重賞 武豊に関するニュース

まるでニシン漁!? 武豊騎手が独占する歴史に名を残す大記録の数々にボー然

日刊サイゾー / 2016年01月29日23時30分

2016年1月24日、中山競馬場で行われた第57回アメリカジョッキークラブカップに騎乗した武豊騎手は、約3年ぶりのコンビとなるディサイファに騎乗しデビューから30年連続となる重賞勝利を達成。 武豊騎手がデビューしたのは1987年。その年の10月に重賞初勝利を成し遂げデビュー一年目で重賞3勝。翌年には菊花賞を優勝してG1ジョッキーの仲間入り。そして積み上げ [全文を読む]

武豊が明かすステイゴールドとの思い出 「ひと言で言うと、つかみどころのない馬でした」

週プレNEWS / 2015年02月17日20時00分

重賞未勝利ながら4歳時は98年のGⅠ天皇賞・春でメジロブライトの2着。7月のGI宝塚記念もサイレンススズカの2着。続く天皇賞・秋でもオフサイドトラップの2着。翌99年に行なわれた天皇賞・秋では、武豊が騎乗したスペシャルウィークをあと一歩まで追い詰めたが、またしても2着に終わった。 「あのレースは確か、レコードタイムで勝ったんですよね。4コーナーを回ってゴ [全文を読む]

どうした武豊!?「通算4000勝」の大記録を前に24連敗中......競馬界のレジェンドが大きな節目を前にしてモチベーションが上がりきらない「理由」とは

Business Journal / 2016年09月14日20時00分

武豊騎手としては派手な重賞勝利で、自身の4000勝に花を添えたいところに違いない。 [全文を読む]

なぜ「武豊」以外のスター騎手が誕生しないのか?(2)

アサ芸プラス / 2014年02月12日09時57分

今や大勢の外国人騎手が来日し、重賞などで好成績を収めていることもスター騎手が誕生しない大きな要因と言われるが、武のデビュー当時、競馬界には昔ながらの空気が残っていた。 「『オレが勝たせてやる』といった職人気質の騎手の中で、武君は『多く勝つためには強い馬に騎乗せねばならない。強い馬に乗るためには競馬サークルで好かれねばならない』と、気がついていたと思う」(丹 [全文を読む]

武豊騎手「過去との再会」 天皇賞に挑むエイシンヒカリと“悲劇の名馬”の数奇な運命

日刊サイゾー / 2015年10月14日00時00分

その年、サイレンススズカは夏の「宝塚記念(G1)」をふくめ重賞を6連勝中。その全てで爆発的な逃げ脚を発揮し、1頭として同馬の前を走ることはできなかった。無謀ともいえるハイペースで逃げてもスピードが落ちないその力に、武豊も心底惚れ込んでいたという。 天皇賞の前哨戦である毎日王冠(G2)でも、後に史上屈指の名馬となる後輩たちを軽くあしらう驚愕の逃げ切り。天皇賞 [全文を読む]

過去の勝ち馬は“神“レベル! アーリントンC(G3)で、M.デムーロ3週連続JRA重賞制覇達成!

Business Journal / 2016年02月27日17時00分

27日、阪神競馬場で3歳マイル重賞・アーリントンC(G3)が開催され、M.デムーロ騎乗、4番人気のレインボーライン(牡3歳 栗東・浅見厩舎)が2着のダンツプリウス(牡3歳 栗東・山内厩舎)をハナ差退けて勝利した。 1~6着までが「ハナ-ハナ-クビ-アタマ-ハナ」と大接戦となった今年の同レース。最後までもつれる展開を制したのは、やはりノリにノる外国人騎手のデ [全文を読む]

武豊にキングカズも......“レジェンド“の輝きに影を差す、親族の「薬物問題」とマスコミタブー

Business Journal / 2016年02月27日15時00分

1990年代後半から2000年といえば、当然武騎手がG1を含む重賞という重賞を勝ちまくっていた時期。騎乗技術においてはこの頃こそが"全盛期"という声も多く、JRA(日本中央競馬会)の売上が史上最高の4兆円を記録した97年とも重なる。 巨大すぎるムーブメントの中心にいた武騎手。そんな輝く弟の姿を見て、自分の影が色濃くなっていくのを感じてしまったということだ [全文を読む]

武豊が札幌2歳Sで「4000勝」を手に!? 騎乗するタガノアシュラが「期待大」な理由と、本人の「クールコメント」

Business Journal / 2016年09月01日17時00分

今週は夏競馬の「締め」ということで、土曜に札幌2歳S、日曜に小倉2歳Sと新潟記念と、重賞が3レース行われる。このレースが終われば、いよいよ秋のビッグレースへの道が本格始動することになるわけだが……。 秋を目前に控え、「大記録」に大手をかけている騎手がいる。競馬界において「記録」といえば、それはもう武豊騎手である。現在通算勝利数3998勝で、空前絶後の「40 [全文を読む]

「武豊2世」の輝きを取り戻すカギは「私生活」? 三浦皇成騎手の現状打破へ直結するゴタゴタ終結

Business Journal / 2016年07月26日08時00分

先日の2歳勢初重賞・函館2歳S(G3)は、好スタートから3番手につけた三浦皇成騎手騎乗のレヴァンテライオンが快勝。直線で前を交わして抜け出し1番人気モンドキャンノに1/2馬身差を付ける文句なしの内容だった。 三浦騎手は約1年半ぶりの重賞勝利、かつタイムも1分9秒2のレコード勝ちという事で、久々“会心”と呼べる勝利だったのではないか。 そんな三浦騎手。私生活 [全文を読む]

「THE 上がり馬」マーベラスサンデーが老衰で死亡。競馬全盛の時代、稀代のスターとともに刻んだ「記憶」と「激闘」

Business Journal / 2016年07月01日16時00分

30日朝、1997年の宝塚記念など重賞を6勝したマーベラスサンデーが、老衰のため北海道新ひだか町のけい養先で死んだことが発表された。24歳の大往生である。 中央競馬が史上最高の4兆円を記録した1997年、「3強」の一角として活躍したのがマーベラスサンデーだった。マヤノトップガン、サクラローレルという圧倒的な自力を持つG1ホースに肉迫する存在として、そして当 [全文を読む]

フォーカス