保法制関連暴言妄言集 麻生太郎氏、武藤貴也氏、石破茂氏

NEWSポストセブン / 2015年09月30日16時00分

金銭トラブルで自民党を離党した元麻生派の武藤貴也・代議士は法案反対の若者たちを「『だって戦争に行きたくないじゃん』という自分中心、極端な利己的考え」と批判したが、親分の麻生太郎・財務相は発言内容を注意するのではなく、「自分の気持ちがいいたいなら法案が通ってからにしてくれ」といってのけた。 「首相とは安全保障の考え方が違う」と安保担当相就任を固辞した石破茂 [全文を読む]

武藤貴也、上西小百合両議員を生み出した「公募」上がりの政治家がヒドすぎるワケ

週プレNEWS / 2015年09月16日06時00分

自民党本部の幹部関係者T氏が解説する。 「公募には優秀な方もたくさん応募してきます。しかし、優秀な人が合格するかといえば、必ずしもそうはならないのが現状です。いくつか問題点はありますが、まずは“選ぶ側”のレベルが低いということが言えます。自民党の場合、郵政解散総選挙(2005年)の時までは党本部が選考を行なっていたのですが、それ以降は地方に任せているんです [全文を読む]

【永田町炎上】蓮舫や三原じゅん子に百万票以上を投じた有権者の知的水準

デイリーニュースオンライン / 2016年07月28日12時05分

筆者は内政では自民党の、米国では共和党の支持者だが、おそらくドナルド・トランプは過激な主張が禍して本選ではヒラリー・クリントンには勝てないであろう。 目下、舌戦もたけなわの東京都知事選もメディアの世論調査によれば、小池百合子元防衛相が一歩抜きん出ているらしいし、政治の世界は内外を問わず「女性上位」の傾向が強いようだ。 およそ政治家には旧商工官僚出身で後に民 [全文を読む]

【永田町炎上】”衆愚政治”が生んだ間違いだらけの議員選び

デイリーニュースオンライン / 2016年03月03日12時00分

2月9日、元SPEEDの今井絵理子が自民党本部で夏の参議院選への出馬会見を行ったが、今井に政治的資質や政策能力があるとはとうてい思えないし、そもそも国会議員になっていったい何がしたいのか筆者にはさっぱりわからない。これも「間違いだらけの候補者選び」の典型例だ。 ■「小選挙区制」と「派閥」の教育機能の低下が閣僚を劣化させる それにしても昨今の日本の閣僚と国 [全文を読む]

宮崎謙介・中川郁子・武藤貴也… 自民党の2012年問題

NEWSポストセブン / 2016年02月23日07時00分

だが、最近の自民党若手議員の行動パターンは様変わりしている。 「うちのセンセイは週末戻ってきても“用事があるから”とすぐに東京に戻ってしまう」 そうボヤくのは北関東の地方議員だ。西日本の代議士の地元を支える後援者からはこんな声も聞かれる。 「地元に戻っても大きな祭りにも顔を出さない。フェイスブックやブログに写真を上げるのは熱心だけど」 では、地元に帰って何 [全文を読む]

安倍チルドレンにまた疑惑! ネトウヨ発言連発の衆院議員の金銭疑惑を告発した元公設秘書が“不審死“

リテラ / 2016年02月15日08時00分

未公開株を巡る金銭トラブルや議員宿舎に男性を連れ込んだ疑惑が報じられた武藤貴也議員は自民党を離党し、イクメン宣言の宮崎謙介議員は妊娠中の妻の不在時にタレントを自宅に連れ込み議員辞職に追い込まれた。 そんな中、また安倍チルドレンを巡り新たな疑惑が浮上している。それが兵庫7区選出の自民党・山田賢司衆議院議員を巡る"事件"だ。 山田議員といえば2012年の衆院選 [全文を読む]

こいつらが民主主義を殺した! 安倍政権「安保法制」デタラメ・詭弁ランキング(前編)5位〜1位

リテラ / 2015年12月29日21時00分

★ 5位武藤貴也・自民党衆院議員(当時)「彼ら彼女らの主張は「だって戦争に行きたくないじゃん」という自分中心、極端な利己的考えに基づく」(7月30日、Twitterで) ノーマークだった安倍チルドレンがぶっ放したこのツイートは、瞬く間に問題化。それもそうだろう。なにせこれ、「戦争に行くことこそ国民の義務」「お国のために命もかけられないのか」と主張しているよ [全文を読む]

議員宿舎での「未成年買春」を報じられた武藤貴也議員の珍妙な記者会見

東京ブレイキングニュース / 2015年08月31日18時00分

他人様の性癖に口を出すつもりはありませんが、性格やオツムの中身にはいろいろと口を出したいワタシ! そもそも武藤氏は何様なんだ! というのも、26日午後1時から会見が開かれたんですが、「平河クラブと滋賀県政記者クラブ限定」だったんですよ! 平河クラブというのは自民党の記者クラブですよ!武藤氏はすでに自民党を離党しているくせに、ですよ!! もう、雑誌やスポーツ [全文を読む]

フォーカス